FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1098)
総集編 (39)
エロゲレビュー (65)
同人&エロ漫画etcレビュー (50)
オリジナルSS (13)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (3)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (2)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (135)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (3)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (0)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (1)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (3)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (40)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (1)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (14)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (10)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (2)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (9)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (165)
ハヤテのごとく! (4)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (42)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (1)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (7)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (7)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (3)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (2)
ラブひな (2)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (29)
ONE PIECE (10)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (90)
自力でエロ画像を書く企画 (6)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

ヒロイン洗脳。奪われた恋人レイン・ミカムラ

レイン・ミカムラ

「う、動いてライジング!!」

ライジングガンダムで敵と戦ったレインだが、力の差が大きく敗北してしまう。
ただ負けただけならよかったが、中破し身動きが出来なくなったコックピットから引きずり出され、連れ去られてしまった。

レイン・ミカムラ

レインを待っていたのは、彼女の人権や尊厳を無視した無慈悲な洗脳だった。
助けを求める方法も無く、自分の居場所すら知らない彼女はいとも簡単に洗脳されてしまう。



そして――――――



レイン・ミカムラ

(……ハッ!?)

「あれ?私……あ、あぁそうだったわ」

(レイドール様の為、ネオジャパンに内通していたんだったわ)

(我らが敵、ドモン・カッシュにレイドール様が勝てるようにガンダムの情報を抜き出し、バグを植え込むのが私の役目……)

洗脳は完璧で、レインは植え付けられた思考に疑いを抱くことなく実行した。
裏切り行為でも胸を痛めることは無く、それが彼女の洗脳がいかに完璧かを物語っていた。

レイン・ミカムラ

「これで良し、と」

「後はドモンがレイドール様に戦いを挑んで無様に負けるのを待つだけね」

「……いえこれだけじゃ駄目かも」

「あの男のこと、どんな底力を発揮してレイドール様に勝ってしまわないとも限らないわ」

「念には念を入れておかなくちゃ……!」

底知れないドモンの力を警戒し、精神がバグを上回りかねないと判断したレインはさらに手を加える。
これはドモンを良く知っている彼女だからこそできたことだった。

完璧な仕込みを終えたレインは、そのことを報告するためにある場所へと向かった。

レイン・ミカムラ

その場所に着くと、主であるレイドールの前で服を脱ぎながら、任務完遂を報告した。

「レイドール様。御命令通りゴッドガンダムのデータ抜き取りと各種バグの植え込みは完了しました」

「ばれなかったか?」

「はい。ドモンが設定の変更に気付くわけがありませんし、データを抜き取ることも私なら不自然じゃありません」

「気付かれることはないと思います」

「そうかそうか!」

レイン・ミカムラ

「ふふ、あとはレイドール様がドモンに戦いをしかけるだけです」

「ですから……

「わかっている。よくやった褒美を取らせよう」

「ありがとうございます

何一つミスをしなければ性的御褒美をもらえる。
そう洗脳したのは、レインがイイ女だったからだ。

仮に多少ミスをしていても理由を付けて抱いただろう。
それほどレインは魅力的だった。

レイン・ミカムラ

「まさかお前が処女だったとはな」

「ああっこ、これが男の人のっ」

「そうだ。これがお前にとって唯一無二の男のチンポだ」

「はいっ覚えますっレイドール様のオチンポをアソコで覚えますっ

本来なら結ばれていただろうドモンが未だ味わったことのない素晴らしい体を好きにできる優越感と征服感。
ここまで満たされるセックスがあるのかとレイドールも自分で驚くほどの快感があった。

「クク、ドモン・カッシュはこの女の味を知らぬまま終わるわけだ……クハハ!」

レイドールは当然のごとく避妊せず、そのままレインの膣内に射精した。
かなりに孕んでも責任を取るつもりなど毛頭ない、無慈悲で無責任な射精。
それもまた普通の射精とは比べ物にならない快感だった。

レイン・ミカムラ

「はぁはぁ……御褒美……ありがとうございました……

レインとのセックスを終えたレイドールは、御褒美をもらったレイン以上の充実感を得ていた。

「いよいよ明日行動を起こす。レイン、お前はドモン・カッシュを例の場所に誘導しろ。着いたら合図して知らせるんだ、あとは手はず通りにいく」

「はい。全てはレイドール様の仰せのままに……

ネオジャパン代表のドモンを罠に嵌める作戦は決行され、翌日レインは理由を付けてドモンを目的の場所に誘導した。
その直後、謀った様に謎の敵に奇襲を受ける。

ゴッドガンダムに乗り込み応戦するドモンだが、元々バランス調子の名目でガンダムをこの場所に持ってきたこともあって、ドモンの動きに機体が反応せず、押されてしまう。

そんな防戦一方のドモンを助けるべく、レインはライジングガンダムに乗り込んだ。

レイン・ミカムラ

「あううう……待ってて下さい……今……!」

女性には過酷なファイティングスーツを急いで装着し、レインは助太刀に入る。

レイン・ミカムラ

「はぁはぁ……!ど、ドモン!私も戦うわ!」

「レイン!すまない!」

2対1となったがレインを盾にするわけにはいかないと、動きの悪いGガンダムでも前にでるドモン。
そこを後方から支援射撃するライジングガンダムという構図になる。

「ライジングアロー!」

高い威力と命中力を誇るライジングアローによる支援射撃は有効なはずだった。
しかし、アローが命中したのはドモンの乗るゴッドガンダムだった。

レイン・ミカムラ

「レイン!?なぜだ!?」

「……馬鹿ね。私も戦うわと言ったけれど、ドモンの味方とは言ってないわよ」

「な、何を言っている!?」

「相変わらずアホね。私の敵はあなた、ドモン・カッシュだって言ってるのよ!!」

ただでさえ不調の機体を不意打ちで貫かれ、既に戦闘不能状態のGガンダム。
自分の父が作り、幼馴染の恋人が乗るGガンダムに対し、レインは何の躊躇も無くトドメのライジングアローを放った。

攻撃は頭部に命中し、完全に破壊された。
これによってガンダムファイト規定でGガンダムの敗退は決定し、それを見届けたレインはライジングガンダムでレイドールのもとへ歩み寄り、機体と共に姿を消すのだった。

「レ、レイ……ん……」

ドモンはダメージで薄れゆく意識のなか、去っていくレインの姿を見るのだった。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す