FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1138)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (17)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

女を目指していた物、ミネバ・ラオ・ザビ

私はリビドー・ゲドー様の物になってから、人として考えることをやめ、物として最低限の思考をするだけになった。
                                                      UC.0098 ミネバ・ラオ・ザビ


ミネバ・ラオ・ザビは、脳を書き換えられ長年に渡って弄ばれた挙句、人間であることを捨てさせられ物に成り下がった。
人として扱われない過酷で最低な人生。しかし当の本人は決して不幸とは思っておらず、しかし人ではない故に幸せとも思っていなかった。

ミネバ・ラオ・ザビ

「ぺろぺろ……んんっ」

「いいぞ、そろそろ出そうだ……アレを用意しろ」

「はい、下で持っていますので、いつでも出してください」

「あぁ……うぅ!」

物となったミネバは、右手でチンポを握ってフェラチオをしつつ、左手にはホットドックを持っていた。
物である彼女達は、食事も普通には与えられていない。
主のザーメンをかけられた食べ物か、主のザーメン味に調整された食事しか摂ることは許されないのだ。

ミネバ・ラオ・ザビ

「ザーメンホットドック……美味しいです」

物であって人間でないミネバが、主の精液以外の味を知る必要は本来ない。
それを自覚しているからこそ、精液をかけられた人間用の食事を与えられることは物以上人間未満の扱いを受けたと言うことと同義であり、物として気に入られていることの証だと誉に感じる。

あくまで所有者リビドーに対してミネバが抱く感情は、感謝や敬愛といった良い感情でしかない。
そこに怒りや憎しみ、辛い悲しいといった負の感情は無いのだ。

ただし、物であっても唯一人間らしい感情を持つことが許されている対象がある。
それは「物」同士の場合だ。

ミネバ・ラオ・ザビ

「お着替えしてもらいます」

「ひゃあっ!?ビ、ビックリしたぞ!リビドー様がここにいるはずないから油断していた……物として極端な反応をするわけにいかないからな」

「それにどうしたんだ!わ、私の体はリビドー様のものだ。お前が触れるのは許可が無ければ許されないはず」

物同士で接する時、彼女達は感情を持って接することが許されている。
しかしそれはあくまで感情だけで、『意識』や『自己』を持つことは許されていない。
だからこそ、感情を持って接してもそこに物同士以上の関係は生まれない。

「驚かせちゃってごめんなさい。でも、私が着替えさせろという御命令です」

「着替え?」

「新しい衣装ですよ。リビドー様が私達用の衣装を与えて下さったんです」

「そういうことか。それが御命令なら従おう。着替えさせてくれ」

「はい」

ミネバ・ラオ・ザビ

「お待たせしました」

「新しい衣装、いかがでしょうか」

バニー姿をを見せ、リビドーに抱かれる二人。
この二人は特にお気に入りであり、後年まで使用された。

気になっちゃってなっちゃってもう!な作品紹介

【MC】
ヒプノレイン
ヒプノレイン

催眠ダークネス
催眠ダークネス

ギアスの虜
ギアスの虜

The Shining DARKNESS
The Shining DARKNESS

催眠一眼レフカメラ
催眠一眼レフカメラ



【MC以外】
SAGA PLANETS 四季シリーズ 春夏秋冬4本セット
SAGA PLANETS 四季シリーズ 春夏秋冬4本セット

麗辱の館 ~淫縁五姉妹汁姦記~
麗辱の館 ~淫縁五姉妹汁姦記~

令嬢学園2
令嬢学園2

委員長は承認せず!~It Is a Next CHOice~
委員長は承認せず!~It Is a Next CHOice~

大犯盛 ~痴態を曝け出した人妻たち~ Best Price版
大犯盛 ~痴態を曝け出した人妻たち~ Best Price版

著作権フリー背景素材集 53 自然
著作権フリー背景素材集 53 自然

ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~
ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~

くノ一 桔梗 BestPrice版
くノ一 桔梗 BestPrice版

JKとオーク兵団 ~悪豚鬼に凌虐された聖女学園~
JKとオーク兵団 ~悪豚鬼に凌虐された聖女学園~

洗脳されたアンリエッタ、悪臣に蝕まれるトリステイン 前編

アンリエッタ・ド・トリステイン

ウェールズの死によって、大きな悲しみを背負ったアンリエッタに魔の手が伸びようとしていた。
パトリック・ブリュレットというトライアングルメイジの貴族で、国政を内部から腐敗させている悪臣の一人だ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

操心魔法を極め、人心操作によって今の地位まで登りつめたトライアングルメイジにとって、
傷つき心が脆くなったアンリエッタを操るのは簡単だった。

「ウェールズ様!?ま、待って!行かないでっ!」

死んだはずのウェールズに扮し、彼女を一人にしたところで操る。
その作戦は今のアンリエッタにとっては、あまりにも有効な手段だった。

アンリエッタ・ド・トリステイン

無防備になった心を魔法によって支配する。
一度支配し、魔法の制御下に置いてしまえば、その心は後で如何様にも変えてしまうことができるのだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「……ハッ!?」

(あ、あれ?私……昨晩……どこかへ?)

(いえ、そんなはずありませんわ。昨夜は一歩も外には出ていない……)

寝室で目を覚ましたが、記憶が混濁していて戸惑う。
そんな時、部屋をノックする者がいた。

トントンッ

「姫様、パトリック・ブリュレットでございます」

「パトリック……?あ、あぁそうですした。もう時間でしたわね」

「どうぞ、お入りになってください」

「失礼します」

部屋にパトリックを招き入れると、アンリエッタは扉を締めて跪いた。
立場は圧倒的にアンリエッタが上なのにもかかわらず膝を付き、頭を下げるのは彼女とってそうする理由があるからだ。

「我が神パトリック・ブリュレット様、どうかこの愚かで無知な私に、神の啓示をお授け下さい」

魔法で操られてたアンリエットは、パトリックを自分が崇拝する神だと思っている。
始祖ブリミルなど比べるに値しないほどの絶対神、そう心に植え付けられ、縛られているのだ。

「宜しい。では神の啓示を受け入れる姿勢を取りなさい」

「……仰せのままに」

アンリエッタ・ド・トリステイン

神の啓示は、『神棒』と呼ばれるチンポを挿入し、精を注がれることよって行われる。
することはセックスに違いなく、その認識自体はアンリエッタも持っているが、それ以上に信仰心を限界まで引き上げられている彼女にとって、神の啓示を受けられるならセックスをすることなど些細なことで、むしろ喜ぶべきことだった。

アンリエッタ・ド・トリステイン

(あぁ、神棒がビクビクして……)

「神の啓示は間もなくです。さぁ……入れますよっ」

「ああっ!」

ズブリと奥まで神棒を挿入されたアンリエッタは、強烈な悦びとわずかな痛みを伴った声をあげ仰け反る。
彼女にとっては偉大な神に挿入され、一つになっているのだ。嬉しくないはずがない。

感度も操作されているアンリエッタは、通常とは比較にならないほど強烈な性的快感を一突き毎に感じるのだ。
中出しされるまで意識を保っているのでやっとだった。

共通 中出し

「ああああ~~~~ッッ

中出しされた瞬間、脳を焼くほどの絶頂がアンリエッタを襲い、意識が飛んでしまう。
ぐったりと力も抜け、まるで糸が切れた人形のようだ。

そんな彼女からチンポを抜いて、パトリックは立ち上がった。

(こいつは中出しされると強制的にイキ失神して、被暗示状態になる)

