FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

エヴァンゲリオン/True 『Book003:NERV私物化、完了』

『全ての人類、生物、その他の事象は国栖スギオに危害を加えることはできない』
『ネルフスタッフが国栖スギオを呼ぶときは様付けで呼ぶ』
『国栖スギオは全てのネルフ関係者に敬語を使用する必要が無い』


―――

「ま、こんなもんか」

スギオは自分の身の安全を確保しつつ、ネルフ内を少しずつ弄っていた。
色々と試して、一番居心地の良いネルフを作っていくのだ。

葛城ミサト

「おはようミサト」

「おはよう、スギオ様」

「今は何をしてたの?」

「先月の出張報告を書いていたのよ」

「そうなんだ。ところでミサトさ、俺にタメ口聞かれて嫌じゃないの?上司としてさ」

「何言ってんのよ。ネルフの人間にスギオ様がタメ口を聞くなんてフツーのことじゃない」

「そうだよねー」

タメ口を聞いても怒られないし、相手も本来の立場通りの喋り方で接してくる。
だが名前だけは様を付ける。

これが意外と心地よく、征服感もあってちょうど良いと感じた。

他の人物の反応も気になったので、リツコの部屋にも行ってみることに。

赤木リツコ

「……はぁ」

「どうしたの?ため息なんてついちゃってさ」

「スギオ様が射精するのを待っているのよ」

「あなたがここでオナニーするのは自由だし、邪魔をするつもりはないけど、早く終わらないかしらって思っていたの」

「あぁ、ごめんごめん。もうちょっとで出るから」

リツコの部屋で彼女が使おうとしていた資材に座り、オナニーをする。
スギオの行動は邪魔されないので、リツコはただ待っているだけだ。

射精が近付くとスギオは素早く立って、気怠そうに待っている彼女の顔に射精するのだった。
顔にたっぷりと精液をかけられても、リツコはまったく動じない。
射精をすることを邪魔しないように、表情を変えていないのだ。

「ふー、スッキリした!それじゃあまた来るね」

スギオが部屋から出ていくと、リツコは大急ぎで洗面台に行き、顔についた精液を洗い流しすのだった。

移動した先で今度はアスカに出会う。
物凄く機嫌が悪そうだが、一応声を掛けてみるとやはりありありと嫌がっているのが態度に出ている。
それでもスギオの行動は邪魔をされないので、話しかけた時点で彼女は会話をしなくてはらならない。

「……別に」

他愛もない質問をしたときの返事はまさに適当だった。
スギオも別にアスカに合うのが目的ではなかったので、早々にその場を去る。

スギオが視界から消えたところでアスカはボツリと文句を言うのだった。

惣流・アスカ・ラングレー

「ウザ……。スギオ様のクセに馴れ馴れしいのよ……!」


『ネルフスタッフが国栖スギオを呼ぶときは様付けで呼ぶ』


この内容はスギオがいなくてもしっかりと効果を発揮していた。

ネルフスタッフの変化を楽しんだスギオは、ムラムラしてきたので一発抜くことにした。

「たまにはペチャパイを弄って楽しむか」

珍しく貧乳の女の子を抱きたいと思ったスギオは、どうせ抱くならまた新しい女にしようと考えた。
レイや白藤を呼び出したように、本を使って細かい指定をして、どんな子が来るか試すことに。

『18歳~20歳の神奈川県在住で、Aカップの女。その中で最も可愛い子が5分後にこの部屋に来て俺とセックスを楽しむ』

「さて。どんな女がくるか」

''最も可愛い子''という曖昧な表現を書いた時、それが本の基準なのか書いた自分の基準になるのかはわからなかった。
だが、これまでのことを考えるとおそらく都合の良いようになるはずだと思い、だとするならば自分好みの女が来ると予想ができた。

結果はまさにその通りで、スギオの好みにピタリとハマる可愛い子がやってきた。

蟹沢きぬ(つよきす)

