FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1221)
総集編 (41)
エロゲレビュー (76)
同人&エロ漫画etcレビュー (60)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (138)
うみねこのなく頃に (7)
織田信奈の野望 (5)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (7)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (6)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (6)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (2)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (12)
School Days (4)
涼宮ハルヒの憂鬱 (11)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (20)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (13)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (3)
とある科学の超電磁砲 (8)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (11)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (2)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (7)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (7)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (44)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (4)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (2)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (0)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (2)
真剣で私に恋しなさい! (51)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (3)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (2)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (1)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (33)
ONE PIECE (11)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (95)
NARUTO -ナルト- (0)
緋弾のアリア (0)
対魔忍アサギ (0)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
板垣辰子板垣辰子
板垣天使板垣天使
伊波まひる1伊波まひる
乾梓乾梓
伊吹マヤ伊吹マヤ
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンイリヤスフィール・フォン・アインツベルン
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下秀吉優子木下秀吉
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
近衛素奈緒近衛素奈緒
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
鉄乙女鉄乙女
遠坂凛遠坂凛
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
パトリシア・マーティンパトリシア・マーティン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
マリュー2マリュー・ラミアス
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井明久吉井明久
吉井玲吉井玲
ライダーライダー
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
リアス・グレモリーリアス・グレモリー
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画55]洗脳処理され、生まれ変わる木山春生

木山春生 (19)

「ぐっ……」

襲われ、負傷してバタリと倒れる木山春生。
連れて行かれた先で待っていたのは、洗脳だった。

木山春生 (12)

(嫌だ!消さないで!)

洗脳で思考を書き換えられる。
それ以上に彼女を苦しめ、絶望せたのは救えなかった生徒達の記憶を消されてしまうことだった。

生徒達の記憶を消されることは木山春生の全てを消すに等しい所業だった。

木山春生 (10)

洗脳後、目が覚めた木山は落ち着いていた。
従者の女が、御主人様を呼んでくるのでお待ちくださいと言う。
待っている間、意識が鮮明になればなるほど、彼女は自分の感情が穏やかであることに気付く。

(こんなにも穏やかな気持ち……何か大切な物を失ったような気もするけど…清々しい)

心の中のもやもやがなくなりスッキリさせられてしまった木山の目からは、色濃く目立っていたくまが消えていた。

ほどなく御主人様と呼ばれる男がやってきて、木山に気分を聞く。

「とても……晴れ晴れしています」

「そう、なら良かった。お前の気持ちが晴れていると言うことはうまくいったらしい」

「ま、念のため洗脳処置が完璧かちゃんと確かめたい。これからここでセックスしたいんだけどいいかな?」

「……かしこまりました」

「人に見られるけど、いいね?」

「……はい。私は御主人様に尽くすことが全て。御命令を遂行することこそ生き甲斐。例え万人の目があろうと構いません」

「ふふ、そうか。じゃ、まずは余計なものを脱いでもらうおうか」

「かしこりました」

木山春生 (30)

喜んで服を脱ぐ木山は、このあとのセックスでも植え付けられた性技を駆使し『御主人様』を愉しませた。

この日から木山は従者の一人として尽くし続け、元々容姿に優れ能力も秀でた彼女はすぐに気に入られた。


それから数年後。

木山春生 (44)

木山の目には再びくまが出来ていた。
洗脳されて以来、度重なる性的奉仕を繰り返し、それこそ寝る間も惜しんで体を捧げてきた彼女は、疲労がたまっていた。

今も休日を返上して御主人様のいる屋敷へと向かっているのは、彼女が休みと知っているのにも関わらず御主人様から呼び出しがあったからだ。

木山春生 (21)

もっとも、彼女はこのことに対し全く嫌とは思っていない。
むしろ、御主人様への御奉仕をさせていただく喜びが大きい。
なぜなら、今の木山春生は主に尽くすことが全てで、それ以外に生き甲斐を感じないからだ。

木山春生 (36)

屋敷に到着した木山は、ある光景を目撃する。

「なんだこれは」

玄関から入ってすぐのホールに、
精液まみれになって倒れている女達の姿を見たのだ。

(御主人様……今日はだいぶ早くから楽しんでおられるのですね)

(さっそくお相手しなくては)

しかしこの場には御主人様の姿が見えない為、床に転がっている女に居場所を聞く。

木山春生 (23)

「おいナンバートゥエルブ、御主人様は今どの部屋にいる?」

牝奴隷達はお互いをコードナンバーで呼び合っている。
それぞれが日頃から牝奴隷としての自覚を持つよう、名前を名乗るのは必要に迫られた時だけだ。
その為、牝奴隷同士が本名で接することは基本的に無いし、大所帯となった今ではお互いコードナンバーしか知らないということも多い。

木山春生は№33であり、話しかけた相手は№12と大先輩ではあるが、牝奴隷達にそういった立場の違いはなく、皆等しい存在だ。

「サーティスリーさん…あ…ぅ…たぶん……ナンバー…フィフティーの部屋…に…」

(奴は最近入ったばかりだったな。ということは御主人様は物足りないはず)

(急がねば……!)

木山春生 (15)

『んっ………あっ………』

部屋の前に来ると、喘ぎ声が漏れている。
だが特に防音していない部屋でこれしか漏れていないと言うことは、つまりは牝奴隷がそれほど感じていないと言う事であり、すなわち御主人様も満足していないと言うことが伺えた。

「御主人様、サーティースリー、只今参りました」

『おう、入れ!』

「失礼します」

御坂美琴 (21)

部屋に入ると、2日前に洗脳され牝奴隷に加わったばかりのフィフティーが抱かれていた。

「待ってたぜ。こいつのマンコはまだ慣らしきれてなくてイマイチだ。抜けなくて困る」

「…でしょうね」

「早く服脱いで、こっちこい」

木山春生 (29)

「かしこまりました」

すぐに服を脱ぐサーティースリー。

木山春生 (37)

(洗脳で技術はインプットされているはずだが……やはり未熟な体では御主人様を満足させられないか)

(私自身も、体が御主人様になじむのに数日はかかった)

全裸になったサーティースリーはフィフティーと交代でベットに寝そべりチンポを受け入れ、御主人様のラストスパートを受け入れた。

木山晴生 (3)

「あ~、これならイケそうだ」

「最近はチンポの形覚えたマンコばっかりだったからなら、初物じゃなかなかイケなくなってしまった」

「そうですか。では是非、このサーティースリーのオマンコでイッてくださいませ」

「あぁ…そう、する…!」

共通 中出し

サーティースリーのマンコに精液が中出しされる。

木山晴生 (3)
「ふぅ、フィフティーに比べたらそこそこ気持ちよかったぞ」

「お褒めにあずかり光栄です」

木山は自分が思っているほど評価されていないことに気付いていない。
彼女は自分が相当尽くしているし、自信があったが、結局は有象無象の牝奴隷の一人に過ぎないのだ。

そして、彼女は知らない。
牝奴隷達の中で、コードナンバーではなく名前で呼ばれる特別な扱いをされている者達がいることを。

しかし有象無象の一人に過ぎない木山はそれを知ることはない。
知る術もない。

彼女は事実に気付かないまま、身を粉にして尽くすのだった。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す