FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

キモ豚様の好きなプレイベスト10当てるまで帰れまテン!~夏休み3時間スペシャル②~

キュルケ・ツェルプストー、ルイズ・フランソワーズ、シエスタ、ティファニア・ウエストウッド、アンリエッタ・ド・トリステイン


PM1:40 開始から40分経過


前原圭一「ふぅーーーーー。」

園崎魅音「いやぁー圭ちゃん。バッチリ当てたねぇ。」

クワトロ・バジーナ「私も情報を提供した甲斐があった。」

前原圭一「まぁ自信はあったけどこれだけ選択肢が多いと怖いよな。」

園崎魅音「まぁね!それにしても2位かぁー。すると1位はなんなんだろうね?」

アーチャー(ギルガメッシュ)「奴も雑種とはいえ世界を支配している謂わば王。ならば王らしくハーレムじゃないのか。」

園崎魅音「おっ!?ギルちゃん珍しくいいこと言うねぇ!」

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「私も同感です。以前私は凛や桜、ライダー、そしてアイリスフィール達と共に奉仕し抱かれましたが、その時の彼の興奮は相当な物でした。」

園崎魅音「そうなんだよねぇ。私達もさ、ハーレムってほどじゃないけどレナな知恵先生とかと一緒に奉仕させられるし、そうじゃなくても私と詩音はセットだもんね。」

前原圭一「やっぱハーレムは男のロマンだよなぁ!」

ハマーン・カーン「問題はハーレムプレイの中で寝取り要素があるものとそうでないものがあることだな。」

惣流・アスカ・ラングレー「どっちも入ってんじゃないの?下手すりゃ3つくらい入っててもおかしくないわよ。」

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「もぐもぐ……。」

惣流・アスカ・ラングレー(げっ!?もうおにぎり食べてる……!)

碇シンジ「じゃあこれなんてどうかな?綾波も入ってるし……。」

園崎魅音「どれどれ?おー!こりゃ確かに!」

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「もぐもぐ……。」

前原圭一「ん?【ハーレム】のクローン綾波100人ハーレムセックス……すっげぇな!」

クワトロ・バジーナ「なるほど。2位の綾波レイのクローンハーレムか。」

惣流・アスカ・ラングレー「ちょっとバカシンジ!そんなにファーストがセックスしてるとこみたいわけ!?」

碇シンジ「えっ。だってさ……。」

アーチャー(ギルガメッシュ)「俺は反対だ。同じ人物でハーレムを作るなど、なんの面白味も無いことが上位とは思えん。」

ハマーン・カーン「そうだな。数ある中からそれを10位以内にするとは思えない。そういう意味ではプルクローンハーレムも無いと言えるな。」

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「もぐもぐ……ごっくん!」

園崎魅音「私が思うにはやっぱり寝取り要素は重要だね!私達だってちょくちょくマインドコントロールを解除されて圭ちゃんの前で犯されたりするし。」

前原圭一「だな。俺なんて正気に戻された状態でキモ豚様に犯される魅音やレナを見せつけられた上に精液交じりのションベンを魅音にかけられたりしたしな!あれ超屈辱だぜ?」

クワトロ・バジーナ「……。」

クワトロ・バジーナ(素晴らしい……!)

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「……!」
セイバー(媚薬の効果がもう……!士郎……分量を間違えましたね。)

惣流・アスカ・ラングレー「ふーん。じゃあ寝取り要素のあるハーレムに絞ってみよっか。」

セイバー「……ふぁ!ん、ゴホン!私もそれに賛成です。」

セイバー(乳首がすれて……!)

碇シンジ「寝取り要素があるのだと8作品あるね。」

ラブひな
いちご100%
ゼロの使い魔
はじめの一歩
ToLOVEる
みなみけ
I’s
真剣で私に恋しなさい!

惣流・アスカ・ラングレー「……はじめの一歩はないわね。」

園崎魅音「さ、さすがにねぇ。」

碇シンジ「飯村さんとかれーコさんとか一応キレイどころはいるんだけどね。」

アーチャー(ギルガメッシュ)「寝取りのカタルシスを求めるなら主人公のハーレム度が低いみなみけ、I’sあたりまずないんじゃないのか?」

セイバー「はぁ……はぁ……」

セイバー(び、媚薬の効き目が……!)

惣流・アスカ・ラングレー「それでも残り5つもあるじゃない。」

クワトロ・バジーナ「どれも学生物だな。これでは絞れん。」

園崎魅音「うーむ。さっそくお手上げじゃん。」

キモ豚(うひひっ、悩んでる悩んでる。ちょお~っと数を増やしすぎちゃったかなふひひっ♪)


ピキーン!

