FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

saiming!!総集編④松本麻耶編

白藤杏子

オープン前にやってきた業者はさっそく白藤を捕まえて朝一のセックスの及んでいた。
店長がセックスしていようがワグナリアの支配者となっている業者のやることに異を唱える物など誰もいなかった。

顔無しアイコン2「それじゃあ入れるっすよ。」

白藤杏子1「あぁ。お前のチンポを私のマンコに入れてくれ。」

顔無しアイコン2「あっ、そういえば!」

白藤杏子1「……?どうしたはやく入れてくれ。」

顔無しアイコン2「そういえば今日は例の新人さんが来る日だっけ?何時からっすか。」

白藤杏子1「今日は夕方からだから出直した方がいいぞ。そんなことよりさっさと入れてくれ。我慢できん。」

顔無しアイコン2「夕方かぁ~。うーんそれじゃ仕方ない……なっ!」

白藤杏子1「んああっ!?」

言葉尻に一気に挿入され白藤は思わず悲鳴に似た喘ぎ声を発した。


このあと白藤で性欲を処理した業者はいったんワグナリアを離れ
夕方にもう一度戻ってくることにした。



PM6:00 

松本「いらっしゃいませー。」

顔無しアイコン2(おっ、これが噂の新人ちゃんかな?)

松本「御一人様ですか?」

顔無しアイコン2「はい。」

松本「タバコはお吸いになられますか?」

顔無しアイコン2「吸わないっす。」

松本「ではこちらへどうぞ♪」

業者は私服に着替え来店し、席に着いた。
普通に食事をとりながら松本の姿を見て、どういう風に自分の物にしようか考えていたのだ。

白藤杏子1「よう。こないと思ったら飯食ってたのか。お前は金なんて払わんでもいいんだぞ?」

顔無しアイコン2「たまには普通の客としてくるのもいいと思ってね。」

白藤杏子1「そうか。」

顔無しアイコン2「にしても新人ちゃんかわいいっすね!仕事もできるみたいだし。」

白藤杏子1「松本だ。八千代がいなかったらどこでもチーフになれる女さ。」

顔無しアイコン2「そっすか。」

白藤杏子1「で?どうするつもりなんだ。あいつにも催眠かけるんだろ?」

顔無しアイコン2「もち!あんまりここで話すと周りの目があるから、呼び鈴押したら新人ちゃんを寄越してもらえるっすか。」

白藤杏子1「わかった。じゃあ後でな。」

食事を終わらせた業者は卓に備え付けの呼び鈴をならし店員を呼んだ。

ピンポーン

白藤杏子1「松本。15卓が呼んでるぞ。」

松本「はーい。」



松本「お待たせしましたー。ご注文お伺いいたします。」

顔無しアイコン2「あ、注文じゃないんすけどね。WEBクーポンあるから見せとこうと思って。」

松本「クーポンですか?」
松本(WEBクーポンなんてあったかしら?でもまぁ普通あるか。)

顔無しアイコン2「これなんすけどね……。」

画面を表示されたスマートフォンを松本は覗き込むと
不思議なマークが浮かんでいて明らかにクーポンではなかった。

松本「……?」

とその時、画面のマークが不思議な輝きと共に光を放った。

ピカッ

松本「えっ?」

松本「……。」

これまで何人ものワグナリアスタッフを貶めてきた催眠の光で
松本はその場で虚ろな目になり立ち尽くした。
手に持っていた注文を受けるハンディーも床に落し完全に脱力している状態だ。
店内には他の客もいたが、数は少なく遠目の席に座っていたので気付かれはしなかった。

白藤杏子1(どうやらうまくアプリを見せたようだな。)
白藤杏子1「八千代ー小鳥遊ー。」

轟八千代2「はーい。杏子さんどうしました?」
小鳥遊宗太1「なんですか?」

白藤杏子1「今業者が松本に催眠をかけてるから、お前らは他の客が松本を呼ばないように対応しろ。いいな。」

轟八千代2「任せてください♪」

小鳥遊宗太1「まったくあんな所で催眠をかけるなんて失敗してバレたらどうするんですか。」

轟八千代2「大丈夫よ。これまでだってうまく言ってるもの♪」

そんな会話がなされてるなか、業者は順調に松本に暗示をかけていた。

松本「はい……。それが普通です……。」



松本麻耶

松本「-----ハッ!?」

顔無しアイコン2「どうかしました?店員さん。」

松本「い、いえ!失礼しました。ご注文をどうぞ。」

顔無しアイコン2「じゃあ店員さんのキス下さい。あま~いディープなやつ♪」

松本「は!?キ、キス!?」

松本「そ、そんなのメニューにありません!!」
松本(なんなのこの客!?セクハラじゃない!?)

