FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1149)
総集編 (41)
エロゲレビュー (73)
同人&エロ漫画etcレビュー (57)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (18)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (2)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (32)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (93)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
遊☆戯☆王 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画⑦]園崎詩音、緊縛の催眠

園崎魅音

『興宮のとある本屋』

園崎詩音「おじさん、例の本は入りましたか?」

男「それがねぇ、ありゃどうやらかなり数が限られてるみたいでさ、中古でもなかなか出回ってないんだよ」

園崎詩音「そうですか……」

男「とはいえ東京の書店にあるってことはわかったから、取り寄せてみるかい?ちょっと高くつくだろうけどね」

園崎詩音「お願いします。お金はこの際気にしませんから……早めに」

男「わかったよ、手配しておくから」

園崎詩音「頼みます」

雛見沢周辺の歴史が記された希少な本を注文するために、詩音は1人興宮の古本屋に来ていた。
昭和のこの時代、古本の在庫はデータ化などはされておらず、本屋同士の繋がりから本を探すしか方法が無かった。
この本屋は古本屋としては興宮で最も新しく、中年の店主が一人で経営している店だが、古本の取り寄せについては評判が良かった。

男「あーちょっと待って、詩音ちゃんに見せたいものがあるんだ」

園崎詩音「見せたいもの?」

男「これなんだけどねぇ」

園崎魅音「こ、これはっ―――――」

――――

――――

――――

男「詩音ちゃん?おーい」

園崎魅音「はっ!?」

男「どうしたんだい、ぼーっとして。疲れでも溜まってんのかい?」

園崎魅音「え?あ、あぁすいません。ちょっとボーっとしてしまいました」

男「本は取り寄せとくから、また何日かしたらおいでな」

園崎詩音「わかりました」


その日の詩音はまっすぐ自宅へ帰り、とりあえず本が見つかったことに安堵した。
数日後、空いた時間に再びその書店を訪れると本が届いていた。
紙袋に入っていたので中身を取り出すと、意外にも相当新しい。

男「どうだい?古本でこんなにいい状態なのは珍しいんだ」

園崎詩音「魅惑の緊縛100~セルフ緊縛編~  確かにこれですね」

男「これでいろいろ勉強できちまうな」

園崎詩音「そうですね。まずは有名なのからはじめたいですけど、やっぱり亀甲縛りですね」

男「練習してうまくできたらおじさんにも見せてくれよっ」

園崎詩音「わかりました、本を取り寄せてもらったら何かお礼するのは当然です。一番出来がいいのを披露しますね」

男「へへっ、こりゃあ楽しみだ」

詩音は『ずっと欲しかった本』の実物を見て、嬉しそうだった。
3000円程度の代金を支払うと本を手に一人暮らしをしているマンションへと帰った。
途中ホームセンターに寄って、縄や他に必要な物を購入し両手にかなりの荷物を抱えることになったが、足取りは軽かった。

帰宅した詩音はさっそく本を開いて緊縛の方法を学んだ。

園崎詩音「なるほど……結構奥が深いですね。焦らず簡単な物から……」

赤いロープを取り出した詩音はまずは自分の手足を縛ることから始めた。
足は縛るだけなので簡単だが、手は楽ではない。
結んだあと自分で解ける様なしくみは理解するのに数分かかったが、要領の良い詩音はテーブルの脚などで練習し、しっかりと手順を覚えてから自分で挑戦した。

園崎詩音「できた……!後はちゃんと解ければ……」

結果は成功で、セルフ緊縛の基本は簡単にマスターすることができた。
この後も詩音は順を追って緊縛を練習し続けた。


数日後―――

園崎詩音「あんっ

園崎魅音「どした?」

前原圭一「なんだぁ?随分エロイ声あげてますなぁ」

園崎詩音「ちょ、ちょっとシャツの背中のタグがくすぐったくて……」

北条沙都子「わかりますわぁ。結構もどかしいですわよね」

園崎詩音(縄が……食い込んで……)

詩音はこの日魅音の部活動グループに参加していた。
机に座りトランプをして普段通りを装っているが、その服の下には全身を縄で縛った体を隠してる。
本に『上から服を着て判別できないくらいがベスト』と書いてあったのを真に受け、バレないかを検証していたのだ。

