FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

Fate/mind control ACT31~セイバーの日常(MC済み)~

2004年、冬木市にて勃発した聖杯戦争

もし遠坂凛が召喚したサーヴァントが、超チートなMC能力を持つエロエロ英霊だったら

この物語は、聖杯戦争をマインド・コントロールという唯一無二の能力によって駆け抜けた、変態英霊の無双MC譚である

Fate/mind control 







Fate/mind control ACT31~セイバーの日常(MC済み)~


セイバー

セイバー「はああ!」

ライダー「クッ……!!」

セイバーはライダーと戦っていた。この日の奉仕役は戦いに勝った者が得るからだ。
誰よりも勝ちたいという意思が強いセイバーに、ライダーも防戦一方だ。
イリヤをマスターとしているが為に基本スペックが異常に高まっている彼女の攻撃は、ライダーに抑えきれるものではなかった。
番狂わせは起きることなくセイバーは無傷の勝利をおさめ、奉仕役をその手にするのだった。

ライダー「……完敗です」

セイバー「当然の結果です。御主人様に御奉仕する為なら私は誰よりも強くなれる―――」

遠坂凛「ちょっと強すぎるわよね。騎士王の名は伊達じゃないわね」

セイバー「騎士王?凛、その名で呼ぶのは私にとってもはや侮辱に値します。今の私は隷騎士アルトリア、御主人様の為だけに存在する牝奴隷なのです」

遠坂凛「わ、わかったわよ!そんなムキにならないでよねっ」

出来ることなら騎士王であった経歴を抹消し、生粋の隷騎士として人生をやり直したいとさえ思っているセイバーにとって、過去の肩書で呼ばれるのは我慢ならなかった。


―――

―――

―――


セイバー

セイバー「じゅるるっ、じゅるるっ、じゅぼじゅぼじゅぼっ

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。今日の奉仕はいつもより気合が入っているようだな、アルトリアよ」

セイバー「れろれろれろっはいっ!御主人様の命じられた御奉仕役を決める戦いで……その、心が昂ってしまいました」

セイバー「こうして勝ち取った御奉仕の権利を実際に行使するにあたっては、1秒でも気を抜くことなく務めさせていただく所存です

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハッ、それで良い。奴隷達の中でも特に純粋で愚直なお前の忠誠、俺は嫌いじゃない」

セイバー「あぁ……そのお言葉だけで私は達してしまいそうです御主人様の労いの言葉がもたらす多大な幸福感……この小さな胸で受け止めるには大きすぎます

ヒエロに奉仕するこの時間は彼女にとって最高に幸せな一時だった。
この人に隷属して本当に良かったと、心の中でも何度も思う。

セイバー

小さな口に放たれる大量の精液。
すでの何度も味わい、完全に虜となった精液を一滴もこぼすことなく飲み干す。
口の中で咀嚼する度に軽い絶頂で体を震わせるその姿をヒエロが愉悦に満ちた表情で見てくれる。
それもまた幸せだった。

昼に始まった性奉仕は、次の日の朝まで及んだ。

セイバー

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。出し過ぎてもはやどれほど力を入れても溢れてくるか……フハハハッ、今日はこれくらいにしておこう。俺も久しぶりに満足することが出来た。ゆっくり休むといい」

精液を股間からあふれさせながら、セイバーは薄れゆく意識の中でなんとかお礼を口にし、そのまま眠りにつくのだった。

セイバー「たくさんの精液をいただき幸せです……御奉仕させていただき……ありがとう……ございました……


疲労で眠ってしまったセイバーは3時間後尿意で目を覚ました。
トイレで小便をし、ウォシュレットで綺麗にすると一晩中刺激を受け続け敏感になったアソコが反応してしまう。

セイバー

セイバー「いけない……御主人様の精液がこぼれてしまっ……うっ

すっかり淫乱な体になってしまっている彼女は、ついついウォシュレットでオナニーを始めてしまった。
夢中になってアソコに水をかけるセイバーは、1時間以上もトイレに籠っていた。

遠坂凛「ちょっとセイバー!いつまで入ってんのよ!?さっさと開けなさいよ!」

登校前の凛がトイレを使おうと声をかけてもまるで耳に入らない。
さらに30分が経ち、凛の我慢も限界だった。

遠坂凛「まったく信じられないわね!……こうなったらコンビニか何かで借りるしかないわね」

家でのトイレを諦めた凛が移動しようとした時、ヒエロがやってきた。

ネトゥーリ・ヒエロ「どうかしたのか?」

遠坂凛「御主人様、おはようございます。聞いてください、セイバーったら……」

事情を説明するとヒエロは笑って凛に命じた。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。それは災難だったな。だが凛よ、用を足すのはここでしていけ。セイバーが終わるのを待つんだ。いいな」

