FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (774)
総集編 (26)
エロゲレビュー (51)
同人&エロ漫画etcレビュー (6)
オリジナルSS (5)
I"s (0)
暁の護衛 (8)
アカメが斬る! (1)
一騎当千 (2)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (96)
うみねこのなく頃に (3)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
風の谷のナウシカ (0)
機動戦士ガンダム (3)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (2)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (2)
機動戦士Zガンダム (7)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士Vガンダム (3)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動戦士ガンダムSEED (77)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (1)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (1)
クロノトリガー (0)
けいおん! (1)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (1)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
重戦機エルガイム (1)
新世紀エヴァンゲリオン (27)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (3)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (4)
ストライクウィッチーズ (4)
ゼロの使い魔 (5)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (7)
つよきす (11)
とある科学の超電磁砲 (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (9)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (2)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (5)
バカとテストと召喚獣 (110)
ハヤテのごとく! (2)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (3)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (1)
Fate/stay night (41)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (0)
フルメタル・パニック! (1)
ポケットモンスターシリーズ (2)
マクロスF (0)
真剣で私に恋しなさい! (9)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (4)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (1)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
らき☆すた (2)
ラブひな (1)
Rioシリーズ (0)
ルパン三世シリーズ (0)
WORKING!! (20)
ONE PIECE (4)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (3)
MC関連スレまとめ (73)
自力でエロ画像を書く企画 (6)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

機動戦士ガンダムMCEED R〔PHASE-44 時間稼ぎ〕

ガンダムMCEED R

〔- PHASE-44 時間稼ぎ -〕

フレイ・アルスター

キモ豚「あー忙しい忙しい♪」

フレイ・アルスター(久しぶりに二人っきりで抱いてもらえたのに1時間だなんて……)

アーロンは支配したプラントで酒池肉林の毎日を送っていた。
食う、寝る、抱く。人間の三大欲求を最高レベルで満たすその生活に毎日楽しそうにしている。

一方、この事態に連合は各地から戦力を集結させ、プラントに侵攻を始めていた。
ローエングリンMCという驚異の兵器に対する防衛策も次々と講じられ、通常侵攻が可能になったことも大きい。

シホ・ハーネンフース

シホ・ハーネンフース「御主人様のいるプラントへは絶対に行かせない!」

総戦力では劣るザフトだが、その士気は常に最高を保っており劣勢ながらも戦局を維持していた。

ナタル・バジルール

ナタル2「御主人様!私にも出撃許可を下さい!」

キモ豚「あーダメダメ。どうせもうちょっとで例のアレも完成するんだから、今はコーディネーター連中に戦わせておけばいいよ」

ナタル・バジルール「ですが同じ牝奴隷のハーネンフースも出撃しているというのに……!」

キモ豚「まぁまぁ、そんなの気にせずにとりあえず尻をこっちに突き出しなよ」

キモ豚「ハメてあげるからさ♪」

ナタル・バジルール「……かしこまりました」

ナタル・バジルール

ズブリッ

ナタル・バジルール

ナタル・バジルール「ああっ

ナタル・バジルール(御主人様に危険が及ぼうと言う時にアナルに挿入されて……あぁダメだ……幸せすぎる)

―――

―――

―――

カガリ・ユラ・アスハ

ラクス・クライン「私の声がナチュラルの皆様にも届けばいいのに」

カガリ・ユラ・アスハ「気にするな。どうせアレができれば全員私達の仲間になるんだか」

ラクス・クライン「そうですけど、戦争というのが続いている間はもどかしいですわ」

プラント内に新設された温泉は、主要な牝奴隷だけが使用することのできる特別な施設だった。
そこで会話しているラクスとカガリだが、その途中で黄色のランプが点灯した。

カガリ・ユラ・アスハ「悪いが御主人様から呼び出しだ」

ラクス・クライン「行ってらっしゃい

カガリ・ユラ・アスハ

カガリ・ユラ・アスハ(まったく。みんな心配性だな)

カガリ・ユラ・アスハ(オナホの私のように、何も考えずに奉仕していればいいのに)

カガリ・ユラ・アスハ

カガリ・ユラ・アスハ「ああっんんっ

カガリ・ユラ・アスハ(奉仕していれば何も考えなくて済むんだから)


ザフト軍が時間を稼いでいる間、牝奴隷達は各々考えを胸に秘密兵器の完成を待っていた。

ラクス・クライン

ラクス・クライン「失礼します」

キモ豚「ふひひっ、待ってたよぉ」

キモ豚「……あれ?どうしたの浮かない顔して」

ラクス・クライン「あ!いえ、その、なんでもありませんわ」

キモ豚「ふーんまぁいいけど。じゃあよろしくねぇ」

ラクス・クライン「精神誠意御奉仕致しますわ

ラクス・クライン

不安を抱えた牝奴隷達も、いざ奉仕となれば気持ちを切り替えて行為に望んだ。
愛する御主人様に抱かれている間は、どんな不安も吹き飛んでしまう。

―――

カガリ・ユラ・アスハ

カガリ・ユラ・アスハ「ぢゅるるっじゅっぼじゅっぼ

アスラン・ザラ「お楽しみ中失礼いたします!アスラン・ザラ、入ります!」

キモ豚「ふひひっ!ようこそボクの部屋に」

アスラン・ザラ「お招きいただき光栄です」

キモ豚「キミは昨日の戦闘でキラ・ヤマトと一緒に連合を蹴散らしたそうだねぇ。シホから報告が上がってきてたよぉ」

アスラン・ザラ「恐縮です」

キモ豚「そんなキミに御褒美をあげようと思ってねぇ。ふひひっ」

キモ豚「今ボクのチンポをしゃぶってるカガリの体を舐めさせてあげるよ」

キモ豚「た~っぷり時間をかけて抱いたからいっぱい汗かいてるし、オマンコにはボクの精液がたっぷり入ってるから、あますところなく味わっていいからねぇ」

アスラン・ザラ「ハッ!ありがとうございます!」

カガリ・ユラ・アスハ

カガリ・ユラ・アスハ「そういうわけだ。私の体を舐めて、御主人様の雄としての素晴らしさを知るといい」

―――

ミリアリア・ハウ

ミリアリア・ハウ「あー、早く指名されないかなぁ……」



秘密兵器の完成はまもなくのところまで迫っている。

つづく

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す