FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (936)
総集編 (37)
エロゲレビュー (54)
同人&エロ漫画etcレビュー (21)
オリジナルSS (6)
I"s (0)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (111)
うみねこのなく頃に (3)
織田信奈の野望 (1)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (8)
機動戦士ZZガンダム (2)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (0)
機動戦士ガンダムUC (0)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (4)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (1)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (0)
クロノトリガー (0)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (3)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (34)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (6)
School Days (1)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (6)
ストリートファイターシリーズ (0)
スマイルプリキュア! (0)
ゼロの使い魔 (6)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (14)
とある科学の超電磁砲 (2)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (3)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
バカとテストと召喚獣 (139)
ハヤテのごとく! (3)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (4)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅦ (1)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (42)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フリージング (0)
フルメタル・パニック! (1)
フレッシュプリキュア! (0)
ポケットモンスターシリーズ (7)
マギ (0)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (19)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (4)
まぶらほ (0)
名探偵コナン (2)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (23)
ONE PIECE (8)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (4)
MC関連スレまとめ (81)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
這いよれ! ニャル子さん (0)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ああっ女神さまっ (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
らんま1/2 (0)
創聖のアクエリオン (0)
モンスターストライク (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
マケン姫っ! (0)
烈火の炎 (0)
暗殺教室 (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

[abgrund]サマーハレーション

[abgrund]サマーハレーション

【 実用性   】25/30■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【MCの度合 】0/30
【おすすめ度】15/30■■■■■■■■■■■■■■■

作者が認めるほどちょろい人妻が、軽い罠に嵌められて子供が寝ている前でそのまま抱かれてしまう。
浮気エッチを濃密に描いた作品で、人妻や浮気セックスが好きな人には非常にオススメ。
避妊していると思っていたが結局は中出しされてしまうというのは鉄板だが、さらにそこから失神してしまうまで抱かれまくる。
挙句浮気相手の指示に従い、夫との子供だと偽装するために淫らな下着を着けた旦那を誘惑させられ、既成事実を作らせられる流れは最高の一言。

続編も2作出ているので、興味のある方は是非読んでほしい一作。
このエントリーのタグ: 同人誌レビュー

飽きられたミレーユ、洗脳肉人形の末路!

ミレーユ

「ここでセックスですか?かしこまりました御主人様」

旅半ばにして遭遇した魔術師の罠によってパーティーは全滅した。
唯一ミレーユだけが、その美貌を見初められ生かされたが、魔法によって頭の中を徹底的に書き換えられてしまう。
記憶を消され、人格も変えられたミレーユは、魔術師の性欲処理を兼ねた肉の楯として生活を送っていた。

ミレーユ

「あんっんんっわ、私を奴隷商に売却ですか?」

「お前を洗脳して肉人形として所有して結構経つが、いかに素晴らしい体でも使い込めば飽きも来る」

「かしこまりました。御主人様の御命令ならばどのような運命になろうとも従います」

こうして裏世界のオークションに出品されることになってしまったミレーユは、目玉商品としてかなりの注目を集めることとなった。

ミレーユ

『エントリーナンバー75 ミレーユ!』

(出来るだけで高値で売れろという御主人様の最後の御命令、必ず成し遂げて見せる……!)

その美貌とこれまで培った奴隷としての心構えからくるパフォーマンスによって、奴隷オークション歴代TOP10に入るほどの高額で落札されたミレーユは、新たな主に仕えることとなった。

ミレーユ

「ふふ、近くで見れば見るほど美しい」

購入してくれた新しい主はさっそく性行為を求めた。
ミレーユも主の望みを嫌な顔せずに受け入れ、セックスに応じる。

これまで散々奴隷として奉仕してきたミレーユは奴隷になったばかりの生娘のように拒絶感を見せることは一切ない。

ミレーユ

(やはり中古は中古か……)

あそこもすぐ濡れて男のチンポを受け入れるミレーユは、牝としてはまさに完成品と言える。
だがそれは良いとは限らない。
自分で育てる楽しみ、開発する喜びがミレーユからは得られないからだ。

ミレーユ

それでもすぐにチンポにフィットするオマンコは最高の一言だった。

「く……すごいマンコだ。チンポを包み込んで……くぅ!」

「ああっいいっ御主人様のオチンポ気持ちいいですっ

精液を搾り取ることに特化したオマンコに主は簡単に射精してしまう。
これには主も性欲処理としての性能は文句のつけようがないとミレーユを褒めた。

しかし……

「お前の様な美人が出品されていて不思議だったが、相当使い込まれたようだな」

「前にお仕えしていた方は暇さえあれば私を使われていたので……」

「まぁいい。高い買い物だ、しばらくお前を使ってやる」

「ありがとうございます」

「なに、安心しろ。お前は掘り出し物には間違いない、そこいらに掃いて捨てるほどいる奴隷達と同じには扱わんさ」

「このような身分の私への御厚意、ありがとうございます」

「あぁ……」

(やはりな。感謝こそすれ、全く嫌悪感を示さん)

(どんなに心折れている者でも、普通は心の奥底にくすぶっている何かがあるものなのだが……)

(それが全くないとは、この女いったい何をされてこうまでなったんだ?)

まさかミレーユが人格そのものを完全に書き換えられているとは思いもしないので、これまでの経緯が気になる主であった。

ミレーユ

「……」

(御主人様が起床されたら御奉仕をして、その後お体を綺麗にして差し上げる)

(その後は食事を用意して……)

翌朝、牝奴隷として一日の流れを考えながら主の起床を待っていたミレーユ。
目が覚めると、気分よく目を覚ませるようにコップの水を差し出し、飲み終えたのを確認すると跪いて朝立ちしている股間にキスをする。

「朝はまず御奉仕を致しましょうか、それとも朝食になさいますか」

完璧な対応に主人も感心し、奉仕を命じた。

ミレーユ

「あんっ……ふふ、たくさん出ましたね

完成された牝奴隷ミレーユは行動の全てが主の望みを満たすために向けられていて、それらは完璧ともいえた。
最初こそ興奮したが、育てる楽しさが全くないのが中古牝奴隷。
案の定すぐに飽きられて、捨て値で売られてしまう。
そういう捨て値で売られる牝奴隷達の行き付く先は、荒くれ共どもの性欲処理と相場が決まっている。

ミレーユ

ここまで堕ちた牝奴隷に『次』は無い。
酷使され、命が尽きたらまた次の牝奴隷をはした金で買ってくるだけだ。

食事も満足に与えられず、本当の意味で玩具にされ、壊れるのを待つだけ。
それがここまで堕ちた牝奴隷の末路なのだ。
このエントリーのタグ: 催眠 ドラゴンクエスト6 ミレーユ

隠れたMCキャラ紹介 バビディ

バビディとは―――


ドラゴンボールに登場する多くの手下を従えている悪の魔導士。
ラスボス魔人ブゥや、魔界最強を誇るダーブラなど作中でも屈指の強さを持つ者達を従えていた。

本人はたいした戦闘力を持たないにもかかわらずそれらを従えられたのは魔法によるものであり、悪の心を持ったものであれば洗脳して配下にすることが出来てしまう。

これは自身の戦闘力とどれほどかけ離れていようが対象とすることが可能であり、かつ相手と距離が離れた位置から可能。
実際その時点では悟空に次ぐ戦闘力を持ちダーブラより強いと思われるベジータを洗脳して配下にしている。

唯一欠点が露見したのはそのベジータを制御できなかったところ。
かなり強烈な制御力が働くことがうかがえ、抵抗したベジータも相当苦しんだが結果としては命令に逆らうことができたことから、極端に強い意志を抑えるほどではない様子。
もっとも、悟空と戦いたいと言う想いとプライドが傷つき続けて鬱積した気持が晴れた後のベジータが支配から逃れられるのかは不明。

いずれにしても、超強キャラをも支配する洗脳を見せたバビディ。
あんまり隠れていない有名キャラなものの、まだ知らないという方はドラゴンボールをご覧あれ!

