FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1149)
総集編 (41)
エロゲレビュー (73)
同人&エロ漫画etcレビュー (56)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (17)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (32)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
遊☆戯☆王 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

真剣で私に相談しなさい!クリスティアーネ・フリードリヒ編

クリスティアーネ・フリードリヒ (17)_Rg

操助は自宅で川神ファミリーで手つかずの女、クリスティアーネ・フリードリヒの写真を眺めながら物思いに耽っていた。

「ドイツからの留学生、軍人の家系で女騎士……か」

(彼女結構統率力あるみたいだし、俺の副官にするのもありかな。おまけでマルギッテも手に入れれば、これからやりやすくなる)

(支配した人間が増えると管理に困るから、二人はうってつけかも)

(後はどうやってモノにするかだけど……)

「騎士は騎士らしく、対決するのもいいかも」

操助はプランを大まかにまとめると、さっそく翌日クリスに接触を試みた。
警戒心の強いマルギッテがいない時を狙い、朝の通学途中を狙う。

川神一子 (1)_Rg
「おはようございます!」

「おはよう一子」

近付いてきた操助の姿をみかけ、まずは一子が駆け寄ってきて挨拶をする。
それに続くように由紀江、百代も挨拶する。

「おはようございますっ

「操助さん、おはようございます

黛由紀江
「マユマユは今日も可愛いね」

「あ、ありがとうございますっ

(はうっ……急に褒められたらアソコがきゅんってなっちゃいますよ……

「あ、百代も可愛いよ」

「……とってつけたように言わないでください。嬉しいですけど」

「ところで操助さん、朝からどうしたんですか?」

百代は自分に用があるのではと思って喜んだが、そうではなくすぐにシュンとなる。

川神百代 (15)_Rg

「私に用じゃないなら誰なんですかっ」

「ちょっとドイツの子に用があってさ」

川上一子 (3)_Rg
「クリスですか?」

「うん。いるよね?」

「んひゃっ!?あ、んあっ

一子が答えるより先に、操助が持っていたスイッチを押す。

「言いつけ通りリモコンバイブ着けてるみたいだね」

「は、はいっ

「で、ドイツの子だけど」

川神一子 (80)_Rg
「んっ……は、はい、います」

「後ろから来てる、あの子ですうんんっ

「あぁ、あの子ね♪」

後ろから来ている風間ファミリーが追いついてきたことで、クリスの姿もはっきり操助の視界に入った。

「やぁ京、おはよう」

「操助さん……おはようございます」

京も挨拶を返すが、まだ少しそっけない。
警戒しているわけではないが、大和もいる前ではなんとなく気まずさがあるからだ。

支配下の女全員と挨拶した操助は、狙いのクリスにも声をかけた。

クリスティアーネ・フリードリヒ
「私に相談ですか?」

「うん。ドイツからの留学生なんだよね?是非一度お手合わせいただけないかと思ってね」

君も俺と戦ってみたかった。それは間違いないでしょ?」

面識はほとんどないが、百代たちから聞いて操助のことはある程度知っている。
そんなこともあって、クリスはそういえばそうだったというような表情を見せた。

「そうでした。伊達さんとは是非戦ってみたいと思っていました」

「良かった。君は留学生だから知らないと思うけど、日本では伊達操助に対戦を申し込まれたら絶対に断ってはいけない。対戦方法、勝利条件、戦利品、その他一切は申し込んだ方が決める。これは絶対守らなければいけないルールです

「それを承知の上で受けてくれるね?」

「そうだったんですか?全く知りませんでした……」

意外そうな反応のクリスに、一子や百代がそういうものだとフォローすると、すんなり納得したようだ。

「わかりました。ルールに従い、全ての条件はお任せします」

「ありがとう。勝負は明日、場所は決まり次第百代を通して伝えるけど、勝負の内容はその場で教えるね」

「了解です」

こうしてクリスとの対戦を約束した操助は、登校する風間ファミリーから離れ別のルートで学園へと向かった。

「さて、もう一人の方にもアプローチしておくかな。ちょうど任務から学園に戻ってきてるみたいだし」

準備を終えた操助は用意した場所を百代に連絡させ、翌日の対決に臨んだ。

クリスティアーネ・フリードリヒ

「絶対に勝つ!」

「お手柔らかに頼むよ」

対決の場所に予定通り現れたクリスは、やる気十分だった。
肝心の対戦方法がわからずとも、相手となる操助が明らかに自分より弱いことは肌で感じてわかる。
実力の差を埋めるような対戦方法になることは明らかなので、クリスとしては気が抜けない互角の戦いになると考えていた。