(その状態で聞く言葉が、こいつにとっての神の啓示というわけだ)

「ふふ……馬鹿らしいが、啓示らしくはあるだろう?」

下卑た笑いを抑えようともしないパトリックは、ニヤニヤしたままアンリエッタの耳元で神の啓示と称した暗示を囁いた。

その内容は国を存続させるには優秀な子孫を残さねばならない、それには優秀な男を探す必要がある。

優秀かどうかはキスをすればわかる。
本当に優秀な男とキスをすると、子宮がその男の子種を求め強烈に疼く。

逆に、疼かなければその男に価値は無い。
そういう内容だった。

「……キスをして疼かなかった男に対し、あなたは途端に興味を失います」

「疼かなかった人……興味を……失う……」

「そして蔑み、汚物のようにさえ思え激しい軽蔑をするようになるのです」

「さげすみ……おぶつのよう……軽蔑……します……」

暗示を終えたパトリックは、自分が部屋からいなくなるとアンリエッタの意識が戻るようにしてその場をあとにした。

(これでアンリエッタはキス魔になったわけだが、誰とキスしても疼くことは絶対に無い)

(その仕込みは最初の暗示で済んでいる。あとは痴態を適当に楽しんでから、時期を見てお楽しみをするだけだ)

「ククク、アッハッハッハ!」

目が覚めたアンリエッタは神の啓示に従った。
パトリックによって作り変えられているだけとも知らず、絶対的な神の啓示に身を委ねたのだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「サイトさん……お願いがあるんです」

「ルイズ、ちょっと席を外してもらえないかしら?」

神の啓示から数日後、アンリエッタはサイトを呼び出していた。
ルイズも付いてきたが、席を外させる。

とてもルイズの前ではできないことをするためだ。
嫉妬深いルイズは当然納得いかない表情を浮かべたが、深刻そうなアンリエッタの顔を見て渋々席を外した。

「姫様、俺だけに頼みって一体?」

「すいません。でも、今この場ですぐに終わりますから……」

そう言うとアンリエッタはサイトの正面に立ち、顔を近づけた。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「ひ、姫様!?……んぐっ!」

制止する間も無く、アンリエッタは唇をサイトに重ねる。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「んんん!?」

「んっ ちゅっ」

ムードも何もないあまりに急な、しかし激しいキス。
アンリエッタの甘い香りにサイトも跳ね除けることが出来ず、キスを受け入れてしまう。

(そんな……おねがい、疼いて。サイトさんであって……)

「ちゅっ、んんっ……ちゅっ」

何かを確かめるような、長くねっとりとしたキスに身を委ね、サイトは頭がとろけそうだった。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「んはっ……はぁはぁ……」

数分にも及んだキスは、アンリエッタが離れたことで終わる。

「あ、アンリエッタ…様……」

恍惚として頭がボーッとしているサイトに対し、アンリエッタはひどく冷静だった。

アンリエッタ・ド・トリステイン

(違う……サイトさんからは何も感じなかった)

(そうですか……それは残念……でもありませんね)

サイトが自分にとってどういう存在なのかを調べるためのキス。
そして得た事実。
それを冷静に分析し、サイトへの認識を再構築し終えた彼女は、軽くため息をしてから強い語気で口を開いた。

「なんて汚らわしい男なのかしら。こんな男に期待したいたなんて……私が馬鹿でした」

「……ルイズを呼んできなさい。今のことは公言しないように」

「え?ちょっと、ど、どういう!?」

急な態度と空気の変化に、頭が浮ついていたサイトもハッとなるが、あまりにも落差のある態度についていけない。

「命令です。公言したら極刑に処します。早くルイズを読んできなさい」

「ひ、姫様!俺何がなんだか……!」

「早く呼べと言ったのです。……三度は言いません」

鋭い眼光で睨まれ、ここはサイトも従うしかなかった。

「わ、わかりましたっ」

アンリエッタ・ド・トリステイン

「ルイズ。待たせてすいませんでした」

「それは構いませんが……サイトと何してたんですか?」

「何もしていませんよ?」

「そ、そんわけ……!」

とぼけるような態度を見せるアンリエッタに不信感を抱いたルイズだが、取り尽くし間もなく退室を命じられてしまう。

「ところで、二度とそこにいる男をこの城に入れないように命じます」

「え!?」

「加えてシュバリエの称号も現時点を持って剥奪致します。そこの男には、その資格はありません」

「そんな!?」

「ひ、姫様!?」

称号を剥奪するということは、貴族の身分を奪うこと。
それは例え女王であろうと何の理由も無くして良いことではない。

反発されることは予想できているはずだが、アンリエッタは迷いなく剥奪を宣言した。

「王女命令です。本来なら即逮捕するところですが、せめてもの温情で5分以内に城から立ち去れば侵入罪ならびに不敬罪で掴まえることはしません」

「出ていきなさい」

ここまでキッパリと言われては逆らうわけにもいかず、ルイズはサイトを連れて逃げるように城を後にした。

「あんた一体何をしたのよ!?!?」

「わ、わかんねぇよ!?」

突然のことに動揺するルイズたちだったが、この『被害』は始まりにすぎなかった。
その日を境に、女王アンリエッタによる『悪政』が始まったのだ。

サイトの後も目ぼしい男と手当たり次第キスするようになったアンリエッタだが、誰一人として優秀な男が見つからず、その結果キスをした男達は次々に職を解かれたり地位を剥奪され、アンリエッタの独断で処分できない有力者に至っては冤罪をかけて処刑したのだ。

わずか数か月の内に、100人を超える貴族がアンリエッタの独断で処分された。

アンリエッタ・ド・トリステイン_R

「私の悪評が?」

「はい。このところ姫様の評判は悪くなっていると言わざる負えません」

「そうですか……」

独裁者に近い悪政はわずか数か月でアンリエッタへの支持は激しく落ち込んでいた。
100人もの貴族を独断で処罰すれば無理もない。

「やはり所詮は愚民ばかりということでしょうか。女王として神の啓示に従い政治をしている私の考えなど、理解できるわけがないのかもしれませんね……」

「しかしクーデターでも起こされたら困りますし……」

「姫様、困った時の私です」

「……そうでした。我が神パトリック・ブリュレット様、どうかこの愚かで無知な私に、神の啓示をお授け下さい」

「宜しい。では神の啓示を受け入れる姿勢を取りなさい」

「……仰せのままに」

パトリックは悩みを解決してやるために、再び神の啓示を与えることにした。

共通 中出し

再びアンリエッタに中出しし、被暗示状態にして神の啓示を与える。

クーデターの動きは実際にあったため、これを鎮圧する反乱分子掃討作戦を計画するようにさせ、ついでに夫となる者に全てを捧げ尽くすのが妻の役目であり、夫が望むならそれが正しいことだとという暗示を与えた。

そうして神の啓示を終えたパトリックは、アンリエッタの肩を掴み、強引に彼女を抱き寄せた。

アンリエッタ・ド・トリステイン

そして、不意を衝いて唇を奪う。

「えっ―――」

唇と唇が触れたその瞬間だった。
アンリイッタの体に電撃の様な刺激が奔り、子宮が疼いたのだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

体の疼きが示すもの、それは自分との子孫を残すに値する本当に優秀な男である証だ。

「貴方だったんですね……まさかこんな身近にいるとは……」

「しかもそれが、私が信仰する神だったなんて……」

少なからず動揺するアンリエッタだったが、見つけてしまった以上は他に選択の余地はない。
パトリックの子供を孕む必要がどうしてもあるのだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「お、お願いがあります」