受けてはいけなかった依頼。妃英理の夢が叶う日

妃英理

弁護士である妃英理のところに、独立前に所属していた事務所の恩師が訪ねてきた。
ある訴訟の弁護を依頼されたのだが、それを変わって欲しいという内容だ。

「カウンセリングをした相手からの訴訟ですか」

「そうなんだ。依頼人は製薬会社で社員のケアを行う部門に勤めていて、カウンセリングを担当している。担当した社員が辞めた後に原因はカンセリングにあったと訴訟を起こされたわけだ」

「カウンセリングの内容に問題があったと?」

「相手はそう言っているが、その問題とやらが漠然としていてね。とにかくカウセンリング内容が不愉快かつ不適切であり、その結果会社で仕事を続けるのが辛くなって辞めざる負えなくなった。だからその責任を取って賠償金を払えと言っているんだ」

「……私にはただの腹いせ、八つ当たりに思えますが」

「だろう?実際私も依頼人が普段しているというカウンセリングを体験してみたが、何もおかしいところはなかったし、むしろ気持ちが晴れたようだったよ」

「普通に取り組めば誰が担当しようと万が一にも負けることはありえないんだが……私はあいにく来週から長期海外出張が入ってしまっていてね、しかし先方はバックに会社もいるし古くから付き合いがある顧客だけに無下にもできない」

「ある程度実績のある人物でなければ失礼にもなる。そこで妃君にピンチヒッターを頼めないものかと思ったんだ」

「先生の頼みでしたら喜んでお引き受けしますわ」

「そうか!助かるよ、無理を言ってすまんな」

勝利確実な案件でしかも恩師の頼みとあっては断る理由もなく、妃英理はそのカウンセラーの弁護人を引き受けることになった。

名刺を渡されて向かった先は、依頼人が務めている企業。
『鶴屋大天江製薬』という鶴屋製薬と大天江薬品の二社が合併してできた大企業だ。

事前にアポを取っていたこともあり、すんなり依頼人と面談することができた。

「初めまして、弁護士の妃です。宜しくお願いします」

「榊と申します、宜しくお願いします」

面談には会社側から三人が参加した。

依頼責任者として榊浩一郎(男性 52歳 営業部統括部長)
本件の雑務補佐として経理部から大天江優樹菜(女性 28歳 経理部主任)
彼女は大天江副社長の娘であり、訴訟トラブルを経験させるために参加している。

そして訴訟の被告となっている佐原怜治(32歳 メンタルケア部門 カウンセリング係長)だ。

「佐原怜治です。宜しくお願いします」

「妃です。宜しくお願いします」

挨拶もそこそこにテーブルにつくと、訴訟内容の詳しい説明がなされた。
原告は元営業部課長代理 朝倉尚紀(男性 41歳)

「彼は営業成績的にも悪くなく、素行にも問題の無い平均的な社員でした」

「が、ある時期を境に何か悩みを抱えるようになったようでね」

「佐原君のカンセリングを受けたりもしていたのだが、結局は退社してしまったんだ」

「カウンセリング内容について、当時の記録は残っていますか?」

「もちろんです。佐原君」

「はい。こちらが当時の記録です」

4回分のカウンセリング記録があり、そのどれも大した内容ではなかった。
漠然とした悩み相談から始まり、不満を募らせて精神的に疲れていることが本人の口からも語られていたが、
それに対する助言内容も含めて特別なことはまるで皆無。

「……確かにこれを拝見する限りでは、佐原さんの落ち度はありませんね」

「そうでしょう?本当に逆恨みとしか言えないので困っているんです」

「映像の記録はありますか?この記録だけでも十分ではありますが、映像さえ残っていればそれが決定的な武器になります」

「残念ながら映像までは……。カウンセリングはプライバシーに関わることも多いので、むしろ映像は残さないようにしていまして」

「そうですか」

それもそうかと思いながら、細かく話を聞いていった。
あらかた内容を掴み、彼らの言っていることに矛盾が無いと感じた英理はまず勝てるだろうと言う話を伝える。

念のため、実際に佐原怜治のカウンセリングを受けてみることに。
それで不快感を感じなければ、後は法廷に臨むだけだ。

「状況を再現したいので、普段使用している部屋で、普段通りのカウンセリングをお願いします」

「そう言う事でしたら佐原くん、カウセンリングルームにご案内しなさい。我々は一旦席を外すから、終わったら声をかけるように」

「わかりました」

大企業のオフィスだけあって、カウンセリングルームも8畳くらいの広さがあり内装も綺麗だった。
椅子に座ってデスクを挟み怜治と対話形式でのカウンセリングが始まる。

「出来るだけ普段通りにしてください」

「わかりました。ではそこの椅子に座ってください。今お茶を入れますから」

「お気遣いなく」

「いやいや、これは普段からしていることです。基本的にカウンセリングって会話なので、喉が渇くんですよ」

「ま、お茶を入れるって言ってもコレですけどね」

お茶と水が出るだけの良くある業務用サーバーに紙コップ。
確かに大したものじゃなかった。

「さて、と。では始めましょうか」

「お願いします」

「今回はお悩みがあって相談に来ているのとは異なるので、社内のストレスチェックで行っているカウンセリングをします」

「いくつか質問していきますが、答えたくない質問はパスして結構です」

「わかりました」

怜治は普段使っている用紙を見ながら、順番に質問をしていく。
その内容は当たり障りのない物がほとんどだ。

「次の質問です。貴方は最近家族や親族で悩みを抱えていますか?」

「……人並み程度には」

「ではその悩みによってストレスを感じていると思いますか」

「そうですね、感じることもあります。けれど仕事に支障をきたしたりということはありませんし、強いストレスとまでは思いません」

「わかりました。ではここからは二択での質問になります。イエスかノーでお答えください」

「1、人混みが苦手である」

「イエス」

「2、通勤時に憂鬱になることがある」

「イエス」

「イエスと答えた方、その頻度は週に2回以上である」

「……ノー」

「3、現在の業務内容は自分に合っている」

「い……イエス」

「4、過去の失敗を頻繁に思い出す」

「う……?え、えーと……ノー……」

質問に答えていくと、英理は少し頭がボーッとするような感覚を覚えた。
具合が悪いとかではないのだが、何か少しふわふわするような感覚だ。

そしてそれは次第に強くなっていった。

「9、自分の裁量で業務を行うことができる」

「ん……う……?」

「9、自分の裁量で業務を行うことができる」

「……の……ノー……?」

「……妃さん、聞こえてますか」

「……」

その時点で英理は返答をしなくなった。
気を失っているわけではないが、明らかにボーッとしていてアゴもあがり、天井を見上げてまるで上の空だ。

「……思ったより時間がかかったな」

怜治は椅子から立ち上がると、英理の脇に移動して様子を確認する。
体調を気遣っているわけではない。これは彼が英理に飲ませた薬の効き具合を確認しているのだ。

(飲んだ量が少ないからかかりが浅いが……ここまで行けばなんとか例の状態まで持っていけるだろう)

