FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

辻堂さんの宗教ロードReligion3「外れていく心の枷」

教祖の体液が入った甘い水、入信水。
飲むと盲目的な信者になってしまうそれを偶然飲んでしまった乾梓を信者にして、脱童貞を達成した龍咲大念は考えていた。

残り3本の入信水の使い道。
材料を入手しないことには新しく作れないが、手持ちの金もない。

男「金もそうだけど、この家がなぁ……」

夫婦仲が悪く、自分に無関心な両親と大念の関係は悪かった。
養ってもらっているという感覚も無くはないが、感謝の気持よりも嫌いな感情の方が強い。

そんな親がこの先邪魔になることは目に見えていた。

男(もったいないけど、2本使っちゃうか……?)

男(貯金はあるだろうし、材料を買う軍資金も必要だし……)

親を自分の信者にしてもいいとすら思える関係の希薄さ故、大念の躊躇いは少なかった。

入信水を口にさせるのは親故に簡単で、あっさりと両親を信者にすることに成功した。
これで両親とは家族ではなく、教祖と信者という関係になったわけだが感傷はあまりなかった。

家や貯金を自由に使えるようなったことは大きく、通帳に入っていた1600万円という金額に大念は驚いた。
それだけあれば、大量の入信水を作れるからだ。

そしてもう一つ、両親に入信水を飲ませる過程で分かったことがあった。
それは、入信水が効果を発揮するにはある程度の量を飲ませる必要があるということ。
大念の見立てではコップ1杯分くらいだが、仮に一口でも口にすると飲んだものは信者になるまで入信水を欲して、中毒症状の様な状態になることもわかった。

男(つまり一口でも飲ませれば、ある意味信者にしたも同然なわけだ)

男(けどあれだな、もし間違ってちょっと飲ませちゃったりして、その場に入信水が無かったら中毒症状が治らずに面倒なことになりそう……そのあたりを考えると、やっぱり迂闊には飲ませられるものじゃないな)

入信水への理解が深まったところで、両親を使って入信水を生成させることにした。
もっとも、大金があっても大量生産は難しいと大念は思っていた。

根本的に、精液が材料というのが大変だ。
1日に射精できる回数も限られるし、何より信者とエッチがしたい。
が、そうすると精液が材料に使えない。

仮に精液を確保できても、他の材料も揃えるのが一苦労だ。
希少性故に金があっても大量発注できるものでもなく、特に雪隷茸は市場に出回らないもので、ネットで業者に発注してようやく数個手に入るくらい調達が難しいものだったからだ。

男「支払いはクレジットで……と。注文完了だ」

とりあえず注文できた材料は入信水5本分。
届くまでは2週間かかる。

男「あと一本、使っちゃうかな……」

2週間使わずにいられる自信は全くなかった大念は、色々と妄想を含ませるうちに自分の下半身が膨らんでしまった。

男「あぁ……ムラムラする……!」

男「あの子……呼んじゃうか」

大念は信者である乾梓にメールですぐ家に来るように指示を出した。

乾梓

その頃呼び出された梓は、抗争の真っ最中だった。
騒音の中でメールの着信音は聞こえなかったが、大念だけはバイブ振動も設定されていたので梓は気付くことができた。

乾梓(教祖様の御呼出し)

乾梓(こんなことしてる場合じゃないっすね。まずは返信して……と)