「細かい自己紹介なんていいから、さっさとセックスを楽しもうぜ

やってきた女は対馬きぬという20歳の女性で、旦那がいるらしい。

予想通り自分の好みにピタッとハマる可愛い子がやってきたことに加え、その女が人妻だというのも興奮を誘った。
ムラムラしていたので、紹介もそこそこにさっそくセックスを始める。
よりセックスを楽しむために、いくつかのことを本に書いてから、前戯もせずに挿入させる。

蟹沢きぬ

「な、なんだよこのチンポ……」

挿入した途端、今まで感じたことの無い違和感をきぬは覚えていた。
オマンコが意識していなくても勝手にチンポの形を覚えるかのように、ウネウネと動いているのがわかるのだ。

『対馬きぬは国栖スギオのチンポを挿入されると、オマンコが最適化され二度と元に戻らない』

この効力によって、スギオのチンポにマンコが最適化されているのだ。
最適化されるということは当然、女の方が感じる快感も凄まじいものになる。

「うあっや、やばっこのチンポっ、なんかっ全然違うっ

「レ、レオより感じちゃうっ!?」

騎乗位という密着できる体制で完全にスギオのチンポに最適化されたマンコは、夫との愛あるセックスよりもはるかに気持ち良かった。

「すげぇフィット感だな!よーし、フィニッシュはバックでやるから、尻をこっちに向けてくれ」

蟹沢きぬ

「はぁはぁ……ば、バックで犯られたら……飛んじゃうかも……」

「いいじゃん。頭が真っ白になるくらいイカせてやるよ。カラッポの方が夢詰め込めるって言うしな」

じゅぶりっ

「んひゃあああっ

最適化されたオマンコは、もはや快感を得るだけの肉壺で、きぬは一突きごとに軽い絶頂に達してしまう。
チンポに完全に密着したマンコに隙間は無く、射精すると精液のぶんだけ膣壁が押し広げられ、さらなる快感を得て大きな絶頂を迎える。

終わったとき、対馬きぬは失神してしまっていた。

『対馬きぬは次に中出しされた精液で確実に受精する』

「こう書いておいたから間違いなく受精してるな」

「最適化マンコめちゃめちゃよかったから、特別に不幸せにならないようにはしておいてやるか」

『対馬きぬは夫とのセックスでは絶対感じない』

『対馬きぬの夫は、妻がどんな裏切りや浮気をしても全てを受け入れて愛し続ける』

「こんなところか。そのうち物足りなくって浮気しても、離婚せずに済むからまぁ……不幸ではないか」

さんざん汚しておいて気遣いと言うのもおかしいのだが、とりあえずは不幸にならないようにしてやったということにスギオは自己満足していた。
その内容はきぬが夫に振られないというだけにすぎず不幸には違いないのだが、そんなことスギオにはどうでもいいのだ。


性欲を発散して満足したスギオは、ネルフ内の住環境を整える為に行動することにした。
ネルフ内に自分の居住空間を作らせると同時に、より自由に人員を使えるように本に書き込みをした。

『国栖スギオは、ネルフの人間に好きに役職や人事、任務を与えることができる。対象となった人間はそれに対して忠実に行動する』

『国栖スギオは、ネルフとネルフに係る全ての物を、なんでも好きにすることができる』

「多少曖昧に書いておけば都合よく本が力を発揮してくれるだろ」

「これでネルフはとりあえず俺のモノだな」

ネルフという組織は、たった二行の文章で全てを掌握されてしまった。

エヴァンゲリオン/True 『Book003:NERV私物化、完了』

「ちょっといいかな?」

「何?今から出撃で忙しいんだけど」

使徒の襲撃警報が鳴り響くネルフ施設内で、エヴァパイロットの更衣室に入った国栖スギオ。
出撃前でプラグスーツに着替えているアスカはスギオの行動を制限できないので出ていけとは言わないし、裸を見て怒ったりもしない。
しかし明らかに軽蔑するような目を向けている。

そんなアスカに話しかけたスギオは、自分が考えた人事を伝える。
内容はネルフ内に新設した特別組織『5S』に、アスカを一人目の隊員として所属させることにしたというものだ。