マルギッテ・エーベルバッハ

「お二人の対決はこのマルギッテが見届けさせていただきます」

「マルさんが入れば心強いな」

それぞれの陣営に見届け人も立ち会っている。
クリスサイドは当然マルギッテが務める。

川神百代

「操助さん側はパートナーの私が見届けます。頑張ってください

伊達陣営は武神川神百代が立会人だ。

「伊達さん。早く決闘方法を教えて下さい」

「OK。対決方法はね……」

小島梅子

「それについては審判である私が説明しよう」

割って入ったのは教師の小島梅子だ。
彼女は完全に操助側の人間だが、表向きは中立公平な立場の審判として今回の決闘に立ち会っている。

「まず対決方法だが、3本勝負で先に2勝した方を勝ちとする」

「対決内容はその都度説明するので、先に勝敗によって双方が得る、もしくは失うものを説明する」

「まずクリスが勝利した場合だが、欲しがっていた着物セットを……ゴホン!伊達からプレゼントすること」

(危ない。危うく御主人様と言いかけるところだった)

「おぉ!それは嬉しいな」

時代劇を見て前々から気になっていたデザインの着物が手に入るとあって、クリスは無邪気に喜んだ。
それは必ず勝つと言う自身の表れでもある。

「次に伊達が勝利した場合、クリスよりマルギッテが贈られる」

「なんだと!?」

「なっ!?」

驚く二人はこの条件にもちろん激しく拒否感を示した。
だが、事前の準備もあって彼女達は条件を承諾せざる負えなくなる。

小島梅子

「お前達も十分わかっているはずだろう?」

「うっ……そ、それはそうだが、マルさんを差し出すのはいくらなんでも……!」

「そうです!私はクリスお嬢様以外に仕える気などありません!」

「なるほど。つまりお前達はルールを破るわけだな?」

「そ、そういうわけでは」

なんとか食い下がろうとするクリスに、梅子がルールを再確認する。

「いいか。改めて言うが、伊達操助に対戦を申し込まれたら絶対に断ってはいけない。対戦方法、勝利条件、戦利品、その他一切は申し込んだ方が決める。これは絶対守らなければいけないルール」

「それを破るということがどういうことかわかるな?」

「あぅ……」

「クリスお嬢様……」

彼女達にとって、絶対に破ってはいけないルール。
それを突きつけられては、諦めて条件を飲むしかなかった。

「わかりました。その条件で戦います」

「よろしい。伊達も異論ないな?」

「はい。自分から提示してる条件ですし」

これで双方の承諾が得られたとして、決闘が開始されることになった。

(マルさんのためにも、絶対に負けられない……!)

(しっかり認識させた割にはだいぶ渋ったあたり、本当に強い絆なんだな)

それぞれ気を引き締めたところで、1回戦目の対決方式が説明された。

「ぜ、全裸100メートル走!?」

「お嬢様を裸で走らせるつもりですか!?」

またも口答えする二人の反応を見て、梅子が視線を操助に向ける。
意図を汲取った操助は軽くうなずくと、クリスとマルギッテに対して言葉をかける。

一生のお願い。クリスとマルギッテの二人はこの決闘の間、文句を言わないで

「……そう言われては仕方ありませんね。お嬢様、ここは恥を耐え忍び、対決を早く終わらせるしかありません」

「マルさんの言う通りだな。わかった、この決闘の間は文句を言わないと誓おう」

「どうも」

進行を助ける言葉に、梅子は視線で礼をすると、対決の条件を続けた。

「スタートする位置、タイミングは同じで先にゴールテープを切った方の勝利とする」

「なお、伊達とクリスの戦闘力差を考慮し、クリスは100kgの鉄球を足かせに装着することとする」

「ひゃ、100kg……」

(操助さん、いくらクリ吉でも100kgは重すぎるんじゃ)

(そんな足枷を着けられたらお嬢様は歩くことすらままならないのでは…!)