男「どれくらいでくるかな。メール気付くまで30分、そこから移動で30分。1時間もあれば来るかな」

ピロリンッ

男「お?はやいなー、もうメール返ってきた」

メールには《速攻で行きます❤》と書いてあり、大念を喜ばせた。

片瀬恋奈「ちょっと梓!急用って何よ!?」

乾梓「恋奈様、申し訳ないっす!どーしても外せない用事がはいっちゃったんで、これで失礼しまーす!」

幹部の梓が戦闘直前に現場を離れるのはあってはならないことだが、少し気迫も籠った梓の言葉と、あまりに早い消え方に恋奈も止めることができなかった。

片瀬恋奈「梓ぁ……!明日見てなさいよ……!」

梓へぶつけられないの怒りの矛先として、目の前のヤンキー集団を蹴散らす恋奈だった。

乾梓 (218)_Rg

乾梓「教祖様!呼び出しありがとっす

男「まさか5分で来るとは思わなかったよ。近くにいたの?」

乾梓「えっと、若倉っすね」

男「若倉!?5分でどうやって!?」

乾梓「教祖様の呼び出しっすもん、本気ダッシュしちゃいました♪」

男「そ、そうなんだ」

普通ならどう考えても5分でこれる距離じゃないが、あまり深く考えずに梓を家に連れて行くことに。
袋いっぱいのお菓子を持ってきた梓だが、どうやら大念へのお土産らしい。

乾梓「教祖様へのけんじょーひんっす

男「こういうの好きなの?」

乾梓「はい安くて美味しいんで

男「駄菓子ね……まぁたまに食べたくなる気持もわかるかな」

雑談をしながら、大念は自宅に梓を招き入れた。

乾梓 (61)_Rg

乾梓「よっと

男「ちょっ!?え、ええっ!?」

部屋に上がるなり、そのままベッドに誘導される。

乾梓「話があるって、教祖様あずを抱きたかったんでしょ?」

男「えっと、その」

乾梓「そんなに股間をギンギンにしてたらバレバレっすよ♪」

男「そ、そうだけど、だめじゃないんでしょ?」

乾梓 (58)_Rg

乾梓「もちろんっすよ

男「……ごくりっ。い、乾さん……!」

乾梓「あずにゃんでいいっすよ

男「あ、あずにゃん!?」

元々オタクな大念のテンションはこれで最高潮に達し、そのまま勢いで梓を抱いた。

乾梓「あああ~~~

乾梓 (43)_Rg

乾梓「んああっ教祖様の精液ぃ……ああっ、最高っす

男「はぁはぁ……お、俺も……すごく良かったよ」

乾梓「ふふっ

男「ね、ねぇ……あ、あず……にゃん」

乾梓「ふああっあ、あずにゃんって呼ばれたら……あうっあ、あだ名呼び……嬉しいっす

喜んだ梓のアソコがキュッと締まったことで、大念のチンポも再び力を取り戻す。
そのままもう一度セックスを初め、2回戦が終わってからようやく二人は落ち着きを取り戻した。

ここでようやく、梓に信者を増やしたいと伝えることが出来た。

乾梓 (131)_Rg

乾梓「なるほど。つまりその水を飲ませると教祖様の信者に目覚めさせることができて、その水を飲ませてもう一人信者を増やしたいと……♪」

男「ひ、秘密だからね?」

乾梓「じゅるっわかってますよ。教祖様に秘密って言われたことは絶対に言わないっすから

男(本当かな……だ、だいじょうぶだよな?)

乾梓「じゅるっぢゅるるっ

男「くぅ……う……!」

乾梓「ふふ、信者を増やしたいなら、あずが可愛い子紹介しましょうか?」

男「ほ、ほんと!」

ターゲットにできるような女友達など皆無だった大念にとって、梓の提案は魅力的だった。
梓ほどの見た目なら、友達も可愛いというのは想像がつく。

乾梓「江乃死魔には恋奈様を始めとして可愛い子がいっぱいいますし、ガチの武闘派が欲しいならあずの後輩に強いのがいますよ」

男(ヤンキーはちょっとなぁ……でも……)

偶然梓を信者にしてしまったが、江乃死魔という巨大ヤンキー集団と関わるつもりは毛頭なかった。
しかし今となっては入信水を飲ませてしまえばヤンキーだろうと関係ない。
その対象が可愛い女ならなおさらだ。

男「それじゃあね……」

大念が出した結論は、梓に一番かわいい知り合いを紹介してもらうというものだった。

乾梓「了解っす♪すぐに信者にして、紹介しますね……これが終わったら

男「はうっ!?」

乾梓「ぶちゅるるっじゅっぼじゅっぼぢゅるっ、れろれろっ

男「あ、ああ……うっ!」

どぴゅっ どぴゅっ

乾梓「あんっふふ、またいっぱい出ましたね



つづく
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 辻堂さんの純愛ロード 乾梓
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す