ハマーン・カーン「!」

クワトロ・バジーナ「!」


キモ豚「ふひっ!?」


碇シンジ「……?」

ハマーン・カーン「シャア、感じたか?」

クワトロ・バジーナ「あぁ。一瞬だがキモ豚さんのイメージがよぎった。」

園崎魅音「お!まさかお二人得意のニュータイプの感ってやつが炸裂かな!?」

碇シンジ「?」

惣流・アスカ・ラングレー「何それ?」

園崎魅音「いやぁ、この二人ニュータイプだからさ、キモ豚様の考えてることがわかったりするんだよねぇ。」

惣流・アスカ・ラングレー「何それ!?」

園崎魅音「まぁ反則っぽいのは認めるけどね。でもルール違反ではないしさ。むふふ!で、お二人さん答えはわかったのかな?」

クワトロ・バジーナ「あぁ。キモ豚さんの脳裏に一瞬浮かんだのはゼロの使い魔のキャラクターだ。」

ハマーン・カーン「私もシャアと同じだ。」

前原圭一「ということは決まりだな!」

園崎魅音「うむ!じゃあいくよ!オーダーお願いします。」


鷹野三四「オーダーをどうぞ。」

園崎魅音「[ハーレム・寝取り]ジャンルの、ゼロの使い魔ヒロイン寝取りハーレムセックスでお願いしまーす!」

鷹野三四「[ハーレム・寝取り]ジャンルの……ゼロの使い魔ヒロイン寝取りハーレムセックスね。用意するから少しお時間頂戴ね。」

セイバー「はぁはぁ……!」

セイバー(は、はやくオナニーしたい……!)


10分後―――――

鷹野三四「お待たせしましたキモ豚さま。ほらさっさと入りなさい!このクズ!」

平賀才人「いてっ!」

ステージに現れた鷹野はキモ豚に一礼すると、後ろから連れてきた男を首に繋がれた紐ごとひっぱり無理矢理ステージに立たせた。
男は裸で手を後ろで結ばれ、おそらく暗示によるものなのだろう、体を自由に動かすことができないようだった。

平賀才人「て、てめぇは……!」

キモ豚「ふひひっ!ようこそサイトくん!今から君の前で女の子たちを寝取ってあげるから楽しみにしててねぇ!」

平賀才人「なんだって!?」

キモ豚「三四ちゃ~ん、女の子たちを連れてきて~!」

鷹野三四「かしこまりました。」

キモ豚の命令が下ると鷹野はすぐにステージ脇から待たせていた女達を入れた。
入ってきたのはいずれも才人に好意を抱いている女達だった。

キュルケ・ツェルプストー、ルイズ・フランソワーズ、シエスタ、ティファニア・ウエストウッド、アンリエッタ・ド・トリステイン




平賀才人「ルイズ!!姫様!……そ、それにみんなも!て、てめぇ何をしやがった!?」

女たちは全員が虚ろな目をして、視界に入った才人を認識できていない様だった。

キモ豚「ふひひっ!ただ人形化してるだけだよぉ!といってもこれからいろいろするからある程度意識は残してるけどねぇ!まぁいろいろ設定してるからサイトくんが知ってる彼女たちとはちょぉ~っと違うかもしれないけど、せっかくだし楽しんでねぇ!」

平賀才人「なんだって!?み、みんなを元に戻せ!」

キモ豚「ぐふふっ。ダメダメ!サイトくんにはこれからたーっぷり絶望してもらわなきゃいけないんだから。ぐひひっ!じゃあみんな、自己紹介して!設定もちゃんと言うんだよ!」

平賀才人「て、てめぇ!」

鷹野三四「うるさいわよこのクズが!アンタは黙ってみてなさい!」

平賀才人「ぐぅっ!」

大声をあげる才人の顔を鷹野は床に押さえつけ、声をあげれないように力を加えた。

キモ豚「はぁーい、静かになったことだし、自己紹介よろしくぅ!グフフフ!」

タバサ「タバサです貧乳でごめんなさい。本名はシャルロット・エレーヌ・オルレアンです貧乳でごめんなさい。」

タバサ「私は……語尾に貧乳でごめんなさいと言うように設定されています貧乳でごめんなさい。貧乳なので自分より胸のある人に処女を奪われたら絶対服従です貧乳でごめんなさい。」

タバサ「私より胸の大きいキモ豚様に処女を奪われたから……絶対服従してます貧乳でごめんなさい。」

タバサ「記憶もサイトが好きな気持ちもちゃんとあります貧乳でごめんなさい。でもキモ豚様に絶対服従なので逆らえません貧乳でごめんなさい。」

タバサ「それと……次に中出しされるとその衝撃で今までの記憶と人格が破壊され完全な奴隷女王になります貧乳でごめんなさい。今の人格が破壊された後にどんな性格になるかは覚えていません貧乳でごめんなさい……。」

平賀才人「んぐぅ!!?」

キモ豚「うひひ!いいよぉ!じゃあ次ぃ!」


シエスタ「シエスタです……。私はキモ豚様に洗脳され性欲処理用淫乱メイドにされました……。食べ物の口移しや体中をなめて綺麗にしたりもします……。」

シエスタ「そこにいる……男の人……平賀才人さん?の記憶は完全に消されましたのでどういう人かはわかりませんが、生理的に苦手な顔です……。気持ち悪い……。」

平賀才人「む~~~!!」

キモ豚「いいよいいよぉ!ぐふふふっ!じゃあ次ぃ!」

キュルケ「キュルケ・アナル・ファック・ダイ・スキ・ハヤク・オカシテーよ。本当はキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーって名前だったんだけど、魂のダーリンであるキモ豚様が覚えられないからって改名されちゃったのよ♪」

