FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

催眠!ニナ・パープルトン

ニナ・パープルトン

UC0082.某日 アナハイム・エレクトロニクス(フォン・ブラウン)

ガンダム開発計画を受けて、アナハイムは専任チームを結成。
技術者ニナ・パープルトンもその中の一人として活躍していた。

彼女は人一倍熱心に仕事に取組み、連日の様に徹夜でパソコンと格闘していた。
好きでやっていることでも疲れは溜まる。5日間にも渡る徹夜でさすがの彼女も疲労の色が隠せなかった。
いつもなら素早いタイピングもこの日は目に見えて遅い。

ニナ・パープルトン(もうちょっと、このバランサーの油圧設定が終われば……)

そんな彼女と同じくオフィスで徹夜をしている人物がいた。
彼の名はポロウ・リー技術士。アナハイムの係長でこのプロジェクトのエネルギー部門の担当。
小太りで眼鏡に白衣といかにも技術者という見た目だが、気さくな好人物だ。

この日はたまたま彼も徹夜する状況にあったので、まるで休憩を取る様子のないニナにコーヒーをいれて渡した。

顔無しアイコン2「パープルトンさん、これをどうぞ。少しは休まないと逆に効率が悪いですよ」

ニナ・パープルトン「リー係長。そうですね……頂戴しますわ」

渡されたブラックのコーヒーをニナはゆっくりと飲んだ。
気を張り詰めていた時は感じなかったが、落ち着いてコーヒーを飲んでいると疲労感と眠気が一気に彼女を襲う
飲みながらもコクリコクリと頭を揺らして今にも眠ってしまいそうだ。

ニナ・パープルトン「ズズズ……ん~……」

とりあえずコーヒーは飲み欲し、コップをテーブルに置くとイスに座ったままでうなだれてしまう。
やはりよほど疲れているのだろう、顔は晒さないようにうたた寝しているのか。
だが、それはどうやら違うようだ。

顔無しアイコン2「どれどれ」

ニナ・パープルトン「ん……」

ポロウが手でうなだれた彼女の顔を起こすと瞳は開いていて、寝ているわけではなさそうだ。
ただ、やはりその瞳にはまったくといっていいほど光が宿っておらず、かなり虚ろだ。
軽く体を揺さぶっても抵抗せず、だが意識そのものはあるようだ。

顔無しアイコン2「うん。問題なさそうだな。やはり疲労が蓄積していると効果が出やすいんだな」

何かを確かめ終えたのか、ポロリは沈黙するニナに向かって話はじめた。

顔無しアイコン2「パープルトンさん、今からあなたが聞く言葉は真実の言葉です」

ニナ・パープルトン「しんじつの……ことば……」

顔無しアイコン2「そうです。今から聞く言葉は貴方にとって絶対の言葉、揺るぎない真実です。その言葉に貴方は一切の疑問をもたず、完全に受け入れるのです」

ニナ・パープルトン「ぜったい……しんじつ……いっさいぎもん……もたない……うけいれ……る……」

かけられた言葉をぼそぼそとくりかえし、受け入れていく
ポロリが彼女に暗示をかけることができる理由は、やはり飲ませたコーヒーにあった。

入手経路は不明だが、催眠導入薬を溶かして飲ませたのだ。
強化人間技術が確立されていないこの時代、こういった薬は副作用を伴うことが多いが、少なくとも投与直後の今はそれが表面化していない。
続けて暗示をかけていく。

顔無しアイコン2「貴方は今後は疲れやストレスが溜まると疲労回復をしたくて仕方がなくなります」

ニナ・パープルトン「つかれ……すとれす……かいふく……したく……なる……」

顔無しアイコン2「そしてその方法は私、ポロウ・リーの性的欲求を満たしザーメンを得ること。その1つしかありません」

ニナ・パープルトン「リーさん……せいてき……みたす……ざーめん……」

顔無しアイコン2「疲れがたまったら彼の要望通りに行動し、ザーメンをもらいましょう。するとあなたの疲れは一気に回復します。それを行うのは当然のことです。もちろん口外は一切しません、二人だけの秘密です。なぜなら疲労回復の方法を他人に知られると効果がなくなってしまうからです」

