FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

真・バカとテストと催眠術 16話『玉野美紀』

真・バカとテストと催眠術~被・催眠支配~明久編 二章

私の心が完全に女になったあの日から1ヶ月が経った。
この間、本当に色々なことがあった。

お姉ちゃんが玄児様の牝奴隷だって知ったときは驚いたけど、文月学園の置かれた状況にはそれとは比較にならないくらいの驚いたな。
だって、かなりの人数が玄児様の魅力に気付いてたんだもん。

私の友達なんてみーんなだよ?
そりゃ驚くよ。ムッツリーニもまさか女の子の心になってるとは思わなかったし。
高橋先生まで玄児様の魅力にメロメロになってるとは思わなかったなぁ……。
一体どうすればあんなに女の子にモテモテになれるんだろう。
男心を持っていた昔の私だったら凄く羨ましがったと思う。けど、今の私はそんな玄児様を愛する方の立場

瑞希ちゃんや美波ちゃんが毎日のように玄児様に抱かれてたって知ったときはかなり嫉妬しちゃったけど、秘密にしていた代わりに立ち会ってもらったのはとても心強かった。

あー、今思い出してもあの時は嬉しかったなぁ

玄児様の目の前で牝奴隷仮予約の儀式をして、みんなと同じ牝奴隷にしてもらったのは本当に嬉しかった。

まだ体は男だから仮だけど、それも近いうちに解決しそうだしね。
お姉ちゃんがお金を出してくれて、しかも凄腕のクリニックまで紹介してくれるっていうから、楽しみでしかたがないよ。

「さてと、今日は宿題も出なかったし……」

「早く帰って……ふふっ、お姉ちゃんが買ってくれた新作下着を付けてみよっと

放課後、帰り支度をしていた私はほんとうにうかれていた。
家に帰って女になる為の勉強や女装をすることが楽しすぎて毎日がハッピーって感じなんだよね

急いで鞄に筆記用具とかを入れていると、Fクラスに珍しい人がやってきた。

「吉井君。ちょっとだけ良いかな」


「玉野さん。わ……ボクに何か用かな」

Dクラスの玉野美紀さんだ。
『アキちゃん』の時に何度か声をかけられて会話したことがあるくらいで、特に親しいわけじゃない。
わざわざFクラスに来て声をかけるなんて、何か用事でもあるのかな。

「少し聞きたい事があって……。その、どうしてもハッキリさせておきたいの」

「聞きたい事?」

「ここじゃ無くて人のいないところに場所を移したいんだけど大丈夫?」

「大丈夫だよ。別に急ぎの用事とか予定も入ってないし」

「良かった!」

私がキョトンとしてると、玉野さんに手を掴まれてFクラスから移動することになった。

特別教室に移動した私は、早く帰りたかったし用件を聞いてみた。

「それで……えと、僕に何か聞きたい事が有るんだっけ?」

玉野さんは少し黙ったあと、何か思いつめたように口を開いた。

「私の勘違いであって欲しいけど……やっぱり気のせいじゃないと思うの」

「えっ?何の話?」

「アキちゃ……吉井君は、赤路って人が好きなんだよね?」

「ぶっ!?」

い、いきなり直球ね!
っていうか玉野さん、この口ぶりだと玄児様の牝奴隷じゃないのね。

ぼ、ボロが出ないように取り繕わないと……!

「や、やだなーそ、そんな訳ないって~。くろっ……あ、赤路君は男だし僕も男だよ?」

なんとか否定してみたけど、自分でも動揺しすぎだったと思う。
第一、聞いてきた時点で玉野さんは確信に近いものを持っていたはずだし、その場しのぎで誤魔化せるわけなかったんだよね。

当然と言うか、玉野さんは私の言うことなんて信じなかった。

「……嘘。私、知っているの……吉井君を観察していると頻繁に赤路って人をチラチラ見てたり、携帯にその人の写真の画像を入れてるのを……知っているの!」

「その写真を眺めて頬を赤らめたり微笑んでる所も見たんだからっ!」

「ち、違うってば!玉野さんは誤解してるんだよ!それには……わ、訳があるの」

「誤魔化さないでっ!私もそんな筈が無いって目を背けて来たけど……やっぱりだったのね!」

あわわ……ど、どうしよう!?
なんかもう結論出しちゃってるし!