園崎詩音(股をこすると感じてしまいますね……)

縄は詩音の局部にもしっかりと食い込ませてあり、細目の縄が愛液でべとべとに濡れてしまっていた。
いくら普段通りを装っても違和感を隠すことは出来なかったが、部活のメンバーは体調が悪い程度に考えていた。

それからも詩音はいろいろなことを試した。
鼻フックを外で試すのはどうしても不可能だったが、ボールギャグは着けて外出した。
大き目のマスクをつけると完全にボールギャグは隠すことができたのだ。

行為は徐々にエスカレートしていく


園崎詩音「えーと次は……『№67コートの下は全裸で緊縛』ですか。これは簡単ですね、既に学んだ緊縛の上からコートを羽織るだけですから。ただちょっと寒いかも」

詩音は手慣れた手付きで自らの全身を縛ると、コートを羽織り買い物にでかけた。
行先はこの本を取り寄せた時の書店だ。


男「おう詩音ちゃんかい、いらっしゃい。なんかお探しかい?」

園崎詩音「いえ、とくにこれが欲しいという物は無いんですけど……」

男「おっ!てことは例のヤツ、見せてくれるのかい?」

園崎詩音「いえ、それもまだです。今は6割くらいしか進んでないので、もうちょっとかかると思います」

男「なんだ、そうなのかい?」

残念そうな表情を見て、魅音はコートの下が全裸で緊縛状態なことを悟られていないと思った。
実際この時店主は気付いておらず、普通にコートを着ているとしか思っていなかった。

だが、結果的にはバレてしまうことになる。
閉店間際で他の客がいなかったことが詩音にとって災いしてしまう。

男「ラクダのスキージャンプ」

園崎魅音「えっ…――――」

店主がキーワードを言うと詩音はその場に硬直し虚ろな目で棒立ちとなった。
それを確認して店先のシャッターを降ろし、店内には虚ろ目な詩音と店主だけになった。

男「ちょっとムラムラきてたからよ、詩音ちゃんで楽しませてもらうぜ」

詩音のコートのボタンに手をかけると、やや手荒にボタンを外した。
コートを開いて脱がすつもりだった店主は驚く

男「こいつぁ凄えやっ、まさか全裸でしかもキッチリ縛ってあるなんてな」

器用な詩音が自分に施していた緊縛は見事な物だった。
解くのはもったいないと思ったが、縄で縛られた状態でことに及ぶのも面倒だった。
そこでこの場ではとりあえず口だけを使用することにした。

男「詩音ちゃん、アンタはこの店から帰る前に俺の下に跪いてフェラをする」

園崎魅音「かえる……まえ……ふぇら……」

男「フェラしている間はなーんにも考えねぇ、ただ俺のチンポをしゃぶって射精させることだけ考えるんだ」

園崎魅音「なにも……ただ……しゃぶる……しゃせい……させる……」

男「でな、口の中のザーメンは家に帰るまでゆっくり口の中で味わうんだ。家に付くまではなーんも考えずにまっすぐ帰る。いいな?」

園崎魅音「かえるまで……くち……あじわう……なんにもかんがえず……帰る……」

男「おう。で、家に帰ったら飲みこむんだ。そうすると詩音ちゃんは普段通りに戻る。そしてな……」

店主は詩音に暗示をかけると、手を叩いて意識を戻した。

パンッ

園崎詩音「ん……」

男「おう、詩音ちゃんもう帰るんだろう?」

園崎詩音「はい。帰ります。えーと……」

意識が戻った瞬間は普通そうだったが、店主が帰りを促すとぼーっとしながらゆっくり膝元にしゃがみ、店主のズボンを降ろした。
そして何も言わず目の前の物を咥えると何も考えずにしゃぶりだした。