「お願い?私にですか」

アンリエッタはなりふり構わず、自分に子種を授けてくださいと頭を垂れた。
国の為に優秀な子孫を残す。それが彼女にとっての至上命題だからだ。

これに対しパトリックはアンリエッタを孕ませることはすぐに承諾した。
だが、ある疑問を投げかけられたことで言葉に詰まってしまう。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「姫様に私の子供を孕んでいただく、それは構いません」

「あなたほどの女性を抱ける、これ以上ない役得ですから」

「で、では!」

「しかし……一つ疑問があります」

「疑問?」

「はい。姫様を孕ませる、それは王女の子供、つまりは王子が生まれることになるわけですが……その父となる私は国王に……姫様の夫にしてくださるということでしょうか」

「お、夫……そ……そういう意味では……」

アンリエッタは国王と言う部分より、『夫』という部分に抵抗を示した。
だがその理由は、嫌いとかとういう理由ではなく、むしろ逆だった。

「私を姫様の夫としてくれるなら、孕ませてあげましょう」

「……少し、数日……考えさせてください」

「人間風情が神とつがいになる……あまりにも恐れ多いことですから……」

「良いでしょう。気持ちの整理が付いたら、答えをお聞かせいただきたい」

「……わかりました」

アンリエッタはそれからしばらくの間悩み続けた。

―――

――



アンリエッタ・ド・トリステイン

10日後、アンリエッタは反乱分子掃討作戦で指揮を執っていた。
しかしその心の内は未だ悩み、葛藤の最中であり、前線指揮は気もそぞろで無駄な犠牲を多く出してしまうことになる。

(……国の為、子種は欲しい)

(私の様なただの人間が神とつがいになる……許されるのでしょうか)

(しかも……あの方を夫にするということは私と私の国を捧げることになる)

(神に全てを捧げる、と言えば聞こえは良い。けれどそれは神に負担を書けると言うことに他ならない。果たしてそれでいいものか……)

様々な葛藤がアンリエッタを悩ませる。
だが、この反乱分子掃討作戦が終わった時、彼女は一つの真実に気付く。

王女にとっては国が全て。

譲れないその1点、それに照らし合わせた時、結論は全て出ていたのだと気付いたのだ。

そしてそれに気付いた時、アンリエッタはすぐに行動に移した。

アンリエッタ・ド・トリステイン

「パトリック・ブリュレットに改めてお願いします」

「トリステインの為、私に子種を授けてください。そして私の夫となってください」

「それはつまり、私を王として迎え、トリステインを捧げる……そういうことですね?」

「……はい」

「この国をあなた……王に捧げます」

「ですからどうか私に子種を授けて欲しいのです」

アンリエッタの必死の想いは伝わり、パトリックはトリステイン王になること、妻としてアンリエッタを娶り孕ませることを受け入れた。
それはアンリエッタに植え付けられた偽りの悲願が達成されると同時に、パトリックにとっては国取りという本当の悲願が達成された瞬間でもあった。

このあとパトリックはアンリエッタを激しく抱き、何度も膣内に射精して彼女を孕ませた。


そして3ヶ月後―――


アンリエッタ・ド・トリステイン

「おはようございますパトリック」

「王様、おはようございます」

アニエスと共に、朝の挨拶で頭を垂れるアンリエッタ。
彼女達の眼前には玉座に座るパトリックがいた。


後編につづく

洗脳奴隷、ラトゥーニ・スゥボータ

ラトゥーニ・スゥボータ

「お呼びでしょうか御主人様」

「あぁ、また君を使おうと思ってね」

「ありがとうございます!」

「ところで、記憶にない服を着ているね。新しく買ったのかな?」

ラトゥーニ・スゥボータ

「はい。セールで買いました」

「そうか。なら新しいその服、さっそく汚してやるとするか」

「かしこまりました。精液で汚しやすいよう、お胸とお口の御奉仕ではいかがでしょうか」

「あぁ、頼むよ」

ラトゥーニ・スゥボータ

「―――ふぅ。たっぷり出してしまった」

「服が汚れてしまったが、良かったのかな?」

「むしろ汚してくださってありがとうございます」

「この服は艦内の男性に嫌々御奉仕することでもらったお小遣いをためて買ったんです」

「ですから、早く御主人様の精液で清めて頂きたいと思っていたんです」

「なるほどな。しかしお小遣い稼ぎはいいが、あれは許していないだろうな?」

ラトゥーニ・スゥボータ

「もちろんです。オマンコは御主人様専用ですから、他の人には使わせていませんよ?」

「もし挿入されたら、その人を殺して私も死にます」

「大丈夫。そうならないように艦内の男共には挿入という概念を消してある」

「今の質問は念のためさ」

「じゃ、入れるよ」

「はい。御主人様だけが使える私のオマンコ、存分にお楽しみください♥」

TS魔法少女なお!

TS魔法少女なお!
TS魔法少女なお!
ゲームメーカー:Crooked Navel
ジャンル:魔法少女レオタード性転換(TS)おもらし寝取られボクっ娘
発売日:2014年5月9日
希望小売価格:1,944円(税込)

【あらすじ】
魔法少女になってしまった男と、魔法少女な恋人のイチャラブ……?

【気に入ったMCシチュエーション】
・悪堕ちする瞬間の専用変身セリフ。
・嫌がっていたところから、悪堕ち後の性格の落差

【感想】
まず、本作はTS魔法少女になってしまった主人公兼ヒロインと、恋人とのイチャラブに終始する表のストーリーをプレイすることになる。

そこでは普通のイチャラブエロゲーなわけだが、裏編になった途端のNTRはハンパないの一言。

ヒロインが裏でめちゃめちゃに犯され、耐え、結局は悪堕ちしてガッツリ寝取られるというのをまざまざと見せつけられる。

この作品では二人が悪堕ちするのだが、どのキャラも悪堕ち専用コスチュームがあり、色白の魔法少女が色黒褐色悪堕ち戦士に成り下がる姿は必見!

寝取られ魔法少女モノとしてはマジで非の打ちどころがない完成度で、最高としか言えませんでした。
あっぱれ!

一方で、主人公のなおがTSする作品にもかかわらず、裏編ではほぼモブ状態で、悪堕ちも無し。
同じくアーティ・レインもエロ的にはほぼいないに等しいレベル。

続編が作られているらしいので、そちらに期待したいところ。
クオリティが高く、素晴らしい悪堕ち作品だからこそ物足りなさを感じてしまったが、間違いなく神ゲー。

是非オススメしたい一本です。


オススメ度 ★★★★★★★★★☆ 9/10(TS×MC好きなら是非とも!)
満足度   ★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10(これ単体で完結しないのが残念)
このエントリーのタグ: エロゲーレビュー

100万アクセス記念アンケート結果発表!&コメント返信

TOP画(2019 9 14~)

10月末まで開催していました100万アクセス記念アンケートの結果発表です!

全36キャラに対して総投票数961!みなさま投票ありがとうございました!