キュルケ「人形化状態でも普通のテンションで喋れるのが特徴よ。普段はダーリン専用のオッパイマットレスをしているわ。」

キュルケ「今日は乳首をつねられると正気に戻るけど、チンポで突かれれば突かれるほどサイトのことが嫌いになってキモ豚様のことが好きになっちゃうって設定されてるの♪」

平賀才人「んぐ~~~!?」

キモ豚「ぐふふ!ぐっふっふっふ!よぉしそれじゃあ次ぃ!」

ティファニア・ウエストウッド「ティファニア・ウエストウッドです……。パイズリエルフです……。」

ティファニア・ウエストウッド「乳首の感度は2000倍です。精液を飲むとダークエルフになって性格が激変します……。そしてサイトさんのことを親の仇くらい憎くなります……。」

平賀才人「んー!んーーっ!」

キモ豚「いいねいいねぇ!はい次ぃ。」

アンリエッタ・ド・トリステイン「アンリエッタ・ド・トリステインです……。フェラを極めたキモ豚様専用のクチマンコ女王です。」

アンリエッタ・ド・トリステイン「精液が大好物です。今日はションベンをかけられるとウンコも食べれる女王便器にかわります……。」

アンリエッタ・ド・トリステイン「ついでに心の中で……サイトさんのことは奴隷以下のゴミクズと認識するようになります……。」

平賀才人「んー!?むーーっ!」


クワトロシコシコシコ「う、うぉ……!」ドピュドピュッ!

惣流・アスカ・ラングレー「んぁ……って早くない!?」

園崎魅音クチュクチュッ「あんっ……ふふ、まだ始まったばかりなのにねぇ。」

ハマーン・カーン「シャアは寝取られマゾにされているからな、自分を重ねあわせて興奮したんだろう。」


マインドコントロールされたヒロイン達が次々自己紹介をするなか、本来彼女たちのヒーローである平賀才人はただ無様な姿でそれを見ることしかできなかった。
企画参加者もそれぞれオナニーを始め、ただ一人寝取られマゾのクワトロが射精したところで、最後の一人の自己紹介となった。


キモ豚「ふひひぃ!いよいよ最後はメインヒロインだねぇ!じゃあ自己紹介いってみよー!」


ルイズ・フランソワーズ「はい……。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールです……。」

ルイズ・フランソワーズ「私はキモ豚のことが心底嫌いです……。それはサイトのことを愛しているからです……。」

ルイズ・フランソワーズ「チンポを挿入られると正気に戻ります……。正気の時は感度が普段の10倍になります……。」

ルイズ・フランソワーズ「そしてチンポでイケばイクほどキモ豚のことが嫌いになり憎しみが増えて……サイトのことはもっと愛します……。」

ルイズ・フランソワーズ「ただ……中出しされるとサイトへの愛とキモ豚への憎しみがそっくりいれかわります……。」

平賀才人「~~~~!?!?」


ハマーン・カーン「んぅ……はぁうんっ……!」クチュクチュ

ハマーン・カーン(私をシャアの前で寝取るとのは違うやりかた……参考になる……。)

セイバー「くぅはああん!ひっ……んんああ!」ビクンビクン

セイバー(媚薬が強すぎて……もう達してしまった……。)

キモ豚「ふひひ!よぉしそれじゃあ三四ちゃーん、そこの男が目をそらさないようにしっかり見張っててねぇ!」

鷹野三四「かしこまりました御主人様。」

キモ豚は人形化されたヒロイン達に命令を出すとさっそくエロ行為に及んだ。
キュルケをオッパイマットレスにし、その上に自分は寝るとティファニアに股間をパイズリさせ、シエスタとルイズを脇にはべらせてディープキスや乳首舐めをさせた。

