FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1137)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (16)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

服従する者 / 罠に堕ちたエファナティカ 後編

グレート・ルナリアムの女幹部、エファナティカが地球側のアマトに敗北し調教されるようになってしばらくが経っていた。

エファナティカ (2)_R

「お前もだいぶ従順になってきたじゃないか、エファナティカ」

「そんなこと……命令……されたからだよ……」

言葉では否定しても、その口調はあまりにも弱い。

「命令されたいの間違いだろう?それに……」

「命令されなくてもどうすればいいか、自分が何をすべきなのかわかるだろう?ほら、枷は外してやる。」

「あぅ……わ、私は……」

枷を外されたエファナティカだが、アマトに危害を加えることはできない。
しかし逃げることはできる。
逃げなくとも、何もしないという選択肢もある。

「俺は命令しない。お前が考えるままに行動すればいいんだ」

「そうだ。俺に危害を加えることも許してやろう。今だけ、俺を攻撃しても良い」

「したいならな」

ドサッとソファに深く座りくつろぐ男を前に、エファナティカはゆっくり立ち上がった。

エファナティカ (3)_Rg

自由を取り戻したエファナティカは、アマトの正面にゆっくりと移動した。
その間に自分で服を脱ぎ捨てていることに気付かず、狼狽えている。

(わ、私……)

今なら無防備なアマトに攻撃することもできる。
呪縛から逃れるまたとないチャンスだ。

(全力で魔術を使えば……多分勝てる。簡単に殺せる……)

(逃げられる。こいつから……)

(けど……)

(けど……!!)

心が逃げたいと思っていないことを悟り、エファナティカは涙する。
それは屈辱と悲しみ、絶望と諦めが入り混じった複雑な涙だが、その主成分は……悦びだった。

「あ……あぁ……!」

ガクリと崩れるように跪いたかと思うと、そのまま口でチンポを咥え、しゃぶってしまったのだ。
今までの調教で、アマトがどうすれば気持ち良くなるのか手に取るようにわかる。

「じゅるるっ、ぶちゅるるっ

(気持ち良くなってもらいたい)

(私の口と舌の御奉仕で、射精してもらいたい)

(アマト様に……支配してもらいたいんだっ

吹っ切れたように激しいフェラチオで射精してもらったエファナティカは、口の中に精液を注がれ、それを何も言われずとも咀嚼してゴックンと飲み干した。

「あぁあ……美味しい……

(……幸せ)

(もう、嫌じゃない。胸の内からくるこの温かさは幸せそのものだってわかる)

(ダメだ、もう私……けど、けどいいのか……このまま堕ちてしまって……)

わずかな迷いが残っているが、エファナティカの体はチンポを求め尻を突き出してしまう。

「なんだ、そんなにチンポ入れて欲しいのか?仕方ない奴だ」

エファナティカ (8)_Rg

「あああっ中出しされていぐううっ

挿入され、もはや中出しも拒絶しなくなったエファナティカはもう誰が見ても堕ちている。
本人がはっきりと認めていないだけだ。

(今のままでもいずれ勝手に認めるだろうが、何か決定的な一押しをするのも面白いかもな)

(そうだな……)