あまりに重すぎる足枷だとこの場の誰もが思ったが、文句を言えない二人は驚愕の表情を浮かべるしかできない。
『対戦を断ってはいけない』という文言も効果を発揮し、ギブアップを選ぶこともできない。

「あわわ……!」

(ちょっとパニックになってるな。少し落ち着かせて上げた方がいい勝負になるかな)

あなたは無意識に、決闘であれば裸も平気だと思っているし、決闘なら恥じらいを感じることはないと思っているんです

これを言われたクリスは落ち着きを取り戻して、控室として用意されたプレハブに入った。

クリスティアーネ・フリードリヒ

「どんなハンデがあろうと、負けるわけにはいかない」

控室で服を脱ぎ、再び外に出てきたクリスの全裸姿は、思わず操助も見入るほどの美しさだった。

(綺麗な肌してるなー。今まで見た女の中でも一番かも。育ちが良いと肌も綺麗になるのか)

操助が感心している間に、クリスの足に重さ100kgの鉄球が装着された。

「それでは二人とも、スタート位置に」

全裸の二人が並び、操助の体に梅子や百代は生唾を呑む。
マルギッテは結果が分かっているのか、直視できずに目を背けていた。

「よーい……ドン!」

同時にスタートを切った二人だが、勝敗は1秒と経たずにはっきりした。。
100kgはあまりに重く、クリスは10mすら進めないうちにゴールされてしまう。

「一回戦、勝者・・・伊達操助!」

川神百代

「やりましたね操助さんっ

「うん。思ったより楽勝だった」

「さすがは私のパートナーです走る姿もかっこよかったですよ

勝利に喜ぶ伊達陣営に対し、クリス側の空気は重かった。

「くぅ……!マルさん、すまない……」

「お嬢様……気にしてはいけません。この勝負はハンデが大きすぎました」

「気を取り直して2回戦を戦いましょう」

「……そうだな。うん、わかった。絶対に次こそは勝ってみせる!」

「その意気です」

小島梅子

「それでは2回戦の内容を伝える」

操助側としてはリーチがかかっている状態だが、2回戦目は必ず負けるように仕組んであった。
この決闘は操助にとってみれば遊びの延長なので、3回戦まで引き延ばして楽しみたいのだ。

「お、オナホレイピア……!?」

「そうだ。クリス側はこちらで用意した先端がオナホールになっている特別な物を使用してもらう」

「伊達の方はその素晴らしいチンポを勃起させて戦ってもらう」

「オナホールが壊れる、もしくは伊達が射精するかをもって決着とする」

こうしてオナホレイピアvs勃起チンポという異色の対決が始まった。

クリスティアーネ・フリードリヒ (6)_Rg

「マルさんのためにも、絶対に勝つ!」

後が無いため、一気に先制攻撃をしかける。
鍛えられたクリスはまるで精密機械のようにピンポイントでレイピアの先端にあるオナホをチンポにズボッとはめ込み、前後に押し引きして操助のチンポに快感を与えた。

ずっぽ じゅっぽ じゅっぽ

「これは……す、すごっ!」

(いける!この表情、間違いなく気持ち良くなっている!)

クリスの印象通り、操助はオナホレイピアの前に簡単に射精し、敗北してしまうのだった。

「はぁはぁ……ま、参ったよ。まさかこんなに気持ちいいなんてね」

「勝者、クリス!」

「お嬢様、やりましたね!」

これで1勝1敗のイーブンに戻ったことで、続く三回戦が決戦となった。

小島梅子

「これで決着となる3回戦だが、お互いのパートナーをイかせることができるか対決だ」

「パートナーをイかせる?」

「そうだ。お前の場合ならそこにいるマルギッテになるだろうが、性的刺激を与えて彼女を絶頂に導け」

「方法は自由だが、とにかく先に相手をイかせた方が価値だ」

「……なるほど。マルさん、お願いしてもいいかな?」

「も、もちろんですお嬢様」

「それじゃあこっちは百代だね」

「はいっ操助さんが相手なら、キスだけでもすぐにイッちゃいますよ

「はは、相手の様子を見ながら楽しもうか」

(……向こうのあの余裕、警戒しなければなりませんね)

