FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

続 最強魔女、現代科学に屈す

絶対的存在として地上に君臨し、人間を支配している魔女。
千年揺らぐことの無かった魔女と人間の主従関係は、たったひとりの男が作った発明によって覆された。

魔女の頂点に立つヘラヴィーナ。
その娘、四姉妹の次女シェラーナは、ダイモンという男が作った対魔女用催眠銃によって下僕へと変貌した。
どんな命令でも忠実に従い、姉妹や母すらも平気で裏切る強力なしもべを手に入れたダイモンは、次の行動を起こす。

視察に来たシェラーナの姉妹たちを、その毒牙にかけようというのだ。

「御主人様。姉たちは三日後にやってきます」

「三人揃ってくるのか?」

「……自由な姉たちのことですから、正直わかりません」

「バラバラで来るかもしれませんし、三日後という予定も前後する可能性の方が高いかと」

「そうか。一人くらいは早く来るかもしれないな」

「はい。御主人様を悩ませる不出来な姉妹建ちで申し訳ございません」

「そうだな。行動が予想できないのはストレスを感じるぞ。……発散させてくれるな?」

「仰せのままに……

服を脱ぎ、またがるシェラーナは主に奉仕できる喜びで恍惚としていた。
魔女に腰を振らせ、ストレスを発散したダイモンは個別で来た場合や前倒しで来た場合に備え、すぐに準備を行った。

三人の魔女を罠に嵌め、自らのしもべにするための完璧な準備を。

結果として三人の魔女達は全員揃って視察に来たが、やはり一日早くやってきた。
前日に全ての準備を終えていたダイモンは、心の底から安堵する。

それまでと全く変わらないマースト島の日常を装い、何も知らずにやってきた魔女達を一網打尽にする。
方法は簡単だ。
三人をある部屋に案内し、そこで床・壁・天井から催眠光線銃と同じ光を照射する。

部屋への誘導もシェラーナが入れば何も問題ない。
実際、作戦は成功した。

長女ゼフィー、三女オスロティ、四女ミストル・・・

この三人を同時に部屋に誘い込み、扉を閉めた瞬間に全ては決着した。



数時間後

ぢゅるるっ じゅっぼ じゅっぼ

れろれろっ ぢゅるるっ ちゅぱちゅぱ・・・

「うぅ……?」

部屋に響く音で目を覚ましたのは、四女ミストルだ。
最もヘラヴィーナの能力を受け継ぎ、シェラーナとは違った気性の激しさを持つ魔女だ。

そんな彼女が目を覚まして最初に見た光景は、唯一尊敬する長女ゼフィーが人間の男に跪き、チンポを咥えているという理解しがたい光景だった。

元はシェラーナの物だった高級かつ大きなソファに悠然と座る男。
その足元で熱心にチンポをしゃぶる姉の姿。
もう一人の姉オスロティも、床に裸で倒れ込み、アソコから白い液体を垂れ流しながら気絶している。

意識が飛んだ直後にこんな光景を見て、状況を理解しろという方が無理だろう。
当然、ミストルは混乱した。

「ぜ、ゼフィー姉様!?」

「目が覚めたか」

「ぢゅるるっ、んはっその様ですね」

「……!!」

光景の異常さから何かされたことを瞬時に察したミストルは、激昂した。

「貴様いったい何をしたんひゃああっ!?」

声を発した直後、不意に体を襲った衝撃でビクッと体が跳ね上がり悲鳴にも近い声を上げてしまう。

(ば、馬鹿な!?わ、私は、イッって!?)

ミストルを襲った衝撃はまぎれもなく絶頂した時のそれであり、慌てて自分の体に視線を送ると、今まさに自分がオナニーをしている状態だということに気付く。

「お前の体の自由は奪わせてもらった」

「なんだと!?」

「魔女のオナニーを鑑賞しながら魔女にしゃぶらせるのはなかなか良いもんだな」

「あっ……ッ人間ごときに私達を操れるはずが……!くぅっ

「それができるんだよ。実際そうなっているだろ」

「お前の体は今やは俺の命令通りにしか動かせない」

「……!!」

目の前の人間の危険性を理解したミストルは、この状況を脱する方法を瞬時に思いついた。
喋れることはできた為、言葉の自由は奪われていないと判断し、魔法で対抗できると考えたのだ。

(杖は無いし、体も動かないから魔力を収束できない……印も陣も書けない……けど!)

(人間一人を殺すくらいなら詠唱魔法だけで十分!)