「ごーえす?」

「そう。数字の5にアルファベットのSで5S」

「スギオ、セキュリティー、サポート、セックス、スレイブの略なんだけどね」

要約すると『5S』とはスギオの安全確保と行動支援を目的とし、いついかなるときでもセックスに応じる絶対服従奴隷で構成された組織である。
その最初の一人にアスカを選んだということだ。

「隊員がどういう心構えで職務に就くかは各々に指示を出すつもりだけ、君はそうだなぁ……俺のことが好きで好きで仕方ないって気持ちで励んでね」

「好きで好きで仕方がない……わかったわ」

『国栖スギオは、ネルフの人間に好きに役職や人事、任務を与えることができる。対象となった人間はそれに対して忠実に行動する』

この効果によってアスカはその人事を素直に受け入れる。
そして受け入れた瞬間から、スギオに対する態度を変えたのだ。

惣流・アスカ・ラングレー

「5S隊員としてスギオ様の安全を確保する為に絶対に……絶対に使徒に勝って見せます!」

「いい心構えだね。頑張って」

「はい!」

''それに対して忠実に行動する''

アスカがこれほど素直にしかも一瞬で気持ちを切り替えたのはこの文言を入れたからなのは間違いなく、書いておいて正解だったと思いながら見送る。

その意気込みに満足気のスギオは、ノートの力でアスカが使徒に圧倒的勝利が出来るようにしてやるのだった。

使徒との戦いが始まると、まるで大人と子供の戦いと言えるほどの内容でアスカが終始優勢で進む。

「凄いわね」

「急に強くなった気がするけど……どうしたのかしら」

「さぁ?何か心境の変化でもあったんじゃない?少なくとも恥じらいは感じられないわね」

アスカの明らかな変化に気付ける者は、スギオただ一人だった。
なぜなら、その変化は『あたりまえ』のこととなっているからだ。

「なかなか粘るじゃない。でもこれで終わりにしてやるわ。スギオ様の安全を一刻も早く確保しなければならないんだから……!」

「―――オマンコぉおおお!クンニィイイイ!ザアアアメエエエン!!」

鬼気迫るラッシュで、アスカは使徒のコアを破壊しこれを退けることに成功した。

『使徒は淫語を叫びながらの攻撃を防ぐことができず、ダメージも回復できない』

『アスカの乗ったエヴァの攻撃は、使徒に対して通常の3倍の威力になる』


この二つが真実の本に書かれたことで、アスカは圧勝することができたのだ。
淫語を叫びながら攻撃することが有効であるという認識をネルフスタッフがもっているのでそれを気にはしないが、不自然な強さはアスカの攻撃力が3倍になっていることを知らないからだ。

真実の本への曖昧な書き方をした結果、この様な解釈で効果が発揮されたのだということはスギオにはすぐ理解できた。

―――

―――

―――

「ちゅるるっ、じゅるるっ

「いやー、良くやった。圧勝だったな」

惣流・アスカ・ラングレー

「ちゅぱっ……当然です。今日の使徒程度じゃ私の相手になりません」

帰還したアスカを労いつつチンポをしゃぶらせるが、当然と言ってのける。
だが、内心は久しぶりの快勝と御褒美のチンポに心躍っていた。

フェラをさせたあと、移動していると事後処理を終えたミサトを見かける。

(そういえばアスカと一緒に住んでるのか……)

あることを思いついたスギオは、ミサトに声をかけて新しい人事を伝えた。
その後は適当な部屋に入ってそこにいた女スタッフにしゃぶらせながら、次に何を書くか考えていた。

(優秀な秘書は外部から招集するか)

ということで『若くて可愛い頭脳明晰な美人秘書』をスカウトすることに。
どうすればいいか悩んだあげく、『若くて可愛い頭の良い子が俺の秘書になる為に面接に来る』と書くと、書いた瞬間連絡が。

(なるほど、時間指定しないと即実行されるわけか)

(それとも俺が今暇だからか……?)

さっそく個室を用意して、面接することに。

―――

―――

―――

セーラーマーキュリー

「水野亜美です。宜しくお願いします」

(これは可愛い!)