アンリエッタとタバサの女王コンビには足の指先を念入りに舐めさせ、気に入らなければ足蹴にしてさらに丁寧に舐めさせていた。

そしてそれを悔しそうにただ見ることしかできない本来のヒーロー平賀才人。



ティファニア・ウエストウッド「んっ……」

ズポッジュポッ

キモ豚「んも!やっぱりデカパイズリは気持ちよさが違うなぁ!ちょっとツバたらしてすべり良くしてみてよぉ。」

ティファニア・ウエストウッド「はい……。んっ……」

ティファニアは口から唾液をたらし、さらにキモ豚の股間をピストンするように動かした。

キモ豚「ふほおお!い、いいよぉ!良くなったよぉ!ふひひ、じゃあ俺の唾液も誰かにあげなくちゃなぁ!」

ルイズ・フランソワーズ「……。」

シエスタ「……。」

キモ豚「じゃあルイズ、俺との~こうなベロチューしようねぇ!」

ルイズ・フランソワーズ「はい……。」

ルイズは言われるがままに口を開くとキモ豚のキツイ臭い漂う口にキスをした。

ルイズ・フランソワーズ「ちゅくっ、ちゅぶちゅぷっ、んんっ、べっろ~ぺろぺろ、くちゅくちゅっ……。」

キモ豚「ほれのだへきひゃっぷりうけひょりなよぉ!(俺の唾液たっぷり受け取りなよぉ!)」

ルイズ・フランソワーズ「ひゃい……。ン……じゅるじゅるじゅる……」

キモ豚「ぷはぁ!……ふひひ!じゃあ俺の唾液をた~っぷり味わったら、今度はシエスタに移してあげようねぇ!」

ルイズ・フランソワーズ「くちゅくちゅくちゅ……ひゃい……わひゃりまひた……。」

シエスタ「いただきます……。」

ルイズ・フランソワーズ「ちゅっ、くちゅくちゅ……」
シエスタ「じゅるじゅるじゅるッ……!」

キモ豚「んー!むふふ!俺の唾液とルイズの唾液に自分の唾液もよぉ~く混ぜ込んで咀嚼するんだよぉ。」

シエスタ「ちゅく……くちゅ……ん……」

キモ豚「ぐひひ!じゃあたーっぷり唾液が口にたまったところで、シエスタが今ここにいる人間で一番キモイと思う男にその唾液をぶっかけちゃえ♪」

シエスタ「ひゃひこまりまひは……。」

命令を受けたシエスタは立ち上がると、迷いなく一直線に1人のところへ向かった。


平賀才人「――――――!?」

シエスタ「……。」

平賀才人(し、シエスタ……!)

シエスタ「……ベッ!

ベチャッ

平賀才人「ッッ!?」

まるでゴキブリを見るような蔑んだ目で才人の前に立ったシエスタは迷いなく唾液を才人の顔に吐き捨てた。

平賀才人「んぐう~~~~!」

シエスタ「平賀才人が……一番気持ち悪いです……。」

キモ豚「ぐひひ!そうかぁシエスタは才人君が一番気持ち悪いのかぁ!意外だなぁーあぁいうのがタイプかと思ってたんだけどなぁ。」

シエスタ「タイプじゃありません……。生理的に嫌いな顔……です。」

キモ豚「そうなんだぁ♪でもメイドとして人の顔を唾液で汚したままはいけないなぁ!」

キモ豚「そうだ!せっかくだしオシッコで顔を綺麗にしてあげなよ!ぶひひっ。」

平賀才人「~~~~!?!?」

シエスタ「そうですね……わかりました……。」

メイド服のスカートをまくり上げると既にノーパンだったシエスタは真っ青な顔で自分を見上げる才人をあざ笑うかのように
尿道から溜まっていた小便を一気に放った。

ジョロジョロジョロジョロ……!

平賀才人「ぐっ、んんーーー!!」

鷹野三四「ちょっと!勢い良すぎるわよ!?私にもかかってるわ!」

キモ豚「ふひひっ、三四ちゃんそう怒らない。オシッコくらい普段平気で飲んでるでしょぉ?」

鷹野三四「は、はい。申し訳ありません。」

シエスタ「んん……。」

小便を出し切ったシエスタは股間を振って水切りをし、そのままキモ豚の所へ戻った。

キモ豚「ふひひっ、お帰りぃシエスタちゃん。い~かけっぷりだったよ!唾液もおしっこもねぇ!」

シエスタ「……ありがとうございます。」

キモ豚「……む?」

タバサ「ちゅるっ、ぺろぺろぺろ……」

アンリエッタ・ド・トリステイン「じゅるっ、じゅぼじゅぼっ、あむ……はむ……」

キモ豚「……。」

足を舐めるタバサとアンリエッタに、やり方が気に入らないのかキモ豚は無表情でその顔を蹴り飛ばした。

バシィッ!

タバサ「あがっ……!貧乳でごめんなさい。」

アンリエッタ・ド・トリステイン「きゃっ……!?」

キモ豚「お前たち舐め方がたりないなぁ!もっと丁寧にじ~っくりね~っとり舐めるんだよぉ!」

タバサ「はい……貧乳でごめんなさい。……ちゅぱっ、ちゅぱっ、あむあむ……れろれろれぉ~。」

アンリエッタ・ド・トリステイン「わかりました……。じゅろっじゅるじゅるじゅるっ!ぶちゅぅ~ぺろぺろっちゅるじゅ!」

キモ豚「ぐひひっ!女王を足蹴にしながらロイヤルくちマンコで奉仕させるのは最高だよぉ~♪ふひひっ、才人く~ん、ちゃんと見てるかーい?」

自分は唾液と小便をかけられ、大切な女の子たちの奉仕を受けるキモ豚の姿をただ見ることしかできない才人はそれでもまだ心折れずに怒りのまなざしをむけていた。


平賀才人「んー!んー!」

鷹野三四(ふぅん。ハーレム環境を作ってただけあって簡単には折れないみたいね。)

キモ豚「いいよいいよぉ!その目!簡単に絶望して放心状態になっちゃうんじゃ寝取る意味がないからねぇ!」


ハマーン・カーン
クチュクチュッ……

ハマーン・カーン(女王を足蹴にして……もし私も……)クチュクチュッ……

ハマーン・カーン「ああぁん!あ、あ、あああっ!」ビクンビクンビクン

碇シンジシコシコシコ「うっ、で、でるっ……!」ドピュドピュッ


キモ豚「はぁ~それにしてもこのオッパイマットレスは最高だなぁ!」

キュルケ「もちろんよ。魂のダーリンの為だけにこのボディ維持してるんだから。」

キモ豚「ふっひっひ!お前は後で犯してあげるからねぇ。ティファニアちゃんもうスパートかけていいよぉ!一発目そろそろ出したいからさぁ。ふひひ!ついでにダークエルフに変身させてあげるよぉ!」