彼が飲ませたのは『アンジール3130』という新薬であり、飲んだ人間の精神状態を弛緩させる薬だ。
所謂催眠状態にしてしまう薬であり、お茶に混ぜられたそれを少量とはいえ英理は飲んでしまった。

「妃さん、私の声が聞こえますか?」

耳元で良く聞こえるようにゆっくりと話しかけると、少し間をおいて反応があった。

「……はい……きこえます……」

「あなたは今、とてもリラックスしていますね。心が落ち着いて、深いところにある状態です」

「……はい……リラックスしています……」

「こころがおちついて……ふかいところに……あります……」

「そうですね。心は深いところにいけばいくほど心地よく、あなたもそうなることを望んでいます」

「ふかいところ……のぞんで……?」

「……もっと気持ち良くなりたい、そうでしょう?」

「……う……?」

(駄目か?)

「……」

「……はい。きもちよく……なりたい……です」

(よし!掛りが浅くて危なかったが、これならいける)

「ではこれから私が1から数えていきます。数が増えれば増えるほど心はどんどん奥まで沈んでいきます」

「かず……ふえる……どんどん……しずむ……」

「はい。奥に沈めば沈むほど、気持ちが良くなっていきます」

「そしてもっとも心の奥底までたどり着いたら、あなたは舌をだします」

「なぜなら、そこでは自分の全てを曝け出し、何もかもを解き放つことができるからです」

怜治はゆっくりと耳元で数字を数えていった。
精神を奥底まで落すための数は個人差がかなり大きく、人によっては10も数えないで到達する者もいれば、100以上を要する時もある。
そういう意味では英理は実に平均的な数字で、30になったところで舌を出した。

(ここまでは順調だな。あとは暗示を与えるだけだ)

「あなたは今、心の一番深いところにいますね?」

「はい……いちばんふかい……です……」

「そうですね。そこはあなたの心や気持ち、考えを司る場所です」

「こころやきもち……かんがえ……つかさどる……」

「はい。ですからそこで聞いたことは、全てあなたにとって絶対の真実になります。わかりますね?」

「きいたこと……すべて……しんじつ……はい……わかり……ます……」

こうなってしまえばどんな相手だろうとその心や認識は怜治にとって白紙の紙に等しい。
何を書いても良いし、書いたことがありのまま反映される状態だ。

そんな人格形成すら自由にできてしまう無防備な英理に怜治は暗示をかけていく。

「あなたは犬を飼ったことがありますか?」

「ありません……」

「それは何故ですか」

「好きじゃないから……です……」

「それは違います」

「ちが……う……?」

「違います。本当の理由、それはあなたが自分のことを犬を飼う側ではないと考えているからです」

「いぬを……飼う側……ではない……?」

「はい。あなたは自分が人に飼われたいという強い願望を持っています。ですから犬を飼いたいと思わないのです」

「私は……じぶんが……ひとに飼われたい……願望を……」

英理に飼われたい願望を与えた怜治は、そうなった理由付けもちゃんと行った。
幼 児退行を行い、友達の家にいた犬のことを思いださせる。
友達に飼われる犬を見て、自分もそうなりたい。誰かに飼われたい。そう強く思うようになったと記憶を改竄したのだ。
幼少期に強く抱いた気持ちは、英理の精神を現代に戻すことによって勝手に彼女の中で熟成され、大きな願望になっていた。

「私は……ずっと飼ってくれるひとをまって……つねに……首輪と……たづな……持ち歩いている……」

「それを言って……受け入れてくれた人に……飼われたい……飼ってほしい……です……」

ここまで暗示を与え、英理の鞄にペット用の首輪と手綱を忍ばせておけば矛盾はなくなる。
あとは正気に戻ってからカウンセリングの中で英理が自分からそれを告白するようにしておけばよい。

ここから先の不安要素は、催眠状態を解除した直後だけだ。
どんな人間でも、催眠から覚めた瞬間に意識が飛んでいたことにたいする違和感を感じる。
それをうまく処理できなければ催眠暗示が失敗してしまうこともある。

しかしそういったリスクも、熟練している怜治は簡単に対処してみせた。

「というわけでここまで色々と御回答いただいたわけですが、最後にもう一つ質問に答えてもらえるでしょうか」

「え?あ、はい。わかりました」

自然に話しをつなげることで、目覚め直後から自分のペースで進めることができる。
それはカウンセラーの顔も持つ怜治の強みだった。

「妃さん、あなたは誰れにも言っていない秘密はありませんか?」

「誰にも言っていない秘密……ですか」

「そうです。誰しも秘密はあるものですし、隠すことは別に悪いことじゃありません」

「ですがこれはカウンセリングです。自分の内に秘めたものを曝け出さなくては意味がありません。そうでしょう?」

「確かに……そうですね。ええ、私にも隠している秘密はあります。けど……」

「言いたくないような、後ろめたい秘密だと?」

「そういうわけでは……!」

「妃さん。安心して下さい、カウセンリングで聞いたことは他言しません」

「仮に犯罪行為や、特殊な性癖だったとしても他に漏れる心配はありません。ですからここでは全てを解き放ちましょう」

『大丈夫。みなさんしていることですから』

「……!」

「そ、そうですね。わかりました、私の隠している秘密をお話しします」

みんなしていることだと聞いて何か急に自分の中のハードルが下がったような気がした英理は、誰にも話したことの無い自分の性癖を打ち明けることにした。

わずか数分前に植え付けられた性癖を、昔から隠し続けてきたこととして……。

―――

「妃さんが男性に犬のように飼われたいという願望をお持ちな事はわかりました」

「首輪を常に持ち歩いていることからも、その欲求は相当な物のようですね」

「はい……」

恥ずかしそうに視線を外す英理に弁護士としての凛とした力強さは感じられない。
ここまで自分の胸の内を曝け出してしまえば、普通の女をカンセリングしているのと違いは無い。

「解決方法も単純明快ですね。実際にその欲求を満たせば済むんですから」

「そ、そうは言いますけど……こんな子持ちの年増を飼って下さるような男性なんて……」

「大丈夫です。私が飼ってあげますから♪」

「えっ」

一瞬浮かべた英理の表情は、驚きと期待が混じった表情だった。

「わかりませんか?私があなたを飼うということです。犬になりたいのでしょう?私もちょうどペットを飼いたいと思っていたんですが、それがあなたのような素敵で自立した女性であれば願ったり叶ったりです」

「ほ、本当に私を飼っていただけるんですか?その、首輪を付けて……牝犬として面倒を見て頂けると……?」

「もちろんです。飼う以上はしっかり躾けますし、懐いてもらいますが飽きて捨てるようなこともしませんのでご安心下さい」

「な、なんてことなの……

英理が言った「なんてこと」は、30年以上も胸に秘めていた願望が突然叶う状況になって出た幸せと驚きからくるものだった。
まさか仕事中に飼い主になってくれる人と出会えるなど思ってもいなかったので驚きは当然とも言える。

