FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1126)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (4)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

君の記憶 僕だけが知ってる♯1




男は記憶を全て奪い去る。
手にしたデバイスは名前を入れた者の記憶を全て引き出し、メモリーに保存する。

記憶は人間を作る唯一無二の情報 記憶を奪われた人間には何も残らない

友達や家族の名前も、辛かったこと楽しかったこと
思い出やこれまで築いてきた全てのことを忘れた。

自分が何者なのか、自分は何をしていたのか
消え去った記憶が戻ることはない



人の親は我が子が誰かもわからない
子供がいたかもわからない

人の子は自分の親すらわからない
誰が自分を守ってくれるのか 育ててくれるのか

妻は?夫は?兄弟はいるのか

家も、財産も記憶が無ければ意味がない


覚えているのは名前と生きるための最低限の知識、そして言葉だけ


常識もモラルも、善と悪も忘れた
何が正しくて、何が正解なのかもわからない


空っぽになった人間に男はデバイスを使って1つだけインプットした。

『お前が何者で、どんな人間だったかを知るには男に聞くより他にない』


すると人間は男に求めた。自分が何者で、どんな人間だったかを。
そうして男に言われた言葉をそのまま信じた。それだけが自分を知る唯一の方法だったから。

だが男は―――――



嘘を教えた



真実とはかけはれたデタラメを 自分の望むままに






偽りも空っぽの人間にとっては真実だった。

お前は5歳の幼児だと言われれば30歳でもそれを信じた。自分は5歳児なのだと。
君は小汚いホームレスだと言われれば、明らかに身なりの整った人間もそれを信じた。自分は小汚いホームレスだと。
清廉潔白な聖職者だった人間も、異常な性犯罪者だと言われればそれを信じた。

偽りが真実になった人間はその通りに行動した。

30歳の女性も5歳児のごとく振る舞い、精神は幼児化した。
裕福だった女は街を徘徊し、ダンボールと新聞紙に身を包み生活する浮浪者になった。
神に仕える牧師は祈りに来た女を犯し、時には殺した。




悪戯に真実を与えては破滅させ遊んだ。
10人、20人とそれが続くとデバイスを使う男の考えにも変化が現れた。
デバイスは使えば使うほど機能が増えていったからだ。


引き出す記憶は一度に全てという制約も、20人に達する頃にはかなり細かく一部だけを抜き取れるようになった。
1人に1回しかできなかったインプットも10回以上インプットできるようになっていた。
5m先の人間までしか効果を発揮しなかった範囲も、半径100mまで使えるようになった。
対象の名前を自分で手に入れ入力する そういう手間もカメラで顔を撮影すれば名前が自動的に判明するようになった。


30人に達する頃にはさらにデバイスの機能は改善された。
その頃には男も経験を積み、デバイスの機能を熟知し、人間を自在に操れるようになっていた。

男は確信した。

これを使えば世界征服だって可能だと。


だが思った。


まずハーレムを作るのが先だと――





大改変記憶改竄シリーズ

♯1 大金と痛み

2020年3月9日 東京都清瀬市

東京都でも郊外に位置するベッドタウン、清瀬市にその男はいた。
男の名前はタカシ。26歳のフリーターだった。
地方から声優を目指し上京してきたものの、才能もなく大した努力もしない彼はすぐに挫折しそのままフリーターとして数年を過ごしていた。

1Rの所謂ボロアパートに住むタカシは自宅に送られてきた差出人不明の箱を開けたことで人生が変わった。
デバイスは人の記憶を吸い取り、新しい記憶をインプットすることができるものだった。

デバイスを使い始めて3ヶ月。
その機能を自在に使いこなせるようになったタカシは世界征服、それに先立ってハーレムを作ることを計画した。
そして今日、遂に世界征服に向けて行動を開始したのだ。



清瀬駅前 コンビニ『コーソン』

タカシはバイト先に来ていた。
最期のシフトが終わると店長に挨拶に行った。

タカシ「今までお世話になりました」

男「お疲れ様。ウチに入ってどれくらいだっけ?」

タカシ「ちょうど1年くらいです」

店長は人柄のよい50歳の男性だった。
タカシが1年もバイトを続けられたのは失敗をきつく叱らない店長の優しさが大きな理由だった。



タカシ「――――では僕はこれで失礼します」

男「ちょっと待ちなさい」

タカシ「はい?」

男「君がウチに来てくれてよかった。本当に感謝しているよ。これは退職金には少ないかもしれないが、受け取ってほしい」

そう言って店長が差し出したのは小さなアタッシュケースだった。
開けてみると中には大量の現金が入っていた。

タカシ「これは……」

男「2000万円ある。私の貯金の全てだ」

タカシ「いいんですか、こんな大金」

男「あぁ是非受け取ってくれ。実はずっとこのお金はキミに渡したいと思っていたんだ。1年前からずっとね」

タカシ「そうですか。では遠慮なく受け取ります。今までありがとうございました」

タカシは迷いなくアタッシュケースを受けとり、そのまま帰宅した。



タカシ「2000万……ハハハ!簡単にこんな大金が手に入るなんて……最高すぎる!今まで何十年もコツコツ貯めてきた金を簡単に差し出すなんてな。記憶の書き換えは完璧、大成功だ!ハハハ!」