やってきた女の子の想像以上の可愛さに思わずスギオも唾を飲む。
これほど可愛いにも関わらず、IQは300というのも驚きだった。

応募理由を聞くと、彼女は真剣な表情で答えた。

「私は自分の頭脳をもっとも役立てることができる方に仕えたいんです」

「国栖スギオさんは世界を支配することすらできる力の持ち主。そんな人が秘書を募集されていると知り、これしかないと応募しました」

しっかりと丁寧に、熱を入れて志望動機を語る彼女は少し緊張しているようだった。
いくら頭脳が優れていても、テストとは違う緊張感を持って臨んでいるようだ。

(なるほど、俺が募集したことになってんのか。さすがは真実の本)

(待てよ。ということは……)

「君は目的もしっかりしているし容姿も能力も文句なしだ」

「けど、俺の秘書になるということはどういうことかわかるよね?」

「はい。秘書になれるのであれば、待遇はお任せいたします。望まれれば全てにお応えしたいと考えています」

「話が早くて助かるよ。じゃ、キミ採用で」

「ありがとうございます……ええ!?」

即採用され、亜美は思わず時間差で驚きの声をあげる。

「可愛いし、時間かけたくないから採用だよ」

「そ、そうなんですか。あ、ありがとうございます」

「うんうん。というわけで、君は今から俺の秘書ね」

「色々と手伝ってもらうことはあるけど、まず最初にしてもらいたいことは……」

「性欲処理ですか?」

「そう。頭良いだけあって察しも良いね」

「お褒め頂きありがとうございます。では、さっそく最初のお仕事をさせていただきます

水野亜美を秘書に据えたスギオは、さっそくその体を味見をすることにしたのだった。
亜美もそれに快く応じ、体を開く。

セーラーマーキュリー

「ところで、男の経験ってあるの?」

「ありません。私は処女です」

「それにしては随分落ち着いてるな」

「スギオ様にとっては女一人一人の処女に価値なんてないでしょう。そんな無価値なものを捧げるのに慌てふためくようじゃ、秘書としてやっていけないじゃないですか」

「面接を受けるからには、そのくらいの心構えは……当然かと」

「ふーん、なるほどね。いい心構えだ」

素の彼女が処女を捧げる時、どんな反応をしたのか気にはなったが、言われてみてスギオは思った。

(確かに……前ならともかく今は処女を奪うからどうとか……割とどうでもよくなってきた気がする)

(処女非処女の切り替えも本を使えば気分次第でどうにでもなるし)

自分でもわかっていなかった心境の変化を真実の本は理解していたから亜美がこういう態度を取るのだと思い、改めて本の力の凄さを実感する。

共通 挿入

挿入して腰を前後させると、処女とは思えないほど彼女の口からは甘い喘ぎ声が漏れ、潤んだ瞳と震える唇がとてもいやらしい表情を浮かべていた。
にゅるんにゅるんと出入りするチンポに絡みついてくる肉襞の感触がたまらず勝手に腰が動いてしまう。

「んっ……あぁん……!あぁっいぃっ

ジュプッ!ヌプッ……ジュブッ

「うわっ……!ちょっ……まっ……!!これ気持ちよすぎ……ッて……!あぁっ!」

ドロリとした熱い塊が尿道を押し開きながらその出口まで一気に走り出していく。
その快感にスギオも堪えることができない。

「で、でるっ」

共通 中出し

「ふあああっせ、精液がっ

勢いよく精液を浴びせかけられた膣内の肉壁が絡みつくようにチンポにまとわりついてくる。
オマンコの内部はそのままギュッと根元から亀頭までを搾り出すようにぐにぐにと締め付け、最後の一滴まで彼女の中に搾り出されていった。

(期待してたのより全然気持ちいい……!)