「その、私を飼って下さるというのは……このカウセンリングの間だけではなくずっとということで良いのですか?」

「もちろんです。むしろあなたほどの女性を飼うのが私で良いのか聞きたいくらいです」

「私を飼ってくれる人なんて今まで一人もいませんでしたし、普通ペットは飼い主を選べません。私もそうです」

「それを聞いて安心しました。では首輪を付けてあげますから、裸になってください」

「は、はいっ!」

興奮した様子で彼女らしくもなく雑に服を脱ぎ捨てる。
子供を産んでいるとは思えない引き締まった張りのある肢体が露わになると、思わず怜治も見とれてしまう。

「さ、さぁ!早く首輪をつけてくださいっ」

「焦らなくても大丈夫ですよ」

このチャンスを逃すわけにはいかないと焦る英理をなだめ、カチャカチャと細い首に犬用の首輪をつける。

「これでよし……と」

窮屈ではないが、決して余裕でもない絶妙な締まり具合で首輪は固定されると、英理はまるで犬のようにはぁはぁと興奮で涎をたらし、言われてもいないのに床にごろんと寝転がった。

「はは、まるで本当に犬という感じですね」

「飼いならされた犬の服従ポーズそのままだ」

「は、はい!私は犬ですっ。御主人様の牝犬なんですっ

操助が裸の牝犬の頭を撫でると、嬉しそうに舌を出して喜んだ。
自分の願望が叶えられた英理は幸せに包まれている。

「お前はもう私のペットなのだから、新しく名前をつけてあげよう」

「ペットとしての名前……!ぜ、是非お願いしますっ」

「そうだな……妃つながりで、ティアラなんてどうだ」

「ティアラ……」

ペットとしての名前を与えられた英理は飛び跳ねて喜び、飼い主の怜治の顔を舐めて嬉しさを表現した。

「わんわんっ

「はは、あんなに凛としていたのにペットになるとこうも可愛くなるのか」

「きゃうん~……

ティアラは飼い主の足元でくねくねと体を擦り付けてはじゃれ、もはや人間というより本当にペットのように見えた。

(おっと、今はこのくらいにしておくか)

(こいつが役に立たなくなるとまずい)

このままだと牝犬になりきって本当に人間であることを捨ててしまいそうだと思った怜治は、一旦ペットから人間に戻るように命令した。

これにはかなり悲しそうな表情を見せたが、目標を与えることで言う事を聞かせた。

「今度の裁判に勝ったら、その時は正式に人間を辞めて俺のペットにしてやる」

「もし負けたら、お前をペットにするのは無しだ。わかったな?」

「わんっ……じゃなくて、わかりました」

「必ず勝って見せます。そして必ず本当のペットにしてもらいます」

「その意気だ」

「……はい」

(心の中で言うなら構わないわよね。……わんっ)


訴訟は鶴屋大天江製薬側の勝利で終わった。
そしてそれが弁護士妃英理としての最後の仕事となり、それ以降「妃英理」の姿を見た者はいない。

彼女に似た牝犬「ティアラ」であれば、インターネット上で飼育される光景が度々アップされていたが、それを妃英理だと思う者は誰もいなかった。

このエントリーのタグ: 催眠 名探偵コナン 妃英理

近況&コメント返信

近況 (71)

今年は暑すぎやしませんかね(汗)
仙台も観測史上最高の37.3℃を記録しましたし、37℃超えも2回ありました。
っていうか、7月後半に暑くなったら8月はもう涼しくなりつつあるのが本来の仙台なわけで、ちょっと今年はやべぇって感じです。

冬、超極寒になったりしないだろうね……それだけは勘弁してくれ。
寒いの苦手なんだよ(えー


私の方は引き続き夏休み中です。
前半で北海道に行ってきました。

奇跡的に天候にも恵まれ、かなり楽しい旅行になりました☆
さすがの避暑地と言うか、仙台より全然涼しくて快適そのものでした。

ランバ・ラル
仙台とは違うのだよ、仙台とは!

で、帰ってきてみるとブログの方にたくさんのコメントが!
ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。わかってくれるよね?北海道ララァにはいつでも会いに行けるから。


というわけで、かなりの数のコメントをいただき旅行から帰ってきてブログへのモチベーションが上がりました^^
何回かにわけての返信になってしまうかと思いますが、順番に返信しますのでお待ちくださいm(__)m


〔 コメント返信 〕

〔あびゃく さん〕
>3個のリンゴを9人で等しく分けるには?
リンゴを全部捨てて全員0個にするかな?

それいいですねw
『分ける位なら、捨ててしまおう』って思考はなんかの催眠暗示でありそう。


>シルエットフェラえっろw
シルエットのみってのもまたよいですよね~
サムライスピリッツの”いろは”の夕鶴の舞”もシルエットで良かったですし
・9:45あたり どこからともなく障子が出てきて全裸になったいろはが相手を攻撃する技 
ttps://www.youtube.com/watch?v=Y_ZmnZEZC6E



これもエロイですね!しかも激しいw
R18を回避しつつ格ゲーにエロをぶち込んでいくスタンスはさすがとしか言えないですねw


>そうだったらだったでなかなか泣ける設定ではありますが
しかも、その内何人かはコンスコンが寄付してる孤児出身で 施設に寄付してくれた事に恩返ししようとしてパイロットになったという設定が・・・

コンスコンはそんなことするタマじゃないとわかっていても、そんな設定が後付されたら……薄い本が大量に出回ること間違いなし!(そこかよ

>もうここまで来たら腹をくくれよ!
ですよね~

>一般的にMCは頭の良い奴ほどかかりやすい傾向にある
やっぱりこううのって頭がよい奴の方が色々考えるからとか 一度刷り込んだのを忘れないからとかなんですかね?

>win8でできる特集なんて個人的には大歓喜ですよ(`・ω・´)
自分は7現役ですが、 10使ってる人から今までプレイできたゲーム(巣作りドラゴンとか)が、プレイできなくなってダウンロード販売のを買う事になったって言ってましたし いつか昔のpcゲームが全て普通にプレイできるようになるpcとか発売されないかな~

うちは7と10が稼働してます。一応その……vistaも現役っちゃ現役です(おい
XPもあるにはあるんですが、もう何年も動かしてないので、多分起動しない気がしますw
過去の作品全部プレイできるようになったら、PCエロゲー界はちょっとは盛り上がるかもしれませんね。


>既に購入済みですが、時間が取れず未プレイです
あるある 時間がなくてプレイできなくて 同じ会社の新作のほうを先にプレイすることになったりとか

>Apocrypha
こちらの作品は個人的に 原作小説、アニメ、漫画の内 漫画が一番出来が良いと感じましたね~

>準新作96円キャンペーン
準新作がそんなに安くだと!? 家なんて旧作になって100円になるのを待つからガンダムオリジンの新作を半年以上かりれないというのに・・・

結構昔ですが、初めて渋谷のTSUTAYAに借りに行ったとき、旧作で500円くらいして笑いました。
地方に行けばいくほど、安くなる傾向がありますよね。
山形のゲオなんか、旧作60円くらいのところもあったと思います。