今回の採用枠は下記の通りです。
SSと同人製作:1位
SS:2位 3位 6位 10位 20位 30位
虚ろ目コラ:上記以外全キャラ


普段は上から発表していきますが、今回は下位から発表していきたいと思います。


まずは同率30位!獲得票数1票!※ゼロのキャラがいなくて安心したああ


サイトウ

アスカ

ライトニング

ジュエリー・ボニー

龍胆嵐丸

ユーフェミア・リ・ブリタニア

王留美

この7キャラが辛くもゼロ票を逃れ、30位にランクしました!
まさか同率のしかも30位で7キャラが並ぶのは予想外でしたが、30位のキャラでSSを書くと宣言した以上、全員ちゃんと書くのでご安心ください!

個人的にはライトニングさんあたりはもう少し票入るかなーと思っていましたが、1日1票制度だったので、他のキャラに流れちゃったのかなぁと。


続いて同率24位!獲得票数2票!

ウルド

マリュー・ラミアス

ソーマ・ピーリス

新条アカネ

篠ノ之箒

小野寺小咲

24位は6キャラが並びました。
妥当っちゃ妥当な気もするラインナップですが、個人的にはソーマ・ピーリスは書きたいと思っていたのでSS採用枠から外れたのは残念ですね。


獲得票数3票!SS採用枠の20位は同率で4キャラが並びました。

古見硝子

遠坂凛

セーラームーン

紅月カレン

古見さんは推薦枠でSSを書きたいと思っていたので、偶然にも20位に滑り込んでくれてホッとしました。
その他の3キャラも個人的に好きなキャラばかりなので、書き甲斐がありそうで今から楽しみです。


18位!獲得票数4票!

早乙女芽亜里

戦場ヶ原ひたぎ

票数から見て、固定ファンがいたのかなと。
MCし甲斐はあるキャラだと思います。
しっかし…貧乳と巨乳が同率とはアンケートはわからないもんだなぁ(えー



続いても同率の15位。獲得票数5票!

天道あかね

マルグリット・ピステール

ラクス・クライン

採用枠からは外れてしまいましたが、虚ろ目コラするのが楽しみな面々ですね。
天道あかねとか書きだしたら姉二人もってなって、SSを書くエネルギーは相当なものだったと思うのである意味助かったかな?w


14位 ここからは単独になってきます。獲得票数6票!

宇崎花

最近ある騒動で有名になりましたが、彼女に罪は無し!
超NTR甲斐のあるキャラなのと、超巨乳キャラなので個人的に大好きキャラがここに来たか。
もうちょっと上位でも良かったような気がしますが、知名度がネックだったかな。


13位はこの人!獲得票数7票!

日向ヒナタ

最終的には正ヒロインに収まったヒナタですが、個人的にも押していたキャラです。
元々虚ろ目なのがやっかいですが、コラはしますのでお楽しみに☆


巨乳をひっさげて12位にランクイン!獲得票数8票!

巴マミ

思ったより入ったなという印象です。
昨今というより最初からネタキャラ感満載のマミさんですが、やはり金髪巨乳姉属性という超強力な個性を持っていることから、普通に人気と需要があったということなのかな。


ここからは一気に票数が増えてくる、11位はこちら!獲得票数11票!

カティ・マネキン

SS採用枠まであと一歩というところでしたね。惜しい!
一定のファンは抱えているキャラだと思いますが、上位に食い込むほどの支持は受けれなかったかな。
本編での登場頻度を考えたら検討した方じゃないでしょうか。

個人的にはこの人の痴態を書きたかったw
MCとの相性抜群ですよね。


10位!獲得票数22票!

真宮寺さくら

最近の新作で悪堕ち登場したらしいし、タイムリーなキャラということで注目度が高かったですね。
SS採用となりましたが、凛とした彼女をどう汚すかが腕の見せ所かと(えー


9位にこのキャラが来たか。獲得票数26票!

キュア・ムーンライト

プリキュアでも最強クラスと名高いムーンライトさんですが、投票最強は勝ち取ることができず。
しかし26票とはなかなかの高得票。
安定と実績のプリキュアだけあって、結構な支持を集める結果でした。


次は8位!獲得票数34票!

食蜂操祈

実はこの人が1位になるんじゃないかと勝手に予想していましたが、8位に落ち着きました。
そうは言っても最低でも1日1票くらいは入ったわけで、そう考えると結構票もらってますね。

残念ながらSSの対象にはなりませんが、MCネタも色々思いつく人ですよね。
本人が超強力なMC能力者っていうのが、いろんな発想の素になるというか。


せやかて工藤の幼馴染が7位!獲得票数36票!

遠山和葉

コナンにおいてはたまに映画のヒロイン枠として抜擢されるほどの存在である彼女は、最近京都のライバルが出てきたものの依然として平次の奥さんが確定している勝ちヒロイン。
それだけに催眠NTRとの相性も抜群で、平次から寝取られるのを見たいと言う方も多かったのでは。

おしくもSS枠の6位に届かなかったですが、ここより上は票数が一気に違ってくるのでその辺がキャラパワーの違いなのかなと思いました。


6位はSS採用枠!獲得票数48票!

華琳

恋姫の中でもかなりの人気キャラだと思いますが、個人的にも大好きで数少ない許せる貧乳キャラの一人(えー

過去にもSSは書いていますが、まだまだ書き足りないキャラだったので、今からどんなワクワクしています。
この人の場合、周りを固めている春蘭秋蘭や桂花なんかも含めてMCしたくなるのは恋姫催眠あるあるだと思いますw


まさかこの票数で並ぶとは!獲得票数57票!同率4位!

リーファ

ボア・ハンコック

開始2週間くらいの時点で一度途中経過を見たんですが、確かその時はハンコックの方が上だったと思います。
最終的にはリーファが追いついた形ですが、ここで並ぶとは正直思っていませんでした。

リーファはモンストでの性能が良いので気に入っています。
ハンコックはいわずもがな、同人作るくらい好きですw

3位とは僅差だったので、いずれかがSS枠に来てもおかしくなかったですね。


ここからはいよいよトップ3!

3位!獲得票数62票!

神崎・H・アリア

釘宮キャラはやはり強かった!
武偵という珍しい肩書を持つアリアが3位に来ました。

貧乳×強気×ピンクというTHE・釘宮って感じのヒロインでしたが、私的には白雪派ですw

緋弾のアリア自体が初めてになるので、新鮮な気持ちでSSを書けそう!
MCシチュエーションも新鮮なものにしたいなと思います。


2位!獲得票数は桁違いの151票!

八百万百

超好き(直球)

推薦枠にするくらい、ヒロアカの中でも好きな女性キャラです。
2位になったのは本当に嬉しい!

ちなみに私自身も3キャラに1票ずつ合計3票入れてますが、そのうち1票はやおももです。

こいつはMCしてエロするのも良いんですが、『なんでも作れる』という個性を生かしてMC道具やエログッズを作らせたりもできるので、夢が膨らむキャラなんですよね。SS書くのが楽しみ過ぎる!!





圧倒的1位!獲得票数382票!!

高町なのは

ダントツ1位になるとは予想できなかったエースっ子がチャンピオンに。
一日一人一票でこの票数…相当の人気と需要があったということでしょうか。

世界観、キャラの個性・能力・見た目、いずれもMC向きでSSの素材としては非常に扱いやすいと思います。

あと、予告通り1位は同人の方も作りますので、こちらもお楽しみに!
今回の記念SS全部が更新されるのと同時に同人も発売出来たらいいなと思っています。


みなさん、お楽しみに!



