FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (791)
総集編 (30)
エロゲレビュー (51)
同人&エロ漫画etcレビュー (6)
オリジナルSS (5)
I"s (0)
暁の護衛 (10)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (97)
うみねこのなく頃に (3)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (2)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (7)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士Vガンダム (3)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動戦士ガンダムSEED (78)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (1)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (1)
クロノトリガー (0)
けいおん! (2)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (2)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (28)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (3)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (5)
ゼロの使い魔 (6)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (11)
とある科学の超電磁砲 (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (2)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (5)
バカとテストと召喚獣 (111)
ハヤテのごとく! (2)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (3)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (41)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フルメタル・パニック! (1)
ポケットモンスターシリーズ (2)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (9)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (4)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (1)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (21)
ONE PIECE (4)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (3)
MC関連スレまとめ (75)
自力でエロ画像を書く企画 (6)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

〔続編②〕シャーリー&ルッキーニ。仲良しコンビの同時な焦り

この話は
アンケート3企画3位〔催眠!ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ〕
の続編になります。

〔続編①〕サーニャとエイラはもうすぐ妊娠?

シャーロット・E・イェーガー
シャーロット・E・イェーガーとフランチェスカ・ルッキーニ。
彼女達二人は綾津太郎伍長がストライクウィッチーズ専属ボテ腹牝奴隷製作課に配属されてからというもの、特に彼に対して好意的で、進んでセックスをしていた。

そもそも太郎を生理的に受け入れられるというのが大きいのだが、意外にも彼女達は若くして子を持つことに抵抗はなく、むしろ早く子供を持てることに喜んでいた。

シャーロット・E・イェーガー

「珍しいな、サーニャがこんな時間になんて」

「うん……」

ある日、シャーリーが入浴するため脱衣所に入ると、サーニャと一緒になった。
サーニャは活動時間の関係で一緒になることはほぼ無く、珍しいことだった。

そんなサーニャだが、服を脱ぐと股間を抑えている。

サーニャ・V・リトヴャク

「うぅ……」

「どうした?」

「股間に溜めた精液がこぼれてきて・・・・・」

「せ、せいえきっ!?」

「うん。さっきまで太郎伍長としていたから……」

シャーロット・E・イェーガー

「ふ、ふーん。そっか……」

太郎の精液を溢すまいと必死になっているサーニャに、シャーロットはどことなく険しい表情をしていた。
彼女は自分は股間を抑える必要があるほどに射精してもらったことが無く、サーニャはそれをしてもらっているのに腹を立てていたのだ。

フランチェスカ・ルッキーニ

一方その頃、ルッキーニは宮藤芳桂と一緒に風呂に入っていた。

「ええ!?2日連続で!?」

「リーネちゃんなんか4日も連続だよ」

「そんな……」

シャーリーと同じく、自分してもらったことが無いことを宮藤とリーネがされていることにショックを受けていた。
普段楽観的なルッキーニも、一人だけ置いて行かれた気がして焦りを覚える。

風呂上り、基地内の通路にはタオルを巻いてこそこそと移動するルッキーニの姿があった。
彼女が向かっていた先は……

フランチェスカ・ルッキーニ

当然太郎の部屋だった。
太郎は射精した後で疲れていると言うが、お前の仕事だろとルッキーニは言う。

「いずれ俺のボテ腹牝奴隷になるんだから、いうこと聞いてもいいんじゃない?」

「まだ牝奴隷じゃないもん!」

今はまだ階級も上だし基地に来たのも自分が先輩と言うので、なるほど納得した太郎は相手をしてやることにした。

―――

シャーロット・E・イェーガー、フランチェスカ・ルッキーニ(ストライクウィッチーズ)

「もっと奥の方まで入れてくれよ」

「うんっ」

ある日、ルッキーニはシャーリーのオマンコに入った精液を手で奥に押し込んでいた。
この二人はお互い孕ませセックスをしてもらった後、孕む確立をあげる為に手マンで精液を奥にやるのが日課なのだ。

積極的に太郎とエッチしていることで最近では色々とアドバイスを貰えるようになり、これもその一つだ。

シャーロット・E・イェーガー

アドバイスをされれば二人は喜んで従う。
セックスしてもらう回数を増したいなら、どんな時でも欲情してもらえるように常に下着で生活してみてはと言われ、その日から下着生活を始めた。

シャーロット・E・イェーガー

訓練中も下着だ。
さすがに実戦では許されなかったが、訓練に限りということでミーナも許可を出したらしい。

太郎も訓練後の汗だくになった下着を半脱ぎにさせてセックスするのは興奮できるから悪くないと、二人にはそれを推奨していた。

シャーロット・E・イェーガー

「太郎のやつ、最近私達のことを抱く回数明らかに増えてるな

「うん!この調子ならそろそろかも」

「だな!早く孕んで、ボテ腹牝奴隷宣言したいな」

「セリフ考えとかなくっちゃ

取り組みの甲斐あってか、確かに太郎が彼女達を抱く回数は増えていた。
太郎の体力の問題で、セックスの回数には限りがある中で自分たちの枠が増えると言うことは、それだけ他の隊員より早く孕むことができると言うことなので、素直に二人は喜んでいた。

フランチェスカ・ルッキーニ

「こないだなんか庭で全裸になって、オマンコを広げて誘ったらすぐに来てハメてくれたんだ

フランチェスカ・ルッキーニ

屋外でのセックスにテンションがあがり、いつもよりたっぷり中出ししてもらったらしい。

「へー、いいなそれ!ちょっと真似てみるか」

「ちゃんと誘うような表情がコツだよ

この二人は生理周期も同じで、多少のずれはあれどもほとんど同じ日にくる。
それが今月は揃って1週間以上も遅れた。

自分たちが確実に孕んでいると浮かれる二人だったが……。

フランチェスカ・ルッキーニ

「生理きちゃった!」

「私もだよ……」

遅れていた生理が二人とも同時に来てしまい、落胆するしかなかった。
それでも持ち前の明るさで生理が終わったらどうするか考える当たり、前向きな二人であった。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す