仙台も大体は相場100円ですが、準新作の割引はしょっちゅうやってますね。
割り引かなくていいから、品ぞろえを増やせといつも思いますw

マジで近所のTSUTAYA、アニメコーナー死んでるんで。
韓流ドラマコーナーの3分の1くらいしかスペースないしね……多分アメリカドラマコーナーにも負けてると思います。どうなってんねん。


>ジュジュに憑依
初代アニメでもあったシーンですし 初代のほうが細かく原作再現してるからそちらを見るのも良いかも

>自分で実際に操作してこだわったキャラと他人が操作したキャラって似て非なるというか、ぶっちゃけ全然別物というか
自分でプレイするのと見るのとでは全然違いますし キャラへの愛着とかも違いますからね~
特に名無しキャラとかだとプレイしてる人からは愛着あるキャラでも プレイしたことないと何で人気あるんだ?ってのがありますしね
例:ランス10のテンプルナイト 1ターン目に絶対仲間になる名無し顔無し 性別不明のキャラ 攻撃に小回復が付いてるので初プレイ時にはすごい便利! 慣れてくると使わなくなるけどそれでもそれまでに愛着がかなり出来る
・下の右から2番目の全身鎧
ttps://pbs.twimg.com/media/DWyelgxVQAAIZfL.jpg

あー、そういうのってありますよね!
私もRPGとかやってて、序盤で仲間になる強くないキャラに愛着が湧いてずっと使ってるとかよくあります。

逆に、後半から入ってきた強キャラをあんまり使わない傾向も……


>かけられた暗示の内容を自分からしゃべらせるの好きなんですよw
わかります!

>>洗脳描写がある自分が知ってる作品209
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
言わずと知れた有名漫画の4部
舞台は杜王町(もりおうちょう)で主人公は2部主人公のジョセフ・ジョースターの息子 東方仗助(ひがしかたじょうすけ)(ジョセフが60才くらいの時に当時大学生だった女性と不倫して出来た子供)

そんな主人公の住む町で主に2人の人間が矢を使って増やしまくったスタンド使い(片方はdioDIO埋められた肉の芽の効果で不死身の化け物になった父を殺すため 片方は息子のサポートのため)と時に戦い 時に味方として一緒に闘ったりする物語

mc内容は、間田敏和のスタンド サーフィス
等身大のポーズ人形に憑りつき、人形に触れた者の姿、仕草、声紋を全てコピーするスタンドで コピーされた相手は、数メートル以内でサーフィスと向き合うと意識をそのままに同じ動作しか取れなくなってしまう。

向き合ってと書かれているけど範囲内ならokっぽい(初登場時に 自分の好きな漫画を貶した相手が家で勉強してる時に操り無意識のまま自分の目をえぐらせたりしてる)


間田敏和は、初登場時は背の高い男だったが、再登場するたびに背が縮み最終的には小柄な男になってしまった。
・初登場時
ttp://jojossnote.gamedbs.jp/images/1470047956001.jpg

・最終的 右
ttps://pbs.twimg.com/media/CmlzOrxVUAASPCv.jpg

まず、仗助ってジョナサンの直系だったんですね(そこからかよ
ジョナサン→ジョセフ→承太郎→ジョリーンっていうのはわかってたんですが、仗助もジョセフの実子だったとは。
さすがにジョルノはジョセフ関係ないですよね?って書こうとして思ったんですけど、DIOの体ってジョナサンの体なので、遺伝子的な血統ではジョルノもジョナサンの系譜というか、むしろジョナサンの実子=ジョセフの弟ってことに?
ところでディオの頭がついたジョナサンの体でセックスして受精すると、顔はジョナサンに似るのかDIOに似るのかどっちなんだ(おい
それはさておき、ジョジョの血統ってもはや競走馬の血統表みたいですねw

だいぶ脱線しましたが、MC能力はなかなか面白いですね。
どちらかというと肉体操作系なので、精神の方は書き換えと言うよりコントロール主体ですね。
MCはマインドコントロールなので、こういうのも列記としたMCと言える辺り、MCの守備範囲は改めて広いなと思います。

意識不明で操作されている間、双方に何かしらのリスクやデメリットが無いのであれば、結構便利な能力ですよね。
似ている能力に、幽遊白書の柳沢がいますが、あっちは記憶を全部読み取れる分操作はできないですね。
両方を兼ね備えた能力があればいいのにと思いました。



〔名無しさん〕
暗殺教室のEクラスにおけるキステクランキングなる番付が存在する。順位の選定はイリーナによる独断。ベスト5は以下の5人。

<第1位.潮田渚>
テクニック自体はEクラス内でも中の上程度。だけど総合的なキスの技術や実戦で結果を出せる点が評価された。

<第2位.矢田桃花>
イリーナ曰く「私の育てた芸術品よ」との事。受け攻めどちらでも対応可。他コメントでも前述したように本人はキステクを封印したがっている。

<第3位.赤羽業>
器用なのを差し引いても、妙に手馴れている。イリーナとしては修正部分も無く詰まらない素材との事。

<第4位.前原陽斗>
小手先のテクニックを重視し過ぎているからこの順位。もう少し相手と自分自身の気持ちを引き出す方を優先するべきとの事。

<第5位.奥田愛美>
奥田自身は気付いていないが、受け身のキスに天性の素質が有り。しかし、性格的な問題が付き纏い肩の力を抜けず実力を発揮し切れない惜しい逸材。

渚と桃花と愛美は、Eクラス男女全員の中でもキステクが優れているので、オリジナル主人公とのキス以外にもキステクを応用したフェラチオも相当上手いと思われる。
しかし、上位5人だけでなくEクラス全員も一般的な同世代と比べればキス慣れしている。
 ※男女や相手を問わないイリーナによる日常的な強引ディープキスの賜物。

https://festy.jp/wp-content/uploads/festy/2015/10/12/01/17/26/554/73BB927A_509A_409E_B3BB_DEAE807C9086.jpg

5人中3人が男だと……!?
女性陣しっかりせいや(説教)

MC主人公とイリーナ率いるベスト5のキス対決とかも面白いかも!
イリーナがキスでイかされる姿とか、なかなか見れない物もMCなら実現可能ですしw



〔催眠スキーさん〕
ポケモンって何気にMC要素ちょくちょくありますよね
アニメ版でサトシに催眠かけるシーンあるし

え、サトシ……だ、誰得じゃないですか!
カスミの間違いだと言ってくれぇ……


そういえば以前特集されていたVenus Blood -HYPNO-をプレイしましたよ
控えめに言って最高のゲームですね
プレイしてみるとキャラの印象が変わりましたし  
シルヴィアとかただの優しいお姫様かと思ったら、ちゃんと強い意志があり気高い姫だったし     
そんなシルヴィアが敵に洗脳されて変態豚ビッチになるシーンがかなりよかった、セリフ回しがいいですよね
「今日からシルヴィアは女の子をやめて、変態豚便器になります~♡」とかアノーラとシルヴィアはちょっと別格ヒロインだと思っていたのに鼻フックされて無様な寝取られが不意打ちだった。
あとはジュリア洗脳の国の法律を変えて奴隷と貴族の身分逆転するのいいですよね
ほかのモブは洗脳されていなくて最強のジュリアが力で従わせているだけだからモブ視点で無様感がましている
いざ戦争になれば最強の力で国を守るけど戦いが終われば奴隷たちの便器だからね
モブに相手してくださいよと言われれば気楽に「ええ、私のような愚王の体でよければいつでもいいですよ」と気軽に相手するし元奴隷たちのために国をめちゃくちゃにするし
最後は気高い竜の血を嗤われ豚竜言われ、赤豚、金豚言われ妹ともども奴隷たちに絶対服従の傀儡国家になるのいいっすね  ジュリアとりーぜとかそんなことしなそうなキャラが鼻フックされてぶひぶひ言っているのが最高にギャップもえ
ヒロインたちちゃんと普通のグッドエンドもあるし、そのギャップがまたいい
いや~いい作品紹介してくださってありがとうございます          
主人公がする洗脳も普通によかったしほかのシリーズも試しに買ってみようかな

