FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1137)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (16)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

辻堂さんの宗教ロードReligion4「三大天の一角、信者に堕ちる」

片瀬恋奈 (90)_Rg

片瀬恋奈「な、なんでも貢ぎます!お、お金ならいくらでも献金します」

片瀬恋奈「だから信者でいさせてください!」

江乃死魔のリーダー、三大天の一人片瀬恋奈は媚びていた。
その相手は龍咲大念という冴えない男だ。

片瀬恋奈 (91)_Rg

大念を教祖と呼び、信仰する信者でいさせてもらえるならなんでもするという彼女に、財産はもちろん家族や仲間とも差し出せるか聞くと、即答で答えた。

片瀬恋奈「差し出します!財産も、片瀬家が築いてきた地位も名誉も、家族も仲間も……!」

片瀬恋奈「ですからどうか私を信者でいさせてください!」

あまりの圧に大念も少したじろぐが、あくまで教祖として振るまおうと大きい態度を取る。

片瀬恋奈「本当なら色々と捧げてもらうことになるけど、後ろめたくなったりもったいなくなってできませんってならないよね?」

片瀬恋奈 (92)_Rg

片瀬恋奈3_Rg「そりゃ後ろめたいですけど……教祖様の為なら……」

男アイコン「そ、そう。だ、だったら……」

必死な恋奈は大念が次の言葉を口にする前に畳み掛けるように懇願した。

片瀬恋奈 (93)_Rg

片瀬恋奈「私の人生は教祖様に捧げるって決めたんです!」

片瀬恋奈「教祖様に御近づきになれるなら今すぐ体だって捧げられます!」

力強い剣幕にたじろぎを隠せないが、片瀬恋奈が完全に信者になっていると確信することはできた。
だからこそ、下衆な要求もできる。

男アイコン「じゃ、じゃあ今からセックスさせてよ」

片瀬恋奈「そ、それは……!」

男アイコン「もしかして嫌なの?」

片瀬恋奈「違います!!嫌なんかじゃありません!!」

片瀬恋奈「けど……」

一瞬ひやりとした大念だが、恋奈がセックスを即受け入れなかったのには理由があった。

片瀬恋奈 (94)_Rg

片瀬恋奈「本当なら教祖様に相応しい場所で、記念の日にとかに捧げたかったんです……」

男アイコン「そ、そういうことね」

男アイコン(なんて健気で……か、可愛いいんだ……!)

梓とは違ったアプローチに、大念の気持ちは簡単に掴まれてしまう。
頭の中はもう、ヤることだけでいっぱいだった。

男アイコン「じゃあ……しようか」

片瀬恋奈「はい……」

片瀬恋奈 (95)_Rg

片瀬恋奈「片瀬恋奈は、龍咲大念様の信者として全てを捧げることを誓います……」

片瀬恋奈「貧相な体で御満足いただけるかわかりませんが、一生懸命頑張るので……偉大なオチンポで私の処女を奪ってください」

そういうと小さい体で背伸びをし、唇を近づける。

片瀬恋奈 (96)_Rg

片瀬恋奈「……ちゅっ」

男アイコン「んっ」

やわらかい、繊細な唇が触れる。
性欲に根差した淫らなものではなく、恥じらいと健気さを含んだ愛情の印。
大念にとって、このキスは本当に意味でのキスに思えた。

ファーストキスを捧げた恋奈も、心臓をバクバクさせていた。

片瀬恋奈 (154)_Rg

片瀬恋奈(もう私……キスしただけで頭どうにかなっちゃいそう)

男アイコン(すご……!キスしただけなのに、こんなに濡れてる!)

既にトロトロになっている信者マンコを前に、大念はズボンのファスナーを下し、抑え付けられていたチンポを披露する。

片瀬恋奈「すごい……教祖様のアレ……大きいっ」

男アイコン「あ、アレじゃなくてオチンポね。い、入れるよっ」

片瀬恋奈「はい教祖様の……お、オチンポ、入れてくださいっ

片瀬恋奈 (155)_Rg

片瀬恋奈「あぐっ!」

先端を当てがって、一気に挿入すると破瓜の血が流れ出す。
恋奈は教祖の気持ちを害さないよう、間違っても「痛い」と言ってしまわないように必死に堪える。

それに、辛いばかりではない。

心から愛する教祖の処女を捧げられるという喜びは、何にも代えがたい最高の幸せなのだ。

片瀬恋奈 (156)_Rg

男アイコン「うぅ……すごっ……!」

男アイコン(経験二人目だけど、女の子のアソコってこんなに違うのか……!)

