FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

鉄乙女の贖罪催眠/後編

翌朝

鉄乙女

「昨日あれだけやったから朝マンでも結構ほぐれてますね」

「もうちょっと締まるかなって思ったのになー」

「お、お前っ!?」

早く帰りたがっている乙女を捕まえ、朝早くからセックスを強要する。
自分は寝ているだけで乙女に腰を振らせ、朝勃ちチンポをしごかせるのはなんとも言えない悦びがあるが、思ったより締め付けが悪い。
そんなことを指摘された乙女は当然怒ったが、男が言うように昨晩たっぷりと抱かれた体はその余韻をまだ残していて、すぐに感じ始めてしまう。

鉄乙女

「おっ、なんか良くなってきた」

「んっ、はっあんっ

なんだかんだ感じてしまう自分に言い様の無い後ろめたさとそれをわかっていてニヤニヤするだけの男に恥ずかしさを感じる。
しかし一度高まった体は快感を抑えることなどできず、男を射精させたとほぼ同時に自分も達してしまう。

イクことは乙女にとって恥ずかしさと同時に後ろめたさを感じることであり、体が抱かれることを受け入れ始めていることに否応なく気付かされる。

それでも、乙女は流されることなく自分自身を一生懸命に保っていた。

鉄乙女

「これを食べろ」

「乙女さんが作ったの?」

「朝食を抜くのは良くないからな。台所は勝手に使わせてもらった」

セックス直後でも朝御飯におにぎりをにぎる。
この変わらない真面目さが鉄乙女なのだ。

しかし確実に体は変化をきたしていた。
セックスの余韻が登校してもなかなか消えず、体が疼いてしまう。

(私の体……一体どうなってしまったんだ……)

この疼きは二日が経っても治まりはしなかった。
起きている間ずっと体が性的欲求に包まれ、部活で運動していてもそれは変わらずとても集中などできなかった。
それどころか武道着がすれて感じてしまう始末で、精彩を欠く乙女に周囲も心配してしまうほどだった。

体が疼いて三日目、乙女は男に呼び出されていた。
もちろん性欲処理をする為である。

鉄乙女

「それじゃあいれるよ」

「あ、あぁ……」

体がこれほど性的欲求で高まってしまっている状態でチンポを受け入れるのは不安が大きい。
恋人でもない相手とのセックスで乱れるなんて不本意だし、あくまで贖罪目的でのセックス。
そうでなくても女として感じ入っている顔を見られるのは恥ずかしい。だが……。

ぴとっ

「あっ

挿入するために男がオマンコの入り口に亀頭をあてがった時、乙女は察した。

(ま、まずい―――)

そう思った時には、もう遅かった。

「そ……れ!」

「くひぃっ

ズドン!と腰を一気に突き出し奥深くまで挿入された瞬間、乙女の脳に意識を飛ばすほどの電流が走った。
そこから先はほとんど記憶が無い。
一突きごとに思考回路をショートさせる快感の電流に何かを考えることなどできずに、ただイキつづけるだけだった。

鉄乙女

「ふぅー。出した出した♪」

「あ……う……

乙女は自分がずっとアヘ顔を晒してイキまくっていたことを後から教えられ、自己嫌悪に陥ってしまう。
にもかかわらず、そんな風に自分を責めている時でさえ体が疼いてしまう変化に恐怖もした。

このままでは自分から誘ってしまうかもしれない。
それほど体が疼いて男の物を欲する体になってしまった自分を恥じ、同時にそれだけ絶えず贖罪をしてきたと自分を慰めもした。

複雑な心境と欲求に支配された体に乙女の悩ましい日々は終わらない。

さらに数日後。

鉄乙女

(あぁ、久しぶりのオチンポ……

性欲処理をするなかで、内心はセックスを喜んでしまっているいる乙女はもう自分の変化を隠せていない。

「んっあっあっ

騎乗位で激しく腰を振るさまはどう見ても嫌々の性欲処理ではなく、快感を貪るセックスだ。

セックスに嫌悪感を示していた乙女が明らかにチンポを求める体になったことで、男は頃合いだと思う。
これまでの関係性を変化させる為、改めて乙女を呼び出して告白したのだ。

