FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1139)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (17)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[2ch](仮称)妹、結羽

※2chスレより
※ノンタイトル作品です


俺が何をしようか考えていると、結羽は俺のベットの上に腰をかけて勝手に座った。
ベットの上で結羽は足をぶらぶらと揺らしている。
勿論その手は淡い色のシューツとブラを露出させたままだが。

「兄さん、何時までこうしていればいいんですか?」

「ん、手下げていいよ。でも服はそのままね」

結羽は明るく返事をして手を下げる。
取り合えず性経験を聞いてみるか。

「結羽って自慰したことある?」

「は?兄さんどうしたんですか?脳わきましたか?」

めっちゃ怪訝な目で見られる。げ、もしかして効果が切れたのか?
いや、あの手紙を信じるなら効果は結羽が寝るまでの筈だ。

「そんなこと言えませんよー。兄さんおかしいですよ?」

もしかしたら言い方が不味かったのか。

「自分の自慰の経験について話してよ」

今度は疑問ではなく依頼の形式で言ってみる。
すると

「ふふ、しょうがないですねー」

とか言いながらもしっかりと俺の頼み事を受け入れる。
命令形じゃないと駄目なのかもしれない。

「んーと週一くらいでやりますね。そんなに好きじゃないんですけど。それでも体がうずいた時とか寝る前にしてから寝たりしますね」

「ほほう」

「で、私ってあんまりそういうことしないから自分の体のことよくわからないんですよね。
だからあんまり気持ちよくならないし。
体いじって疲れたらそのまま布団入っちゃったりすることばっかで。
だからイッたこともほとんど無いんですよ」
大変興味深い回答でございました。
どうもありがとう。
まあ、まだ学院生になったばっかだしこれからか。

「あ、そういえばその下着ってセット?おしえよ」

女性の下着のことはよく知らないが両方同じような柄をしている。
二つ共白い布地で下は真ん中に赤いりぼんが小さく結ばれている。
「そうですね。これはバーゲンの時に投げ売りみたいな価格だったんであわせて買ってきてきたんです。だからセットですね」

「へぇー、下着はバーゲンで買うんだ」

「大体はそうですね。あ、でもこの前友達と初めて専門店行って買ったんですよ。友達のは結構大胆だったんですけど、私はちょっと控え目ので。それでも高かったんですけどね」

「それはそれは」

まあ君に派手な下着は似合わんよ。

「あー、それって差別ですね」

人には向き、不向きがあるからねー。

結羽の性経験はわかったのだが、さて何をさせようか。
やらせたいことは多々あるがいますぐに考えろと言われると少し厳しい。

なんて考えてたら妹は無断で机から雑誌をとって来て再びベットの上へ。
胸が見えるように服をだらけさせたまま漫画を読んでいる。

「今週のジャ○プ面白い?」

今週は俺が買ってきたんだがまだ読んでない。

「今週もエロいですよ」

ああ、やっぱり。

せっかくだからそれを使ってやってもらうか。あんまり気持ちよくなったことも無いようだし。

「結羽。その雑誌使って自慰して。イクまでおもいっきりね」

「うわー。またヤらしいことを」

そう言いつつも本を閉じて僅かに足を広げる。

「それってこの雑誌見ながらってことですか?」

「いや、角使ってやってよ」

「はーい。んじゃやりますね。・・・ん、角って固いなー」

言いながらショーツの布の上に雑誌の隅を当ててゆっくりと上下させる。

「パンツは脱いでやって。あと足はもっと広げて、見えにくいから」

「あ、ごめんなさい。今脱ぎますね」

よいしょっと足からショーツをとってポケットに入れる。

「この位広げれば見えますか」

結羽の太股の間からは普段は絶対に見せないであろう部分が丸見えだ。

「ういうい。じゃあ続けて。もう少し激しくね」

陰毛は殆んどはえて無いから恥部が見やすくなっている。
毎週読んでいる雑誌が今は結羽の股の間で踊っている。

「そんなこと言ったって、角使うなんて初めてで。う、今少しピリッときました」

結羽の顔は少しずつ赤くなり声も上がってきている。

「あんまり声上げないで。でもイク時は教えてね」

M字に開かれた結羽の脚の間の空間ではどんどんと雑誌が動かされている。それに雑誌のせいでよくわからないがこの姿勢では肛門まで見えてしまうではないか。

「はい。ん、んん。あ、あ、ああぁー。うわ、凄く気持ちいいです」

それはいいんだか一つ発見。
ベットの上でやられるとシーツが濡れてしまう。
そろそろ水分を含んだ音がし始めたところだし

「こっちの椅子にきて」

机の下の椅子を引っ張って目の前に置いてあげた。

「すみません、兄さん」

手を動かしたまま椅子に移る。
結羽の座っていた場所は少し湿っていた。

結羽はそのまま十分位椅子の上でやっていただろうか。
愛液が染みですぎて床を濡らしている。
どんなに気持ちいいんだろう。
熱がありそうな顔で自慰に集中してる。

「うぅー。あうぅー。・・・あ・・・兄さんちゃんと見てくれてますか」

はい、兄さんはちゃんと見てますよ。

小さな手がこれが自分の存在意義だとでも言わんばかりに動いている。
右手は雑誌の角を秘部の中に何度も挿入し、左手は肉芽をころがしている。

「・・・ああああぁぁーー。・・・兄さん・・・イキそうですッ。くくぅ~~」

結羽の両手が狂ったように動きまわる。

おいおい、あんなに深く入れて。破れたらどうするんだ。

その後結羽はか細く「イキます」て呟いて達した。

155 名前:名無しさん@ピンキー :2007/07/01(日) 02:59:51 ID:317NYcal
「ふー。イッたの久しぶりで面白かったです。これも兄さんのお陰ですね。」

結羽は嬉しそうに微笑む。
どういたしまして、こちらこそ。

妹の股からはまだ愛液が洩れている。果てた時に失禁もしてしまって黄色い液体も溢れている。

「・・・これ、どうしましょう?」

結羽は自分の体液で濡れた雑誌を指さす。

「んー。返さなくていいや。今週号は結羽にあげる。俺はコンビニで立ち読みするから。代わりに今日は五回イッてから寝ること。それ使っていいから」

「ありがとう兄さん。優しいんですね」

まあそんなビショビショになった漫画を困るからな、扱いに。


下から夕飯に呼ぶ声が聞こえてきた。
そういえばまだ食べてなかったか。

「じゃあ、俺は先に行ってるから。結羽は自分が汚した椅子のことパンツで拭いてから来て。床に飛び散ったのは舌でとってね」

「はーい」という結羽の返事を聞いて俺は夕飯を食べに降りていった。
関連記事
このエントリーのタグ: 2chまとめ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す