顔無しアイコン2「えー。でもさ、普通客にキスして欲しいって言われたらさ、キスするもんじゃない?フツーはさ。」

松本「えっ?」

顔無しアイコン2「だって普通にマコドナルドでもスマイル下さいって言ったらタダでスマイルしてくれるじゃん。それと同じっすよ?」

松本「えっえっ?」

顔無しアイコン2「フツーしてくれますけどね。普通の店員なら。」

松本(えっえっ?キスするのが普通?そ、そうだったの?で、でもそんなこと聞いたことないし。えっえっ?)

轟八千代2「いかがなされました?」

突然変な注文をされうろたえる松本の所へ八千代がフォローに来た。
もちろんフォローするのは松本ではなく業者の方だが、松本にとっては八千代の存在は大きな助け舟であった。

松本(こちらのお客様がキスをしてくれっていうんですよ。それが普通だって言うんです。これってセクハラですよね?)

小声で八千代に事情を話す松本だったが帰ってきたのは予期せぬ言葉だった。

轟八千代2「え?どうしちゃったの松本さん。お客様にキスを求められたらそれをするのが普通じゃない。」

松本「えっ!?」

轟八千代2「失礼がありまして申し訳ありませんお客様。私が変わりましてキスをさせていただきます。」

松本「なっ!?」

八千代は謝罪をするとそのまま業者にねっとりとしたディープキスをした。
その光景を見た松本は絶句するしかなかった。

轟八千代2「ちゅぱっれろれろ……んはっ。」

松本(嘘……!本当にキスしてる……!こ、これが普通だったんだ……。)

小鳥遊宗太(他の客は全員席についてるな……。ったくあんな堂々とやるなんて気を使うこっちの身にもなってほしいよ。)

轟八千代2「ぷはっ。いかがでしたでしょうか。ご満足いただけましたか?」

顔無しアイコン2「良かったけど、でも俺がお願いしたのはこっちの子っすからねー。正直不満っす。」

松本がキスを拒否していることを不満そうに言うと、
それを察した八千代は促すように松本に声をかけた。

轟八千代2「お願い松本さん。お客様もこう言ってるし、キスしてもらえないかしら?普通の接客だもの、何も怖がることはないわ。」

松本(普通……。そうだ、八千代さんもキスしてたし……普通ならやらなくちゃ……。普通ならキスしたっておかしくないわよね。)

松本「わ……わかりました!そ、そうですよね、言われてみれば普通の接客ですよね。きき、キス……させていただきます!」

意を決してキスを承諾する松本の姿に八千代は一瞬黒い笑みを浮かべたが
それに今の松本が気付くはずもなく、緊張しながらも業者にキスをした。

松本「し、失礼します!……ちゅっ……ちゅぱっ……。」

轟八千代2(あぁ……もうすぐこの子も業者さんのモノになるのね……。仲間が増えるってうれしいわ♪)

松本(キスしてる……。うぅ私のファーストキス……でもするのが普通なのよね……はやくファーストキスしておくんだったな……。)