ティファニア・ウエストウッド「はい……。精液で……ダークエルフにしてください……。」

ティファニア・ウエストウッド「んっ、じゅるっ、じゅっぽ……」

キモ豚「んほおっ!いいよぉいい吸い付きだよぉ!ち、乳首も使ってチンポにこりこり当ててみてよぉ。」

ティファニア・ウエストウッド「はい……。」

命令通り乳首を亀頭の所にあて、コリコリ刺激しながらパイズリを継続した。
割と固めの乳首の刺激はキモ豚の性感を特に刺激したが、
それ以上に感度2000倍に設定された乳首から激しい快感がティファニアを襲い、人形化され感情が薄くなっているにも関わらず声をあげてしまうほどだった。

ティファニア・ウエストウッド「ッッア゙ア゙ア゙ア゙~~~~!?」

キモ豚「ふひひっ!か、感度2000倍の乳首はどうだぃ?気持ちいい~でしょ。」

ティファニア・ウエストウッド「あア゙っ!……くぅあア゙ア゙っ!」

キモ豚「おほぉっ!ぼ、僕も気持ちいよぉ!……で、でるっ、出るよ……!!」

ドピュドピュドッピュ~~~

大量に放たれた精液がティファニアの顔と胸に大量にぶちまけられ、その一部は開かれた口へと注がれた。

ティファニア・ウエストウッド「あ……。」

キモ豚「ふはー、はぁはぁっ。あーだめだめ、まだ飲んじゃだめだよー。」

ティファニア・ウエストウッド「んん……」

キモ豚「そうそう、ザーメン飲んじゃったらダーク・エルフになるからねぇ」

精液を口の中で丹念に咀嚼ダークエルフになる前のティファニアを十分に眺めると
キモ豚は満足そうに飲みこむ許可を下した。

キモ豚「ぐっひっひ!サイトく~ん、これからあの大人しくて優しいティファニアが、ダークエルフになっておかしくなっちゃうところを見せてあげるからねぇ!」

キモ豚「ふひひ!なかなか見れないことだから、回答者のみんなもよぉ~く見てるんだよぉ!」

平賀才人「むぐーーー!」


セイバー「んくぅ……!あふぅん!」クチュクチュッ……

セイバー(ダークエルフ……心が堕落しきるその瞬間……その圧倒的快感に彼女は……)

アーチャー(ギルガメッシュ)「ふん……。堕落させるならばもっとやりようがあるだろう……。」シコシコシコ

クワトロ・バジーナ(性格の激変か……一体どれほど変わるというのか……。)


ティファニア・ウエストウッド「―――――ごっくん!」

ティファニア・ウエストウッド「―――――」

ティファニア・ウエストウッド「―――――!?」

キモ豚「くひひっ!きたきたぁ♪」

ティファニア・ウエストウッド「かっ……あ……!」

精液を飲みこむと数瞬の間をおいてティファニアの体は黒く発光し、その純白の肢体が徐々に茶黒く変化していった。

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「ううっ……ぐ……!」

発光が止むと激しい呼吸と大量の汗を流してティファニアは倒れこんでしまった。

キモ豚「ふひひっ!できあがり~♪」

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「はぁはぁっ……!」

キモ豚「くひひっ!さぁ立ち上がれ生まれ変わったティファニアちゃあ~ん!」


ダークエルフ(虚ろ目)


ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「……はい。」

ティファニアを立ち上がらせると、キモ豚も立上り変化したその肢体を良く眺めると満足そうな笑みを浮かべた。

キモ豚「どうだぁい?今の気分は?」

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「とても幸せな気分です……。」

キモ豚「ふひひっ、そっかそっかぁ♪今したいことはあるかなぁ?」

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「キモ豚様の性欲処理……キモ豚様以外のゴミの様な男たちの殺戮……世界の破壊……。」

平賀才人「んぐうぅ!?」

キモ豚「ふひひっそっかぁ♪ま、破壊とか殺戮とかは俺の許可とってからやってねぇ。」

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「はい……。」

キモ豚「ところであそこにいるサイト君のことどう思う?」

ダークエルフ アイコン(虚ろ目)「憎い……殺したい……です……」

平賀才人「ッ!」

問われてサイトに目をやるティファニアの眼光は、虚ろながらも本当に殺したいという憎しみがこもり
鑑賞している企画参加者すら恐怖を覚える物だった。

鷹野三四(あら……あの目はほんとに憎しみの塊ねぇ。御主人様に洗脳していただく前の私にそっくりだわ。)

