FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (789)
総集編 (30)
エロゲレビュー (51)
同人&エロ漫画etcレビュー (6)
オリジナルSS (5)
I"s (0)
暁の護衛 (10)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (97)
うみねこのなく頃に (3)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (2)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (7)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士Vガンダム (3)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動戦士ガンダムSEED (78)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (1)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (1)
クロノトリガー (0)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (2)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (28)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (3)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (5)
ゼロの使い魔 (6)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (11)
とある科学の超電磁砲 (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (2)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (5)
バカとテストと召喚獣 (111)
ハヤテのごとく! (2)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (3)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (41)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フルメタル・パニック! (1)
ポケットモンスターシリーズ (2)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (9)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (4)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (1)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (21)
ONE PIECE (4)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (3)
MC関連スレまとめ (75)
自力でエロ画像を書く企画 (6)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

タグ:吉井玲 のエントリー一覧

  • バカとテストと催眠術~島田美波との夕飯~

    22日目PM4:11 吉井明久宅「いらっしゃい。奥のリビングにお姉ちゃんと秀吉もいるから」「そうなんだ。お邪魔しまーす」「こんにちは」「早かったの」「うん。その……前の用事が早く終わったから」「ふふそうじゃったか」夕方、明久が料理を振る舞うと言うので美波がやってきた。明久はもちろん、秀吉も玲も美波がここに来る前の用事を知っている。美春と一緒に玄児のマンションでずっとセックスしていたのだ。明久の命令で...

  • バカとテストと催眠術~みんなでランジェリーショップに行こう~

    22日目PM2:07 吉井明久宅みんなでオナニーを楽しんだ後、玲は明日三人でランジェリーショップへ行かないかと提案した。「もちろんお二人とも男性だとわからないように完璧な女装をしてです」 「……実際にお店へ?」 「心配せずとも大丈夫です。そのランジェリーショップは私の行きつけの所なのですが、価格が高めで品揃えも大人の女性向けですから文月学園の女子生徒と遭遇する事は無いでしょう」 「仮に誰か居たとしても...

  • バカとテストと催眠術~吉井玲のスパイスは玄児のザーメン~

    22日目AM11:45 吉井明久宅「ピザ美味しいね♪」「うむ。ちょっと贅沢な気もするが、出前のピザは美味しいの」玲が来たので宅配ピザを取って三人は少し早い昼食にしていた。「ピザにスパイスかけてみますか」「タバスコとか?」「いいえ。かけるのは……これです」「おぉ!それはもしや」「はい。玄児様の精液です」玲は小瓶に入った玄児の精液を見せ、それをかけて食べると言う。明久も秀吉も大喜びで、たっぷりと精液をか...

  • バカとテストと催眠術~明久と秀吉の女子トーク~

    22日目AM10:30 吉井明久宅秀吉は明久の家に来て仲良く談笑していた。お互いを肯定しながら意味も無く続ける他愛もない会話は、まるで本当に女子同士が会話しているかのようだ。「む?明久よ、何故お主の姉上殿のブラを自分の箪笥に入れておるのじゃ?」 「え~違うってコレは私のだよ?豊胸後のブラを何種類か用意したんだよ♪」 「今はまだ胸も全然膨らんでないからAカップ未満の胸だけど、できるだけ早く豊胸しようと思...

  • バカとテストと催眠術~優子と玲の時間潰し~

    20日目AM11:22 赤路玄児宅秀吉を一発合格させた玄児は、そのまま女の服を着させてデートにでかけた。優子は部屋の片づけをするために残り、一通り綺麗になると玄児の残り香を嗅ぎながらオナニーをしていた。そろそろ帰ろうかと思っていると、同じく牝奴隷の玲もやってきた。「そういえばアキちゃんの観察記録として撮影した映像が有るんですよ♪どうでしょうか?」 「へぇ~吉井君の観察記録ですか。どんな感じか見てみた...

  • バカとテストと催眠術~悪魔の薬は増産可能!~

    18日目AM10:20 赤路玄児宅「ふぅ。いいお湯でした♪」「ふぅあ~~……」玲が朝風呂から出てくると、玄児が寝室から起きてきた。「おはようございます御主人様」「ん、おはよ」完全に遅刻な時間だが、そもそも真面目ではない玄児にとってはいつもの起床時間だった。テーブルに座った玄児に菓子パンと紅茶を入れて出し、まったりとした朝を過ごしていた。そんなとき、玲は嬉しい報告をする。「マジで!?」「はい成分検査と...

  • バカとテストと催眠術~姫路瑞希に蓄積する快感~

    13日目PM5:30 赤路玄児の部屋「ふぅー。すっきりした♪ハハ、やっぱすげーよこのオッパイ」「……」玄児は、意識のハッキリしない姫路の体を使って一発抜いていた。人形であり、何も感じないと暗示をかけて玩具にしていたのだ。それだけにとどまらず、彼女にかけられている暗示はもっと悪質な物だった。「あとはお前らに任せるわ。今日はこれから優子と約束してっからさ」「約束ですか?」「デートだよデート。ほら、アイツ...

  • バカとテストと催眠術~玲のアドバイス、明久の決断~

    9日目PM7:00 吉井宅明久の変化は親しい人間には感じ取れるくらいになっていた。もちろん本人も自覚があり、それを隠しているのだがやはりわかってしまうものだ。自分自身の心境の変化に、明久は姉である玲に相談することにした。すると、意外な答えが返ってくきた。「女の子になってしまえばいいではありませんか♪」「へっ?」てっきり目を覚ませと叱咤されるものだと思っていた明久は、目をパチクリさせて驚いた。「何を...

  • バカとテストと催眠術~玲、明久をその手で変える~

    木下優子が催眠によって貶められているころ、その裏で赤路玄児の奴隷である吉井玲は、弟である明久をその手で催眠導入していた。時は遡り、5日目 PM7:00 吉井明久宅「あぁん、なんてアキくん……なんて可愛いんでしょう」「愛する弟の心を書き換え、蹂躙し、愛する御主人様に差し出す……あまりに背徳的で今にも達してしまいそうです」一人で興奮する目の前には、催眠スプレーを吹きかけられ、虚ろ目で直立する明久がいた。玄...

  • バカとテストと催眠術総集編①~吉井玲編~

    1日目 AM10:00 吉井宅 「完成しました!これを使えば照れ屋なアキ君も私のことが気になりますね♪」 吉井玲―――――。 米国ハーバード大学を卒業するほどの頭脳を持つ才女。 加えて容姿端麗でEカップの胸を持つ、正に才色兼備という言葉がこれ以上なく似合う女性である。 そんな彼女にも愛する男がいた。 吉井明久。そう、実の弟である明久に女としての愛情を抱きあまつさえそれを公言しているのである。 そんな歪んだ愛情...

≪前のページ≪   1ページ/3ページ   ≫次のページ≫