園崎魅音「はむ……ちゅっ、くちゅくちゅっ」

園崎魅音「ちゅるっ、あむっちゅるちゅじゅるるるっ」

男「おおっ、若いのにうめぇっ」

詩音は暗示通り一心不乱にしゃぶる。
その姿は本当にそれ以外何も考えていないだろう雰囲気がひしひしと伝わり、店主の顔も一切見ることなくただただしゃぶり続けた。

男「おおっ、で、でちまうっ……!」

どぴゅどぴゅどぴゅっ

園崎魅音「んんっ……」

出された精液を漏らすことなく口に溜め、詩音は店を後にした。
道中、ずっと店主の精液を口で味わいながら……

そして


―――――ゴクンッ

園崎詩音「はっ!?」

帰宅し、精液を飲みこんだ瞬間、詩音は意識を取り戻した。

園崎詩音「ええっと、あれ?」

園崎詩音「あ、あぁ!散歩から帰ってきたんでしたね。今日は他になんにもしていないのに……ぼぉーっとするなんて……」

本屋に入ってから帰ってきて精液を飲みこむまで
その間の記憶は全て消されていた。

当然記憶の欠落は違和感を伴うが、散歩していただけという偽りの記憶を与えられていたので勝手に納得した。


園崎詩音「今日は早く寝よう……」




数日後の夜―――

園崎詩音「はっ!?」

園崎魅音(ま、また……)

この日も詩音は帰宅したところで意識を取り戻した。
暗示で偽りの記憶があるとはいえ、詩音からしてみれば一瞬意識が飛んでいるのは間違いなく、不安を覚えていた。

暗示を何度もかけられたことによる影響で頭痛も引き起こしていて、さらに不安を助長させた。

園崎魅音「うっ……!」

共通 種付け

園崎魅音「ううっ……!」

共通バック後背位

この頭痛で消された記憶がフラッシュバックしていて、魅音の暗示は今にも解けそうな状態であった。
下手にこれ以上暗示をかけて記憶を弄ればどうなるかわからない危険な状態。
だが幸いにもこの日から2週間ほど店主が興宮を離れていたため、詩音が店に出向いても暗示をかけられることはなかった。




2週間後

園崎詩音「これで完璧ですね♪」

詩音は本に書かれた緊縛を全てマスターしていた。
今日は以前の約束通り、その中でも一番といえる物を店主に見せるつもりだ。

園崎詩音「緊縛と言うよりは包装って感じですけど、これに勝るものは無いって感じですね」

一番自信のある緊縛を自分に施し、やはりコートだけを纏って店に向かった。
緊縛が崩れないように慎重に歩いていくと、着いたころには既に日が沈み店には客が一人もいなかった。

男「おう、詩音ちゃんかい。久しぶりだなっ」

園崎詩音「お久しぶりです。今日はおじさまに見せたいものがあってきました」

男「おっ!自信の緊縛見せてくれるんかい?」

園崎詩音「はい、一番のをコートの下に包んできました」

男「へへっ、こいつぁ楽しみだ!よっしゃっ!そんなら今日はとっとと店じまいだ」

店主はシャッターを閉めるとカウンター奥の自宅スペースに詩音を招き入れた。
寝室は6畳ほどの和室になっており、万年床の布団が敷かれていた。

園崎詩音「これを見せるのは……は、恥ずかしいんですけど……それじゃあ……」

男「うお……!」



園崎魅音



男「ワハハ!こいつぁスゲェや!」

恥ずかしがりながらも見せたそれに興奮した店主はそのまま襲い掛かり一晩中抱いた。
そして―――



翌日

園崎魅音「―――はっ!?」

抱かれた記憶は詩音から消され、今日もまた家に戻ったところで意識が戻った。
再び詩音を頭痛とフラッシュバックが襲う。
だが、この日はいままでとは決定的に違うことがあった。それは……



コンコンッ

園崎魅音「おじさま、いらっしゃいます?」

男「おー、どしたい」

詩音はその日の夜、店主の家を訪ねていた。

園崎詩音「実はおじさまに渡したいものがあるんです♪」

男「お、なんだなんだ。プレゼントかぁ?」

園崎詩音「えぇ……そうなんです

笑顔を浮かべたその瞬間―――

バチィッ

男「がぁあっ!?」

園崎魅音

超強力なスタンガンを押し当てられ、店主はそのばにドサッと倒れこんだ。
それを見て一言

園崎詩音「悟史君にあげるはずだった純潔を奪った罪……命で償ってもらいます」




関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ひぐらしのなく頃に 園崎詩音
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
123: by sy on 2014/10/04 at 00:30:48

毎日見ています(´▽`)ノ
今回もよかったです(^_^)b
この調子でひぐらしやうみねこのssが増えてくれることを願います

▼このエントリーにコメントを残す