松本「れろ……ちゅっちゅっ……じゅるっちゅぱっ……」

松本はもう観念したようにディープキスに集中した。
涙を流しそうになったが、普通の接客で涙を流すなんてありえないので
必死にこらえていた。

顔無しアイコン2「んはっ。ふー、初めてにしてはまぁまぁ気持ちいいキスだったっすよ。ごちそうさん♪」

松本「は、はい……!ありがとう……ございます!」

顔無しアイコン2「今日はこれで帰ろうかな。お会計お願いします。」

轟八千代2「わかりました。レジまでどうぞ。」

松本にそのままフロアの接客を任せ八千代は業者をレジまで誘導した。

轟八千代2「1220円になります。今日はこのまま帰られますの?」

顔無しアイコン2「そんな寂しそうな目しないでよ。この後ちょぉ~っと用事があるんすよ。」

轟八千代2「そうですか……。」

顔無しアイコン2「あ、あと新人ちゃんの後の調整は宜しくね。キーワードは''普通変態麻耶''だから。」

轟八千代2「わかりました♪業者さんのお気に召すように調整します♪」

顔無しアイコン2「たのむね。じゃあ。」

轟八千代2「ありがとうございましたー♪」

深々と頭を下げて業者を見送った八千代はバックヤードに松本を呼んだ。

松本「さっきは助けてもらってありがとうございます。お客様にキスするなんて普通のことをわかってなくてすいませんでした!」

轟八千代2「わかってくれればいいの。ところでね。」

松本「はい?」

轟八千代2「普通変態麻耶」

松本「あっ……。」


松本麻耶



轟八千代2「ふふふ……。どんな暗示をかけようかしら……。」




翌日


松本「はぁ~~。」


伊波まひる1「松本さんため息なんてついてどうしたんですか?」

松本「伊波さん。実は……ちょっと悩んでることがあるのよ。」

種島ぽぷら1「松本さん悩み?私達にできることならなんでも言ってよ!」

松本「うーん……ここだけの話にしてくれる?」

種島ぽぷら1「もちろんだよ!秘密は絶対にもらさないよ!ね、伊波ちゃん。」

伊波まひる1「もちろんですよ。」

松本は少し考えたのち、恥ずかしそうに悩みを打ち明けた。

松本「実は……私、処女なのよ。普通この年なら処女じゃないじゃない?だから……。」

種島ぽぷら1「ええっ!?松本さん処女なの!?」

松本「声!!もっと小さい声で驚いてよ。誰かに聞かれたら普通に困るんですけど!」

種島ぽぷら1「ご、ごめんなさい。」

伊波まひる1「あはは……結構重い悩みですね。」

松本「そうでしょ?かといってなかなか相手がいなくて……。」

種島ぽぷら1「松本さんは入って日が浅いから知らないかもだけど、ワグナリアの女の子はみんな同じ人に処女捧げてるよ!」

松本「えっ!?そうなの?伊波ちゃんも?」

伊波まひる1「はい。他にも店長や八千代さんに、他の女性スタッフはみんな同じ人に処女を捧げてますよ。」

松本「ええー!あの二人も!?」
松本(年増の店長はともかく、八千代さんは処女だとばかり……)

松本「……ってことはワグナリアで処女って」

種島ぽぷら1「松本さんだけだね!」

松本(そ、そんな!私だけが処女……い、嫌!私だけみんなと違うなんて。私は普通で平凡でなきゃ……!)

松本「ね、ねえ!そ、その差支えなければでいいんだけど、みんなが処女を捧げた人ってどんな感じなの……?」

伊波まひる1「ちょっと不思議な雰囲気があるけど、優しい人ですよ。」

種島ぽぷら1「そうだね。私のことも小っちゃくないって認めてくれたし!」

伊波まひる1「私は男性恐怖症だったんですけど、気にしないよって言ってくれて。とっても嬉しかったです。」

松本「へ~。そうなのね。普通な感じの人?」

種島ぽぷら1「普通も普通だよ!見た目もへーぼんだし。」

伊波まひる1「まぁちょっとエッチですけどね。……そこがいいんですけど。」

松本「そ、そうなんだ。普通……普通かぁ~。」

種島ぽぷら1「松本さんも頼めば処女もらってくれると思うよ!」

松本「ほんと!?」

種島ぽぷら1「松本さんかわいいから絶対大丈夫だよ!」

伊波まひる1「さっそく明日ワグナリアに呼びますね♪」

松本「えぇっ!いきなり明日!?」

伊波まひる1「こういうのは早い方がいいですよ。処女なんて普通じゃないんだし……。」

松本「う、確かに……。」

種島ぽぷら1(もうひと押しだね、伊波ちゃん。)
伊波まひる1(うん。)

伊波まひる1「それにみんな彼に処女を捧げてるのに、例えば松本さんだけ別の男の人に処女あげちゃうなんて辺ですよ。」

種島ぽぷら1「みんなと一緒の人に処女をあげちゃえば周りからも普通に見られると思うよ。」

松本「ホントに!?普通に見られるようになるかな!?」

種島ぽぷら1「うん!だってワグナリアの女の子は彼に処女をあげるのが普通だもん!ね、伊波ちゃん?」

伊波まひる1「うん。だから松本さんも彼に処女を捧げて、私たちと一緒になりましょうよ。それが普通ですよ。」

松本「そ、そうよね!じゃあ伊波さん、明日その彼呼んでおいてもらえるかしら。」

伊波まひる1「わかりました♪」



松本「ふふっ♪」

その後松本は翌日に控える処女喪失が楽しみなのか、嬉しそうに仕事をしていた。




小鳥遊宗太「年増が嬉しそうにしている……。」

轟八千代2「ふふっ。上手くいったみたいね♪」

小鳥遊宗太「あぁ、業者さんの物になるように暗示をかたんでしたっけ。」

轟八千代2「そうなの♪松本さんが自分から業者さんに体を差し出すように頑張ったわ♪」

小鳥遊宗太「そうですか。業者さん喜ぶといいですね。」

轟八千代2「そうね。じゃあ私休憩入るから、よろしくね小鳥遊君。」

小鳥遊宗太「はい。」

小鳥遊宗太1(チーフそういうの不器用そうだったけど……うまくできたんだろうか。)