Venus Blood -HYPNO-
Venus Blood -HYPNO-

だから言ったでしょう、神ゲーだと。
個人的にもかなりお気に入りの作品なので、紹介をきっかけにプレイしてもらえてうれしいです☆
ハマってもらえたならなおさらです^^
感想で書いていただいてますが、それぞれMC内容が違う上に国家的な話でMCが及ぶので、ほんと最高クラスの作品だと思います。

最初にやるべきMCゲー11にも入れているくらいなので、まだ未プレイの方には是非プレイして欲しい作品ですね。

ところで、他のヴィーナスブラッドシリーズは、MCと全く関係ないので注意です。
基本悪堕ち形ですが、ヴィーナスブラッド●●の●●部分に忠実に作られている傾向にあるので、●●部分が守備範囲ならオススメかと。

今でもちょくちょく新作の出るメーカーですが、HYPNO2を是非期待したいですね。




バカとテストと催眠術~高橋女史、かけられた恐ろしい暗示~

26日目PM4:51 文月学園 旧校舎・倉庫

男「いやぁ悪い悪い。まだ未攻略な女共の催眠について妄想してたらムラムラしちゃってね。あのあとも何発かヤってたんだよ♪」

木下秀吉優子「楽しんでいらした所をお呼び出しして申し訳ございません。高橋先生に暗示を行うチャンスが唐突に舞い込んで来たものですから

男「ハハ、この先生を俺の物に出来るなんて最高だぜ!」

男「初めて見た時から教師にしておくには勿体ないくらい上玉だと思ってたんだよな~」

高橋洋子 (1)_Rg「……」

玄児が学園にやってきたのに合わせて優子は高橋女史を催眠状態にして旧校舎の倉庫に移動させていた。
既に夕方になっていることもあり旧校舎は薄暗く、距離も離れているので誰にも見つかる心配はない。

霧島翔子「暗示の方は私が掛けておきました。御主人様の好みや嗜好を分析して研究に研究を重ねて練り上げた自信作です……

男「お~それは凄く期待できそうだな。んで、どんな暗示にした訳?」

霧島翔子「はい。概要を説明します……」


<女教師 高橋洋子に掛けられた暗示>
 
①高橋洋子はショタコン及び口リコンである。それもストライクゾーンが園児から高校生までと非常に幅広く文月学園の生徒どころか、自身が受け持っているAクラスの生徒ですら欲情の対象内とする。

②生徒達から『高橋先生』と呼ばれる度に生徒への情欲が徐々に高まっていく。高まった生徒への性的興奮はAクラスに属する生徒をオカズに自慰を行う事で発散される。オナニーをしない限り生徒への欲求は蓄積されていく一方。

③しかし条件として胸を揉むもしくは乳首を刺激した際の快感で絶頂に達した場合のみ生徒への性的興奮が発散される。もしもクリトリスを刺激して絶頂に達した時は、逆に生徒への性的興奮が倍増してしまう。なお、胸と乳首周辺はイキ易いよう感度を強めてあり、心情的には胸や乳首よりもクリトリスを弄りたくなる欲求を植え付けてある。
 
霧島翔子「……そして他にも多数の暗示を潜在意識下に刷り込んだ。詳細に関しては後になってからの御楽しみです

男「マジかよ!早く暗示の全体像を知りたいぜ♪なら、さっさと催眠状態を解除してみるか」

内容を聞いて興奮気味の玄児は、早々に高橋の催眠状態を解除した。


―――パンッ

高橋洋子 (1)_Rg「…………んん……?」

木下秀吉優子「目が覚めましたか?高橋先生」

高橋洋子 (2)_Rg「……私は何を……ここは…?」

目を覚ました直後の彼女は意識が飛んでいたからか少し呆けた感じだった。

木下秀吉優子「今、私達が居る部屋は旧校舎の奥まった場所に位置する倉庫です。カビの臭いが充満してる古倉庫なので誰も近付きたがらないんですよ

高橋洋子 (2)_Rg「旧校舎?……何故私が旧校舎に……?」

来たことを覚えていないし、来る用事も無い高橋は状況が呑み込めずキョトンとしていた。
それでも取り乱したりしないのは、周りに優子や翔子といった優等生がいたからなのだが……・。

