FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

真剣で私に相談しなさい!川神一子編その2

川神百代_R

「れろれろっ

「百代のおかげで川神一子はもうすぐ俺の物になるよ」

「はい……

(あぁ、操助さんに褒められると嬉しい……

一子の飼い主候補に立候補した操助は、周囲の目に気を使いながらいかに自分が飼い主に相応しいかを教えていた。
そして落とせるのも時間の問題にまで仕上がった一子を、明日の運動会で完全に自分のモノにするつもりなのだ。
一緒に参加して周囲に親密さを自然にアピールしつつ、一子にも自分を飼い主と認めさせることが明日の目的だ。
そのサポートをさせるため、今は百代に奉仕をさせながら命令を与えていたのだ。

「わかりました。操助さんの言う通りにします」

「よろしくね。上手くやれば明日からは百代の仲間が増えるよ」

「ハハハッ!」

「……楽しみです」

(すまんワン子……私はもう……だからお前も……!)

家族である百代がまさか自分を貶めるのに全力で協力しているとは知る由もない一子は、翌日の運動会を迎えた。

川神一子 (44)_Rg

「絶対優勝するわよ!」

「張り切ってるね、一子ちゃん」

「伊達さん!」

翌朝、やる気十分で学園に登校中の一子は操助にばったりと会った。

「俺も今日はしっかり一子ちゃんに指示を出して絶対に優勝させてあげられるように頑張るよ。そうすれば飼い主として認めてもらえるだろうからね」

「はい!宜しくお願いします!」

「そうだ。学園についたら指示しようと思ってたんだけど、ちょうど良いから先にいくつか指示を出しておくね」

操助は一子に指示を出しながら登校し、運動会が始まった。

川神一子 (48)_Rg

「んっ」

(う~、アソコに入っているバイブが気になる……)

(けど、伊達さんの指示だしきっとこれも作戦の内なのね。それに……)

「集中していれば問題なし!」

一子はアソコにスイッチがONになっているバイブを入れたまま、運動会に望んだ。

川神一子 (35)_Rg

「さぁ、行くわよ!」

いざ始まってしまうと、元々集中したらそれだけを考えていられる一子は、股間のバイブの振動をものともしなかった。
バイブの振動は音があまり目立たないように『中』にしてあるが、それでも結構な刺激にはなる。
それでも一子はまったく動じることはなかった。

競技の合間で少し気を抜くと感じてしまうこともあったが、次の参加競技が近付くとすぐにスイッチを切り替えることができる。

川神一子 (4)_Rg

「取ったわー!」

「ぐ……この九鬼英雄が遅れを取るとはさすがは一子殿!」

一子は並み居る武士娘達のなかにいながらもそれなりの存在感を発揮して順調に活躍していた。

川神一子 (45)_Rg

「これは毎日やっているから、私の得意分野よ!」

ラストのタイヤ引き徒競走でも一子は優勝し、チームに大きな加点をもたらした。
その結果、見事一子のチームは優勝を果たしたのだった。

川神一子_Rg

「伊達さんの言った通りにしたら、本当に優勝できました!」

「でしょ?俺の言う事は基本正しいからね」

「本当ですね!」

ドヤ顔でチームの優勝報告をしにきた一子に、操助も微笑み、頑張ったことを褒めた。

(まぁ実際は百代と同じチームだったからだと思うけどね。必要な点は百代に取らせたし、一子がでる試合の強敵は百代に闇討ちさせておいたわけで)

裏で何が起きていたか知る由もない一子は、操助の助言のおかげだとすっかり信じきっている。

川神一子 (37)_Rg

「今回の運動会、私は伊達さんの言う通りにして、とっても充実しました」

「的確な指示を出してくれて、ありがとうございますっ」

ペットとして参加してとても充実していたことを一子は報告した。

「今回のことで良くわかったんです。伊達さんはとっても素晴らしい人だって」

「そして、私の飼い主様に相応しいって」

「わかってくれたんだね。それじゃあいよいよ候補じゃなく、飼い主として見てくれるのかな?」

「はい!決心がつきました。人間以下の牝犬な私の飼い主に……私の御主人様になってください!」

「もちろんいいとも」

こうして伊達操助と主従の契りを交わし、牝犬として飼われることになった一子は全てを差出し、なにもかもを管理してもらうことを受け入れたのだった。

「じゃ、飼い主になった記念にさっそく一発抜いてもらおうかな」

「今日の運動会はみんなの運動姿観てずっとムラムラしっぱなしだったからさ」

(はうっ……いきなりの御奉仕命令……!)

(が、頑張らなくちゃ……!)