―ランキング早見表―

1位 高町なのは 382票
2位 八百万百 151票
3位 神崎・H・アリア 62票
4位リーファ 57票
4位ボア・ハンコック 57票
6位華琳 48票
7位遠山和葉 36票
8位食蜂操祈 34票
9位キュア・ムーンライト 26票
10位真宮寺さくら 22票
11位カティ・マネキン 11票
12位巴マミ 8票
13位日向ヒナタ 7票
14位宇崎花 6票
15位天道あかね 5票
15位マルグリット・ピステール 5票
15位ラクス・クライン 5票
18位早乙女芽亜里 4票
18位戦場ヶ原ひたぎ 4票
20位古見硝子 3票
20位遠坂凛 3票
20位セーラームーン 3票
20位紅月カレン 3票
24位ウルド 2票
24位マリュー・ラミアス 2票
24位ソーマ・ピーリス 2票
24位新条アカネ 2票
24位篠ノ之箒 2票
24位小野寺小咲 2票
30位サイトウ 1票
30位惣流・アスカ・ラングレー 1票
30位ライトニング 1票
30位ジュエリー・ボニー 1票
30位龍胆嵐丸 1票
30位ユーフェミア・リ・ブリタニア 1票
30位王留美 1票





〔 コメント返信 〕

〔あびゃくさん〕
>佐々木千枝
11歳 139センチ バスと73 体重33キロと 6歳年上の杏と同じ身長の小 学生アイドル(杏が小さすぎるだけだが)

そしてウエスト49センチと栄養失調の疑いがあるレベルの細さ

大人っぽい女優になるのが目標で  プロデューサーの好みにしてほしい などとやばい発言もしてる

サイコミにて連載中のアイドルマスターシンデレラガールズU149にてメインキャラの一人として登場しています
ってあれ? 他の作品も含めてサイコミの漫画1話と最新話しか見れないな・・・ 仕様変更? ちょっと前まで普通に本当の最新話は見れないけどその数話前までは見れたのに・・・

歌ってる歌はこんなの
ttps://www.youtube.com/watch?v=lX8LhGhIYn4



画像は数年後大人に近づいた彼女は、早く大人になるためと洗脳されて裏のお仕事を・・・みたいな?

年齢的にも性格的にも染めやすそうPTA案件
ウエストは確かに細いですが、139センチならわからなくもないかな?


あと画像はコラですね身体は弓道アイドルの水野翠ですね
ttp://imas.gamedbs.jp/cg/image_sp/card/l/d5bed54544fc77c024920b06eefcae1c.jpg

本来はこっち
ttp://imas.gamedbs.jp/cg/image_sp/card/l/f0c2444b0d413beed830240f57990e26.jpg

体がコラされているとはw
実際のゲームをやっていないせいで見抜けないですが、それにしてもアイマスはコラする人の技術も高いですねw


>江上椿
19歳 161センチ バスト80
2011年にアイドルおもちつき大会のボスとして初登場したキャラ

性格は穏やかな淑女 趣味は写真撮影でカメラマンとして結構な腕を持ち他のアイドル達が普段見せない菅やよい笑顔を写す 
だが撮られる方は苦手で恥ずかしがってしまうが 後に撮られる楽しみを覚えた

声優がまだついてないので歌はなし

画像はアイドル達の普段見せない(hな)素顔や表情を撮ってきたお礼にこれから自分のhな素顔を撮ってもらえる事に喜んでいるところとか?
初登場が初登場だし身体を使ったお餅突き(臼はあそこ キネはチ○ポ)

臼はあそこ キネはチ○ポwww
てっきり全キャラ声優決まってるのかと思っていましたが、そういうわけじゃないんですね。
ましてボスキャラならゲーム内ボイスあっても良さそう気も。


※歌ってる曲はこんなの
・一之瀬式
ttps://www.youtube.com/watch?v=wD3olymAvN0

・安部菜々
ttps://www.youtube.com/watch?v=cseoA5osMMk

ttps://www.youtube.com/watch?v=S70qWxolpvs







こういう感じなんですね!
アイマスはアニメ本編でも歌うのかな?


キャラデザもed分岐の内容もいいし中間も良い だけどもう少し色々欲しいなと思ってしまう

けど大好きな作品!

発売時期からすれば頑張ってる作品でしたね。

そういえば未亡人の元看護婦だっけ

こういう体格がよい女性もいいですよね~(サクラ大戦初プレイ時カンナを選んだ人)

0083のモーラは今の作画になったらいけると思う

カレンは結構隠れファンいると思います。
結婚していたと言うのがかなりポイント高いですしw

ただモーラは今の作画でもキツイ気が(えー
キースとデート行く直前とか、男(軍人)と並んでなおガタイが完全にキン肉マンの超人でしたし。
今風にするなら下手に萌に寄せるより、いっそザ・ガッツ寄りにした方がコアなファン層が喜ぶと思う(おい



〔催眠スキーさん〕
MCといえば狂信者とも言えるかも・・・
トモダチゲームという漫画でヒロインが宗教の教祖に話術でMCされ主人公のためと思い込み裏切るとかありました
裸同然の恰好でおっぱいも触られてましたよ

MCの中にエロがあると俄然興味が湧いてくる!
宗教の教祖系はちょうどこのブログでも辻堂さんの純愛ロードでSSを連載中なので、とても興味があります。
当たり前ですけど教祖ってなったことないから、教祖の気持ちで書くのが難しいんですよねw
漫画で描写される教祖も希少なので、読んでみたいです。


ついでに紹介
「アスモデウスはあきらめない」
2巻にて悪魔の力でヒロイン二人とモブ多数がショッピングモールで服を脱いでしまう
主人公が呼びかけても虚ろ目ですごい力で服を脱ぐヒロインたち
アスモデウスにいたっては全裸になる
4巻にてアスモデウスら悪魔を使役する指輪を敵に奪われ、アスモデウスは敵の命令に逆らえなくなり敵対する。

大勢が脱ぐってそれだけで異常な感じが出ますね!
ショッピングモールという箱の中で全裸…乱交待ったなしw
あと、使役する指輪って誰でも使えるんですね。なんて薄い本向きな設定なんだw


裏サンデー連載中の「マルセイ!!」
エロギャグ漫画
敵が発情し言いなりになるMC道具を女主人公とメインキャラに使おうとする。未遂に終わるが
この敵はまだ健在なので期待したい

敵側のMCキャラが健在なのは期待大ですね!
ましてそれがエロギャグ漫画なら、もうなんでもありじゃないですか!(えー

これ、もしかするとそのMCキャラが自爆して自分が発情するなんてオチもありえそうw


「お姉ちゃんは恋妖怪」より
サブヒロインが妖怪に洗脳され授乳させられる
妖怪は女の子だけど主人公と同級生のヒロインが洗脳され授乳するとかエロい

じゅ、授乳だと!?
下手にセックスするよりエロい説まである。



〔名無しの男さん〕
<高橋洋子関連>
以前のコメントと重複する内容かもしれないが、高橋を例の「特別教室前女子トイレ」の個室へ呼び出し、女子トイレ入口には清掃中の看板を置き、個室の中で「声押し殺し立ちバック中出しハメセックス」をやるのは如何だろうか。

楽しんだ後は掃除フェラをさせる流れで高橋の口内へ射精し、一滴も漏らさせず「ごっくん」させるのも面白そうだ。
更には「オマンコを締めて注いだ精液を零さないようにしながら授業を行う」というプレイをやらせてはどうだろうか。

玄児のマンション(自室)では新しくセックス用に買ったダブルベッドの上で抱き締めあったり、一晩明かして目が覚めた玄児が隣に寝るビッチメイクの高橋に興奮し朝セックスというのも面白いかもしれない。

