FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

カテゴリ

ノンジャンル (1273)
総集編 (42)
エロゲレビュー (81)
同人&エロ漫画etcレビュー (77)
オリジナルSS (16)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (2)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (6)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (140)
うみねこのなく頃に (7)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (1)
機動戦士Vガンダム (8)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (83)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (8)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (7)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (3)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (2)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (4)
スーパーロボット大戦 (12)
School Days (7)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (13)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (20)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (15)
つよきす (15)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (11)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (13)
日常 (3)
姉、ちゃんとしようよっ! (2)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (8)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (7)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (1)
貧乏神が! (5)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (45)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (6)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (2)
僕のヒーローアカデミア (0)
ポケットモンスターシリーズ (9)
マギ (0)
マクロスF (2)
真剣で私に恋しなさい! (54)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (7)
みなみけ (9)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (2)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (33)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (99)
NARUTO -ナルト- (0)
緋弾のアリア (0)
対魔忍アサギ (0)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (1)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (0)
May Queen (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
イカ娘 (3)イカ娘
板垣辰子板垣辰子
板垣天使板垣天使
伊波まひる1伊波まひる
乾梓乾梓
伊吹マヤ伊吹マヤ
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンイリヤスフィール・フォン・アインツベルン
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
小野田優良小野田優良
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下秀吉優子木下秀吉
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
鉄乙女鉄乙女
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
近衛素奈緒近衛素奈緒
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
シロナシロナ
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
テレサ・テスタロッサテレサ・テスタロッサ
遠坂凛遠坂凛
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
ナミナミ
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
パトリシア・マーティンパトリシア・マーティン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
姫路瑞希姫路瑞希
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
不死川心不死川心
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
間桐桜間桐桜
マルギッテ・エーベルバッハマルギッテ・エーベルバッハ
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
マリュー2マリュー・ラミアス
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井明久吉井明久
吉井玲吉井玲
ライダーライダー
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
リアス・グレモリーリアス・グレモリー
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[2ch]2月13日

※2chスレより

「工藤先輩、これどうぞ」
部室で僕が寝ていると、後輩の今井明日香がチョコレートを差し出してきた。
一目でわかるが市販品の義理チョコである。
「ありがとう。ところで明日香ちゃんは本命いるの?」
僕は、チョコをポケットに入れながらそう彼女に訪ねた。
「うーん。内緒です」
「久保田あたりじゃないの」
「えー、内緒っていってるじゃないですかあ」
彼女は顔を真っ赤にしながら、否定も肯定もせずそう答えた。
どうやら図星のようだ…
久保田ってのは同じサッカー部の超イケ面フォワード、この学校の抱かれたい男ナンバー1である。
僕は、その久保田の控えで通称ゴリさん…抱かれたくない男…
まあ、それでも彼女がいないわけでもない。
男好きと噂の久保田よりも遙かに多くの女の子と付合ってきた。
もちろん普通にしていても持てるわけない。
その秘密は中学時代に手に入れた、人の心を操る本…
その本を見つけたとき、いろいろなことが頭の中をよぎった。
自分とそっくりの親父、めちゃくちゃ綺麗な母親、浮気しまくる父、それを許す母…
気づくと、僕はその本を夢中で読み、練習に練習を重ねていた。
隣の家のお姉さん、同級生…まともな恋愛?もしたし変態的な遊びもした…
「せ、先輩…どうしたんですか? 嬉しそうな顔をして」
「い、いや…。なんでもない」
僕は心の中が見透かされたような気がして、焦りながら答えた。
「なんか、変なことでも考えてたんですかあ」
大きな黒い眼で上目がちに僕をのぞいてくる彼女を見ながら、僕は自分の中にどす黒い欲望が湧き立ってくるのを感じていた。
1年女子のおもだった子は食べてきたつもりだが、こんなかわいい子がまだ残っていたんだ。
サッカー部のマネージャーだから意識していなかったのか、妹感覚で何となく意識的に意識しないようにしていたのか。