AM6:50 ワグナリア

松本「おはようございます。」

白藤杏子「ん?お前今日シフト入ってたか?」

松本「休みだったんですけど、伊波さんに代わってもらったんです。」

白藤杏子「あぁ。八千代が言ってた業者に処女をやるって話か。」

松本「はい♪みんなその人に処女を捧げたって聞いたんで、私も同じになろうかと思って。」

白藤杏子「そうか。ちゃんと下の毛処理してきたんだろうな。」

松本「あ、あたりまえじゃないですか!初エッチだし、念入りにやってきましたよ。」

白藤杏子1「ならいい。ところでお前、セックスをエッチなんて言うな。」

松本「え?」

白藤杏子1「エッチなんて言い方をするのは子供だけだ。大人なら普通セックスというぞ。」

松本「うっ……わかりました。」

白藤杏子「それとな、膣はマンコ、男のイチモツはチンポだ。それが普通だからな。」

松本(マンコと……チンポ……。)
松本「は、はい!わかりました。」

白藤杏子「ちゃんと口に出して言ってみろ。マンコ、チンポだ。」

松本「えっと……マンコ、チンポ……。

白藤杏子「聞こえるように言え。こんな程度で緊張してたら本番で失敗するぞ。」

松本「し、失敗……。」

白藤杏子「そうだ。誰だってぶっつけ本番じゃ失敗するだろ。何事も本番前に練習するのは基本中の基本だ。」

松本「わ、わかりました。マンコ……チンポ……。」

白藤杏子「もっとシャキっと言え。マンコ、チンポ。」

松本「マンコ、チンポ。」

白藤杏子「もっと大きな声で。マンコ、チンポ。」

松本マンコ!チンポ!

白藤杏子「良いぞ。もう一回声を張ってマンコ、チンポ!」

松本マンコ!チンポ!

白藤杏子「ラストにもう一回。マンコ、チンポ!」

松本マンコッ!チンポッ!

白藤杏子「よし。いいだろう。言えるじゃないか、その調子で本番も頑張れ。」

松本「ハァ……!ハァ……!あ、ありがとうございます……?」
松本(こんな大きい声出す意味あったのかしら。)


大声で練習する松本の姿を予定通りやってきた業者は見ていた。
朝っぱらから卑語を叫ぶ松本の姿に笑うのをこらえながらバックヤードから見ていたのだ。

顔無しアイコン2(プッ!店長もへんなことやらせてんなぁ。にしてもやっぱ可愛い子に変態的なことさせるのっていいっすねぇ♪こりゃあとで店長にご褒美あげなきゃかな。)

顔無しアイコン2「ちっす!おはよーっす。」

白藤杏子1「おう。きたか。」

顔無しアイコン2「ういっす!新人ちゃんの処女もらいにきたっす。」

白藤杏子「その前に私を食べないか?松本だけじゃ満足できないだろう。」

顔無しアイコン2「いやぁー今日はこの後の予定も詰まってるんで、新人ちゃんとしますわ。」

白藤杏子1「そうか……。」

すっかり業者とのセックスにハマってしまった白藤は残念そうだった。
最近ではセックスのことばかり考えているせいで、食事の量が減ったほどだ。
その影響でパフェを作る機会が減った八千代は、代わりに新しいプレイ方法を考えては
白藤に提案するという新たな楽しみを作っていた。

顔無しアイコン2「そう残念そうな顔しないでよ。おもしろいもん見れたから、今度ご褒美やるっすよ。」

白藤杏子「ん?あぁ、そうか。……楽しみにしてるぞ。」

顔無しアイコン2「じゃあ新人ちゃん呼んでくれます?」

白藤杏子「わかった。」

白藤は松本を呼ぼうとしたが、フロアの掃除をはじめていたので業者をフロアに移動させ対面させることにした。



白藤杏子「松本。こちらがワグナリアの女がみんな処女を捧げた男だ。」

松本「ははは、はじめまして!松本麻耶です。」
松本(この人が……確かに普通な感じ……。)

