FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1221)
総集編 (41)
エロゲレビュー (76)
同人&エロ漫画etcレビュー (60)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (138)
うみねこのなく頃に (7)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (7)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (6)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (2)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (12)
School Days (4)
涼宮ハルヒの憂鬱 (11)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (20)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (13)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (8)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (11)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (7)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (44)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (2)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (0)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (2)
真剣で私に恋しなさい! (51)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (3)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (2)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (33)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (95)
NARUTO -ナルト- (0)
緋弾のアリア (0)
対魔忍アサギ (0)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
板垣辰子板垣辰子
板垣天使板垣天使
伊波まひる1伊波まひる
乾梓乾梓
伊吹マヤ伊吹マヤ
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンイリヤスフィール・フォン・アインツベルン
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下秀吉優子木下秀吉
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
近衛素奈緒近衛素奈緒
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
鉄乙女鉄乙女
遠坂凛遠坂凛
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
パトリシア・マーティンパトリシア・マーティン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
マリュー2マリュー・ラミアス
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井明久吉井明久
吉井玲吉井玲
ライダーライダー
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
リアス・グレモリーリアス・グレモリー
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[2ch]言葉と身体、そして心も

※2chスレより

私としたことが油断した。
まさか催眠術にかけられてしまうなんて、
かけられたのは言葉と身体を操作されるという最悪の展開だ。
これでは誰かに助けを呼ぶことはほぼ不可能だ。

でも心は無事だった。こうして色々考える事ができる。
うまくいけば、なんとか助けを呼びこの催眠を解除できるかもしれない。

でも、おかしい私は催眠術師の中でもかなり上位の力を持っている。
父や母からは天才とまでいわれていた。
なのに、こうもたやすくかけられるなんて普通ありえない。
この目の前の男がはたして二つの催眠をかけられるだろうか?
もしかしたら他にも私ぐらいの力を持った催眠術師がいるのか、

目の前の男は私の手をとり別の部屋に連れて行く。
催眠術のせいで抵抗もできず素直についていくことになる。
この私をどこに連れて行くんだ。

その部屋は特殊で前と後ろ左右、そして上までにも大きな鏡が設置されていた。
いったいこの部屋なんなんだ。
男は真ん中に敷いてある布団の上に私を座らせ、
パンツを脱ぎだしちんぽを私の鼻先につきつける。
鏡にうつっている私は鼻先にちんぽを自らスリスリとこすりつけると、
大きくニオイを嗅ぐ。

「すぅぅぅ~んふぅぅぅぅ………はぁ、とってもいい臭くてとても好きなニオイです。」

臭いのはたしかだけど、こんなニオイ大嫌いだ!
男が求めるセリフが私の口から勝手に出る。

「舐めてもいいですか?」
いや舐めるな! そんな汚いもの!

「はぁぁう。むうぐぅぅ」
あぁぁああああああ!!

男は私に鏡を見ながら舐めてみろと命令する。
私は素直にうなづく。

鏡にうつる催眠術にかかっている自分。
その表情は、今まで見たことない顔をしていた。
まるで恋する乙女のようなありえない、この私がこんな男にこんな顔を見せるなんて。

私は今日一日のことを振り返った。
なぜ、こんな状況に陥ったのか。
たしか、ひろみの様子が最近おかしかったのが原因だ。
休みの日は必ずどこかに出かけているからだ。
あんなに休みの日は図書館で借りてきた本を家で読んだりしていたのに。

ひろみに好きな子でもできて、デートしているのかと思っていたら、
ある日偶然に見かけたのがこの男と一緒に歩いている所だった。

男はたしか、ひろみの担任だ。
担任と偶然と出会っただけのかと思ってつけていたら、
雰囲気がすごくおかしかった。二人がたんなる教え子と教師という関係には見えないほど。
その最後に決定的瞬間を見た。 ひろみと男がキスをしている現場だ。
場所は男の住む玄関の前だった。


そう考えている内にいつのまにか、仰向けに寝かされ
私のお尻に、男のちんぽが入る所だった。

えっ! えぇええ?
ちょっと待って!!

ズチュ!

ぐぅぅぐ はぁえぇえ!

「はぁ~ん、ど、どうですか?
き、気持ちいいですか? 私のケツマンコは?」

この男なんて言葉しゃべらせるんだ。
…ひぃ……い、痛いよ…お尻……


私はいつのまにか泣いていた。
何よりも抵抗ができず相手の思うままにフェラをしてしまったこと。
ファーストキスよりも先にフェラを体験してしまったこと。
フェラをしてもらう側だと思っていたのにそれをやってしまったこと。
お尻を男に犯されてしまったこと。

男は私が急に泣き出して少し驚いたようだ。
涙だけは感情によるもの、
たとえ催眠で言葉と身体が支配されても唯一私が出せるメッセージだったからだ。


男はごめんと一言誤り、私のあごに手を当て泣いている顔を上にあげさせ

そして、キスをしてきた。

んんんぅ……

私の口にはさっきの男の精子がついたまま。
目の前の男は自分の精子がついているにもかかわらずキスしてきたのだ。

そんな、こいつは気持ち悪くないのか?
自分の精子がついてもいるのに。

今度は俺が気持ちよくさせてあげるよと男はいった。

とてもやさしいキスだった。
はじめてなのに、ファーストキスだったのに。
はじめてが男に奪われたのに……
なんだかとても安心する。
こんなに心地いい。これがキスなのか……
男は今のキスでお尻の痛さを忘れさせてくれたのだ。