「坂本君や久保君とかならまだしも、あんな気持ち悪い人を好きになるなんて駄目なのっ!」

元々玄児くんはモテるタイプじゃないけど、玉野さんは特に嫌っている感じがするわね。
なんか、私の好きな人を悪く言われると……ムカッとくるわね。

「玉野さん、いい加減に……!」

私が怒って反論しようとすると、教室の扉が開いた。
入ってきた人にビックリして思わず声が出なくなっちゃう。

「……!?あ、貴方は……!」

「やれやれ。俺を気持ち悪い人呼ばわりするなんて無礼極まりない女だな」

なんと入ってきたのは玄児くんだった。
そりゃビックリするよね。玉野さんも明らかに動揺してるし。
しかも、玉野さんの悪口もバッチリ聞いてたみたいだし。

「くろっ……赤路くんっ」

「最近やたらと吉井や俺を嗅ぎ回ってる奴が居るのは知ってたけど、アンタだったとはねぇ」

「……ッ!」

玉野さんも超キョドってる。
そりゃまさか玄児様が入ってくるとは思わないわよね。

や、ヤバイ。
私も心臓がバクバクしてきた……!

「な、なんでここにいるのがわかったのよ!?」

玉野さんが怒鳴りつけるように言っても、玄児様は冷静だった。
うぅ、素敵過ぎるよ……

「……ふむ。この女、顔も悪く無いし合格点には達してるか。そういやコイツは吉井に恋愛感情を抱いてるとかいう噂も流れてたっけな……」

「えっ?」

キ、キモイ……。
玉野さん私のこと好きだったの?
本当に勘弁して欲しいんですけど……。

いくら私の外見が男だからって、女の子に恋愛感情持たれるなんて……
精神的レズはマジ無理。

そんなことを思って私が少し落ち着いてくると、玄児様は素敵な笑みを浮かべて外に声をかけたの。

「みんなそろそろ入って来て良いぞー」

「「はーい」」

扉を開けて入ってきたのは木下優子さんと工藤愛子さんだった。
二人とも、玄児様の牝奴隷で、私の先輩。

「御主人様♪何なりと御申しつけ下さい」

「なんでも手伝いますよ

「優子ちゃんがどうしてここに……それに工藤さんまで……」

玉野さんも二人と面識があるみたいだけど突然でパニックになってる。
わ、私も急すぎて変にドキドキしてきた。

「と、というかご、御主人様って……ええっ!?」

「そんなに驚かなくたっていいじゃない。私達は玄児様の牝奴隷なんだから」

「私は恋人も兼ねているけどね」

「な、何を言ってるのよ!?」

「ええっ!?」

恋人!?
秀吉のお姉ちゃんが……玄児様の恋人!?
いつのまに!?

優子さんが玄児様の両腕に抱きつきながら腰をクネクネと擦り付けてる姿を見て、それが嘘じゃないんだってわかった。
愛子さんも媚びてるけど、なんとなく違いがわかるの。

それがわかっちゃったから、もう胸が苦しくて苦しくて……!

「ま、いきなり言われてもそりゃパニくるよな」

「Aクラスのやつでも、パニックになった奴がいたがいたから気にするなよ」

「優子も笑えるほどテンパッてたしな」

「わ、私の時とは状況が違いますよっ」

「ハハ、わかったわかった。優子、さっさとこいつらに説明してやれ」

「わかりました」

せ、説明って何の説明かしら……
恋人になった経緯とか、聞きたいな聞きたくないような……

「えー……ゴホン!無能なあんたらにもわかりやすいように、簡潔に教えてあげるからちゃんと聞きなさいよ?」

「私やここにいる愛子はね、御主人様の催眠暗示で牝奴隷として洗脳されちゃったの」

「今では毎日のように御主人様である赤路玄児様に抱いて頂いてるのよ」

「そうよね、愛子?」

「そーいうこともう毎日鼻をかむティッシュくらい気軽にパコパコしてもらってるよん

「~~~ッ!?」

「えええ!?」

さ、催眠暗示!?
せ、洗脳!?

あまりにな内容で頭の処理が追いつかない。
もう何がなんだか頭がグルグルして……!