「明日香ちゃん。手のひらの真ん中の黒い点を見て…」
僕は自分の欲望がもう抑えきれないかのように、右手の手のひらを彼女の目の前に掲げてそう話しかけた。
「先輩、黒い点なんかないですよ。黒子でもあるんですか?」
「ううん。だんだん見えてくるよ。ほら、ほうら」
僕は彼女の目の前で手をゆっくり動かしながら、彼女の意識が手のひらに集中するように誘導していった。
「見えてきた…」
「はあい、何となく」
「じゃあ、この黒い点が明日香ちゃんの中に入って行った時。明日香ちゃんの意識は体から離れて、聴覚以外の感覚がなくなるよ…いいね」
「はあい」
「いくよ、3,2,1ハイっ」
僕は手のひらを彼女の額に当てて、黒い点を彼女の額の中に入れるようなしぐさをした。
「明日香ちゃん、体と心が離れたよね。もう聴覚以外は感覚がないはずだ」
「はあい」
相変わらず彼女はぼーとしたよう目で中途半端にそう答えた。
「どう、明日香ちゃんの体に触れているけど全然感じないだろう」
僕は両手で彼女の胸を揉みながら、そう聞いた。
「はい。工藤先輩本当に私のからだにふれています?」
彼女はぼうっとした感じで答えてきた。
で、でかい…明日香ちゃん着やせするタイプなんだ。
いやいや、そんなこと考えてる場合じゃなく次に進まねば。

「じゃあ、明日香ちゃん。明日香ちゃんの体の中に入った黒い点は、真実の点なんだ」
「真実の点?」
「そう、真実の点。今から聞いたことを正直に答えないと、真実の点が体の中で活動し出してとてつもない恐怖を味わうことになるよ。いいね」
「恐怖?」
「そうだ試してみよう。すべて、いいえでお答えください。明日香ちゃんは女の子ですか?」
「いいえ?」
そう答えたとたん、彼女の顔は青ざめ、苦痛とも恐怖とも言えない表情になった。
「ごめん、ごめん。でも真実の点は正直に答えると、明日香ちゃんにとてつもない幸福感を与えるんだ。すべて、いいえでお答えください。明日香ちゃんは男の子ですか?」
「いいえ」
そう答えたとたん彼女の表情が満面の笑みに代わり、何とも言えず幸福そうな顔になった。
「わかった。なんでも正直に答えるんだよ」
「はい」
「今日のお弁当のおかずは?」
「エビフライ」
「好きなタレントは」
「ジャニーズの…」
「好きな先生は、好物はなに…」
10個ほど簡単な質問をすると彼女はどんどん幸福に満ち溢れた表情になった。
そこで僕は
「今日のパンツの色は何色?」
と質問した。
「え、ええ。そ、そんなの答えられません…」
彼女は恥ずかしそうにそう答えた。

そこで僕は彼女のスカートのすそを持って捲りあげ下着の色を確認した。
ピンクか…
「じゃあ、すべて、YESでお答えください。今日のパンツの色は黒色ですか?」
「イ、イ、イエス…」
そう答えるや否や、彼女はなんとも言えない苦悶の表情になり、肩で呼吸をし始めた。
「ね、恥ずかしい質問でも嘘をつくとこんなに苦しむんだ。正直に答えて、今日のパンツの色は何色?」
「ピ…ピンク…」
苦しみから逃れたい一心で、彼女は正直に下着の色を答えた。
答えると同時に、苦しみから解放されなんとも言えない幸福感が彼女を包んだ。
「恥ずかしい質問でも、答えるとこんなに幸せになるんだ…。
大丈夫、ここには質問の声と真実の点と明日香ちゃんしかいないから」
「あれ、工藤先輩は?」
「工藤先輩って誰?」
「あれ?先輩って誰だろう?あれえ? そうだここには誰もいないんだ」
彼女は一人納得した。
「じゃあ、質問を続けるよ。初潮はいつ?」
「12歳の時」
「バージンなの?」
「はい」
「ファーストキスは?」
「まだです」
「オナニーは?」
「生理の前とか…たまに…」
「どんなこと考えてするの?」
「久保田先輩に…部室でいきなり押し倒されるとか」
「エッチに興味あるの?」
「ないわけじゃないですけど…まだまだ、子供だから…」
僕の変態ちっくな質問に彼女は正直に答え、
答えるたびに満足感で満たされた顔になって行った。