ミストルは詠唱だけで発動可能な炎の魔法でダイモンを焼き払うことに決めた。
人間は確実に殺せるが、魔女なら少しヤケドするくらいで済む、この状況に最適と言える魔法だ。

「まんまと洗脳された間抜け魔女が乞う お○んぽ大好き!」

「フフ!なんだなんだ、突然」

「な、なぜ魔法が出ない!?しっかり唱えたはずなのに!?」

「なんでだろうねぇ?」

「ま、まさか私の魔力を吸い取ったとでも言うのか!?」

「なるほど、それも悪くない手だが……そうされてないことは自分でもわかるだろう?」

魔力が充実しているのは間違いなかった。
再度魔法を唱える。

「無様で哀れな魔女が乞う おちんぽハメて!」

「そうかそうか、チンポが欲しいのか」

自分は正しく唱えていると思っているミストルは狼狽した。
体が勝手にオナニーし続けている今のこのままでは何も抵抗することができない。

「ゼフィー、例の魔法をかけろ」

「かしこまりました、御主人様

「ぜ、ゼフィー姉様!?」

ミストルは自分に魔法をかけられると焦ったが、そうではなかった。
ゼフィーが魔法をかけたのはダイモンだったからだ。

正確には、ダイモンのチンポにある効果を付与する魔法だ。

「これで御主人様のオチンポには、どんな女をも魅了する力が宿りました」

「そのオチンポで突かれると、例え魔女だろうと御主人様への愛情がどんどん膨らみ、最終的には愛の奴隷と化すでしょう」

「な……!?」

「ふざけるな!そんなモノで私の心を魅了できるわけが!」

「わらわの魔法ぞ?効かないのと思うか?」

「……!!」

実姉ゼフィーの力がどれほどの者かはミストルも良くわかっている。
だからそれ以上反論することができず、沈黙してしまったのだ。

「ちなみにだが、そこで寝転がっている魔女……オスロティと言ったな。そいつがどうしてこんな状態になってると思う?」

「貴様がそうしたんだろう!?」

「それはそうだが、経緯が気にならないのか?」

「……知るか!知りたくもない!」

「そうか。では教えてやろう、一突きする度にイカせることができる魔法をこのチンポにかけたからだ」

「ちなみにまだ効果は残ってる。お前もそいつと同じように頭がパーになってしまうかもな」

その事実にミストルは信じられないほど恐ろしい形相を浮かべたが、何もすることができずすぐに恐怖に青ざめていった。


「ふふ、ダイモン様。愛しくも愚かな我が妹に、偉大なる主のオチンポ様を挿入し、その素晴らしさを教えてあげてください」

「わかった」

ダイモンが近付き、先程までゼフィーが舐めしゃぶっていたチンポを突き出すように見せつけられる。
恐怖が勝るが、それでも必死に威嚇するミストル。
だがそんな威嚇が何かの意味を持つわけもなく、無情にもチンポは挿入されてしまう。

「や、やめ……おほおおおっ!?」

「くぅ……さんざんほぐした後だけあって、すごいねっとりしている……!」

一突きする毎に絶頂し、ダイモンを好きになっていくミストルの痴態とうねる膣圧を楽しみながら犯す。
十数回のピストンで既に心を奪われていたミストルだが、ダイモンが射精するまでには200回以上を要し、最後は大好きホールドをしながら孕ませてと懇願までした。

中出しアクメ失神というオスロティと同じ醜態をさらしたミストルにダイモンは満足だった。

「ゼフィー、オスロティの頭も書き換えておけよ」

「かしこまりました、愛しき我が主よ」

こうしてヘラヴィーナの娘達は人間ダイモンの手に堕ちた。
4人の魔女に命令し、魔法通信でヘラヴィーナへ偽りの報告をさせ時間を稼ぐことに成功したダイモンは、その間に準備を進めた。

人間を家畜に貶めた魔女、ヘラヴィーナへの復讐の準備だ。

「御主人様、我々は何をすればよろしいのでしょうか」

「お前達にはまず、それぞれ配下の魔女を洗脳してもらう。できるだけ強く、優秀な者を優先してな」

「いくらヘラヴィーナといえども、お前達四姉妹に多くの魔女が加われば多勢に無勢だろう?」

ダイモンは魔女の軍勢を率いてヘラヴィーナを力で落すことを考えていた。
様々な策略は打つが、相手が相手だけに最終的には取り押さえて催眠光線を照射する必要があると思ったからだ。

それに対し、三女オスロティが進言した。

「かつて母上は仲間の力を奪い、支配しました。いくら多勢でかかっても同じことをするだけ……意味はありません」

ゼフィーが続く。

「そして母上は、我ら娘も完全に信頼はしていません。いつ、誰に裏切られても良いように警戒心を解くことがない。それがヘラヴィーナという魔女なのです」

「裏切りによる奇襲は難しいか……わかった。しかしどうしたものか……」

プロット作成済み 本文作成する。

「御主人様、その光を母上の瞳に浴びせることができれば良いのですよね?」

「そうだ」

「……ならば簡単です。瞬間転移の魔法で母上の眼前に飛び、光を浴びせればいいのです」

「そんなことができるのか?」

「可能です。空間を超える瞬間転移は魔女の中でも母上を含む二人しか使えない秘技中の秘技ですが、もう一人がこの私ゼフィーなのです」

それを聞いたダイモンは高笑いした。
娘達が支配されていることなど知る由もない今なら、絶対に成功する奇襲方法だったからだ。

この作戦を実行に移すことにしたダイモンの復讐は、まもなく完遂にいたる。



つづく
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 オリジナル
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3050: by 催眠スキー on 2019/02/26 at 21:06:52

応援しています、続き頑張ってください!

▼このエントリーにコメントを残す