「は、はいっ!精一杯伊達さんに御奉仕します!」

「じゃあ移動しようか。ところで一子、俺のことは二人っきりの時は御主人様って呼ぶように。それ以外の人目があるところでは操助さんでいいから」

「わかりました御主人様!」

「うん、物分りが良くていいね。じゃあ川神学園に戻ろうか、歩きながらこれからの為に調整もしたいし」

「調整?」

「おっと、違った。歩きながらこれからのことも話したいしってこと」

思わず素が出てしまった操助はうまく誤魔化し、一子と『会話』をしながら川神学園に戻った。

川神一子 (36)_Rg

「じゅるるっぶちゅるるっ

(あう~……御主人様のオチンポをしゃぶってると……すっごく幸せぇ……

「ぢゅるるっじゅっぼじゅっぼ

「く……か、一子……気持ちいいよ」

「……

操助のチンポをしゃぶるのが大好きにされた一子は、咥えているだけで最高の幸せを感じるようになっていた。
褒められると嬉しくなるので、さらに気持ちが高まってしまう。
フェラチオするだけで股間は大洪水となり、厚手のブルマからも愛液が染み出してくる。

「う……で、でるっ」

「はうっ

どぴゅっ どぴゅっ どぴゅっ

川神一子

「あ~……ふぅ。スッキリした」

「ふぁあ……御主人様の精液……

顔にかけられた精液の匂いに恍惚とする一子は発情した犬のようだ。
操助も一発で終わるわけもなく、そのまま倉庫で何度もハメた。

川神一子 (31)_Rg

「いやー、ヤッた後の風呂はやっぱり最高だなー」

「御主人様に抱いてもらったあとのお風呂……気持ちいいです

「牝犬なのに一緒にお風呂いれてもらえるなんて幸せです

操助の家で一緒に汗と愛液、そして精液を綺麗に流す。
二人で一緒に入る風呂は一子にとっても至福の時間だった。

「そうだ!御主人様、ちょっとお願いがあるんですけど」

「お願い?言ってごらん」

「はい。御主人様の事を飼い主として認めて、牝犬として飼っていただけることになったこと……お姉さまにも報告したいんです」

「百代に?もちろんいいよ」

「ありがとうございますっ

風呂からあがった一子は身支度を整え、百代のところに報告へ向かった。

川神百代 (6)_Rg

「操助さんに飼われることになったのか、よかったな」

「はい!これでもう悩むことはなくなったわ。もし悩んでも、操助さんの指示に従っていればいいだもの」

「彼の事は私も信頼しているし、姉としても大切な妹の運命が信頼できる人のものになったのは嬉しい」

「お姉さま……!」

百代は笑顔で良かったなと言ってくれた。
それが一子にとってはこの上なく嬉しい。
目標である姉のパートナーが自分の御主人様になってくれて、それを姉も喜んでくれる。

自分の選択が間違っていなかったと、一子は確信してうれし涙を流した。

「お姉さまに報告も済んだことだし、次は大和のところね!」

「大和にも報告するのか?」

「報告っていうか、もう私の飼い主面しないでって言うの。呼び笛も回収しないといけないし」

「……そうか。確かに操助さん以外の男に呼びつけられるのは癪に障るな」

「でしょ?それじゃあ行ってきまーす!」

「あまり遅くなるなよー」

(操助さん、ワン子の支配に成功したみたいですね……

(私も頑張ったし、御褒美もらわないと

川神一子

「私には大和の力はもう必要ないの。だからこれからはあくまで普通の友達ってことで宜しくたのむわ!」

「ワン子……」

一子に呼び出され、一方的に主従関係を帳消しにする宣言をされた大和は困惑した。
だが一子の自信に満ちた表情にきっと何か吹っ切れたものがあるのだと思い、大和は素直にこれからは犬扱いしないことを約束し、笛も返した。

「大和なら理解してくれると思っていたわ。それじゃあ、また明日ね!」

ダッシュで去っていく一子を背に、大和はどこか寂しい気持ちで見送った。

川神百代

「操助さんのオチンポ美味しいワン

「意外と犬も似合ってるな。けど牝犬を二匹も飼うのは疲れるから、百代は百代のままでね」

「はいっ

一子を牝犬にすることに成功したことで、百代はたっぷりと御褒美をもらったのだった。

つづく



真剣で私に相談しなさい!シリーズ 時系列順
川神百代編
川神一子編


関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2381: by on 2018/04/24 at 00:09:39

真剣で私に相談しなさいは一人ずつ順に堕としていく流れですかね
続きも楽しみにしています!

3146: by あびゃく on 2019/05/02 at 12:28:56 (コメント編集)

こういうトロットロの百代もいいな~

>一子がでる試合の強敵は百代に闇討ちさせておいたわけで
そりゃ勝てるわな~

>大和は素直にこれからは犬扱いしないことを約束し、笛も返した。
上の画像と合わせてなんか物悲しい気持ちになりますね・・・

▼このエントリーにコメントを残す