片瀬恋奈(教祖様に処女を差し上げられるなんて……こんな幸せなことがあるなんて……!)

幸せすぎて頭がとろけそうな恋奈と、キツキツの処女マンコの快感でチンポがとろけそうな大念。
恋奈が痛みを我慢していることなど考えもせず、腰を振る。

男アイコン「あぁ、き、気持ちいいよっ」

片瀬恋奈「わ、私もっ、教祖様の……うぐっ、き、気持ちいいですっ」

男アイコン「そ、それなら良かった。俺、経験少ないから、優しいセックスの仕方がわかんなくって……」

片瀬恋奈「どんなに雑な抱かれ方だったとしても、信者にとっては……最高の出来事です」

片瀬恋奈(痛そうな顔を見せちゃダメ。教祖様の気分を害することは絶対にしてはいけないんだから)

男アイコン「じゃ、じゃあ頑張って俺を気持ち良くしてね。そ、そのうち君も感じるようになると思うから」

片瀬恋奈「はい!教祖様に最高の射精をしていただけるように……ッ、が、がんばりますっ」

恋奈の笑顔が必死に作ったものだと見破るほどの経験も器量もない大念は、鵜呑みにして得意げに腰を動かす。

片瀬恋奈 (157)_Rg

片瀬恋奈「んんっ……んあっ

技術もデリカシーもない腰振り。
だがそれでも恋奈は感じ始める。

教祖に抱かれると言うことは、それほどのことなのだ。

事実、恋奈は中出しされてしまうが、そのあまりの幸福感で失神してしまった。

男アイコン「す、すごい……こんな可愛い子が……こ、これが本物のアヘ顔……初めて見た」

男アイコン「しゃ、写真撮っておこう。た、多分怒らないだろうし」

こうして初セックスでアヘ顔失神という無様な姿を見せて横たわる恋奈の写真をスマフォに納めた大念は、彼女を介抱した。

目を覚ました恋奈は中出し感謝するとともに、教祖に介抱させるという失態を土下座で謝罪した。


―――

―――

―――

夜。自宅に戻った恋奈は、就寝前に今日起きた夢のようなできごとを振り返っていた。

片瀬恋奈 (109)_Rg

片瀬恋奈1_Rg(私……本当に抱いて頂いたのよね……)

片瀬恋奈1_Rg(教祖様に……あぁ……人生で一番幸せな瞬間だったわ)

片瀬恋奈1_Rg「……っ

神に等しい教祖に抱かれた時のことを思い出すと、自然とアソコがキュンとなって濡れてしまう。

片瀬恋奈 (110)_Rg

片瀬恋奈2_Rg「んっ……教祖さまぁ……

恋奈は普段あまりしない自慰を始める。
大念と触れ合った感触、チンポを挿入してもらって得た快感。
あまりにもリアルなオカズでする自慰は、普段の比ではないほど感じることが出来た。

片瀬恋奈 (108)_Rg

片瀬恋奈3_Rg「あんっあ、ああっ

片瀬恋奈3_Rg「イッちゃうああ!んぅはうっ

片瀬恋奈3_Rg「~~~ッッッ

大念のチンポに重ねた自分の指でイッた恋奈は、これだけで満足することができず、すぐに2回戦を始めるのだった。

乾梓 (136)_Rg

一方その頃、大念は御褒美と称したセックスを乾梓と楽しんでいた。

乾梓1_Rg「んんっちゅるっ、んんっ、れろれろっ、教祖さまぁ

乾梓1_Rg「ふああっこんなにじっくりキスしていただけるなんてぇ

男アイコン「……ふぅ。そりゃあんな可愛い子を信者にしてくれたんだし、ご、御褒美だよ」

男アイコン(本当はただベロチューしたかっただけだけど)

