FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1138)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (17)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

被害者が謝罪する?吹寄制理の歪められた真理。

吹寄制理 (41)

ある日、吹寄制理をクラスメイトの片漬政豚(かたずけ せいとん)が呼び出した。
どうしても人に聞かれたくないからと連れて行かれた先は、普段使われていない男子トイレだ。

手を引かれてトイレに入ったところで手を振り払い、怒って立ち去ろうとした制理に対し、政豚は用意していたバケツの水を彼女に向かってぶちまけた。

「きゃあ!?」

「な、何するのよ!?」

吹寄制理 (45)

「どういうつもり!?」

こんなことをされて怒るのは当然。
政豚もそれを謝るが……そのことがかえって彼女を怒らせてしまう。

「なんで悪いことをしたアンタが謝るのよ!?私が土下座するわ!そこでしっかりと私がアンタみたいなクズに土下座する様を目に焼き付けなさい!」

そう言って見ずで濡れたトイレの床に膝と手を付き、あまつさえ頭までこすり付けて土下座をしたのだ。

「あなたに酷いことされてごめんなさい!なんでもするから許してください!」

この謝罪を見た政豚は、パイズリフェラを要求した。
ずぶ濡れにされたにもかかわらず謝る側に自らなった制理はこれを受け入れて、射精するまでおっぱいでチンポを扱きつつフェラチオをした。

吹寄制理 (47)

「うぷ!こ、この度は酷いことを私はされて、本当に申し訳ございませんでした……」

「むふ!そんなに謝られちゃあ仕方ないなぁ……ふひひ、許してあげるよぉ」

「ありがとう……ございます……」

鼻をつく臭いと不味い精液の味に悶えながらも制理は許しを得て開放された。
だが、トラブルはこれで終わりではなかった。

数日後、制理の携帯に知らない番号から着信が入ったが、これが問題だった。

吹寄制理 (28)

誰かと思って電話に出てみると、相手は片漬政豚だった。

(……あれ?番号教えたっけ?)

「え?私の物を盗んで汚したした?」

「なにやってんのよ!?ちょっとそこで待ってなさい!」

「今すぐ行くから!逃げないでよ!!」

自分の物を盗んで、しかも汚したと言ってきた政豚に当然烈火の如く怒った制理は、走って現場へ向かった。

吹寄制理 (30)

「こ、これは……!?」

「ごめんなさい、やっちゃったぁ」

荷物を汚したと聞いてはいたが、その状態は想像の斜め上をいくものだった。
政豚はこともあろうに盗んだ荷物に、ザーメンをぶっかけていたのだ。

「ほんと、ごめんねぇ。ついシコりたくなっちゃって」

「あ、あなたね……!」

吹寄制理 (27)

「……なんで謝るのよ」

「謝罪するのは酷い目に合わされた私の方だわ」

制理は諦めたようにため息を吐くと、地面に頭をこすりつけ、土下座で謝罪した。

「こんな最低のことをされて、本当に申し訳ありませんでした」

「この償いはなんでもします。私にできることだったら、なんでも言ってください」

「ふっひっひ!そう?それじゃあねぇ~……」

政豚が要求したのは、前の時と同じくパイズリとフェラチオだった。
償いとしてすることは一緒。違いがあるとすればそれは制理の方にある。

吹寄制理 (35)

「んんっ……ごくんっ……はぁはぁ……!」

「……これだけじゃ全然謝罪しきれていないわ。他に何かして欲しいことある?」

制理は性行為に応じたにも関わらず、謝罪しきれていないと言い出したのだ。
それは彼女なりのルールがあってのことだった。

「だって一度した償い方じゃない。同じことを2度して許されるなんて思っていないわ」

「だからもっと別のことも要求して。じゃないと償えないわ」

「むふふ!それじゃあ、失礼して……」

吹寄制理 (22)

「ちょ!?あっ!な、何するの!?」

いきなりパンツを降ろされたかと思うと、あろうことか政豚はバイブを取り出してそれを膣内に押し込んだ。

「あぐっ!」

ずぶりっと音が聞こえるくらい一気に挿入され、苦悶の声を上げる。

「うぐ……!ちょ、ちょっと!?」

何が何だかわからない制理だが、どうやらこれが償いとして求めるものだったらしい。

「はーい、あっさり処女喪失完了~♪」

「じゃ、このままバイブぶっ差したまま放課後まで過ごしてねぇ。それが僕への償いってことで」

「……そういうこと。もちろん構わないけど、それでも謝罪が足りない気がするわね……」

どことなく腑に落ちないのか、これでは物足りないという感覚が制理にはあった。
そこで政豚はもう一つ償いの要求を考えておき、放課後に改めて連絡するということにした。

「それじゃ放課後ねぇ」

「ちゃんと電話ちょうだいよ」

「もっちろんだよぉ、ふひひ!」

こうして制理は処女膜をバイブで貫かれたそのままで放課後まで過ごすことになった。

吹寄制理 (18)