「この前の休日なんか私と愛子の二人で朝から中出ししまくりの御奉仕セックス三昧でね、エクスタシーの連続だったわぁ

「何度も何度も中出しまくってもお前らが求めて来たから危うく枯れかけた程だぜ♪」

「へへんっ、私達体力あるしねー

「そ、そんな、現実で洗脳なんて、あ、有り得ない……!」

「残念だけど牝奴隷にされちゃったのは私達だけじゃないのよ」

「そうそう、この学園の子だけじゃないし」

「なっ……!?」

「こいつらの言う通りなんだよねー。この先もっともっとたくさんの女を俺の物にしていく予定だよ♪」

「し……信じ、られない……」

「どうしても理解できない?なら……こんなのはどうかしら」

チュッ

「「!?」 」

キスした!?
玄児様にキス……!!

「ぺろ……んちゅっ……ちゅ……んむっ、ちゅぶっ……

優子さんが玄児様に熱いキスを……!!
あ……あぁそんな……!!

羨ましすぎて……!

アソコが起っちゃう……!

「あーずるい!私だって御主人様とキスしたかったのにー」

「ぷはぁ……ふふっ、愛子は我慢してなさいよ。私のこれは説明なんだから仕方ないじゃない」

「えー」

「で、どうかしら?アンタはこれでも信じられない?」

「……わ、わかったからもう、もう止めてっ!!」

「それがまだ教えてやりたい事がいくつか有るんだよなー」

「敏感なマネキン」

―――

声が聞こえる……

……吉井君。あなたが望む『あるべき自分の本当の性別』は何かしら?

私が……望む……

はい……私の『あるべき本当の性別』は……女性です……

本当の性別を女だと思っているあなたにとって、恋愛対象は女ですか。それとも男ですか

……男です

では現在好きな男性はいますか?

好きな……男性……
いる……大好き……


はい……います……

それは誰ですか

同じクラスの……赤路……玄児くん……です……

「そ、そんな……」

彼に対する愛情がどのくらいか教えてください

玄児くん……愛してる……玄児くんのためならなんでも……
人生捧げたい……結婚……したい……


結婚したいくらい……好きです……玄児君が………大好きです……

ふふっ。でもあなたの体は男です。その事実はどう対処するつもりですか

……できるだけ早く……手術します……

女の子の体に……なって……彼に……愛してもらえるように……がんばります……

それは本当にあなたの意思ですか?正直に答えて下さい

もちろん……当然私の意志……

……はい……全て……私の意思です……

では吉井君、この服に着替えてください。もちろん下着も一緒にです

はい……わかりました……

可愛い下着……着られて嬉しいな……


つづく

前回までの話は↓からどうぞ
真・バカとテストと催眠術 1話『姉さんの言うことは僕にとって真実』
真・バカとテストと催眠術 2話『敏感なマネキン』
真・バカとテストと催眠術 3話『姉さんの頼みだから』
真・バカとテストと催眠術 4話『見られるオナニー』
真・バカとテストと催眠術 5話『オナホール射精』
真・バカとテストと催眠術 6話『それでも僕は使い切る』
真・バカとテストと催眠術 7話『女の子視点』
真・バカとテストと催眠術 8話『なんか教室がちょっと変?』
真・バカとテストと催眠術 9話『最高のオナニー』
真・バカとテストと催眠術 10話『トイレの中で』
真・バカとテストと催眠術 11話『パイパン』
真・バカとテストと催眠術 12話『女の子になるって決めた日』
真・バカとテストと催眠術 13話『最後に働いた防衛反応』
真・バカとテストと催眠術 14話『悩み相談』
真・バカとテストと催眠術 15話『弟としての別れ』


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2735: by on 2018/11/17 at 00:10:10

お、再開されましたね。お久しぶりです。私なら玉ちゃんとセックスさせてアキのインポテンツ女性化を確認し、その後女装させて主人公でバックから尻を突いてアキを自然勃起させたところを玉ちゃんに正常位で挿入させ、中出し3pしますな。
心が女になったのに女に中出しさせられる悲しみと苦しみ、しかし主人公に喜ばれるという倒錯感を楽しみたいですな。
どうだ、女は気持ちいいだろ、体は正直だなとか言って言葉攻めしたいです。
まぁプロットできているとのことなので、言ってみるだけなのですが。

▼このエントリーにコメントを残す