FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1141)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (17)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
遊☆戯☆王 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[2ch]風紀委員

※2chスレより「校長! 私達はもうがまんできません!
どうして秋山先生みたいな人を雇っているのですか!」
「それはですね━━」
「私、彼がこの伝統ある礼法女学園の先生にはふさわしくないと思います。教職員も秋山先生以外全員女性なのにどうして秋山先生だけ。」
「それはたしかに見た目だとそう見えますが…彼にも良いところが……それに彼には恩義があってそれで雇っているのです。」
「なら、せめて秋山先生を風紀委員の担当から外してください! 女性の先生にしてください。」

あの秋山が来て風紀委員の担当になってからは持ち物検査だとかいって、
鞄の中身など、全ての所持品検査として全部机の上に並べさせるのだ。それも女の子特有のものまで全て。
それに被害届けを出すことをしなさそうな気の弱い女子を呼び出し個別の下着チェックまでさせているとの報告もきている。
下着検査はもちろんあるがそれは今まで担当の先生が女性だったからだ。今は他の女性の先生に代理でやってもらっている。
それなのに、秋山は自分が風紀委員の担当教師だからといって影で下着検査をやっていたのだ、やり方がきたなすぎる。

「いいたいことはわかります。でも、どうしても彼がやりたいと申しでまして……」
「そんなの下心の塊に決まってます!!」
「では一ヶ月待ってください。すぐ担当をはずすとことはできませんから。」

私は校長室から出るとそこには秋山がいた。
私は軽く会釈だけして横を通り過ぎる。

「おい水瀬、風紀委員長とあろうものが挨拶はなしか? ぐふふふっ……」

キモイ笑い方。

「先生 お は よ う ご ざ い ま す。」
私はちゃんと後ろを振り返り挨拶をする。

「また最近風紀の乱れが増えてきたから、俺はそれを正すために新しい規則を考えていたんだよ。」

風紀の乱れ? あなたの存在自体がこの学園の乱れよ。

「そうですか。 それは、とても大変ありがたいことです。」
「先に風紀委員長である水瀬の意見を聞こうと思ってな。これが新しく増える規則なんだ是非読んで感想をくれないか?」

私は渡された紙を読む。
その内容はありえないようなふざけた内容だった。

「やはり読む必要もないものでした。」
私は紙を秋山につき返す。

「おい、待てよ水瀬、ちゃんと理由をきけよ。そこにかかれているのものには全て理由があるんだから。
それを聞いてからでも 遅く はないだろ?」

突然両肩を力いっぱいつかまれ顔を近づけてくる秋山。臭い息が顔にかかる。

「先生……痛いです。それに顔近い。」
私は力いっぱい振りほどこうとしたが、やなり力の差でどうすることもできない。

「水瀬、俺の目を見てくれ。 理由をちゃんと聞いてくれるな?」
私の目と秋山の目があうと、秋山はなぜか笑った。
それと同時に肩の入っていた手の力も緩んだ。

「わかりました聞きますから……まずその手を離してください。」
「悪い悪い。 やっぱり水瀬は素直で賢い奴だな。先生はお前が一番好きだよ。」

そうですか私は、だいっ嫌いですけど。それに誰一人あなたのこと好きな人なんてこの学園にはいませんから。

「こんなふざけた内容の規則にどんな理由があるのか聞かせてください。」
私はもう一度を紙に目を通す。
「では一つ目のこの規則。 スカートの長さはパン…下着の色が確認できるまであげること。これはなんですか?」

「それは決められている以外の派手な下着を着てくる女子生徒がいないかを確認しやすくするためにだ。
これをすることにより下着検査をしなくてすむ。」
「そんなの今までの定期的な朝一回の下着検査をすればいいだけです。」
「中にはそれが終わると派手なパンツにはきかえる生徒もいるかもしれないだろ? 
もしくは隠れてノーパンで露出を楽しんでいる生徒がいままでいたかもしれない。
そのための規則だ。これは女子生徒だけでなく女子教員にも適用する。女子教員ももちろんスカート着用でだな。
じゃないと生徒にもしめしかつかんからな。」
「ではこの二つ目の規則、ブラウスのボタンを上4ボタンを外すことは?」
「それもさっきのと同じだ。 4ボタンもはずせばブラジャーも見えるだろ? 下着検査と同じ理由だ。」

た、たしかに、この二つの規則があれば、みんなが嫌がっていた定期的な朝の下着検査というものがなくなる。
それに途中で派手な下着にはきかえることもできない。隠れてノーパンでいる生徒もいなくなる。
秋山って以外と私達のことと学園のことを考えているっていうの?

「では三つ目━━」

さっきは上の二つの規則を読んだ時点で読むのをやめてしまったが、

「━━進級ごとに処女検査の実施。 これは一体なんですか?」
「まあ、これは淫らなことをしてないかどうかの検査だ。親御さんから大事な生徒をあづかっている身だからな。
ちゃんとそのチェックはしないと。」
「聞きますが、どういう風にチェックをするのですか?」
「もちろんそれは男は俺がいないために俺がチェックをする。俺のちんぽでな。」
「先生は処女かどうかわかるんですか?」
「俺をあまくみるな処女かどうかすぐわかるぜ。ぐひひひっ……」
「…………」
「その後、親に報告すれば親も安心するだろ?
親としては子供が変な男にやられていないかどうか不安だろ?
それをこの規則によって解決だ。 親もそれによってやっぱりこの学校に入れてよかったってな。」

この秋山って男、私達の事の他にも親の心配、学園の信頼の為にとこんな規則を考えていたなんて……
ちょっとは見直したわ。

「まぁ、この規則はすぐというわけにはいかない。 教職員の説得は俺の方から話せばすぐ納得する。
だが、問題は生徒会だな。特に生徒会長である北野楓だ。」
「この規則も先生の理由を聞けば生徒会長も納得します。」

私はこの規則は誰もが喜ぶものと思っている。
下着検査はなくなるのだ。私もあの検査はとても嫌だった。
それに処女検査により私達の清純であることが証明される。
こんなに良い規則誰も反対なんてしない。

「北野の催眠抵抗力は高すぎる。 催眠を施すのは100%無理だろうし……あと転校生の持田か……あいつは多分……俺と同じ……」
「なにぶつぶつ言ってるんですか先生?」
「まあ、あの二人以外を催眠にかければいい。 一人や二人ぐらい正気の人間がいるというのも面白いしな。」
「先生?」
「じゃあ、今日はとりあえず水瀬、お前の処女検査でもしてやろうかな。 そうすれば親も心配なくなるだろ。」
「いっときますが私は処女です。」
「わかっている。お前がまじめなのは。だが、そんなの本人からのクチでは親は100%納得できないだろ?
だから第三者の俺が判断するんだ。」
「ええ、わかっています。」
「やっぱり頭がいいな水瀬は。賢くて助かるよ。」
「風紀委員長でもある私がみんなの模範とならなければならないのですから。どっちにしろ私の方からお願いするつもりでした。」
「じゃあ規則できるまえだが、視聴覚室にでもいってはじめるか。」
「はい、私の処女検査お願いします。」

しかし、なぜか動くことができなかった。まるで私の足が秋山の後をついて歩くのを拒むかのように。
「どうした水瀬?」
「いえ、なんでもありません。」
━[終わり]━
関連記事
このエントリーのタグ: 2chまとめ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す