はっ! 
な、何を考えているんだ私は。
この男にキスをされて心地いいなんて、まさか心まで催眠術にかかってしまったのか。

男のペースにはまるな。
他のことを考えよう。


そして、家に戻ってきたひろみに私はキスした現場を見た事
男同士の恋愛はおかしい間違っていると説得した。

ひろみは至って普通だったのだ。
近所に住む幼馴染みの加奈子ちゃんのことが好きだって
幼稚園のときは加奈子ちゃんにべったりだったのだ。
それがいつの間にか男に興味持つなんて普通はありえないこと。

私はひろみにその事をいうと、
ひろみは恋愛は自由邪魔しないでと怒られた。
私は、ひろみをまっとうな道に戻すために、ひろみの担任の男を催眠術を使って
ひろみのことを嫌いになって別れてもらおうとしにいったところを、
逆に催眠術にかけられてしまった。
まさか、この男が催眠術を使えるなんて思っていなかった。
ひろみも私と同じぐらいの高位の催眠術師だったからだ。

それに目の前の男が私に催眠をかけるそぶりはまったくなかった。

男のキスがやさしいキスから激しくなってきた、舌を吸ってきて、
男の唾液が私の口の中に流し込まれてきた。
私は催眠のせいでそれをためらいもせず飲み干す。


1週間後

「せんせえ! 遅いよー!」
「ごめんよ。」
「もう、遅れたお詫びに、キスして、ほっぺじゃなく唇に」
「ぇええ、みんなに見られるよ。いいの?」
「いいの別に。それともせんせえは私とキスするのは嫌なの? 」
「嫌じゃないけど、教師と生徒がキスしているのがばれたらクビぐらいは覚悟しないとな」
「そのときは私専用の家庭教師になればいいですよ。給料は同じぐらいの額はだせますから」

そういってなかなかキスしないせんせえに私の方からせんせえに抱きつきキスをする。

周りの人は驚いている。
だって私はまだ小/学生で相手は大人。
年の差もそうだしおまけに同性でのキス。
驚かない方がすごいかも。
お父さんもお母さんは悲しむかな兄弟そろって同じ人を好きになり、
年も15歳ぐらい離れてる。それに相手は男性。

今日はこのデートが終わったらせんせえに覚えたばかりのバキュームフェラをしてあげるんだ。
せんせえのクラスにすごくうまい子がいるらしくて、その子に負けないくらい気持ちよくしてあげるんだ。
あと、お尻の穴にもいっぱいいっぱい精液を流してもらおう。
そう考えているうちに私のおちんぽがまた勃起してきた。
どうしよう出かける前に2回も出しといたのに。

「せんせえ…あの私……」
「いいよ、あそこの角に行こうか……そこで薫のセンズリ見てあげるよ。」
「薫のオナニー見てください。」
「違うだろ。セリフは前に教えただろ。」

「あっ……はい、薫がセンズリこく所を見ていてください……せんせえ……」


そうそう、後からせんせえに教えてもらったことがあります。
私はあの日せんせえではなく、ひろみに催眠術をかけられていたのです。
せんせえは学校で私がひろみの 「きょうだい」 だということを知り、私を手に入れる為に
ひろみに手伝ってもらったそうなのです。
私はまんまと罠にはまってしまい先生にエッチされてしまったのです。。

でも、今はその罠のせいで、大好きなせんせえと一緒にデートができて、
大人のエッチもしてもらえるようになったのだからひろみには感謝しています。
本当の私の気持ちを気づけさせてくれて。
実際に本当の気持ちに気づける人って本当に少ないと思う。
私もせんせえに会えなかったら本当の自分の気持ちに気づけなかったし。
女性が好きなことが当たり前だと思っていた。
でも、それは違った。
エッチして見るまでそれはわからないものなのだ。

これを読んでくれたあなたも自分の本当の気持ちに気づいていないと思う。
昔の私と同じで多分知るのが怖いと思ってるよね。

でも、あなたにも気づいてほしい知ってほしい。
自分が本当に好きなのは一体どっちなのか……

もし、迷惑じゃなかったら私があなたの初めての人になって教えてあげたいな……
別に催眠術かけるわけじゃないからそれだけは安心してね。
するかしないかは今、自分の意志で決めてほしい。
でも私はあなたののおちんぽを舐めてあげたいと思っているよ……
お願い勇気を出して………

やっぱり…ダメ……か…な?
こんな私みたいなことエッチをするのは……

えっ……いいの!! 本当に?
ありがとう!これでまた一人私やせんせえみたいな人が増えて嬉しいな。

それじゃあ舐めるからパンツを脱いで私に見せて…あなたのおちんぽ……

脱いでくれたんだね。うれしいな。
じゃあ、おちんぽ舐め舐めするね。

くちゅ……ちゅぷ…じゅゅぷっ…

どう、私の唇ぷにぷにして気持ちいいでしょ?
せんせえもフェラのときに唇に亀頭の先端をこするのが気持ちいいって言ってくれるんだよ。
ちょっと自慢なんだよ。
キスはせんせえのハーレムの中じゃ私とするのが一番だって。
でも私としてはキスの他にもフェラやお尻でも一番になりたいなって思っているのに。

えっ? キスがしたいって? 
ごめんなさい、それだけは……だってキスだけはせんせえとだけって決めているの。
本当にごめんなさい。

そんな悲しい顔しないで…
その代わりいっぱい私の唇におちんぽこすりつけていいから…

目をつぶっていてほしいの?
わかった。それじゃあ私目をつぶってるね。

→■1.かまわず薫の唇にキスをする。
→■2.薫の唇に激しいちんぽキスをしてやる。

[終]
関連記事
このエントリーのタグ: 2chまとめ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す