テンションの上がったスギオは、そのまま亜美を抱いたのだった。

―――

―――

ヤリ疲れて眠っていたスギオが目を覚ますと、ベッド脇に亜美が座っていた。

セーラーマーキュリー

「お目覚めですか、スギオ様

「ふぁ~……おはよう」

「おはようございますコーヒーでもお持ちしますね」

「ありがと」

コーヒーを入れてきた亜美になぜ全裸なのかを聞くと、服はあれしかもってきていないかららしい。
ネルフ内の女の服を好きに奪い取っていいと言うと、その必要はないとも言う。

「変身?」

「はい。実は私変身できるんです」

「変身って、あの変身?」

「はい今からお見せしますね♪」

「えっ、あ、あぁうん」

突然のことにあっけにとられるスギオだったが、亜美は笑顔で立つと、どこからともなく不思議なスティックを取り出して叫んだ。

「マーキュリパワー、メイクアップ!」

「ええ!?」

その言葉を発した瞬間、彼女の周りを眩い光が包む。
激しく体を動かしながら一糸纏わぬ姿だった彼女をコスチュームが覆っていく。

セーラーマーキュリー

なんと目の前に現れたのは、世間を賑わせたセーラー戦士の一人、セーラーマキュリーだった。

「実は私、この間までセーラー戦士として戦っていたんです」

「今は敵もいなくなったし引退して、普通の女の子になってたんですけど……」

「この通りまだ変身は出来るんですよ

「ま、マジ!?あ、あのセーラーマーキュリーが……お、お前なのか!?」

「そうですよ。今はセーラー戦士じゃなくてスギオ様の秘書ですけど♪」

「はぁ~マジかぁ……」

スギオはあっけにとられてボー然とした後、十秒以上溜めてから叫んだ。

「可愛いすぎる!!」

セーラーマーキュリー

「きゃっ!?」

「もうっ、スギオ様ったら

ムラムラきたスギオが亜美を押し倒してもう一回戦している頃、ミサトは帰宅していた。

「ただいまー」

惣流・アスカ・ラングレー

「あれ、ミサト早かったわね」

部屋ではアスカがくつろいでいたが、ミサトが予定より早く帰ってきたことを驚いていた。

「そう言えばアスカ、『5S』に入ったんだってね」

「まだ私だけだけどね」

「そっか。メンバー増えるといいわね」

「私と同レベルの人間なんてそうそういないもの、メンバーなんて増やさなくていいわよ」

「アスカらしいわね。ところでなんだけど、私もスギオ様に新しい役職を与えられたの♪」

「へー、何になったの?」

「『調教室』室長よ

「調教室?」

「そう。ネルフのスタッフを性的に教育する権限を持った、えら~い役職よ

そう言うミサトの目が輝いてるのを見て、アスカは嫌な予感がした。

「え、なに?もしかして私も調教しようっていうの」

「正解~♪」

「い、いやよ!」

「拒否権は無いわよ~?ふふ、安心しなさい、優しくしてあげるから♪」




葛城ミサト



その日から、ミサトによるネルフスタッフの調教が始まるのだった。



つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1710: by トムファッカー on 2017/03/26 at 00:12:53

まさかカニが出てくるとは思わなんだ。
レオと結婚してるし(笑)
この流れはもしや、乙女さんも‥‥‥。いやいや乙女さんは鉄の意志でもってMCなんて跳ね返すはず!!(笑)

1911: by あびゃく on 2017/06/19 at 20:50:07 (コメント編集)

>顔にたっぷりと精液をかけられても、リツコはまったく動じない
女子アナ系のavでそういうのがあったな~ 何されても動じない 気づいてないみたいな感じの

危害を加えてないし、様づけで呼んでるけど 嫌悪感はなくならないと

可愛い子っていう風にしたから 幼い見た目のカニが来たのか~

もう今後抱く事は無いんだろうな~

アスカの態度の変化がすごい良いですね!

>使徒は淫語を叫びながらの攻撃を防ぐことができず
使徒が乙女で隠語に動揺して防げなくて 精神的ダメージが酷いみたいなのが頭に浮かんでしまったのは 使徒擬人化(女性化)ssを昔沢山読んでたからかな~

3倍は赤いからですねw

亜美ちゃんキタ!!!
当事リアルタイムで見てましたが 一番最初に好きになって今でも好きなセーラー戦士ですね!

アイドルグループのファンクラブの会員番号が25番だったりする姿も好きでした

この世界でも変身できるのか

>敵も居なくなって引退
若くても現在高校生か~

他のセーラー戦士もまとめてとかやりたいですね~

▼このエントリーにコメントを残す