乾梓1_Rg「あぁ……教祖様のお気遣い、嬉しくて死にそうっす

乾梓 (135)_Rg

キスしながらどうやって恋奈に入信水を飲ませたのかを聞くと、これが相当大変だったようだ。

乾梓2_Rg「マジでめちゃめちゃ大変だったんすよ?」

乾梓2_Rg「入信水を飲ませるだけだからラクショーかと思ったんすけど、意外と恋奈様感が鋭くって」

男アイコン「う、うん」

梓は恋奈にどうやって入信水を飲ませたのか回想した。
大念としては過程はそれほど興味なかったが、話が始まってしまって途中でやめさせるわけにもいかず、聞くしかなかった。







片瀬恋奈 (334)_Rg

片瀬恋奈1_Rg『梓、私に何を飲ませるつもりだったの!?』

乾梓 (228)_Rg

乾梓1_Rg『あーあ、もうちょっとだったのに……』

乾梓1_Rg『いいからとにかくこれを飲んで欲しいんっすよ。オイシーっすよ?めろはす

片瀬恋奈 (335)_Rg

片瀬恋奈1_Rg『匂いでわかるわよ!それ、めろはすじゃないじゃない!』

乾梓1_Rg『……飲め』

片瀬恋奈1_Rg『梓……?』

乾梓『飲めって言ってんだよおおお!』

片瀬恋奈1_Rg『どうしちゃったのよ一体!?』

―――

――



片瀬恋奈 (330)_Rg

片瀬恋奈2_Rg『どういうつもりか知らないけど、あんたに負ける私じゃないわ!』

片瀬恋奈 (329)_Rg

乾梓『うぅ……』

片瀬恋奈2_Rg『さぁ、トドメよ……!』

乾梓『……今だ!』

ピカッ

片瀬恋奈『きゃっ!?……せ、閃光玉っ!?』

片瀬恋奈『くそっ、目、目が……!』

乾梓『はぁはぁ……さぁ、飲んでもらうっすよ……!』

片瀬恋奈『あ、梓!来るな、こっちにくるな……ぐぼっ!?』










乾梓 (135)_Rg

乾梓2_Rg「ってなわけで、恋奈様がよろめいた瞬間を狙って、口に入信水を流し込んだんすよ」

乾梓2_Rg「がふっ!こ、これは……一体……!とか言ってて笑えましたけど、その後は結構怖かったっすね」

男アイコン「怖かったって?」

梓が言うには、入信水を飲みはした恋奈だが、当然抵抗したし一部は吐き出したらしい。
しかしすぐに頭を抱えうずくまり、うめき声を上げたかと思うと梓にしがみついて入信水を欲したと言うのだ。

片瀬恋奈「梓ぁ……飲ませて、それもっと飲ませてぇ……!」

あまりに目がイッちゃっていたので梓も恐怖を覚え、ボトルを投げるように渡した。
残っていた入信水を全て飲み干して恋奈はようやく落ち着いたらしいが、飲んでいる最中の様子はまるでアル中やヤク中みたいだったそうだ。

乾梓「ってなわけです」

男アイコン「な、なるほど…そうだったんだ」

乾梓2_Rg「ほんっとビビリましたよ。ところで教祖様ぁ……そろそろイッてもいいっすか?」

男アイコン「あ、うん。良いよ。俺もそろそろイキたいし」

乾梓「了解っすじゃ、腰振りますね

乾梓 (133)_Rg

男アイコン「でるっ……!」

乾梓3_Rg「イクうううぅっ

梓との報告セックスを終えた大念は、事実を冷静になって整理し、あることに気付いた。
口にした恋奈に禁断症状のようなものが現れ、大量に摂取した後は落ち着いたということから、入信水は信者になりきる分量を摂取するまでは正常な意識を奪う特性があるという点だった。

男アイコン(飲ませたら勝ちみたいなものだけど……ちゃんと必要な量を用意してないと面倒なことになりそう)

入信水の取り扱いはより慎重にしなければいけないと肝に命じた大念だが、この特性を理解したことは後の失敗を未然に防ぐことになるのだった。


つづく

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 辻堂さんの純愛ロード 乾梓 片瀬恋奈
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す