「私がお前と体を重ねているのはあくまで罪滅ぼしの為だ。お前が言うように恋人になったところで今とすることは変わりはないが……」

「それは私の『心』を差し出すことだ」

「私にはそれはできない。お前の気持ちは嬉しいが……すまない」

「今まで通り性欲処理には応じるから、それでは駄目だろうか?」

恋愛対象ではないと告白を断った乙女だが、それでも男は食い下がった。
罪の意識がある故に無下にできる立場では無い乙女は、付き合いはしないが代わりの案を出してきた。

「恋愛ができなくなったのが私が負わせた怪我せいだというのも理解できるし、本当に申し訳ない」

「だから、そうだな……1回デートするくらいなら……」

「ちょうど明日祭りも近くであるから、それに一緒に行くと言うのではダメか?」

「……わかったよ。それでいいよ」

「本当か!」

「条件はあるよ?デートするんだったら明日1日くらいは恋人として振る舞ってもらわなくちゃ」

「いいだろう。明日1日、私はお前の恋人として振る舞おう」

こうして告白を断る代わりに1日だけ恋人同士としてデートをすることになった二人は、翌日の祭りに参加することに。

翌朝、浴衣を取りに帰るという乙女を呼び止めてチンポをしゃぶらせ、一発抜いた男は改めて今日一日恋人としてよろしくと言う。

「恋人なんだし、いい場所あったら木陰でヤりましょうね」

「冗談じゃない!そんなことできるか!」

いくら恋人でもそんなことしていいわけがないと怒る乙女だったが、本人の顔は赤い。
想像して、少し濡れてしまっていたのだ。

「だが約束は約束だ。本物の恋人みたいに振る舞う努力はする」

「良い心がけですね。だったら勝負パンツ履いてきてよ。恋人ならさ履いてくるもんでしょ」

鉄乙女

「うるさいスケベ」

そう言うと乙女は帰ってしまった。

凛とした怒りを見せた乙女に、嫌々でも承諾させられると思っていた男はアテが外れた。

「うーん、ちょっと早かったか……?」

お祭り本番で怒ったままだったら面倒だと思ったが、それは杞憂に終わる。
いざいっしょにお祭りに言ってみると、ちゃんと乙女は本当の恋人のように振る舞ったのだ。

鉄乙女

真面目な乙女は『恋人』とは何かを色々考えながら自分なりの恋人像に合うように振る舞っていたのだ。
恋人ならどうする、普通の恋人なら次はああする―――

そういうことを考えながらの祭り。
恋人のすることを考えていくとどうしてもその延長線上にあるものが浮かんでしまう。

鉄乙女コラ

それはセックスだった。
祭りの終わりが近づくころには、いつしか乙女の頭はセックスのことでいっぱいになってしまっていた。
恋人ならデートの後セックスをする。
どうしてもその考えが頭から振り払えない。

気付けば乙女は自分から手を引いて、祭りから離れ近場のラブホ街に足を運んでしまっていた。

「ここは……」

「そ、その、な、なんだ。恋人なら……デート終わりにはそういうことをする……」

「そ、そういうもの……なんだろ?」

「それで俺をラブホに誘った?」

「こ!言葉にするな!」

「ふーん。一応ちゃんと最後まで恋人をしてくれるわけだ」

「きょ、今日だけだからな!」

そう言うと真っ赤な顔をした乙女は男の背中を押して、ラブホへと入っていった。

鉄乙女

「……綺麗です。乙女さんがまさかこんな積極的になってくれるなんてね」

「恋人には恋人らしいセックスがある……と私は思う」

「今晩だけは……私はお前のものだ。だから……な」

「じゃあ、いっぱい可愛がってあげるね」

「あぁ……優しくしてくれ」

ハリボテの恋人関係だが、まるで新婚初夜かというくらい二人のセックスは盛り上がった。
体を重ね、快感が身に走るたびにこれなしではいられないと乙女は自覚する。
セックスがもたらしてくれる最高の快感。それは目の前の男以外では得られないものだと、つまり相性がとてもいいのだとはっきりこの夜のセックスが乙女にわからせてくれた。

何度も何度も精を放たれ、顔に体に膣内にと余すところなく精液をまとった乙女は、匂いが染み付くことにも抵抗感はなかった。
二人のセックスが終わったのは既に日が昇った後だった。
それぞれ風呂で体を洗い、しばらくの睡眠をとってホテルを出たときには昼になっていた。