他にも「眼鏡秘書ネコ耳ネコしっぽネコプレイ」で、牛乳の代わりに玄児の精液を器に注いで「ミルクだぞ」と言って舐めさせるプレイや、鉄人(Fクラスの教師の西村)を生徒指導室から催眠で退かして「高橋に女子の制服を着せて自分はオッサン臭いジャージを着て、親に黙ってる代わりに女子生徒へ体を要求する悪徳生徒指導担当教師プレイ」をするのも如何だろうか。

どれも凄くエロい!是非書きたい内容ですw
通常版の方がまもなく完結するので、真の方で高橋編をやる際には組み込みたいと思います☆

あと、ミルクザーメンも家畜みたいでそそります。
ペットの餌用の皿に入れて、土下座スタイルで舐めさせたいw



〔ゼロ魔ファン さん〕
更新お疲れ様です。
NTRって盗られた側の描写も醍醐味だと思うんですが不能にされて何も感じてないサイトが哀れすぎる。
代理人制度ってサイトに全くメリットないですよねw
タバサもやっとサイトと結ばれたのに即座に寝とられてるのがいい
タバサはゼロ魔で一番好きなキャラなんですが何故か酷い目にあわせたくなるw
アンリエッタのクズビッチぶりはまるで原作見てるレベルで違和感全くないですね
手玉にとられてるルイズもそれっぽいです
どのキャラも原作の雰囲気でててすごく良いです

楽しんでもらえてよかったです☆
ほんと、サイト側にメリットがまったくないですよねw
それを受け入れさせていると言うのが支配欲を満たしますし、サイト視点もマゾシチュ好きな人なら楽しめたかと。

原作でサイトはティファニアの使い魔にもなりましたが、これアンリエッタだった方が色々燃える展開になってたんじゃないかと思いますw




部長に必要なこと?甘露寺七海の実績作り

甘露寺七海_Rg

甘露寺七海はある日、知らない番号から携帯に着信があった。
もちろん最初は無視したが、その番号からの着信は少し時間をかけてもう一度きたのだ。

甘露寺七海 (10)_Rg

トゥルルルッ トゥルルルッ 

(誰だろ、知らない番号だけど二回かけてくるってことは大事な用かも……)

番号も通知されていることから、一応出てみること。

「はい、甘露寺です」

電話口から聞こえてきたのは、声ではなく謎の電子音だった。
やっぱりいたずらか。そう思って切ろうとした時だった。

「えっ……―――あ……うぅ……」

急にフワフワとした感覚に陥り、意識がはっきりしなくなってしまったのだ。
それを知ってか知らずか、七海がその状態になった後で電子音は鳴りやみ、今度は男の声が聞こえてきた。

「はい……私は……を呼び出して……します……」

それに七海も答えるが、自分が何を言っているのか、相手に何を言われているのか、それが記憶に残ることは無かった。

意識がはっきりした時には直前まで自分が電話をしていたことすら忘れ、普段の日常に戻る。
違うとすれば、放課後に一人教室に残り、ある人物を呼び出したことろう。

その人物とは、同じクラスの堂島粕馬という普段はまったく目立たない男だ。

甘露寺七海 (7)_Rg

「甘露寺さん、わざわざ俺を呼び出して何か用?」

「……」

七海は自分で呼び出しておいて、なかなか話を切り出すことができなかった。
告白よりもむしろ難易度の高い話だったからだ。

5分くらいかかってようやく決心のついた七海は、まどろっこしいことはやめて直球の一言で伝えた。

「わ、私とセックスして欲しいんだ」

「……俺とセックス?冗談でしょ」

真に受けていない様子の粕馬に、七海は真剣な表情で食い下がる。

甘露寺七海 (1)_Rg

「真面目な頼みなんだよ」

「私、バスケ部の部長でいるためには処女じゃいけないんだ」

「……本気?」

「本気だよ。だからお願い」

粕馬は頭を俯いて表情を見せず考えたが、少ししてOKを出した。

「わかったよ。甘露寺さんとセックスしてあげる」

「本当!あ、ありがとうっ」

「それじゃあ……着いてきて」

さすがに教室でするつもりはなかったのか、七海は粕馬連れて移動した。
と言っても、校舎内を移動しただけで、結局は学園でセックスするつもりらしい。

甘露寺七海 (2)_Rg

「ここ、女バスの部室だよね?男が入っちゃっていいの?」

「……うん。今日は部活休みだし、ここなら誰にも見られないから」

「鍵も私が持ってるし」

「そっか。じゃあ安心してセックスできるってわけだね」

バスケ部が休みなだけで、他の部活は普通に活動している。
声が漏れれば気付かれる心配だってあるし、バレれば停学や退学の危険もある。

それでも七海にとってはここが一番安全に思えた。

「服、脱いで。私も……脱ぐから」

「はーい」

甘露寺七海 (8)_Rg

「おぉ……」

一糸纏わぬ姿に粕馬も思わず全身を上から下まで凝視してしまう。

「そろそろ初めてくれる?」

「あ!ごめんごめん。それじゃあその……セックスってことだからまずは前戯……胸触っても良い?」

「……いいよ」

共通 オッパイ

「ん……」

「す、すごい!柔らかいのに、弾力もあって……」

粕馬が思わず夢中で胸を触っていると、七海はため息をついた。

「あのさ、どうせ手でするなら下の方をほぐしてほしいんだけど」

「あ、あぁそうだね。マンコほぐさないとね」

七海は床に寝そべって足を開き、わかりやすくアソコの開いて手を誘導した。

共通 手マン

「んっ……」

「これやば……めちゃめちゃエロいんですけど」

アソコに指を入れると、想像以上の熱さと柔らかさがあった。
指が直接性的快感を得るわけではないが、それに近い興奮がある。

「ほぐれてきたからそろそろ……いいよ」

「そ、挿入してOKってこと?」

「うん。……痛いとは思うけど我慢するから、入れていいよ」

「ごくり……わ、わかった」

粕馬も童貞なので、興奮以上に緊張していた。
ギンギンに勃起したチンポを手で掴み、マンコの位置まで持っていく。

共通 挿入

「い、入れるね」

「……うん」

亀頭を恐る恐る押し込むように腰を突きだし、挿入していく。

「んっ……ッ……」

処女でやはり痛いのか、七海は声を押し殺している。
だが、それはチンポが半分くらい埋まり、処女膜を貫通した時に変化が起きた。

「ふぁっ!?」

信じられない気持ち良さが七海を襲ったのだ。
電撃がはしるような快感が連続し、そこから先はほとんどわけがわからないくらいに乱れた。

甘露寺七海 (9)_Rg

「あああっあっんんっ

「こ、こんなに凄いのぉ!?せ、セックスのことで頭がいっぱいになっちゃうぅ

「俺も気持ちいいよ!くっ、こ、こんなにすごいなんてっ」

粕馬が一突きする度に体をビクビクと跳ねあげる七海は、何がなんだかわからないままセックスの快感に身を委ねた。
どれくらい経ったかはわからないが、少なくとも10回はイッたあと、粕馬が射精する。