「じゃあバレンタインの本命チョコは誰にあげるの?」
「久保田先輩…」
「手作り?」
「はい」
「もう作った?」
「今晩作ります」
くっそう、久保田のやつうらやましい…。
「工藤先輩にあげた。チョコは義理?」
「はい」
「どうしてあげたの?」
「何か誰にももらえなさそうで、可哀そうだから…」
「今日あげたのは、どうして?」
「誤解されたくないから」
「工藤先輩のことはどう思ってるの?」
「正直、気持ち悪いです。見た目もそうだけど、何考えているかわかんないところとか」
ははは、僕は心の中で笑った。
それと同時に、ただ彼女のことをすきにしても面白くないような気がしてきた。
僕はせっかくだらバレンタインデーにちなんで遊んでみようと考え始めていた。

「いい明日香ちゃん。真実の点ってのは君にとっての真実なんだ」
「私の真実…?」
「そ、君の真実。だから、正直に答えると気持ちがいいし、嘘をつくと気持ちが悪い。わかった?」
「何となく」
僕はそこまで説明すると、彼女にこう投げかけた。
「久保田に本命チョコをあげるのはなぜ?」
「好きだから」
「本命チョコをあげるのは誰?」
「久保田先輩」
「久保田のことはどう思っている?」
「好きです」
「じゃあ、本命チョコをあげる久保田のことは好き?」
「当然です」
「本命チョコをあげたが好きなんだ」
「はい、本命チョコをあげた人が好きです」
僕はそこまで質問すると一呼吸おいて、こう続けた。
「久保田って、いつも偉そうに命令するけど。つらくない?」
「辛くないです」
「むしろ嬉しいとか?」
「はい、どちらかといえば」
「久保田のことは好き?」
「はい、好きです」
「じゃあ、好きな久保田の命令は喜んで聞くんだ?」
「はい」
「好きな人の命令は喜んで聞くんだ?」
「はい、好きな人の命令は喜んで聞きます」

最後の仕上げだ。
「最後に2点だけ真実の点が確認するね」
「はい」
「明日香ちゃんが本命チョコをあげた人が、明日香ちゃんの好きな人」
「はい、本命チョコをあげた人が好きな人です」
「好きな人の命令は喜んで聞きます」
「工藤先輩のことは?」
「正直好きじゃないです」
僕は思わず苦笑しそうになるのをこらえながら、
「明日香ちゃん。ひとつだけ嘘を教えるね」
「嘘?」
「そう、嘘。でも、真実の点にとっては真実なんだ」
「嘘だけど真実」
「そうだよ。明日、明日香ちゃんは久保田の下駄箱にチョコを入れるのだけど、
おっちょこちょいの明日香ちゃんは間違えて1段上の下駄箱にチョコを入れてしまうんだ」
「1段上」
「そう、1段上」
「はい、間違えて1段上の下駄箱に入れてしまいます」
「よくできました」
僕はそこまで言うと、彼女の催眠状態をとき彼女に、こうそくした。
「早く帰りなよ。チョコ作るんだろ」
「あれ、何してたんだろう。工藤先輩どうしてそのこと…あああ」
彼女は時計を見るとあわてて部室を飛び出していった。
帰りの下駄箱で、僕は久保田と書かれた下駄箱の一つ上の工藤と書かれた下駄箱から靴を出し靴を履き換えた。
関連記事
このエントリーのタグ: 2chまとめ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す