キモ豚「おほっ!怖いねぇ!でもサイトくん、このままじゃ性格の変化わかりにくいでしょ?」

平賀才人「……?」

キモ豚「今のティファニアの本当の性格を見せてあげるからねぇ!」

キモ豚「ティファニア!人形化解除ッッ!!」

ダークエルフ アイコン「!」

虚ろで焦点が定まっていなかった目に光が戻り、ティファニアは意識をはっきりと取り戻した。

キモ豚「ふっひっひ!目が覚めたかなぁ?」

ダークエルフ アイコン「……はい!キモ豚様ぁ

キモ豚「じゃあ、もう人形化も解いたところでもう一度聞くよぉ。今の気分はどうだぁい?」

再び同じ質問をされたティファニアは、先程とうって変わって体をクネクネさせながら胸を強調し、媚びるように答えた。

ダークエルフ アイコン「ん~~さいこぉですぅキモ豚様にぃ精液飲まされてぇ~……あんなに純だった心がすっごい汚れちゃいましたぁ

キモ豚「うんうん。」

ダークエルフ アイコン「自制とかぁ、モラルとかぁ、そーんなのぜんっぶどうでも良くなっちゃって~私のハートが堕落してますぅ!これからは我慢せずキモ豚様のオチンポに御奉仕する人生かと思うとぉ~もう最高ですよねぇ幸せぇ~~ん