「ああ、イクッ!」

共通 中出し

「な、なにこれえっああ、ふあああああっ

中出しの瞬間、頭が焦げるような絶頂でアクメしてしまう七海。
彼女にとって人生で忘れられない初体験となった。

―――

―――

―――

甘露寺七海 (7)_Rg

「どうだった?お役に立てたかな?」

「……うん。正直凄かった……その、あんなの味わったら……二度と忘れられないと思う」

粕馬との初体験セックスは最高だったと七海は正直に胸の内を明かした。
だが、これで終わりではなくまだお願いがあるらしい。

「もう一つお願い?」

「そう。……私をあなたのメイドとして働かせて欲しいの」

「メイド?」

「私、バイトしたことなくってさ」

「部長として、バイト経験も無いと統率取れないでしょ?」

「ふーん、それでメイドなんだ?」

「なんでもお世話するメイドなら、どんなバイトよりも良い経験になるし統率力もあがるって言われてるの知らないの?」

「知らないなー」

「アンタが知らなくても、世の中そうなのよ。それに、メイドってなんでも世話するだから、アンタの下の世話もしてあげるよ」

「それはすごく魅力的だけど、バイト代なんて払えないし……」

「それは大丈夫。働いて実績を作ることが目的だからお金はいらないよ」

「へー、だったら大丈夫だね」

「OK。ウチに偶然にもメイドコスがあるから、これからおいでよ」

「本当!?ありがとう!」

七海はあっさり雇ってもらえることを喜び、家についていった。

甘露寺七海 (6)_Rg

「おぉ……想像よりずっと似合ってるよ!」

「あ、ありがとうございます……ご、御主人様」

「じゃあそうだなー、とりあえず部屋片付してもらっていい?綺麗になったら、ご飯もよろしく。食べ終わったらベッドで夜の相手をしてもらおうかな」

「かしこまりました」

メイドになった七海は不慣れながらも粕馬の部屋を片付け、食事も用意し、綺麗に整えたベッドで夜の相手をした。

甘露寺七海_Rg

「ご、御主人様、は、激しいっ」

「そりゃ興奮するよ!甘露寺さんみたいな……いや七海みたいな可愛いメイドとセックスできるんだからね!」

「あ、ありがとうございますっ

七海はこのメイド活動を自分の意志で記録に残すため、ビデオで撮影していた。
最初の片付から夜の奉仕まで全てだ。

それは後で自分で映像を見返す為ではなく、この実績を部員に見せて信頼を得るためだった。

しばらくメイドとして働き、休日をもらったタイミングでその映像をチェックする。

甘露寺七海 (5)_Rg

「うん!これならみんなの信頼も得られる」

特に性的奉仕の部分は長時間行ったので、これだけの実績があれば部長として仲間や後輩たちから絶大な信頼を得ることが来出る。

その確信を得た七海は、この映像を部員たちに公表した。

それは、彼女の破滅を意味するとも知らずに……。



このエントリーのタグ: 催眠 SchoolDays 甘露寺七海

闘士服従!呂布奉先、淫売活動

ある男に洗脳された呂布奉先は、資金を稼ぐために援助交際をしていた。

呂布奉先

「ゴム無しNG無し、朝5時まで制限なしだったよね?」

「おじさん元気だね~」

「じゃ、はじめよっか」

呂布奉先

「こっちも15万もらうわけだし、たっぷりサービスしてあげるからね」

道端で声をかけられるのを待ったり、出会い系アプリをつかったり、とにかく様々な手法で援助交際をしていた。

呂布奉先

「おじさん、買わない?」

慣れてくると、どういう人間が援助交際するのか見分けられるようになり、自分から誘うようになった。

呂布奉先

「マンコもいいけど、私の手コキも悪くないでしょ?」

「鍛えてるし、加減が効くから気持ちいいんだよ」

単なるセックス以外にも、様々なテクニックを身に着けた呂布にとって、援交親父達を手玉に取るのは簡単だった。

呂布奉先

顔、胸、体、膣 全てが最高で技術もある呂布はリピーターも多くついていた。
一度彼女の味を知ったら、安かろうと他の女を買う気になどならなくなるのだ。

「ふふ、もうビクビクしてきたね

「早く出して私を汚してよっ

呂布奉先

「はうっ!」

「一発目だけあって凄い勢いね」

「でも……まだまだ出来るでしょ?」

「口で元気にしてあげるから早く2発目射精しようね

呂布は買われた時間、まったく休まずに奉仕する。
積極的で献身的で、かつどこか挑発的な呂布に親父達は夢中になった。

金額が高いからと別の女を買っても、あまりのレベルの違いに絶望し、借金してまで呂布と援助交際する男まで出てきたほどだ。

呂布奉先

時間制で料金前払い。
それさえ守り、取り決めした金額を払えば呂布はどんなことにも応じた。

彼女の私服をザーメンまみれにしたり、コスプレや青姦等ももちろんOKだし、呼ばれればどこへでも行った。

呂布奉先

追加料金を払えばハメ撮りはもちろん、動画の生放送や個人製作のDVD出演までなんでも引き受ける。
同じ時間でも単価が上がるオプションは、資金源としての役割をより効率的にできるぶん望ましかった。

様々な変態達と知りあう中で、金に余裕のある人間ほど変態的な要求が多いことにも気付いた。

呂布奉先

「ボコボコにされた後、優しくおっぱいで抜いて欲しいって要望だったよね?」

「どれくらい殴っていいの?」

「あ、でもいくら50万もらったからって殺しはもちろん障害が残るくらいってのは無理だからね?」

「腕と足を骨折させて、その後で優しくパイズリ?それくらいなら全然OKだよ」

呂布奉先

「たくさんでたね

「体痛くない?ほんとボコボコパイズリだなんて変わった注文だよね」

彼女の評判は口コミでどんどん広がり、いつしか予約制となって1ヶ月先まで埋まるほどになった。

呂布奉先

効率の良い複数プレイを優先して、個別の客は金払いの良い太客が中心だ。

士の彼女を拘束して集団で犯すといったハードなプレイも多く、辛くないと言えば嘘だった。
だが、それらは稼ぎが良かったため、止めるつもりはない。

自分の体が壊れても、金を献上することが大事なのだ。

呂布奉先

「さーて、今日もたっぷり稼ぐよ」

(それが私の使命なんだから……!)

数々の淫売ですっかり体はいやらしくなり、胸は大きく乳首は感度抜群、尻も大きくなりアナルもマンコも口も、全てが男の精子を搾り取るのに特化した体へと変わっていた。

呂布奉先

呂布自身もすっかりハードプレイに慣れて楽しむようになってきたため、金払いの良い客であっても普通のセックスでは物足りなくなっていた。

一番楽ではあるが、今となってはただのセックスなどではソフト過ぎて物足りず、終わってからまた別の客を探すありさまだった。

呂布奉先

「巫女を犯して聖なる力を奪う、ね」

「それじゃあやんわり抵抗するから、思いっきり殴る蹴るなりして私を叩き伏せてね」

「大丈夫、常人の力じゃ私はケガなんてしないから、手加減しなくていいわよ

上客に貢がせた衣装も100着を超え、どんなシチュエーションにも対応できるようにしている呂布。
それは単に売り上げを増やすためだけではなく、自分自身も特殊な行為でなければ満足できなくなっているからだった。

呂布奉先

様々なプレイを受け入れるうちに、すっかり特殊な性癖を自分のものにしてしまった呂布は、今では根っからの変態淫売女になっていた。

様々な『役』に感情移入してなりきるのもお手の物で、純粋なアイドルを求められればそのように振る舞うし、そんなアイドルが特殊性癖を持っているという設定を求められても難なくこなした。