顔無しアイコン2「はじめまして。業者っす。」

松本「業者さんですか。えっと、お名前は?」

顔無しアイコン2「あ、業者さんでいいっすよ。あんまり人を詮索しちゃだめっすよ。」

松本「ご、ごめんなさい。わかりました業者さんって呼びますね。」

顔無しアイコン2「じゃあ俺は麻耶ちゃんって呼ぼうかな。」

松本「はい。」

自己紹介が終わると業者はチラっと白藤の方に目線を送り、席をはずすように促した。

白藤杏子1「じゃあ私は開店準備をするから、あとはお前らで好きにやれ。」

顔無しアイコン2「ほーい♪じゃあ、麻耶ちゃんはじめよっか?」

松本「は、はい!」

顔無しアイコン2「じゃあそこの席座って。あ、エプロンは脱がしづらいから自分脱いでね。」

松本「わかりました。」
松本(あぁ……これから処女をこの人に捧げるのね……。ちゃんと最後まで普通にできるように、ちゃんとやらなくちゃ……!)


松本麻耶


顔無しアイコン2「緊張してるんすか?体が震えてるっすけど。」

松本麻耶「そそそそんなこと!ないっ……ですよ!」

セックスを前にしてやはり緊張と不安が強いのか、松本の体は震えていた。

顔無しアイコン2「そーゆーときはこうすれば緊張もとけるっす……よ!」

松本麻耶「んんっ!?」

片手でグイッっと顔を引き寄せるとそのまま唇を奪った。
突然のことで驚いたようだが、舌を絡めると体の力が抜けるのを感じた。

松本麻耶「ちゅっ……んっ……。」

顔無しアイコン2「んはっ。へへっ、どうっすか?緊張なくなったでしょ?」

松本麻耶「はい……。業者さんのキス上手で……力抜けちゃいました……。」

顔無しアイコン2「俺も気持ちよかったっすよ。」

松本麻耶「んんっ……。」

早くも目をトロンとさせる松本の唇を再び奪い
キスをしながら胸のボタンを外した。

松本麻耶「じゅるっ……ちゅぱ……」

ボタンが全て外れると、ブラにつつまれた胸があらわれ業者は優しい手付きで胸を触った。

顔無しアイコン2(思ったよりデカっ……。店長といい勝負だなこりゃ。)

松本麻耶「ちゅっ……んあっ……んんっ!。」

松本麻耶(胸……ブラの上からでも……感触が伝わって……乳首こすれて……)

少し感じ始めたのを確認して、ブラを上にずらして直接胸を触った。
乳首は綺麗な色をしており、胸の大きさの割には小さく形の整ったものだった。

松本麻耶「ひゃんっ……んあっ!」

顔無しアイコン2「乳首、気持ちいいでしょ。」

松本は軽い喘ぎ声を上げながら頭を縦に振った。

松本麻耶(直に触られると……ビクッてなっちゃうわ。自分で触ってもこんなに刺激なかったのに……気持ちいい……。)

顔無しアイコン2(ふふっ。感度上げる暗示は入れてないはずだけど、なかなか感じやすい体質みたいっすね。)

緊張もほぐれ、体の力を抜いて業者に身を傾ける松本は目を閉じて俯きながら感じていた。
ロングの割に露出している耳に息を吹きかけると驚いたように声を上げた。

松本麻耶「ひゃああん!?」

顔無しアイコン2「おっと。びっくりさせちゃったっすか。」

松本麻耶「い、いえ……。ちょっと刺激が強かっただけです。」

顔無しアイコン2「まぁ普通びっくりするしね。」

松本麻耶「あ……じゃあびっくりしました。」

顔無しアイコン2「麻耶ちゃんって面白い子だね。」

麻耶の普通という単語への反応に少し笑いつつ、業者は舌を耳へと這わせた。

松本麻耶「あひゃん!?」

顔無しアイコン2「気持ちいいでしょ?」

耳たぶから耳の穴へと舌をなぞらせると、松本は乳首を触られた時よりも大きい喘ぎ声をあげた。

松本麻耶「あっあっ……んんっ!ああっ!」

顔無しアイコン2「耳が弱いんすね。感じるでしょ。」

松本麻耶「はい……んっ……耳……気持ちいいです。」

松本麻耶(あぁ……これヤバイかも……耳……すごい……いい!)