キモ豚「ぐひひっ!今したいことはあるかなぁ?」

ダークエルフ アイコン「もちろんキモ豚様の性欲処理っ♪あとはキモ豚様以外のぉ~ゴミみたいな男どもはみーんな殺したいですっ☆」

ダークエルフ アイコン「それから許してもらえるならこの世界ぜーんぶめちゃくちゃに破壊したいです

キモ豚「うんうん!ま、さっきも言ったけど破壊とか殺戮とかは俺の許可とってからやってねぇ。」

ダークエルフ アイコン「もっちろんですぅ!キモ豚様の気に入らないことはしないですよぉ

キモ豚「ところで、そこにいるサイト君のことどう思う?」

ダークエルフ アイコン「あー……サイトさん……。マジ殺したい。見てるだけで吐き気がするほどムカつきます。キモ豚様ぁ……殺しちゃっていいですか?」

平賀才人「……!」

キモ豚「ぐひひ!そっかぁ、じゃあ特別に気を失わない程度に魔法で痛めつけてもいいよぉ!噂の先住魔法ってのも見てみたいし。」

平賀才人「……ッ!?」

ルイズ・フランソワーズ「……。」

ダークエルフ アイコン「ありがとうございますぅ

ティファニアは言うが早いか手をあげると呪文を詠唱して魔法を放った。

ダークエルフ アイコン「ノウンイグニション!」

平賀才人「……ッ!!」

サイトに向かって放たれた炎は勢いよく飛んだが、サイトには当たらずその奥にいる帰れま10参加者席へと飛び込んだ。

クワトロ「ぐぎゃああああああーーーー!?」

前原圭一「あぶないっ!!」

惣流・アスカ・ラングレー>「ちょっ!?」

ハマーン「シャアッ!?き、貴様何をする!?」

ダークエルフ アイコン「あっちゃ~……。ごめんなさーい♪攻撃魔法なんて初めて使ったから狙いそれちゃいましたぁ……。」

キモ豚「あらら……黒焦げになっちゃったねぇ……。」

クワトロ・バジーナ「ぐうぅっ……!」

ハマーン「大丈夫か!?しっかりしろシャア!……貴様ァ~~~!私のシャアになんてことを!許さんっ!」

誤爆でシャアを黒焦げにされたハマーンは怒りを向けたが、それをキモ豚は制した。

キモ豚「ま、まぁまぁ!黒焦げだけど生きてるし、回復するまで脇に寝かせとけばいいよぉ。それに番組的にはこういうハプニングも大事だしねぇ♪」

ハマーン「し、しかし!」

ダークエルフ アイコン「……。」そわそわ

キモ豚「ん~仕方ないなぁ。じゃあ特別にみんなの前で変態行為させてあげるから許してよぉ。」

ハマーン・カーン「……本当か?」

キモ豚「もちろんもちろん!ん~そうだなぁ、すぐにできるのだと……じゃあ今そこでメンバーの前で放尿させてあげる!」

ハマーン・カーン「そ、それなら……ここは許そう。」

キモ豚「ふひひっ!ついでに誰かにかけてもいいよぉ!」

セイバー「くはぁん……そ、それでしたら私に口に注いでください……。の、喉が渇いているので……くふぅん!で、できればイクと同時に……。」

ハマーン・カーン「いいだろう。では失礼するぞ。」

ハマーンはテーブルの上に乗ると、セイバーの前で黒いワンピースをたくし上げM字に開脚し座った。
そうして尿意を自ら誘導し、セイバーが達する瞬間を待って放尿した。

セイバー「くぅふん!……あ、あ……ああっ、い、イクぅ!」

ハマーン・カーン「んん!だ、だすぞ……!」

チョロチョロチョロチョロッ

セイバー「んあっ!」

セイバーは大きく口を開けるとハマーンの尿をゴクゴクとこぼさず飲み干した。

セイバー(アーサー・ペンドラゴン)「ごくごく……!ふぅ。ありがとうございます、喉の渇きが満たされました。」

ハマーン・カーン「そうか。私もみなの前で放尿し興奮することができた。」

これでとりあえず場を収めたキモ豚は気を撮り直してプレイを再開した。

キモ豚「ふひひっ!これで良し。ティファニアちゃんはそっちでシエスタちゃんと並んでてねぇ。サイト君を罵倒するくらいならいいよぉ!」

ダークエルフ アイコン「ありがとうございますぅ!正直あのピンクの人怖かったから助かりました。」

キモ豚「ぐひひ!それじゃあタバサ、俺にまたがってチンポを自分でいれちゃいなぁ♪」

タバサ「はい……貧乳でごめんなさい。」

タバサは無表情に返事をするとキモ豚の肥満体にまたがり、勃起したチンポをほとんど濡れていない小さなマンコの入口へあてがった。

キモ豚「あぁちょっとストップぅ!」

タバサ「はい……貧乳でごめんなさい。」

キモ豚「入れる前に人形化解除してあげるよぉ!ふひひっ、サイトく~ん!タバサの処女はもう奪っちゃったから俺に逆らわないけど、本音くらいは聞かせてあげるねぇ♪」

平賀才人「んんっ!ぐんんーーー!」

ダークエルフ アイコン「キモ豚様優しいほらサイトさん、あなたみたいなクソ男にもキモ豚様は優しくしてくれてるんですよ!もっと嬉しそうにしたらどうなんですか!?」

平賀才人「んんーー!!」

ダークエルフ アイコン「あー抑え付けられて喋れないんですね。まぁいっか、惨めで♪それにサイトさんの言葉聞いたらもっと殺意湧いちゃいそうですし、やっぱりそのままでいてください。」

平賀才人「むー!んー!」

ティファニアがサイトを罵倒している間に、タバサの人形化は解除され正常な認識と意識が回復していた。
とはいえ元から無表情で反応の薄い彼女は既に逆らえない暗示がかけられていることもあって雰囲気はほとんど同じままであった。

キモ豚「じゃあタバサ!オマンコに俺のチンポをこすり付けて濡らしながらぁ、自分の今の気持ちをサイト君に教えてあげなよぉ。ちゃんと本音の本音を言うんだよぉ?」

タバサ「……ッ。わかりました貧乳でごめんなさい。」

命令されると少し腰を前に付きだし、マンコの入り口とクリトリスに亀頭をこすり付け、性感を高めながらタバサは本音を話し始めた。

クチュクチュッ……

タバサ「んんっ……貧乳でごめんなさい。私……怖い……!貧乳でごめんなさい。」

平賀才人「!」

タバサ「処女を奪われて貧乳でごめんなさい……逆らえなくされて貧乳でごめんなさい……。」

タバサ「こんな最低の男に逆らえないなんて貧乳でごめんなさい……。助けて……貧乳でごめんなさい。」

平賀才人「んんっ!」

クチュクチュッ……

タバサ「はぅっ貧乳でごめんなさい。中出しされたら人格も変えられてしまう貧乳でごめんなさい……きっとお母様もガリアも全て蹂躙される貧乳でごめんなさい……。」

タバサ「怖い貧乳でごめんなさい……!何もかも奪われてしまう貧乳でごめんなさい……!」

キモ豚「ふひひっ!そんなに貧乳を謝らなくていいのにぃ♪怖い貧乳って意味がわからないよぉ♪」

タバサ「……!」

『あなたがそうしたから』
そう言いかけてタバサは言葉を飲みこんだ。それに答えても結局語尾がおかしなことになってしまう。
だからタバサはそのまま今の気持ちを伝え続けた。

タバサ「もうこんなのは嫌……!貧乳でごめんなさい。サイト貧乳でごめんなさい……助けて貧乳でごめんなさい……!」

平賀才人「!!」

平賀才人「んんぐー!!」

タバサの懇願を聞いたサイトは体の奥底から力を発揮したかのように、暗示である程度動きを制限されているにもかかわらず抑え付ける鷹野を振りほどこうとしていた。

鷹野三四「キャッ!?暗示にかかってるのにこんなに力が……!?キ、キモ豚様!私の力じゃこれ以上抑え付けれませんわ!」

キモ豚「ふひひっ!サイトく~ん暴れちゃだめだよぉ!射精スイッチオン!」

ドピュピュッ

平賀才人「ッッ!?」

鷹野三四「!」

キモ豚のキーワードを聞くとサイトはその瞬間に射精し、その性感によって脱力してしまった。

キモ豚「ふひひっ!もう少し後で使おうと思ってたけど、君の射精は僕の自由なんだよぉ♪」

平賀才人「~~~ッッ!?」

キモ豚「射精したら力抜けたでしょー。三四ちゃーん、今のうちに猿轡つけちゃって♪抑え付けるの疲れたでしょお!」

鷹野三四「かしこまりました。お気遣いありがとうございます

鷹野は猿轡をサイトの口に付け、しゃべれなくした。

鷹野三四(あら。この子の精液結構いい匂いさせるじゃない。キモ豚様に蹂躙される前はハーレムを作っていただけのことはあるわね。女を寄せ付けるタイプだわ。)

