FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (736)
総集編 (23)
エロゲレビュー (51)
同人&エロ漫画etcレビュー (6)
オリジナルSS (5)
I"s (0)
暁の護衛 (7)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (92)
うみねこのなく頃に (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (2)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (7)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士Vガンダム (2)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動戦士ガンダムSEED (74)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (1)
君が主で執事が俺で (2)
ギャラクシーエンジェル (1)
クロノトリガー (0)
けいおん! (1)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (1)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (27)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (3)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (4)
ストライクウィッチーズ (2)
ゼロの使い魔 (5)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (11)
とある科学の超電磁砲 (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (5)
バカとテストと召喚獣 (105)
ハヤテのごとく! (2)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (2)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (41)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フルメタル・パニック! (1)
ポケットモンスターシリーズ (2)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (9)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
みなみけ (4)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (1)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (20)
ONE PIECE (4)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (3)
MC関連スレまとめ (71)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
日常 (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
ドラゴンクエスト6 (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
織田信奈の野望 (0)
魔法少女リリカルなのは (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

タグ:WORKING!! のエントリー一覧

  • 催眠即パコ店長、白藤杏子

    「今から抱かせろ?構わんがお前も困った奴だな」閑散期の平日、フリーターのバイトが店長の白藤に対していきなり抱かせろという。それに対して、彼女は怒るでもなく、いたって普通な感じで返事を返した。「服脱ぐの面倒だから、入れるだけにしろ」「それで全然おっけーっす」事務室でセックスするということに何の抵抗も感じていない白藤は、事務室のテーブルに体を寝かせて足を開いた。「それじゃ入れますね」チンポを挿入されな...

  • 催眠!轟八千代

    「仮町くん……何してるのかしら……?」「えっ!?い、いや、旅行のお土産を渡しただけですけど……」「問答無用……!」「ちょちょちょ!チーフ!?ストップストップ!!」ワグナリアに新しいバイトが入った。名前は『仮町隆史(かりまちたかし)』店長である白藤杏子に好意を抱いているのか、どこかに出かけるとお土産を買ってきては杏子に渡していた。それ自体は何の問題もない話だが、杏子を溺愛する八千代からは音尾に代わる危険人物と...

  • 山田にも催眠かけてくださいっ

    ワグナリアに新しいバイトが入った。フロア担当の大学生で、名前は津谷有まくるというちょっと変わった名前だ。変人ばかり集まるワグナリアにあって、例にもれず彼も特殊で、催眠術が得意と言うまひるの男嫌いを催眠でなんとかしようと採用されたが、かけようとする前にボコボコにされてしまい結局失敗に終わった。小鳥遊の提案で白藤に暗示で空腹を解除しようとすると、今度は八千代が刀でそれを制してかけることができなかった。...

  • saiming!!総集編④松本麻耶編

    オープン前にやってきた業者はさっそく白藤を捕まえて朝一のセックスの及んでいた。店長がセックスしていようがワグナリアの支配者となっている業者のやることに異を唱える物など誰もいなかった。「それじゃあ入れるっすよ。」「あぁ。お前のチンポを私のマンコに入れてくれ。」「あっ、そういえば!」「……?どうしたはやく入れてくれ。」「そういえば今日は例の新人さんが来る日だっけ?何時からっすか。」「今日は夕方からだから...

  • saiming!!総集編③伊波まひる編

    PM11:00 ~閉店後のワグナリア~その日もスタッフはいつも通り閉店作業でバックヤードの片付をしていた。ピンポンパンポーン!「あれ?来店の音だ。」「お客さんかしら?ちょっと見てくるわね。」八千代がフロアに出てみると、見慣れた姿の男が店内に入ってきていた。「うぃっす、店長さん。」「あら業者さんでしたの。いらっしゃいませ♪」「いやぁいつも遅くで悪いっすね。」「業者さんならいつでも大歓迎です。ではお席にお座り...

  • saiming!!総集編②種島ぽぷら編

    ピカッ「あっ・・・」スマートフォンの画面を見たワグナリアスタッフ種島ぽぷらは、一瞬にして催眠状態に陥っていた。画面には不思議なマークが描かれているだけで、誰かがそのマークを見た瞬間に発光し、瞬く間に催眠状態にしてしまうアプリだった。既にこれまで店長である白藤杏子、チーフスタッフの轟八千代が催眠下におかれており、ある「業者」によって性欲の捌け口に使われていた。ぽぷらは3人目のターゲットであり、先の二...

  • saiming!!総集編①轟八千代&白藤杏子編

    業者「お世話さまでース!」「おーい八千代ー。業者きたぞー受け取りのサインしといてくれー。」「はーい♪」「あ、どもー。荷物はバックヤードに置いておきましたんで、''いつものサイン''お願いしまーす。」「はーい。それじゃあ失礼しますね。」そういうと八千代はおもむろに男の前に跪き、男のジーパンのチャックを下した。ジジジジ八千代は手慣れた手つきでジッパーを下すとトランクスの奥にあるチンポをひっぱりだした。「そ...

  • saiming!! 松本麻耶の普通になりたい!~完結~

    「んんっ!!」「やっぱ痛いっすか?でもすぐ慣れてくるから大丈夫っすよ。」業者の男は気を失った麻耶の腕を結んで固定し、口に詰め物をして無抵抗のアナルを貫いていた。当然麻耶は痛みで目を覚まし、何が起きているか理解したが手を縛られていては抵抗することもできなかった。「んんー!んんんー!!」(おしりの穴でエッチなんて、ふ、普通じゃないないじゃない!?こ、こんなの私が思うのと違うわ……!)「アナルセックスなんて...

  • saiming!! 松本麻耶の普通になりたい!~普通じゃない普通のセックス②~

    「ひゃうんっ!?」耳を甘噛みしながらスカートの中に手を入れ、パンツを触るとと松本は思わず声を上げた。「ふふ……耳で感じて濡れちゃんったんだ?エッチなんすね麻耶ちゃん。」「そ、そんなこと言わないで……下さい……。」塗れていることを指摘され、顔を真っ赤にして俯く松本の無防備な首筋を耳から下すように舌を這わせて舐めた。「ああんっ!ひゃっ……あっ……あっ……んひゃん!」(舐められるの……気持ちいい……!だめ……どんどん濡れ...

  • saiming!! 松本麻耶の普通になりたい!~普通じゃない普通のセックス①~

    「緊張してるんすか?体が震えてるっすけど。」「そそそそんなこと!ないっ……ですよ!」セックスを前にしてやはり緊張と不安が強いのか、松本の体は震えていた。「そーゆーときはこうすれば緊張もとけるっす……よ!」「んんっ!?」片手でグイッっと顔を引き寄せるとそのまま唇を奪った。突然のことで驚いたようだが、舌を絡めると体の力が抜けるのを感じた。「ちゅっ……んっ……。」「んはっ。へへっ、どうっすか?緊張なくなったでし...

≪前のページ≪   1ページ/3ページ   ≫次のページ≫