FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (965)
総集編 (37)
エロゲレビュー (55)
同人&エロ漫画etcレビュー (25)
オリジナルSS (8)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (117)
うみねこのなく頃に (3)
織田信奈の野望 (1)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (8)
機動戦士ZZガンダム (2)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (0)
機動戦士ガンダムUC (0)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (5)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (1)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
クロノトリガー (0)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (36)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (7)
School Days (1)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (8)
ストリートファイターシリーズ (0)
スマイルプリキュア! (0)
ゼロの使い魔 (6)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (14)
とある科学の超電磁砲 (2)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (5)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (143)
ハヤテのごとく! (3)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (4)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (2)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (42)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フリージング (0)
フルメタル・パニック! (1)
フレッシュプリキュア! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (0)
ポケットモンスターシリーズ (7)
マギ (0)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (21)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (4)
まぶらほ (1)
名探偵コナン (2)
めだかボックス (3)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (23)
ONE PIECE (8)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (4)
MC関連スレまとめ (82)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
らんま1/2 (0)
創聖のアクエリオン (0)
モンスターストライク (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
マケン姫っ! (0)
烈火の炎 (0)
暗殺教室 (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

ボア・ハンコックの誤認~精液で刻印は消せる……?~

ハンコック


ボア・ハンコック「じゅるじゅるっ……くちゅっちゅぱ……」

顔無しアイコン2「お……お……。」

アマゾンリリーの女帝ボア・ハンコックは男の竿を一心不乱にしゃぶっていた。
彼女はチンポからでる精液は背中の刻印を消すことのできる良薬と思っているからである。

男の名前はザリン・フォンボック。
超人系ゴニゴニの実の認識誤認人間で、相手の認識を誤認させることができる。
海賊に弟を誘拐された彼は海賊をみつけてはその能力で潜入し、弟を探していた。

今回彼が潜入したのはアマゾンリリー。ボア・ハンコック率いる九蛇海賊団の中枢である。
潜ってすぐに弟がここにいないことを知ったザリンは、その能力でハンコックに性的奉仕をさせて楽しんでいた。
弟を奪われ海賊に憎悪を燃やす彼はいい女がいれば辱めてからそこを去る。
それは七武海ボア・ハンコックといえど例外では無かった。

ボア・ハンコック「じゅぼっじゅぼっ!んはぁっ。どうじゃわらわの口使いは。男に奉仕するのはこれが初めて……気持ちよいだろう?はやく精液を出すのじゃ。」

顔無しアイコン2「確かに気持ちいい……男のチンポを咥えるのは初めてじゃないな?」

ボア・ハンコック「なっ!?何を言うておるのじゃ、わらわは……!」

顔無しアイコン2「隠さなくてもいい。その技術存分に使って奉仕しろ。消したいのだろう?背中の刻印を。」

ボア・ハンコック「わらわを前にそのような態度、貴様の精液が良薬でなければ今ここで葬り去ってやるというのに。」


奴隷時代の強制的に身に付けさせられた技術で男に奉仕するのは
ハンコックにとって屈辱でしかなかったが、背中の刻印を消すことのできる
薬を手に入れるためには手段など選んではいられなかった。

ボア・ハンコック「じゅ~じゅるじゅる!ちゅろっ」

顔無しアイコン2「……ッ」

決して大きくない口で全てを包み、舌先は亀頭をこねくり回すように動かす。
高級娼婦に匹敵するほどの技術は多くの女を経験しているザインすらも
快感に顔を歪めるほどのものだった。

ボア・ハンコック「はむっ。ちゅるっ……じゅぼっじゅぼじゅぼっ!」

顔無しアイコン2(誰を相手に培ったものかわからんが……ボア・ハンコック、すごいテクニックだ。)

ボア・ハンコック(わらわを相手に2分以上持つとは……!だが、それもこれで終いじゃ……!)

ボア・ハンコック「じゅるっ……じゅるじゅるじゅるじゅる!!」

顔無しアイコン2「ぉっ!?」

一気に喉元まで深く吸い込み、かつ舌を回転させながら全体を愛撫した。
上目遣いで見上げる女帝にこんな激しいフェラをさせていると思うと征服感がこみあげる。

ボア・ハンコック「じゅるるるっ!」

顔無しアイコン2「くっ……はぁっ……で、でるぞっ!」

ボア・ハンコック「んむっ!?」

ビュビュッ!!

ボア・ハンコック「~~~ッッッ!!」

ハンコックもこれまで経験したことのない量の精液が一気に口に注ぎ込まれた。
だがハンコックにとってはうれしい誤算だった。
これだけ大量の精液を飲めば背中の刻印も消せるだろうと思ったからだ。

ボア・ハンコック「うくっ!」

顔無しアイコン2「なかなかだったぞ。こんなに出したのは久しぶりだ。」

あまりの量と粘つきのある精液を一気に飲むことが出来ず、ハンコックはゆっくりと
精液を飲みこんでいた。

ボア・ハンコック「ゴクッ……ゴクッ……」

顔無しアイコン2「俺の薬は苦いだろう?良薬口に苦しってやつだな。」

ボア・ハンコック「うぷ……ゴクッ……ぷはっ!」

ボア・ハンコック「ハァハァ……!わらわの口にこんなにだして……!」

息を整えたハンコックは背中を見せると、刻印が消えているか確認をした。
だが、当然ただの精液を飲んだだけのハンコックの体から刻印が消えるはずもなく
ザリンはありのままを伝えた。

ボア・ハンコック「そ、そんなバカな!?おまえの精液は刻印を消す作用があるはずじゃ!」

顔無しアイコン2「まぁそう慌てるなハンコックよ。どんな良薬だろうとたかだか一回で効果がはっきりとでるわけがないだろう。」

ボア・ハンコック「なん……じゃと……」

顔無しアイコン2「そうだな……。まぁ少なくとも10回以上は飲まないとダメだろうな。」

ボア・ハンコック「ならばおまえはここに留まり、わらわの刻印が消えるまで精液を献上するのじゃ。」

顔無しアイコン2「そうしてやりたいが、私は弟を探して旅をしている身。ここに留まることは出来ない。」

ボア・ハンコック「……。」

顔無しアイコン2「まぁそう険しい顔をするな。弟の情報が手に入ったら俺に連絡しろ。そうすれば情報と引き換えに俺の精液を与えてやろう。」

断られたハンコックは無理やり拘束してしまおうとも思ったが、自分が口を開くより先にザリンが妥協案を提案したためしぶしぶそれに従うことにした。

ボア・ハンコック「いいじゃろう。だが、約束を破ればどうなるかはわかっておるじゃろうな?」

顔無しアイコン2「わかっている。ではさらばだ。」

そうして弟の名前と写真を渡したザリンはまたあらたな海賊を求めて再び海へと乗り出していった。
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ONEPIECE ボア・ハンコック
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す