平賀才人「むぐっ!」

キモ豚「これでわかったかい~?あんまりうるさいと射精させるからねぇ♪」

平賀才人「……!」

ダークエルフ アイコン「あはは!どうせならたくさん射精させてテクノブレイクさせちゃえばいいのにぃ♪」

キモ豚「外野も大人しくなったし、それじゃあタバサのオマンコを楽しむとするかなぁ!そのままズブッと腰を降ろして。」

タバサ「ッ……わかり……ました貧乳でごめんなさい。」

猿轡を付けられ、動きも制限され、射精すら操られた哀れなサイトの姿を見て彼が自分を助けてくれる可能性はなくなったと諦めたのか、涙を浮かべながらその軽く華奢な体を一気にキモ豚のチンポに降ろした。

ズブッ

キモ豚「ふほぉっ♪」

タバサ「ふぁっ……貧乳でごめんなさい。」

ズブリと一気に腰を落としはしたが、既にキモ豚のチンポを挿入た経験があることと、既に痛覚が暗示によって調整されてしまっていることもあり苦痛無く快感だけがタバサの体を襲った。

キモ豚「ふひひっ!やっぱりルイズと並んでオマンコが小さいだけあるなぁ!んん~~~いい締めつけだよお!」

言いながらもズボズボと腰を突き上げ、嫌ながらも快感に顔を歪めるタバサの姿をキモ豚は楽しんでいた。

ジュボジュボッ

タバサ「くふぅんっ!貧乳でっごめんなさいっ!あ……あぁっ貧乳でごめんなさいっ。」


前原圭一(すげぇ……!あんな自己中に腰振ったら絶対気持ちいいじゃんかよ……!)シコシコシコ

前原圭一「……うっ!」ドピュドピュ!

タバサ「ああっ貧乳でごめんなさいっ。ひゃっ、あ、あっ、あっ、ああっ!?貧乳でごめんなさいっ。」

パンパンパンパンッ

キモ豚「ふひひっ!もうイッっちゃったねぇ♪ほらほらっ」

ズンッ ズンッ

タバサ「んくぅ!貧乳でっああっ貧乳でごめんなさいっ!」

ズボッジュボジュボッ

キモ豚「そ、そろそろ中に出してあげるよぉ!ふひっ!今のタバサはもうすぐ消えちゃうから、今のうちに自分を噛み締めておきなよぉ!」

タバサ「……!い、いやぁ貧乳でごめんなさいっ、や、やめっ貧乳でごめんなさいっ!」

キモ豚「おほぅ!で、出るよぉ!」

タバサ「~~~~~~ッッ!」


ドピュドピュドピュ

大量の精子がタバサの小さい膣の中にあふれるほど注ぎ込まれ、その瞬間タバサの人格は
―――――消滅した


タバサ「!!」

平賀才人「んむーっ!」

中出しと共に本来の人格が消去されたタバサは、しばし痙攣したと思ったら
突然スイッチが入ったかのように明るい表情になり、突き刺さったチンポを腰から抜くと
満面の笑みを浮かべて立ち上がった。

キモ豚「ふひひっ!タバサぁ、生まれ変わった気持ちはどうだい♪」

タバサ「サイコーだYO!ボクの心はスーパーハッピー☆」

平賀才人「!?!?」

ダークエルフ アイコン「まぁ……!」

テヘペロWピースをしながら信じられないような軽口を放つタバサの姿に
サイトはもちろん、自身も人格が変わったティファニアすらも思わず驚愕の表情を浮かべた。

キモ豚「ふひひっ!驚いたかなぁ。いやぁ~タバサは表情が硬かったから、変態系ボクっ子ラッパーにしてみたんだぁ。どう?センスいいでしょー?」

タバサ「そうだYO!ボクはヘンタイラッパー!人格改造されてよかったZOW!」

ダークエルフ アイコン「凄いですキモ豚様ぁ(はぁと)私より人格変わっちゃってるかもぉ

鷹野三四「フフフ……、馬鹿らしくて最高ですわ♪」

キモ豚「でしょでしょ!ふひひっ、せっかくだから自己紹介ラップみんなに疲労してあげなよぉ♪」

タバサ「そうだね!じゃあ……。」

タバサ「ヘイヘイみんな見てるかい♪それじゃー魂の自己紹介ラップ聞いてくれぃ☆」

タバサ「タイトルは……『がりあ☆すれいぶ』


ズンチャ ズンズンチャ
ズンチャ ズンズンチャ

ボクの本名シャルロット!
ガリアの女王♪結ぶは条項♪奴隷が常考!

夏はみんな従うキモ豚summer僕が尽くすはキモ豚サマー!

秋は盛大中出しautumn!みんなのお腹が膨れてタムタム♪

冬は乱交winter!アナルに入れるぜウインナー!

春は出産spring!膣から出るのはスプラッシュ!

ガリアは埋め尽くされるぜチルドレン!
キモ豚精子で種付ファック!みんなで造るぞチルドレン!


みんなで奴隷 なろうぜ性のスレイブ 

yeah! 



キモ豚鷹野三四ダークエルフ アイコンパチパチパチパチ

タバサ「センキュー☆」


あまりに滑稽すぎるラップを嬉嬉と歌うタバサの姿に
サイトはもうただ静かに見ることしかできなかった。


続く
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
113: by mcHsi on 2014/09/16 at 01:07:10

何……この……
何?(褒めコトバ)


何か気づいたら凄いネタ始まってるのですが……


今言えることはひとつ
「いいぞ もっとやれ」と

▼このエントリーにコメントを残す