「乙女さん……俺はやっぱり……」

別れ際に付き合って欲しいともう一度告白されて、乙女は悩んでしまう。

「わ、私は……」

体の相性の良さは乙女の気持をかなり傾かせていた。
しばらく沈黙し悩んだ末、それでも乙女は恋愛として付き合うのとは違うと言う結論を出した。

「……すまない」

申し訳なさそうにしている乙女は、もうひと押しすれば気も変わりそうなほど迷っているのがあきらかで、男の方としてもこのまま終わらせるつもりは毛頭ない。

「付き合うのがダメなら、俺とセフレになってよ」

「せ、セフレ……?」

「セックスフレンドのことだよ。恋愛はしない、けど体は重ねる友達関係」

「な、なんだと!?」

「だって、乙女さんだって俺とするの気持ち良かったでしょ?」

「俺だって最高に気持ち良かったし、乙女さんも普段みたいに償いでヤるよりさっきみたいなセックスの方が絶対気持ち良くなれるよ」

「私は別に気持ち良くなんて」

「ウソつかないでよ。あんなにイキまくってたじゃん」

「そ、それはだな……!」

「深く考えずにさ、セックスを楽しむことのできる友達になって欲しいだけなんだよ」

「そうすれば俺も、乙女さんに対して憎いとか償って欲しいとかいう感情も無くなると思うんだよ」

「……!」

乙女は直前の告白以上に悩んだ。
恋愛感情も無しにふしだらな関係になるなんてどう考えても間違っている。
だが、倫理観を押しつぶしそうなほど気持ち良いセックス。
今も疼いている股間が、これから先チンポ無しで日常生活を送るのは無理だということは明らか。
そして何より、心体共に自分が傷つけてしまった男への贖罪を終わらせるきっかけになる。

乙女の中で結論は出ていた。
ただそれを口にするのが難しかっただけなのだ。

「……わ、わかった。お前の……セックスフレンドに……なる」

(あぁ……受け入れてしまった……・)

(私はこれから……どうなってしまうんだ……)

不安と葛藤が残りながらも受け入れてしまった乙女
この日から、男との新たな関係が始まった。

―――

―――

―――

数か月後

鉄乙女、近衛素奈緒

「制服が乱れている!!」

登校してきた男を校門で怒る『風紀委員』鉄乙女。
いつものように厳しい彼女は、服装の乱れにも容赦しない。

「おはよう乙女さん」

「お前もう少し服装は整えてから登校しろ。髪も乱れてるぞ」

「すいません」

「ノーブラでアソコにも俺のザーメン溜めてる癖に服装の乱れくらいで注意するんですね」

「っ!?ば、馬鹿他の人間に聞こえるだろうっ

「直せばいいんでしょ。これでいいですか」

「あ、あぁ。これからは気を付けるように」

「はいはい」

鉄乙女

「今日はいつもより怒り方キツくなかった?」

「ムカついたから思わずからかっちゃったよ」

「しかたないだろう?たまには強く叱っているところを見せなければ私とお前の関係が露見してしまうからな」

「セフレってフレンドでもあるんだから、もっと仲良くしても大丈夫だと思うけど」

「学年が違うんだ。学園にいる間は対等な接し方をするわけにはいかないだろう」

「まぁいいけど」

セックスフレンドになってからというもの、何度も体を重ね時間が経つうちに、乙女もすっかり変わってしまっていた。
今やもう完全に好きな時に呼び出せて好きな時にハメることができる都合の良い女だが、本人はそう思っていない。
オンオフをしっかり使い分けているつもりなのだ。

だが、学園内でも自分から求めてくる淫乱な女、それが鉄乙女なのだ。
風紀を守る陰で、風紀を乱すモラル無き女になりさがっているが、男との秘密の関係であれば良いと思っている。
しかしどんなに淫乱になっても、他の男に浮気することはない。
彼女の本質はいまも武士娘であり、意義は薄らいだとはいえあくまでこの関係は贖罪が根底にあるものだからだ。

そんな男の専属セフレと化した鉄乙女の妊娠が発覚するのは、卒業式の日だった―――。

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 つよきす 鉄乙女
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2291: by トムファッカー on 2018/02/18 at 00:33:02

一応正気を保った(本人はそう思ってる)状態EDですね。
私個人の好みではもっと淫乱になり、学園のみんなから蔑まれてしまった乙女さんもいいなぁとおもってしまう。それでも男を優先にする乙女さん!
私は狂っている(笑)

