FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1149)
総集編 (41)
エロゲレビュー (73)
同人&エロ漫画etcレビュー (57)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (18)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (2)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (32)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (93)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
遊☆戯☆王 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

バカとテストと催眠術~玉野美紀の恐怖~

19日目PM3:35 文月学園―特別教室―

男「ま、いきなり言われてもそりゃパニくるよな」

男「お前らより頭の良い優子でも同じように状況を把握できてかったもんな」

木下秀吉優子「もう!私の時とは状況が違いますよっ」

男「ハハ、わかったよ。じゃあお前がこいつらに説明してやってくれ」

木下秀吉優子「はい

木下秀吉優子「えー……ゴホン!無能なあんたらにもわかりやすいように、簡潔に教えてあげるからちゃんと聞きなさいよ?」

木下秀吉優子「私やここにいる愛子はね、御主人様の催眠暗示で牝奴隷として洗脳されちゃったの

木下秀吉優子「今では毎日のように御主人様である赤路玄児様に抱いて頂いてるのよ

工藤愛子「そーいうこと

アイコン「~~~ッ!?」

優子が満面の笑みで口にする狂った事実を耳にして、玉野は完全にパニックだった。
牝奴隷という単語はなんとなく知っていたし、意味は理解もできる。
だが実際に牝奴隷だと自分で名乗る人間なんているとは思っていなかったのだ。

今まで変態な男が性欲発散の為に見るAVの、それこそアブノーマルなジャンルの中のフィクションでしかありえないと思っていたから、自分と同じ学園に通う生徒がそんなことになっているという現実は受け止めがたいものだ。