霧島翔子「それは高橋先生に催眠暗示を行う上で好都合だからです」

高橋洋子 (2)_Rg「はい?」

木下秀吉優子「ふふこの反応って私の時と全く同じで懐かしくも滑稽でも有るわねぇ……」

木下秀吉優子「えっと、単刀直入に言うと私と代表…霧島さんは赤路玄児様の牝奴隷になるよう洗脳されちゃったんです♪」

霧島翔子「私の場合は将来的に牝奴隷というだけでなく、御主人様のお嫁さんになります。……結婚式を想定した練習も終えました」

高橋洋子 (2)_Rg「……念のため確認させて頂きますがふざけていませんか?それとも私の聞き間違いでしょうか」

ありえないような事を言われ、まさかとは思うが自分をからかっているのではと高橋も眉を顰める。
空気が重くなったところで割って入ったのは玄児だった。

男「さっすが高橋先生。良くも悪くも常に現実的で冷静な思考判断に終始しているんすねー」

男「けど、これならどうかな~」

玄児は牝奴隷二人を手招きして、耳打ちした。

男「……優子が……で……翔子は……を………分かったな?」

木下秀吉優子「はい♪かしこまりました玄児様♥」

霧島翔子「……了解しました、御主人様」

高橋洋子 (2)_Rg「……?」

このやりとりに高橋は首をかしげたが、すぐ顔色を変えることになる。

木下秀吉優子「それじゃ私は…………あむっ。じゅぽ……じゅる……ちゅぶぶっ……

突然優子が玄児のチンポをしゃぶりだしたのだ。
しかもそれだけではなく、翔子も玄児の唇に熱いキスをしてみせる。

霧島翔子「……んう…むちゅ……んんっ…

高橋洋子 (3)_Rg「…!?あ、貴女達、何をやっているのですか!?やめなさい!!……ッ!!」

教師の高橋がこんな不純異性行為を見過ごすはずがなく、すぐに止めようとする。
しかし体を動かそうとすると、謎の力が働き微動だにすることもできない。

男「…ぷはっ。わざわざ言うまでも無いッスが、先生は暗示の効果で一切の身動きが出来ない金縛り状態なんですよ♪現に体が動かないでしょ?」

高橋洋子 (3)_Rg「荒唐無稽な妄言を…ッ!何かしらの薬物で私の体を痺れさせているに決まっています!」

男「先生も強情ですねぇ。こんな事を霧島翔子と木下優子が自ら積極的にやっている時点で異常だと思わないんですか?それも全く嫌がる素振りすら見せずにさ」

霧島翔子「信じてもらわないと困ります高橋先生。御主人様は催眠暗示で人を自由に洗脳できるの……

確かに目の前の光景が普通じゃないことは高橋にも理解できていた。
赤路玄児の容姿、性格、成績。どれをとっても翔子や優子が好きになるとは思えないからだ。

男「これ以上ずっと現実から目を逸らすつもりなら、より常軌を逸した行為を二人に命じるだけだぜ?センセーが現実を受け入れるまで何度でもね」

高橋洋子 (3)_Rg「……赤路君。私をどうする気でいるのですか?」

男「どうしようっかな~?まず手始めに先生も俺のハーレムに加えて楽しませて貰うつもりだよ♪そしたらアンタを利用しつつ本格的に学園の支配に乗り出そうかなって考えてるけど」

高橋洋子 (3)_Rg「なんですって!?」

男「だけど、その前に俺の翔子が先生に仕込んだ暗示の全貌を知りたいとは思ってるんだよね」

霧島翔子「御主人様の仰る通り、高橋先生には既に複数の暗示を掛けてある……」

高橋洋子 (3)_Rg「馬鹿なっ……!いつの間に!?」

自分が暗示をかけられた記憶が全くない高橋は激しく動揺した。
しかしこの後、さらに激しく狼狽させられることになる。

霧島翔子「……『歪んだ気持ちを全て思い出して』先生」

高橋洋子 (3)_Rg「!?」

その言葉で高橋の頭にズキンと衝撃が走り、同時に忘れていた記憶を一気に取り戻した。
優子と翔子に手伝いをお願いしたあと、自分が催眠導入されどんな暗示をかけられたのかも鮮明に思い出す。
それは彼女にとって血の気の引くような悍ましい暗示だった。

翔子『貴女は幼い男児や女児だけでなく年下の少年少女全てに対して歪んだ情欲を抱くようになります。勿論この文月学園の全校生徒も対象内です』

高橋洋子 (3)_Rg『…幼い…男児と……女児に…情欲を…文月学園の……生徒も………』

霧島翔子『そして高橋先生と生徒から呼ばれる度に生徒全員への性的衝動が募り徐々に強まって行きます』
 
高橋洋子 (3)_Rg『……生徒から…名前を……呼ばれる…度に……生徒へ…欲情する……』

霧島翔子『これらの暗示を掛けられた事は一旦忘れますが、『歪んだ気持ちを全て思い出して』と言われると、暗示に関する記憶が全て蘇ります。良いですね?』

高橋洋子 (3)_Rg『はい……分かりました………』

これらの内容全てを思い出した高橋は、あまりに鮮明な記憶で否定することができない。

高橋洋子 (3)_Rg「まさか…これは…!」

霧島翔子「そう。先生の記憶が昼休みの頃だけ欠落してたのは私が記憶を操作していたから」

霧島翔子「といっても先生が意識できる暗示の内容は一部だけなの。中には完全に私達側の人間になるまで認識できない物もある」

霧島翔子「今日から先生には催眠暗示が齎す恐怖をじっくりと味わって貰う。ねぇ…『高橋先生』?」


ドクンッ


高橋洋子 (3)_Rg「んあっ!?」

その言葉を聞いただけで急に胸が高鳴ったのがわかった。

霧島翔子「生徒達から高橋先生と呼ばれる度に」

高橋洋子 (3)_Rg「あひいっ!」

霧島翔子「性欲が増大して生徒達への性的興奮が生じる事になる。意識すると興奮するのがはっきりわかるでしょう?高橋先生」

高橋洋子 (3)_Rg「くうっ!!」

霧島翔子「そして興奮が限界まで昂ると理性が吹き飛んで最も近くに居た生徒を犯してしまうの。これは自分の意思で制御できる次元の衝動じゃないから抑えるのは到底不可能」

高橋洋子 (3)_Rg「な、な、なんて事を!!」

霧島翔子「……そんなに慌てなくても大丈夫。鬱積された興奮を解消する方法も用意しています。わかってるでしょう?」

高橋洋子 (3)_Rg「あんな解消方法が私にできるわけが……!」

木下秀吉優子「そうですか?私達2年Aクラスの生徒を思い浮かべながら自慰をして絶頂に達すれば発散できる。簡単じゃないですか♪」

高橋洋子 (3)_Rg「ふざけないで!とても正気とは思えません!受け持っている生徒を情欲の捌け口にしろと言うのですか!?」

霧島翔子「私達は別に発散してくださいとお願いするつもりも強制するつもりもない……」

木下秀吉優子「ふふ、けどいいんですか?発散しないと生徒を犯した性犯罪教師として全国に名が知れ渡ることになっちゃうと思うんですけど

高橋洋子 (3)_Rg「くっ!卑劣迂遠な……ッ!!」

霧島翔子「ちなみに私と優子はオナニーのオカズとしては使えないので忘れないように」

翔子の隙のない暗示に玄児も喜んで手を叩いた。

男「おーおーマジで凄いな翔子は♪そういや坂本に拷問まがいな仕打ちを加えてたっけな。やっぱり得意なのか?調教とか」

霧島翔子「はい調教や拷問の技術について毎日よく勉強していました……

霧島翔子「雄二みたいなクソを好きだったのは忌々しい過去ですけど、勉強は役に立ちました」

木下秀吉優子「ほんとアブノーマルなことにかけては代表の右に出る者はいないわね♪」

高橋洋子 (3)_Rg「………うして…」

男「へ?何か言いましたか先生?」

高橋洋子 (3)_Rg「どうして貴方は……この子達の人格を捻じ曲げ踏み躙る極悪非道な真似が出来るのですかッ!断じて許される行為では有りません!!」

翔子の調教癖は元々のものだが、全てが玄児のせいだと思っている高橋は完全にキレていた。

男「そりゃあ女が大好きだからですよ。特に女の中では美人で頭が良くて、俺に従順で献身的に性奉仕してくれるのがタイプかな♪」

高橋洋子 (3)_Rg「……これ程までに生徒……いや、他人へ強い憤りを感じた事は生まれて初めてです!貴方は極めて狂っている……!!」

男「アハハ、いい褒め言葉っすねー。でも、それなりの代償は支払わせて貰いますよ?例えば生徒関係で」

玄児は高橋をこの場では辱めず解放して、普段通り明日からAクラスで授業をするように指示した。
様々な自由を奪ったままでの解放だが、高橋にとってはこの事態をなんとかするチャンスだ。

高橋洋子 (3)_Rg(このままだと…学園全体に危害が及び兼ねません!どうにか私が食い止めて霧島さん達を正気に戻さなくては…)

男「言っておくけど、こっちも一応用心してるからさ。明日授業が始まるまでは見張りをつけるよ」

高橋洋子 (3)_Rg「くっ……!」

木下秀吉優子「御主人様。人選は私の方で適当に済ませてよろしいですか?」

男「そうだな。頼むよ」

木下秀吉優子「かしこまりました


つづく

催眠支配5 製作開始!(いつものやつもあるよ)

紹介

と、いうような感じで催眠支配5を製作開始しました。
リアスが誰にも知られず操られ、弄ばれる様を楽しんでいただければと思います☆

誤認種付とかもありますので、お楽しみに!