ブブブッ ブブブッ

「……ッ」

時折バイブが作動するものの、彼女が異変を周囲に察知させることはなかった。

(最初は異物感が凄かったけど……徐々に慣れてきたわ)

(これなら耐えられる)

バイブの振動に問題なく耐えていたが、昼休みの食事中にバレそうになってしまう。

吹寄制理 (5)

「なぁ、なんか音しないか?」

「……気のせいよ」

ブブブッ ブブブッ

「そうかな。確かに聞こえるんだけどな」

上条当麻と昼食を食べている時、不意に動き出したバイブの音を聞かれてしまったのだ。
静音タイプのバイブでも、これだけ近い距離だと音が聞こえてしまうようで、幸いにして割と短時間でバイブが止まったため事なき事を得たものの、さすがの制理も内心はヒヤヒヤしていた。

吹寄制理 (17)

そして放課後になり、電話が来る。

『このあと、僕の家に来てセックスして欲しいんだけどぉ、いいかなぁ?』

「わかったわ。それだけのことをすれば私も償える気がするしね」

制理にとって盗まれた荷物にザーメンをぶっかけ汚されるという行為はそれほどに最低で重い罪に感じていたのだ。

ともあれ自分も納得できる償い方を提示されホッとしたのも事実であり、彼女のマンションへ向かう足取りは軽かった。

だが、マンション近くの公園に差し掛かったところで、それ以上進めない事態に陥ってしまう。

吹寄制理 (16)

「ひゃああんっ!?」

それまで弱でしか動いていなかったバイブが突然強になったのだ。

「くっ、あ、ああっ

「だめっし、刺激が強すぎて……あああっ

強烈な刺激に耐えきれず、その場でイッてしまった彼女は、政豚のマンションまであと数十メートルというとこまで来ていながら、そこからたどり着くまでに十分以上を要することとなった。

吹寄制理 (3)

「思ったより遅かったねぇ」

「アンタのせいでしょ!」

「ここまでくる間に2回も……!」

「むふ!あ~そっかぁ、公園でフラフラしてたのはイッちゃってたんだねぇ」

「なっ!?ベランダからが見てたのね!?」

「まぁねぇ。でも、外でイクっていのはなかなか良い経験だったでしょぉ」

「何言ってんのよ!人生で初めてのことをこんな形でされるなんて屈辱だわ!」

「ふひ?ひょっとしてイッたの初めてぇ?」

吹寄制理 (37)

「そ、それがどうしたっていうのよ!?」

「と、とにかく、さっさとセックスするわよ!」

「は~い♪」

事を急ぐのは照れ隠しとは別に、制理バイブで温められた体の疼きを早く鎮めたかった。
処女だったアソコを一日中バイブでほぐされ、直前にはイかされるまでになったアソコは愛液が滝のように流れ出していて、まだまだ疼いていた。

吹寄制理 (40)

「あんたに雑に奪われて男性経験無いのに処女じゃなくなった中古マンコだけど、謝罪セックス……頑張らせてもらうわ」

「むふふ!そんなに固くならなくていいよぉ」

「た~っぷり、オ・ト・コを教えてあげるからね」

こうして制理は謝罪セックスと称して、日が変わるまで抱かれ続けた。
何度も何度もイかされ、これでもかと男を体に刻み込まれた制理は、その日を境にチンポ無しでは生きられない女にされてしまうのだった。

このエントリーのタグ: 催眠 とある魔術の禁書目録 吹寄制理
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3285: by K7 on 2019/08/27 at 20:44:23

酷いことされたら頭までこすり付けて土下座で謝罪するとは、流石は吹寄制理ですね、片漬政豚への謝罪の方法もしっかりしてますね(笑)

3288: by バリー on 2019/08/29 at 21:54:44

酷い目に合わされた方が謝罪するなんて知らなかった、吹寄は博識ですね

片漬政豚はこれからもたくさんの女性に謝罪されるんでしょうね(笑)

▼このエントリーにコメントを残す