木下秀吉優子「この前の休日なんか私と愛子の二人で朝から中出ししまくりの御奉仕セックス三昧でね、エクスタシーの連続だったわぁ

男「何度も何度も中出しまくってもお前らが求めて来たから危うく枯れかけた程だぜ♪」

工藤愛子「へへんっ、私達体力あるしねー

この状況で玉野がなんとか絞り出せた言葉は、否定の言葉だった。

アイコン「そ、そんな、現実で洗脳なんて、あ、有り得ない……!」

木下秀吉優子「残念だけど牝奴隷にされちゃったのは私達だけじゃないのよ」

工藤愛子「そうそう、この学園の子だけじゃないし」

アイコン「なっ……!?」

男「こいつらの言う通りなんだよねー。この先もっともっとたくさんの女を俺の物にしていく予定だよ♪」

アイコン「し……信じ、られない……」

この現実を受け入れたら、次に待っているのは―――
それを直感的に理解できた玉野は足をガクガクと震えさせながらも、懸命に否定する。

木下秀吉優子「どうしても理解できない?なら……こんなのはどうかしら」


チュッ


アイコン「!?」

吉井明久「…!!」

グイッと玄児の服を掴んで引き寄せると、熱いキスをして見せる。

木下秀吉優子「ぺろ……んちゅっ……ちゅ……んむっ、ちゅぶっ……

工藤愛子「あーずるい!私だって御主人様とキスしたかったのにー」

木下優子「ぷはぁ……ふふっ、説明なんだから仕方ないじゃない。どう?アンタはこれでも信じられない?」


アイコン「……わ、わかったからもう、もう止めてっ!!」


玉野は明久と一緒にこの場を脱出しようと考えていた。
教室には出入口の扉が2ヶ所あるが、幸い後方の扉は自分たちの方が近い。

鍵もかかっていないはずなので、仮に追いつかれても二人でなら強引に突破できると考えたのだ。

男「それがまだ教えてやりたい事がいくつか有るんだよなー」

男「敏感なマネキン」

吉井明久「!」

吉井明久「……」

アイコン「えっ!?」

その言葉を聞いた途端、動揺しておろおろしていた明久の眼から光が消え、無気力な表情になった。

玄児「実はさ、近頃吉井の様子が変なのは俺が暗示を掛けたからなんだよね。ほら、今も催眠を受け入れる状態になってるじゃん。わかるだろ?」

吉井明久「……」

アイコン「い、嫌ぁっ!?あ、あなた吉井君まで……!」

玄児「姫路や島田を俺の物にする為には邪魔だったから、最初はその2人に嫌われる事ばかりする性格にする予定だったんだけどちょっと色々思い付いちゃってさー」

男「折角だから吉井も俺の牝奴隷コレクションに加えようと思ったワケよ」

男「吉井って顔立ちが女みたいだと前々から思ってたし、実際アキちゃんの時はお前らより可愛いしな!」

アイコン「えっ?め、牝奴隷……って……吉井君は、お……男の子なのよ!?」

男「そーなんだけどさ、心はどーかな?」

ニヤニヤしながら玄児は優子へと目線をやる。
それに反応して優子は明久に対して質問をし始めた。

木下秀吉優子「……吉井君。あなたが望む『あるべき自分の本当の性別』は何かしら?」

吉井明久「はい……私の『あるべき本当の性別』は……女性です……」

この言葉に玉野は体中から血の気が引いた。
明久が何をされてしまったのか、察してしまったのだ。

木下秀吉優子「本当の性別を女だと思っているあなたにとって、恋愛対象は女ですか。それとも男ですか」

吉井明久「……男です」

木下秀吉優子「では現在好きな男性はいますか?」

吉井明久「はい……います……」

木下秀吉優子「それは誰ですか」

吉井明久「同じクラスの……赤路……玄児くん……です……」

アイコン「そ、そんな……」

恋愛対象は男であり、しかもそれが玄児だという明久。
それが催眠術によるものだということを否定する要素はもはや何もみつからなかった。

木下秀吉優子「彼に対する愛情がどのくらいか教えてください」

吉井明久「はい……。結婚したいくらい……好きです……玄児君が………大好きです……」

木下秀吉優子「ふふっでもあなたの体は男です。その事実はどう対処するつもりですか」

吉井明久「……卒業したら……手術します……」

吉井明久「女の子の体に……なって……彼に……愛してもらえるように……がんばります……」

木下秀吉優子「それは本当にあなたの意思ですか?正直に答えて下さい」

吉井明久「……はい……全て……私の意思です……」

男「聞いたか?ハハッ、吉井は卒業したら、性転換するんだってよ♪」

工藤愛子「愛する人の為に性転換しちゃうなんて泣ける話だよねぇ

男「ま、人格を女性化する暗示そのものは吉井の姉貴に掛けさせたんだけどね」

木下秀吉優子「結果的には彼も御主人様の牝奴隷にされちゃう運命ってわけよ

アイコン「あ……あ……あぁっ…」

もはや玉野はガクガクと震え、怯えるだけだった。
目の前でこんなにも歪められてしまった明久を前に、催眠術の恐ろしさに絶望すら覚えた。

木下秀吉優子「言うまでもないけど、御主人様に女の子として抱かれて愛された方が吉井君も幸せになれるわ」

木下秀吉優子「玄児様に抱かれる事こそ、この世で最高の幸せなんだから

男「ショックを受けてるところ悪いけど、お楽しみはこれからだぜ。愛子、例の奴を」

工藤愛子「はーい♪」

愛子が取り出したのは、演劇部から調達してきた衣装やカツラと、女物下着の上下セットだった。

工藤愛子「では吉井君、この服に着替えてください。もちろん下着も一緒にです」

吉井明久「はい……わかりました……」

愛子に言われ、無表情のまま服を脱ぎだす明久。
上着を脱ぎ、シャツのボタンを外していくとインナーシャツが現れる。

ズボンのベルトを緩め、インナーシャツをまくり上げるように脱ぐ。
ここまでは普通にただ服を脱いでいるだけだ。

だが―――


アイコン「う、嘘っ!?」

男「お、気付いた?」

インナーシャツを脱いだ明久の体を見て、玉野は異変に気付いた。
胸が膨らんでいたのだ。
それは筋肉による胸板とは明らかに違う、ふっくらとした膨らみ。
いわゆるデブの脂肪とは違い、引き締まったウェストには不自然な脂肪だった。

アイコン「まさか!?」

工藤愛子「いやぁ~、そのまさかなんだよねぇ

男「実は俺も驚いたんだけどさ、吉井のねーちゃんがこっそりホルモン剤を与えてたんだって」

男「それも日本じゃ非合法なやべーくらい効果のあるやつ」

木下秀吉優子「たった数日でもうこんなに効果が出るなんて、凄いわよね」

アイコン「う……嘘……こ、こんな、事まで……」

男「あー、安心してよ。今は本人が望んで使ってるから♪」

アイコン「あなたがそうしたんでしょう!?」

男「そりゃそうだ。アハハハッ!」

そうこうしていると、明久の着替えが終わる。

女性用の下着とお嬢様風のドレスに身を包み、明久は無表情ながらもどこか嬉しそうに見える。

男「……お、着替え終わったか。やっぱり吉井って女装しただけでも学年上位クラスのビジュアルだよなー」

男「くくく。好きな人を俺みたいな男に滅茶苦茶にされた気分はどうかな?」

工藤愛子「最高でしょ?いろんな意味で

アイコン「……ひ、酷い…最低ですっ!あなたは人間じゃないっ、鬼よ悪魔よ!!」

アイコン「この二人だってあなたが操らなかったら、あなたのことなんて大嫌いだったはずよ!」

男「そうそう、わかってるじゃん。ってことはもうわかるっしょ?その悪魔をアンタも『御主人様』と言うようになるんだって」

アイコン「ひぃ!?」


人間の生存本能は時としてどんな状況でも体を動かすのだろう。
身に迫る危険を前に、玉野の体は後方の扉へと走った。

わずか5mほどの距離。
生存本能によって一時的に高まった身体能力による瞬発力は、一瞬で彼女を扉へとたどり着かせる。

扉を開けて廊下に飛び出した彼女は、廊下にいた生徒に助けを求めて走る。

アイコン「き、霧島さんっ!お、お願い!た、助けてっ!」

助かった―――

見つけた生徒が同じ学年のAクラス代表である霧島翔子という幸運。
恐怖に涙しながらも、翔子は優しく声をかける。

霧島翔子「大丈夫だよ……」

その言葉がどれほど嬉しかったろうか。
もしそれが玉野に向けられた言葉だったなら―――


バチィッ

アイコン「ぐぅっ!?き、きりしま……さん……!?」

霧島翔子「大丈夫。逃げられない程度に痺れさせたから……」

工藤愛子「いやぁー焦った焦った。代表がいてくれて助かったよ」

霧島翔子「私も呼ばれていたから……」

アイコン「いやぁ……ぁ……!」


『逃げれなくするから大丈夫だよ』


それが翔子の言った大丈夫の意味だった。


この後に待つ恐ろしい現実を思えば、玉野は気絶した方が良かったかもしれない。
心を作り変えられてしまうなら、知らないうちにされた方が遥かに楽だったろう。


つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1264:管理人のみ閲覧できます by on 2016/07/31 at 12:09:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1271: by あびゃく on 2016/08/01 at 16:55:56 (コメント編集)

かなり良い展開ですね!

自分の周りが異常なことになっている事を知らされて
追いつめられ、逃げだし、助かったと思った所を捕まる!
ストーリーがある程度進んだゲームで新たなキャラを攻略する洗脳ゲームって感じで最高!

▼このエントリーにコメントを残す