こうしていつしか淫売活動が自分の趣味となっていた呂布だが、この生活を長くは続けられない事情が出来てしまう。

呂布奉先

「え?まだ稼ぎが足りませんか?」

「わかりました……もっと稼げるように、やり方を考えてみます」

主からの資金要求がさらに過酷になり、今の淫売を続けるわけにはいかなくなったのだ。
この指示を受けて、呂布は思い切った行動に出る。

それは表の世界に出る事だった。

呂布奉先

(裏で地道に稼ぐのはもうこれ以上無理……なら表に出よう)

(AVで単体女優になれば今の何十倍も稼げるはず……)

呂布は素顔を世間に晒し、AV女優で稼ぐことを決めた。

呂布奉先 (6)_R

AV女優となった呂布は、企画ものからスタートしたがすぐに単体デビューが決まった。

呂布奉先

淫売で磨いたテクニックと、現役闘士、それも呂布というネームバリューは話題性抜群で、単体デビュー作は一躍大ヒットとなった。

呂布奉先

異例とも言えるペースで次々と新作を出す彼女だが、その稼ぎの全ては献上され、ある男の大きな資金源となっていることを知る者はいなかった。

このエントリーのタグ: 催眠 一騎当千 呂布奉先

闘士捕獲!呂布奉先、洗脳転生

呂布奉先

「遂に手に入れた……!呂布を……この女を!」

睡眠ガスによって呂布奉先は力を振るう前に眠らされてしまい、完全な無防備を晒していた。

「これから洗脳してやるからな」

男の狙いは呂布を連れ帰り、洗脳して自分のモノとすることだった。

呂布奉先

「ンン……」

洗脳装置にかけられた呂布は無力だった。
いかに強靭な肉体を持っていても、洗脳から脳を守る術を持つ闘士は存在しない。

闘士のランクに関係なく、洗脳は有効なのだ。

「もうすぐ全てのインプットが終わる」

「かつて俺をボコボコにした女が……従順な女に生まれ変わるんだ」

「ハハ、考えただけで勃起する」

呂布の洗脳は数時間のうちに終わり、目が覚めた時には完全に別人にとなっていた。

呂布奉先

「気分はどうだ、呂布奉先」

「はい。御主人様のおかげで生まれ変わることができて今はとても清々しい気持ちでいっぱいです」

「まずはこの体で御奉仕させていただき、御主人様に対する忠誠が本物であることを知っていただきたく存じます」

「そうか。ハハ、それは楽しみだ。是非お願いしようか」

「ありがとうございます」

呂布奉先

「お……おぉ……!」

あの呂布奉先がなんの迷いも無く目の前で服を脱いでいく。
その光景に興奮しないわけがなかった。

なぜなら呂布は服を脱ぐだけではない。
さらにその先があるからだ。

呂布奉先 (3)_R

「……ごくりっ」

「御主人様のたくましい肉棒で、私の処女をもらってください」

「……!!」

(これで興奮せずにいられるか!)

まんぐり返ししてチンポを求める呂布を見て、理性の枷を外すことにした男は夢中で彼女を抱いた。

呂布奉先

「んんっああんっ

「ふあっあっあっ

何度も抱くうちに、ある種の心境の変化が男に現れた。

恨みは見事に晴れ、呂布に対する執着心がかなり薄れたことを実感したのだ。

(なにも呂布一人に固執する必要はない……そうだ、他にいくらでも……!)

まだまだ美しい闘士はいくらでもいる。
そう思った時、男の中で呂布の価値はそこらにいる有象無象の女と大差ないものとなった。



それからしばらくして――――



呂布奉先

呂布は命令されてあることをする為に大勢の男たちの前に立っていた。

「本日は御主人様に洗脳していただき生まれ変わった私を、皆様にもご賞味いただく催しです」

「配下の皆様は特別に一人1000円で参加していただくことができるとのことですので、是非振るってご参加ください」

「御主人様意外に抱かれるのは今回が初めてですので、一応安全装置として体は固定しますが、アソコと口はフリーですので存分にお楽しみください

男は洗脳で配下にした闘士達を手名づけるのに、呂布を使うことにしたのだ。
性欲を満たせる女を宛がうことで、より強固に闘士たちを支配しようと言う目論見だが、こういう形を取るのは効率面を考えてのこと。

個別にしかできない洗脳では一度に戦意を上げることはできないが、乱交ならば大人数の戦意を高め、闘士同士の絆も深まると考えたのだ。

呂布奉先 (2)_R

暴走の危険性はほとんどなかったが、一応両腕を固定しての乱交。
実際、呂布は一切抵抗することなく男達に抱かれた。

呂布奉先

その様子は乱交というより、固定された肉便器で性欲を満たす排泄に近いものだったが、呂布に精を放てる喜びは配下の男たちにとって最高の褒美であり、目論見通り戦意は向上し絆も深まった。

呂布奉先

翌日、報告を聞くために呂布の所に訪れた男だが、思っていたより呂布の表情は暗かった。

「人数が多かったからな、さすがの呂布も疲れたか?」

「……いえ、疲れはありません」

疲れていない。
それを聞いて一瞬洗脳が解けかけているのではと頭をよぎったが、暗い表情の理由は別にあった。

「あまりにも……御主人様に比べて…その、他の男たちのチンポが粗末すぎて……」

「……ハハ、なんだ。そういう理由か。ハハハハ!」

安心した男は、腹を抱えて笑った。

「クク、お前は戦力であると同時に資金源なんだ」

「その体でたんまり稼いでもらわないといけない。だからどんな男のチンポでも喜んで受け入れるんだぞ」

「……かしこまりました」

「ま、しっかり役目を果たした褒美に、今日は俺がたっぷり抱いてやろう」

「あ、ありがとうございますっ

御主人様が抱いてくれると知って急に表情が明るくなった呂布は、御褒美エッチを心行くまで楽しんだのだった。




後編につづく
このエントリーのタグ: 催眠 一騎当千 呂布奉先

気になっちゃってなっちゃってもう!な作品紹介

【MC】
ダウナー彼女の射精誘導~淫語でマインドコントロール
ダウナー彼女の射精誘導~淫語でマインドコントロール

生意気な風紀委員でも催眠術には逆らえない
生意気な風紀委員でも催眠術には逆らえない

暴力洗脳!淫乱若妻物語
暴力洗脳!淫乱若妻物語

あの子にお願いしてAV撮らせてもらった。
あの子にお願いしてAV撮らせてもらった。

審判の命令は絶対!~どんなことでも従わせる魔法の審判カード
審判の命令は絶対!~どんなことでも従わせる魔法の審判カード



【MC以外】
ミニCG集 続。満員電車で集団痴 漢にあう褐色巨乳ノーブラJK
ミニCG集 続。満員電車で集団痴 漢にあう褐色巨乳ノーブラJK

綾波 純米大吟醸
綾波 純米大吟醸

アース・ディフェンス・ウーマン・ライト
アース・ディフェンス・ウーマン・ライト

恥辱の女騎士 「オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!」
恥辱の女騎士 「オークの出来そこないである貴様なんかに、この私が……!!」

孕み姫
孕み姫

助けてシレン!!
助けてシレン!!

ク・リトル・リトル ~グレートハンティング~
ク・リトル・リトル ~グレートハンティング~

導かれしモノ達の楽園~BEDLAM~ BestPrice版
導かれしモノ達の楽園~BEDLAM~ BestPrice版

ときどきモメルアルVol.2
ときどきモメルアルVol.2
≪前のページ≪   1ページ/232ページ   ≫次のページ≫