耳が性感帯なのか、松本の秘所は耳を舐められだしてから急速に湿りだしていた。


松本麻耶「ひゃうんっ!?」

耳を甘噛みしながらスカートの中に手を入れ、パンツを触るとと松本は思わず声を上げた。

顔無しアイコン2「ふふ……耳で感じて濡れちゃんったんだ?エッチなんすね麻耶ちゃん。」

松本麻耶「そ、そんなこと言わないで……下さい……。」

塗れていることを指摘され、顔を真っ赤にして俯く松本の無防備な首筋を
耳から下すように舌を這わせて舐めた。

松本麻耶「ああんっ!ひゃっ……あっ……あっ……んひゃん!」

松本麻耶(舐められるの……気持ちいい……!だめ……どんどん濡れてきちゃう……!)

濡れやすい体質なのか、さらに湿り気を増したパンツは外からちょっと触れただけで愛液が手に付くほどだった。

顔無しアイコン2(舐められるのに弱くて、濡れやすいって感じっすかね。)

首筋から這わせた舌をそのまま唇に持っていき再びキスをした。
同時に手をパンツの中に入れて直接触ると想像以上に湿っていた。

松本麻耶「んちゅっ……じゅるっ……あんっ……」

松本麻耶(直接触られてる……指が……中に……ッ……)

松本麻耶「ぎょ、業者さんっ……あっ……ひゃん!」

顔無しアイコン2「うん?」

松本麻耶「ゆ、ゆび……んんっ!……だ、だめ……」

顔無しアイコン2「んー?何がだめなんすか。」

くちゅっくちゅっ

松本麻耶「あんっ……だ、だから……ゆ、ゆびんひゃああん!?」

既に洪水のアソコを触られるのが恥ずかしかったのか、
感じるのが怖かったのか、とにかく一度指を抜いてもらおうと思った松本だったが
急にこれまで感じたことのない刺激が体を襲った。

松本麻耶「んひゃああっ!?ああんっ!んああ!ひゃっ!これ……クリ……クリトリんひゃあ!?」

顔無しアイコン2「おー。すっごい感じ方っすね。麻耶ちゃんはクリの感度も抜群……と。」

松本麻耶「だめぇえ!ほんとっ……やめ……うあっああん!こ、こわい……こわいの……」

顔無しアイコン2「怖い?なに言ってんすか、セックスするのに気持ちよくなるなんて普通っすよ。」

松本麻耶「で、でも……。」

目を潤ませて懇願する松本を見て業者はクリトリスを弄るのをとめた。

松本麻耶「はぁはぁ……!ご、ごめんなさい。こ、これ感じすぎちゃって……その、体も……頭も……変な感じになっちゃいそうで……。」

顔無しアイコン2「そっすか。」

松本麻耶「できたら……ほ、ほかの所をさわってんひゅうんんあああん!?」

弄るのをとめてもらい気を抜いていた松本のクリトリスを先程よりも強くコリコリと触りだした。
緊張や快感に対する抵抗で気持ちを張っていた先程と違い、気が抜けた状態で受けるクリトリスの快感は
松本に耐えられるものではなかった。

松本麻耶「ひゃあああん!あっあっ!あああん!ら、らめええええ!?」

顔無しアイコン2「1回イッてみるといいっすよ。世界観変わるって。」

松本麻耶「はあん!あっ……ひゃ……りゃめ……もうあひゃま……あああ!」

顔無しアイコン2「イク時はちゃんとイクって言うんすよ。それが普通っす。」

松本麻耶「んひゅうああ!いっ……イク!いっちゃああうううううう!んああああ!イクぅぅうううう!」

絶叫と共に激しく体を揺らしながら松本は絶頂した。
あまりの刺激と絶頂の凄さに松本は失神してしまっていた。

顔無しアイコン2「麻耶ちゃんイキ顔もかわいいっすね。ってかこの感じ方はひょっとして……。」

あまりの感じ方に違和感を覚えた業者がバックヤードの方に目をきると
八千代がグッと両手を握り小さいガッツポーズをしていた。

顔無しアイコン2「あぁなるほど……そういうことっすか。」

別にそうするよう八千代に指示したわけではなかったが
これはこれで面白いと思った業者は目の前でぐったり気絶している松本の体を楽しむことにした。


松本麻耶

松本麻耶「んんっ!!」

顔無しアイコン2「やっぱ痛いっすか?でもすぐ慣れてくるから大丈夫っすよ。」



業者の男は気を失った麻耶の腕を結んで固定し、口に詰め物をして無抵抗のアナルを貫いていた。
当然麻耶は痛みで目を覚まし、何が起きているか理解したが手を縛られていては抵抗することもできなかった。

松本麻耶「んんー!んんんー!!」

松本麻耶(おしりの穴でエッチなんて、ふ、普通じゃないないじゃない!?こ、こんなの私が思うのと違うわ……!)