タカシは前日にバイト先に行き、店長の記憶の一部を吸出し、新しい記憶をインプットしていた。
老後の為に貯めていた大切なお金という記憶を吸出し、誰かにあげるために貯めていた泡銭でタカシがバイトに入ったときから辞める時に貯金を全てあげようと思っていた。そう記憶を改竄していたのだ。


他の記憶を変えてはいないので店長が違和感を覚え、実際にお金を譲ろうとしなかった可能性も充分にあった。
だが、30年分の記憶を書き換えたことで違和感より改竄された記憶が勝った。それほど人間にとって記憶とは行動に影響や心理に影響を与えるものなのだ。
だから当日店長はいたって普通にお金を差し出したのだ。

ともあれタカシの手元には2000万という大金が労せずして入り込むこととなった。
デバイスを駆使すればいくらでも大金が手に入る。
それを確信したタカシはその日のうちに次の行動に移った。


身なりを整え池袋のキャバクラに行き、豪遊したのだ。
それなりに高級店で有名人も良く訪れるという店で湯水の様に金を使い、女を代わる代わる指名し両脇にはべらせた。
そして流れの中でデバイスを使いツーショットの写真をたくさん撮った。
タカシに着いたキャバ嬢が10人を超えたところで閉店時間が近付き、最後に№1の女を指名し、金に物を言わせてホテルへと持ち帰った。
わずか3時間で会計は800万を超えていた。



ホテルでは№1の女を激しく抱いた。
女はお金の為に嫌々ながらも演技で楽しそうにセックスに応じた。

事が終わると女はシャワーを浴びに浴室へと入った。

そのタイミングを狙い、タカシはデバイスで女の名前を検索した。
この時の為にキャバクラで写真を撮っていたのだ。



タカシ「ナンバーワンの愛奈ちゃんの本名は……でたでた」

タカシ「北村由紀……ね。普通の名前だな。まぁいい、さっそく記憶を吸いだすとするか。」

表示された名前をタップすると抜き出す記憶を指定し、デバイスに記憶を吸いだした。
吸いだしたのは今日の朝からキャバクラを出てホテルに向かうまでにあったことの記憶だった。

そして変わりに新しい記憶をインプットした。
『今日何があったかを教えてもらうためにタカシと寝た。なぜなら本当のことを知っているのはタカシだけ。これからそれを教えてもらうつもりだった。』

シャワーを浴び終えた北村由紀は改竄された記憶の通り、タカシに今日何があったのかを聞いた。
タカシは丁寧に説明を始めた。


タカシ「僕だけが知ってる君の記憶を教えてあげる」


僕が作った 嘘の記憶を――


――――


アイコン「ふぅん……なるほど。そんなことがあったんだ……。」

タカシ「ふふっ、そうだよ。それが今日間違いなく君に起きた出来事だよ。」

アイコン「話をまとめると、今日の朝私はオナニーで10回もイッてふらふらの状態で出勤した。そのせいで気が緩んでた私はお店でオナラをしちゃって、あまりの恥ずかしさで記憶喪失になってしまった。」

タカシ「そうそう。」

アイコン「で、たまたま私の記憶を知るタカシくんがお店に来たから私が無理を言ってホテルに連れてきたんだね。」

タカシ「そうだね。条件も言った通りだよ。」

アイコン「うん。今日のことを教えてもらうお礼にエッチするのと、私の貯金全部タカシくんにあげるって約束なんだよね」

タカシ「うんうん!エッチはもうしたから、後は貯金を貰うだけだね。」


記憶の改竄が上手くいっていることを確信したタカシは改めて由紀にお金を求めた。
彼女の貯金をどれだけ持っているのかが楽しみで仕方がなかった。
高級キャバクラの、それもナンバーワンともなれば店長の2000万など遥かに上回る貯金があると思ったからだ。

だが、タカシの予想は裏切られてしまう。
由紀が差し出した通帳には預金が20万円しか入っていなかったのだ。


タカシ「えっ、これで全部?」

アイコン「うん。私すぐお金使っちゃうから全然貯まらないんだよねー。」

タカシ「おいおい!これじゃあ赤字じゃん!店で800万も払ったのに20万って……赤字じゃんか!!ふざけんなよっ」

目論見が外れたタカシは動揺して由紀の肩を揺さぶり問い詰めたが、部分的な記憶の改竄が仇になり反撃を許してしまう。

アイコン「ちょっ!約束は守ったでしょ!?」

タカシ「そうだけどさぁ!」

アイコン「ッ!ちょっと離してよ!ふざけんなっ」

振りほどこうと抵抗した由紀の肘が顔面にぶつかり、タカシはその場に悶絶した。
そして由紀は急いで服を纏うと、ホテルから去ってしまった。

タカシ「くっそ……!あのクソ女ぁ……!」


今晩タカシに残ったのは由紀の通帳と顔面の痛みだった。
セックスの後で疲れていたこともあり、その夜はそのまま眠りにつくことにした。
今日の失敗を二度と繰り返さないと誓って――




所持金:1140万
自宅 :清瀬市 安井荘1R風呂トイレ共同
支配した人間:0人

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
57: by mcHsi on 2014/06/14 at 00:31:25

これまた面白い話が始まりましたね

記憶を改変させ何があったのかを確認させるように仕向けるとは盲点でした

無理をせずにゆっくり続けて下さい

▼このエントリーにコメントを残す