遠坂凛「そ、そんな……!うぅ、御命令でしたら従いますけど……」

ヒエロはセイバーのオナニーが終わるのが先か、凛が失禁するのが先か面白おかしく見ていた。
凛も我慢強いのでそのままでは1時間でも2時間でも耐えかねない。
そこでヒエロは凛の尿意を能力によって50倍に高めた。

15分後―――

遠坂凛「も……う……だめ……もれ……!……ちゃう……あ、あ……ああ~~~~!!」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ、恨むならアルトリアの淫乱さを恨むのだな」

遠坂凛「うぅ……あぁ……」

失禁の恥ずかしさと解放の快楽で凛はしばらくその場を動けなかった。
そのわずか1分後、セイバーがトイレの扉をあける。

セイバー「どうしたのですか凛。トイレの前でするなんて、あなたも大概に変態ですね。それでこそ御主人様の奴隷ですね♪」

遠坂凛「!?」

遠坂凛「ひょっとして私が何度も声をかけたの気付いてなかったの!?扉だって何度も叩いたのに!?」

セイバー「そうなのですか?すいません、オナニーがあまりにも気持ち良くてまるで聞こえていませんでした……」

飽きれる凛をよそに、対して申し訳なさそうにもしないセイバーは自室へと戻っていくのだった。



ある日の夜、セイバーは一人で風呂に入っていた。
体を洗い、湯につかったところでヒエロも入ってきた。

セイバー

セイバー「ご、御主人様っ。御戻りだったんですね」

ネトゥーリ・ヒエロ「あぁ。観光を楽しむつもりだったのだがな、あいにの雨で早く戻ってきたんだ」

セイバー「そうだったんですか。お疲れ様でした。お体お流しいたします

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。それもいいが……アルトリア、尻をこっちに向けろ」

セイバー「!」

セイバー「は、はいっ

すぐに察して尻を向けた彼女のアソコにチンポがズブリと挿入される。

セイバー

ネトゥーリ・ヒエロ「1日洗っていないチンポだ。お前の愛液で綺麗にしてみせろ」

セイバー「かしこまりましたっああんっ、ああっアルトリアのオマンコでっ綺麗にしてみせますっ


―――


翌日は雨で行けなかった観光地に行くと言うヒエロにセイバーが同行することとなった。
乗り物を用意すると言った彼女が乗ってきたのは、見覚えのある英霊だった。

遠坂凛「あんたねぇ、いくら英霊とはいえそんなんで松島まで行けるわけないじゃない」

セイバー「遠いのですか?」

遠坂凛「300kmはあるのよ」

セイバー「そうなんですか。確かにこの駄馬で行くには遠すぎますね」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。まぁそう言うことだ。だがアルトリア、その絵面はなかなか気に入ったぞ。写真に撮っておけ」

セイバー「かしこまりました」

セイバー

遠坂凛「はい撮るわよ」

セイバーが跨っていたのはあのギルガメッシュだった。
いまや英雄王もただのペットと成り果て、人間の言葉を話すことすら許されていない。

結局飛行機で移動することになった一行は、松島に到着する。
観光地を楽しんだヒエロは、楽しそうにしているセイバーに気まぐれでマスコットの人形を買ってやることにした。

ところが人形をもらったセイバーは無言で固まったままだ。
飛び跳ねて喜ぶと思っていただけに、意外な反応だ。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。気に入らなかったのか?」

そう聞くとセイバーは首を激しく横に振って否定した。

セイバー

セイバー「ち、違うんです。嬉しすぎてその、表情が上手く作れないのです」

セイバー

セイバー「笑顔を作ろうとすると……か、顔に力が入りすぎて……」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハハハッ!お前は本当に面白い奴だな!」

奴隷の身で人形を買ってもらえたことがよほどうれしかったようだ。
帰りの道中もずっと大切に抱きかかえていて、イリヤがいたずらに手を伸ばすと激しく怒った。

そうして一行は夕暮れに帰宅した。
夕飯の準備をしていた桜を見るなり、ヒエロは胸を揉みし抱く。

間桐桜

そんな姿を見て、セイバーはそれでこそ我が主と思いを強めるのだった。

―――

セイバー

セイバー「いただきます♪」




平和な日常が過ぎていくのだった―――
【次回予告】
凛です。次回はゴミ野郎の回だから、見る価値なしよ。

次回、Fate/mind control『士郎の日常(MC済み)』
寝取られ好きなら見れば?





Fate/mind control

▶ACT28~ライダーの日常(MC済み)~
▶ACT29~桜の日常(MC済み)~
▶ACT30~イリヤスフィールの日常(MC済み)~
NEXT ACT▶▶『士郎の日常(MC済み)』
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 Fate/staynight セイバー 遠坂凛
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
937: by あびゃく on 2016/03/03 at 18:57:11 (コメント編集)

騎士王が侮辱で隷騎士こそが誇りとはw

ギルガメッシュw あの傲慢な英雄王も今ではこの通りか~ ギルガメッシュは性転換とかはされなかったんですね

そして洗脳されても腹ペコは変わらないんですねw

▼このエントリーにコメントを残す