アマトはエファナティカから自分が奴隷であると言うことを認める言葉を引き出すため、ある余興を思いくのだった。

エファナティカ (1)_R

「ああんっ

「こ、これは!?」

呼び出されたエファナティカが見たのは、自分の地球での姿であるエファ・グラナーダがアマトに抱かれている光景だった。

エファナティカ (9)_Rg

「んんっ遅かったわねっ」

「わ、私が……ど、どういうことだい!?」

目の前で自分の姿をした誰かがセックスしている。
その様子に動揺するのは当然だが、今アマトが抱いている女はエファのドッペルゲンガーだという。

「なんて趣味の悪い男なんだい!い、今すぐやめろ……やめるんだ!!」

「やめてお前を抱いてやればいいのか?」

「ち、違う!」

ハッとなったエファナティカの股間は既に濡れていて、それを隠すように激昂した。
それを見透かしたようにアマトは笑い、腰を振りながら話を続ける。

「ふん。これは俺が作り出した、都合の良いお前だ」

「ああっそう、私はアマト様の都合の良い女なのっ

「わ、私を屈服させられないからってこんなものを作ったのかい」

「違う。こいつは今からお前と融合させる為に作ったんだ」

「融合!?」

「そうだ。お前は自分でもわかってるんだろう?もうすっかり屈服して、本気で逆らう気なんてない」

「ただ素直になれない。そのきっかけが欲しいだけだ」

「ち、違う!誰が屈服してなんか!!」

必死に虚勢を張るエファナティカだが、アソコを濡らしモジモジとしながら物欲しそうにセックスを凝視している自分に気付いていないのだろうか。

「今までのお前なら、どうやっても融合は無理だっただろう」

「だが、今のお前ならどうかな?」

「お前とこいつをが融け合えば、お前も言い訳が付くだろう?」

「俺にとっても、お前を俺にとって都合の良い最高の牝に作り上げられる。お互いWINWINってわけだ」

「ふざけないで……うぅ……わ、私は……!」

融合させられたら自分が自分でなくなってしまう。
それに怯えたのか、腰が砕けながらも後ずさる。

だが、アマトはエファナティカに命令し、ドッペルゲンガーの自分と体を重ねることを強要した。

エファナティカ (7)_Rg

「ああっ、私が私を犯すなんてっ」

「んああっ嬉しいっ犯されるのがたまらなく嬉しいのっ

「そんな……こんなに乱れて……これが私……」

チンポでよがり狂う自分の姿が信じられず、動揺する。
一方でチンポを生やして自分を犯すことに快楽を得ていることにも気付いてしまう。

エファナティカ (5)_Rg

「ち、違う!私は私だ!お前なんかじゃない!!」

必死に拒絶するが、それを否定したのは目の前にいる自分だった。

「違わないわ。 これはそう遠くない未来のあなたよ」

「ふふ、まもなく……ほんの数分後のあなたが私

「なっ……」

「アマト様の牝奴隷の私、私を犯しているあなた、犯されて悦んでいる私。全て私なのよ?」

ねっとり染み込むように自分の声、自分の姿で囁かれ、エファナティカは何が何やらわからず正気を保っていられなかった。

「牝奴隷の私……犯してる私……悦んでる……私……」

「一緒になりましょう。あなたが中出ししてくれれば……私達は一つになれる」

「それは素敵なことよ?自分が何者なのか……はっきりわかるんだもの」

「あぁ……ああ!」

自分に対する迷いと戸惑いだらけのエファナティカにとって、自分という存在がはっきりわかるということはあまりにも魅力的だった。

エファナティカ (7)_Rg

「ああんっあっああっ

「……フフ」

夢中で自分を犯しだしたエファナティカを見ているアマトは笑っていた。

(中出ししてしまえ)

(そして融合しろ……体だけはオリジナルのお前で、精神は俺が作り出した都合の良い女になるんだ)

二人のエファナティカは絶頂によって融合する。
その瞬間は間もなくであった。

共通 中出し

『「あああああああ~~~~ッッ」』

中出しで二人の嬌声が重なり合うように絶頂した瞬間だった。
二人は光に包まれ、魂と肉体が融合し、一つとなったのだ。

エファナティカ同士の融合だから見た目は変わらないが、中身は違う。
記憶は全て残っているが、その精神は淫らな牝奴隷のエファナティカのものとなっている。

「ああ……今……はっきりとわかりました」

「私は牝奴隷です……アマトさまの牝奴隷ですうっ

「ふふ、そうだ。お前は俺の牝奴隷だ」

「はいっなんなりと御命令ください、御主人様

こうしてエファナティカはアマトの牝奴隷になり、快楽、そして主への奉仕こそが全てと言う存在に生まれ変わったのだった。



つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3277: by on 2019/08/21 at 01:52:58

更新お疲れ様です。
毎日更新されてる作品で元ネタがわからないものも多いですが、文章力の高いので楽しんで読ませてもらってます。

▼このエントリーにコメントを残す