顔無しアイコン2「アナルセックスなんて普通じゃないと思ってるでしょ。普通のセックスがしたかった?」

松本は首を縦に2回振って意思表示をして、普通のセックスを求めたが業者が考えていたのは麻耶の想像の斜め上を行くものだった。

顔無しアイコン2「このまま普通にエッチしても良かったんだけどね、気絶してる麻耶ちゃん縛ってたらいろいろアイデア浮かんじゃってさ。」

松本麻耶「……?」

顔無しアイコン2「で、これから麻耶ちゃんにはアブノーマルな人生を歩んでもらおうかなって思ったんすよね。」

松本麻耶「んんっ!?」

松本麻耶(ちょっと……この人何言ってるの!?)

顔無しアイコン2「例えばセックスならアナルしかしないとか、ブラジャーの代わりに絆創膏しかつけないとか。マイカーにトラクター買うってのも変人っぽくていいっすね。ワグナリアにトラクターで通ったりしたらすっごい笑えると思わないっすか?」

松本麻耶「~~~!?!?」

非常識なことはもちろん、人に笑われたり異常と思われる行為を極端に嫌がる松本にとって業者の言ってることはありえないことだった。
もっとも今の麻耶は業者が催眠術で自分の心を自由に操れるとは思ってもいないので、拒否すれば済む話だった。

松本麻耶(なんなのこの人……ふ、普通じゃないわ!)

顔無しアイコン2「まぁまぁ、そんな嫌そうな顔しないでよ。」

ジュプッニュプッ

松本麻耶「んんっ!?」

顔無しアイコン2「それにアブノーマルな人生はきっと楽しいっすよ。見てる方はもっと楽しいし。」

グチュッジュプッ

松本麻耶「んん、んっ!ん~~~ッッッ」

話しながらも腰の動きはとまらず、アナルの中をかき回され松本は痛みもあって話を聞くどころではなかった。

松本麻耶(いやぁああ!なんでっ、どうして?普通にオマンコにチンポを入れてもらって、普通のセックスをするはずだったのに……。)

ビュジュッブジュゥジュブッ

顔無しアイコン2「おお……!最近アナルやってなかったから、すご……!」

松本麻耶「んんんー!」

ジュプッニュプッ

顔無しアイコン2「くっ……!出るっ!アナルに、出すっすよ!」

松本麻耶「!?」

松本麻耶(だめぇ~!精液はオマンコに出すのが普通なのに~~!!)

顔無しアイコン2「ううぉ!」

ドプッドピュッ!

松本麻耶「んんんーー!?」

松本麻耶(いやああああ~~!!お尻の中に出されてる~~~!!)

顔無しアイコン2「ふぅー。あぁ気持ちよかった。やっぱアナルもたまにはいいっすね!」

業者は満足したようで、麻耶の口の詰め物を取った。

松本麻耶「ハァハァ……!あなたなんてことしてくれたのよ!?せっかく普通のセックスできると思ったのにお、お尻の穴なんかにいれて!!」

顔無しアイコン2「まぁまぁ……。」

松本麻耶「しかも精液までお尻の中に!?ジョーダンじゃないわよ!今からでも普通にオマンコに入れて頂戴!私は普通のセックスがしたいのよ!」

顔無しアイコン2「ふつーっすか?」

松本麻耶「そうよ!普通のよ!」

顔無しアイコン2「普通ねぇ……。まぁいいや!思いついたら即実行が俺のもっとーだし、麻耶ちゃんには普通じゃない人生をプレゼントするっすよ♪」

松本麻耶「何言ってんのよ!?そんなものいらないし、絶対お断りよ!」

顔無しアイコン2「それが俺にはできちゃんだなーこれが。普通変態麻耶。」

松本麻耶「えっ……。」

キーワードを言われた麻耶は一瞬にして催眠状態になってしまった。
意識は遠のき、全てを受け入れる状態に。

――――――そして






松本麻耶


わたしの名前は松本麻耶。
常識もなければモラルもない。異常な人生を送る、とにかく普通じゃない18歳。
数々の異常神話を持つわたしのことを皆、松本異常麻耶と呼ぶわ。

今も一見普通にバイトをしているように見えるけど、下着の代わりにオムツを履いているの。
トイレを使うなんて普通なこと私はしないもの。もし使うなら男性用トイレね。

通勤だって普通じゃないわよ。
ホッピングと一輪車を日替わりで使い分けてここまで来てるの。しかもノーパンで。
そりゃもう毎日変な目で見られてさいっこーの気分よ。
夏になったら水着でくればさらに普通じゃなくなるわね。想像しただけで興奮しちゃう。