2292: by 催眠スキー on 2018/02/18 at 02:01:11

つよきすは当時斬新だったな
全員ツンでれとか宣伝されていたような

またMCみつけたので紹介します
エロゲーでドラクリウスとういう作品です
主人公が吸血鬼のバトル物です
ヒロインの一人リアンがMCされます
リアンは吸血鬼のお姫様的な存在で強気でわがまま
許嫁の主人公に会いに日本に転校してきます
リアン自体も催眠能力を持っていて先生に催眠かけ無理やり主人公の隣の席にきたりほかのヒロインに催眠かけ犬の真似などさせたりします
事件はリアンが同級生男子にラブレターをもらったことから始まります
返事を断りにきたリアンでしたが男子は人の話を聞かない自意識過剰なやつでリアンに俺の女になれてきなことをいいます
リアンはもちろん一蹴しますが男子が力ずくでせまります
するとリアンが催眠をかけ男子は「イルカが攻めてくる」など意味不明なことを口走るようになり暴走
主人公に能力を使うなと怒られここまでならギャグシーンっぽく終わるのですが
後にこの同級生男子が偶然吸血鬼になり催眠能力を得ます
後日また男子に呼ばれきっぱり二度と近づかないように宣言するリアンだったが、すでに吸血鬼になっていることも知らず隙を見せ催眠能力を使われます(虚ろ目あり)
この男子は実は自分の妹と性的関係にあり、その妹が事故でなくなったため、リアンを能力で妹だと洗脳します
そのあと何事もなく主人公と合流して男子にもきっぱり断ったといい日常に戻ります
主人公と無理やりデートに行きますが、実は同級生男子の命令で隙をみせた主人公を刺します、そのあと兄さんの命令だからと主人公の腕を切り取りたちさる
そのあと同級生男子と合流したリアンは偽の記憶を刷り込まれていく男子「この記憶はいらないからデリーと」リアン「はい、デリーとします」男子「いつも俺がお前を助けていたんだぞ、覚えているだろう」リアン「はい、覚えて・・います」男子「お前は言ったよな、兄さんがいなければ生きていけない、兄さんのためなら何でもすると」リアン「はい・・言いました・・兄さん」ってな感じで虚ろ目のリアンに言い聞かせていき妹とセックスしたときのこともねじこみ。男子「でもお前は事故で記憶喪失になっていたんだ、けどだいたい思い出しただろ」リアン「はい、思い出しました」って感じでした
しかしふとしたことで催眠が切れてしまい抵抗するリアン、そのリアンにたいして暴力をふるいまくる男子最後には片目をえぐられてしまう
吸血鬼の姫なのに元人間に「助けてください、お願いします」とがち命乞いするのはよかった
完全に手遅れな状態になってやっと助けにきた主人公だったが男子の催眠で一緒にきたヒロインが操られやられてしまう
その隙にリアンはまた連れ去られてしまう
すると同じ施設内からモニターで姿を現す同級生男子リアンはどこだと叫ぶ主人公に挑発するように催眠暗示をかけたリアンを見せる、リアンは暗示で男子を主人公だと思い従順にフェラをする
男子「もう出そうだ、どこにだしてほしい」リアン「お好きなところに・・・」と顔にだされ汚されるヒロイン、激昂する主人公・・・・・
すごいいいシュチュだ!と思ったのですがフェラのシーンは催眠で主人公がみていた幻覚で貞操は無事でした(残念・・・
でもリアンが操られていたのも片目えぐられたのは本当だし最後は幻覚見せられおっぱい丸出しにされ失禁もしていたけどね
とにかくよかったです
何が良かったかと言えば催眠能力者がしかも吸血鬼の姫が能力を得たとはいえただの同級生に催眠をかけられいいように操られていたとこですよ
さらに言うと最初に同級生男子がふられるシーンがちゃんとあるのがいい、しかもリアンに催眠かけられて恥をかくのも
その後に絶対的優位に立っていると思っているリアンがまさか一度催眠かけた相手に催眠をかけられるとは
エロシーンは幻覚でしたがとてもエロかったです
一度振った相手しかも人間に催眠かけられる吸血鬼の姫・・・
催眠能力者が自分より下の存在に催眠かけられるという最高のシュチュエーションでした。偽の記憶を植え付けられていたのもエロたっか。セックスした記憶も植え付けられていたし余計にね

2994: by あびゃく on 2019/02/05 at 20:24:12 (コメント編集)

おおっ!続きですか!

乙女さんやっぱり体操服似合うな~

>「冗談じゃない!そんなことできるか!」
>「だが約束は約束だ。本物の恋人みたいに振る舞う努力はする」
こういう言い方好き!

あ~なんだろう これはかけぶとんだって解かってるけど、こういう下に何もつけない身体の線や乳首とかが見えてしまう一枚だけの薄いドレスを半脱ぎしてるみたいに見えてしまう!

やっぱりセフレと来ましたかw 奴隷って可能性もありましたけど

乙女さんとかなら中に精液入ってても力んで1滴も零さないようにいられそうw





▼このエントリーにコメントを残す