【MC】
催眠学園
催眠学園

ネトラブ03DL版
ネトラブ03DL版

ヤンキー娘の眠姦ハメ撮りLIVE!!-復讐の生配信-
ヤンキー娘の眠姦ハメ撮りLIVE!!-復讐の生配信-

即堕ち鬼娘
即堕ち鬼娘

ブラックデザイア―雌堕ち性処理ペット―
ブラックデザイア―雌堕ち性処理ペット―


【MC以外】
3年間痴 漢されてエッチに開発されちゃう子。
3年間痴 漢されてエッチに開発されちゃう子。

エ○ァヒロインシリーズ  4冊セット
エ○ァヒロインシリーズ 4冊セット

メダパニ寝取り女戦士さん
メダパニ寝取り女戦士さん

孕ませCG作成ソフト | マタニティエフェクツ Professional
孕ませCG作成ソフト | マタニティエフェクツ Professional

かみデレ
かみデレ

さらってみた ~地味おっぱい娘を彼氏の前で寝取る~
さらってみた ~地味おっぱい娘を彼氏の前で寝取る~

[武田弘光]YUITAま(ToLOVEる)

[武田弘光]YUITAま(ToLOVEる)

【 実用性   】30/30■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【MCの度合 】30/30■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【おすすめ度】30/30■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

文句なくオール満点を付けれる超オススメ作品。
ララの開発した催眠道具を偶然手に入れてしまったクソ教師に古手川が暗示をかけられてしまうという流れ。
徐々に暗示を深めていかなければならない不完全な装置だったため、徐々に変えられていくのだがその姿はまさに必見!
常識誤認や習慣の植え付けなど、MC好きにはたまらない要素が多く含まれている。

一度正気に戻してから堕とすという流れもちゃんとあり、さらにその後のシーンがあるのが神。
支配された古手川の暗躍によってララやヤミなど多くのキャラが催眠支配されているという終わり方になるのでやって欲しいことがほとんど網羅されていて最高の一言。※リト視点では寝取られENDなので注意

MC好きの人には有名な作品だとは思いましが、まだ読んだことの無い方は是非店頭や通販でGETしよう!!
このエントリーのタグ: 同人誌レビュー

バカとテストと催眠術~高橋女史、覚醒後の不調~

26日目AM12:57 文月学園 特別教室付近の倉庫

木下秀吉優子「高橋先生、大丈夫ですか?」

高橋洋子 (3)_Rg「………木下さん…?」

木下秀吉優子「体調を崩されているんじゃないでしょうか。顔色が悪いような気がします」

霧島翔子「苦しそうに右手で頭を抱え出したと思ったら、いきなり床に座り込み始めたので吃驚しました……」

高橋洋子 (3)_Rg「………?」

催眠から覚醒した高橋だが、いまいち意識がはっきりとしないようでフラフラしていた。

高橋洋子 (3)_Rg「……どうやら、そのよう…ですね。今も…僅かに立ち眩みを感じます」

木下秀吉優子「あまり無理をなさらないで下さいね。根を詰め過ぎるのは体に毒ですし」

高橋洋子 (3)_Rg「……ええ。最近ちょっと寝不足気味でしたので、その影響かもしれません」

木下秀吉優子「話は変わりますけど職員室へ運ぶ本はこれで良いですよね?」

高橋洋子 (3)_Rg「はい、少し冊数が多くて大変だとは思いますがお願いします」

木下秀吉優子「わかりました」

覚醒後の状態が良くないため、優子と翔子は高橋がおかしな行動を取らないか念のため見張って確認した。
だがそれは杞憂に終わる。
後でわかったことだが、催眠状態は脳や精神に負荷がかかるので、人によっては覚醒後に意識がはっきりするまで時間がかかることがあるのだ。
高橋は特にそれが顕著に出る例だったというわけだ。


つづく

真剣で私に恋しなさい!Aレビュー【武松&猟犬部隊ルート】そして総括

おまけという形でしたが、それぞれ一定のボリュームがあった武松&猟犬部隊(主にテルマ)ルート。

武松は本人もそうですが仲間達も愉快なので安定した面白さがありました。
ただどうしても、林冲本人のルートには及ばずといったところでしょうか。

テルマルートにおいてもほとんど同じ感想です。
マルさんルートが猟犬部隊ルートだったんだから、逆に猟犬部隊ルートはマルさんルートじゃないと納得がいかねぇ……と思ったのは私だけでしょうか(えー

と、いうわけでAも一通りプレイが終わりました!

総括すると、九鬼三人衆のルートが一番良かったかな。ステイシー>あずみ=李さんくらい。

どのルートも一人一人きっちり掘り下げられていたので納得というか大満足でした。

さすがにもう続編は無いのかもしれませんが、ここまで続いてきた作品。
10年後とかの設定で新世代とかも見てみたいですね。

あ、大和はもちろんマルさんルートを正史としてお願いしますよ!(おい

百代や燕の後の武道四天王とかも見てみたいですしね。


このブログでもマジ恋の催眠SSが既に始まっていますが、まだまだ続きますので今後もお楽しみいただけたらと思います☆


そして突然ですが……


マジ恋のMC同人の製作発表です!

真剣で私に隷属しなさい1


松永燕&川神百代の二人をメインとした洗脳CG集!

基本CG20枚を超える超ボリュームで、二人以外にも風間ファミリーや川神学園の生徒が毒牙に!

真剣で私に隷属しなさい2

今回は洗脳装置を用いて武士娘最強候補の二人を洗脳していきます!
立絵でもわかる通り、胸に付けられた蜘蛛の様な装置によって洗脳は行われます。

燕は恋愛を主軸に共通のテーマである隷属への道を進んでいきます。
彼氏が出来るまでの過程と、歪んだカップル関係は燕をどんどん変えていきます。

真剣で私に隷属しなさい3

武神と呼ばれる川神百代。無敵なはずの彼女のテーマは敗北。
百代に敗北を与える洗脳と一体どのようなものなのか?彼女を洗脳した人物とは?
思ってもいなかった完全敗北と、敗者を待つ悲惨な運命。

堕ちた後、服従の印として体に刻まれた淫紋と与えらた首輪。
包帯で隠しているものとは―――

洗脳過程はもちろん、二人の隷属後もボリュームタップリでお送りします。


真剣で私に隷属しなさい4

風間ファミリーの主要メンバーも登場します。
彼女達がどうやって洗脳され、弄ばれるのかにも御期待下さい☆

当然ですが、風間ファミリーはがっつり乗っ取られますw
シークレットキャラも登場予定です。(Mさんと③とTさんの3人で迷ってます)

CGで見えちゃってるので隠さず言うと、オリキャラは設定上は普通の容姿です(CGや立絵ではイケメンに書いてもらってます)
身長は武士娘と同じくらいの160cm程度で、能力的には全て大和の下位互換と考えてもらえればと思います。

近日予告登録も行いますので、続報をお待ちください☆



≪前のページ≪   1ページ/181ページ   ≫次のページ≫