将来の夢は普通じゃない旦那様と普通じゃない人生を歩むこと。
今は普通じゃない御主人様がいるから結婚できないけど、年取って飽きられたら小汚いホームレスに売り飛ばされちゃうんだって。
あぁ~女の子が男の奴隷にされて最後は捨てられるなんて最高に普通じゃないわ)

このワグナリアも職場としては最高なの。
なにがってとにかくスタッフが普通じゃない、アブノーマルもアブノーマル。


白藤杏子


まずは店長の白藤杏子さん。
とにかく異常な大食いなんだけど、これがもう凄いの。
体の体積なんて無視して食べるんだから。なのにまったく太らないってそんなの普通ありえる!?
まぁ最近は御主人様の子供を身ごもったせいでお腹でてきたみたいだけど今の所ほとんど変化なしね。




轟八千代3


次は御主人様のボディーガードも兼任している轟チーフね。
全員御主人様の奴隷だったり恋人だったりするワグナリアのスタッフを束ねる人。
真面目だし優秀なんだけどなんと普段から刀差してるのよ!
この現代日本で刀よ!?刀!普通じゃないわよね。
ワグナリア一のフェラテクを持つ彼女の口でクリトリスを吸われると一瞬でイッちゃうわ。
店長とのレズプレイ見せてもらったけど、女同士であんなに感じあえるなんてすごいの一言ね。



種島ぽぷら

この子は種島さん。名前はぽぷら。
異常なちっちゃさと普通じゃない名前。
存在そのものが普通じゃない素敵な存在よ。
この身長にあの大きさの胸を搭載しているというのも普通じゃないわね。
御主人様の女ではめずらしくペット枠なの。
最近じゃ日本語を喋るの禁止されたらしくていつも何が言いたいのかわからないのよね。
まぁそれが異常でいいんだけど♪



伊波まひる

こっちの大人しそうな子は伊波まひるさん。
なんと男性恐怖症なのに御主人様の奴隷をやっているという特異な存在。
腕力も凄くて近寄る男はかったぱしからぶん殴るワグナリアの戦闘要員よ。
お母さんも最近ワグナリアで働き出してこれまた美人なんだけど、御主人様に女性恐怖症にされちゃったらしいわ。母子そろって大変よねぇ。
最近は伊波さんとお母さんどっちか先に妊娠した方が恐怖症を解いてもらえることになったみたいで
いつもバイト終わりは御主人様の取合い。母子で罵り合ってる姿は異常で本当に微笑ましいわ。



小鳥ちゃん

そうそう。この子の紹介を忘れたらだめよね。
彼女は小鳥さん。本名は小鳥遊宗太って言うんだけど、あまりに女装が似合うから男性スタッフで唯一ワグナリアに残った人なの。
女装店員ってだけでも普通じゃないのに、女装趣味にされた挙句ついにこないだ性転換しちゃったの!
あれにはさすがの私も驚いたわ。今の所私が決めるワグナリアのアブノーマルMVPは彼女かしらね。
最近は豊胸手術とかであんまり出勤しないレア店員だけど、すっかり筋肉も落ちて女の体になったからそろそろ抱いてもいいかなって御主人様が言ってたわ。
小鳥さんにもかわいい姉と妹が4人もいて、みーんな御主人様に変態性癖を植え付けられちゃったんだって。
どんな内容なのか知らないけどとにかく普通じゃないのは間違いないし、素敵な家族だわ。異常で。




あぁ……!いけない催してきちゃった。
んんっ……おしっこ……あぁんっ

ん、ああんっ♪
ふふっ、たくさんでてるわ。オムツでおしっこを楽しむために普段からいっぱい水分取ってるんだもの……
んっ、あ、ああっ……これぐらい出るのは当然よね。


……ふぅー、すっきりした。
もう一回おしっこしたらオムツ交換しなきゃね。
今私のマイブームは一人で来たお客様にこのおしっこ付オムツをお土産としてプレゼントすることなの。
もちろん催眠アプリでいろいろ思考は書き換えてだけどね。

女なら私と同じで常にオムツ着用の変態に、男ならおむつオナニーしかできないこれまた変態にしてお帰りいただくわ。
今30人ぐらいだけど、目標は100人ね!街に100人も変態がいるかと思うとほんとに興奮しちゃう。



異常って本当に―――――――最高♪。
関連記事
このエントリーのタグ: 総集編 催眠 WORKING!! 松本麻耶
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す