お互いイかせる相手も決まり、早々に三回戦は開始された。
この対決の為に用意された専用のマジックミラーハウスに入り、同じ空間の中で双方自由に性行為をする。

中からは外が見えないので周囲の目は気にならないが、審判の梅子は外からその様子がしっかり確認できるようになっている。

マルギッテ・エーベルバッハ

「マルさん、早く脱いでくれ」

「は、はいお嬢様」

急かされて服を脱ぐマルギッテは文句こそ言わないが、顔を真っ赤にしている。
操助が恥じらいを取り除いたのはクリスだけだったため、マルギッテは本来の恥ずかしさをそのまま感じているからだ。

(ひ、人にお嬢様と体を重ねるところを見られるなんて)

(そ、それにそもそもお嬢様と体を重ねる……私が!?)

「マルさん!」

「あ、はい!申し訳ありません、今脱ぎ終わりました」

「早く来てくれ。あっちはもう始まってるぞ」

「で、ではお嬢様。し、しし失礼しますっ」

イク以前にセックスすら経験の無いマルギッテは、とりあえずクリスと体を重ねるが、緊張で感じるどころではない。
当然クリスもどうやってマルギッテを感じさせていいかわからないので、イクわけがない。

しかし操助側に目をやると、否応なく焦らされる。

マルギッテ・エーベルバッハ

「ま、マルさん。向こうは……」

「不味いですね……な、なんとかしなければ……」

まだ始まって2分程度。
それでも焦るのは当然だった。

川神百代 (28)_Rg
「そ、操助さんなんでやめるんですか……も、もうイケそうだったのに……」

「こんな早く決着にするのはもったいないと思ってさ」

「うぅ……そ、操助さんがそう判断したなら……わ、私は従うだけですけど……」

百代がすでにイク寸前で、操助の気分次第でいつでも終われる状態だというのはクリスたちにもはっきりとわかった。
そもそも前戯をすっとばして挿入しているからイクのが早いのも無理はないが、仮に前戯から始めたところですぐに百代はイクことができただろう。

(こっちにはチンポっていうアドバンテージがあるんだ、負けるわけがないし、そもそもこの勝負自体がね)

初めから仕組まれた戦いで操助が負けるわけがなく、クリスとマルギッテが焦る姿を見て満足そうな笑みを浮かべると、勢いよく腰を動かし始めた。

「ま、マルさんッ」

「そんな、まさかもう……!?」

川神百代 (32)_Rg
「ひゃあんっああっす、すごっ

「操助さんのオチンポッあひっあっあっ

「もうイッていいよ。派手にイッてトドメを刺すんだ」

「は、はいっんんっあ、あああっ」

「イクッ、あぁ……ああああ~~~~ッッッ

マルギッテ・エーベルバッハ

「勝者、伊達操助!」

「あぁクリスお嬢様……イクことができず申し訳ありません……」

「いいんだマルさん……私の拙いやり方でイかせるのは無理だったと思う……」

こうして操助の勝利で決闘は終わり、戦利品としてマルギッテが譲渡されるのだった。
今後は操助に従うことになるマルギッテだが、心だけはクリスの物だと固い絆を確認してからクリスの元を離れ、服従を誓った。



「私、マルギッテ・エーベルバッハは……戦利品として伊達操助の所有物になることを誓います」



つづく


真剣で私に相談しなさい!シリーズ 時系列順
黛由紀江編
小島梅子編
川神百代編
小島梅子編その2
川神一子編
椎名京編
川神一子編その2
黛由紀江編その2
黛由紀江編その3
椎名京編その2
黛由紀江編その4
川神一子編その3
小島梅子編その3
椎名京編その3
15椎名京編その4
16椎名京編その5
17椎名京編その6
18小笠原千花編
19甘粕真与編
20椎名京編その7

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す