暗示をどんどん重ねていくポロリ。その言葉はニナの中で確実に絶対の真実の物となっていく
彼女の内面的認識を書き換えたポロリは記憶の調整を行い、暗示から覚まそうとした。

顔無しアイコン2「おっと、いけない。肝心なことを忘れていた」

彼は再びニナをこの状態にするための導入キーワードを設定し忘れていたので、最後のこれを付け加えた。

顔無しアイコン2「貴方はこれから『むらさきぶた』と言われるとまたこの全てを受け入れる状態になります」

ニナ・パープルトン「むらさきぶた……またこの……じょうたい……」

顔無しアイコン2「そうです。どんなに興奮していたり、怒っていたりしていもすぐその場でこうなります。必ずそうなります」

ニナ・パープルトン「こうふん……おこっても……かならず……なります……」

こうして導入キーワードの設定も終えると催眠状態を解除し、彼女を正常に戻した。
二人とも何事も無かったかのように仕事を再開し、ニナもパソコンの前で入力を続ける

変化は5分も経たないうちにあらわれた。
既にかなり疲労が溜まっているニナは暗示の通り疲労回復を行いたくなり、席を立つとポロリの所までやってきたのだ。

ニナ・パープルトン「リー係長、ちょっと失礼します」

顔無しアイコン2「どうしました、パープルトンさん」

ニナ・パープルトン「その、疲れがたまってしまって……疲労回復の為にザーメンをいただきたいんです」

徹夜で仕事をしているところで申し訳ないと思ったのだろう。何食わぬ顔で対応するポロリに暗示のままにお願いするもその表情は少し暗かった。

顔無しアイコン2「いいですよ。では私とディープキスでねっとり唾液交換をしたあと、そのまま唾液まみれの舌で私のチンポに奉仕して下さい」

ニナ・パープルトン「ありがとうございます!それじゃあさっそくいいですか?」

顔無しアイコン2「もちろん。ただ席を立つのが面倒なので、このままでお願いします」

ニナ・パープルトン「わかりました」

座っている椅子の前に立つと、ポロリが顔を上に向けたのでニナも頭を下げて口と口を合わせた。

ニナ・パープルトン「んちゅぅ」

唇と唇が触れるとそのまま舌を出して口の中を愛撫する。
その舌使いは思った以上に慣れていて、ニナの男性経験が豊富だということを物語っていた。
職場では仕事一筋に見える彼女に処女の可能性もあると思っていたが、この舌使いでそれはないと確信した。

ニナ・パープルトン「くちゅぶちゅっじゅるるっ」

ニナ・パープルトン「はむぺろっ、れろぐちゅぐちゅぅ~」

割と激しいキスに少し息が疲れたので、舌を押し出すとニナもそれに答えて舌先での絡みへと移る。
ここでもまた舌同士を絡ませるのが上手だと感じた。

共通 ベロチュー ディープキス

ニナ・パープルトン「んちゅっ、ちろちろゅっ」

ある程度時間をかけてキスを楽しみ、唾液をたくさん含ませるてから跪かせ、そのままフェラへと移行した。
実際相当疲れが溜まっているニナは出来るだけ早くザーメンを得ようと思ったのだろう、フェラは激しかった。

ニナ・パープルトン「じゅるっ、ぶちゅんじゅるるるっ、んちゅる」

顔無しアイコン2「……ぅ」

おもわず声が漏れてしまうほど、激しく的確な刺激を与える。
口は竿の中間部分まで咥えこみ、たくわえていた唾液で亀頭をどろどろにして舌の愛撫を重ねる
頭も動かして唇をカリにひっかけつつ敏感な部分とそうでない部分を同時に攻めるその姿は下手な風俗嬢よりよほど手際が良かった。

これにはたまらずポロリも射精に導かれてしまう。

顔無しアイコン2「うぅ、パープルトンさんっ、そろそろ……!」

ニナ・パープルトン「じゅるるっ、ひゃひへくらひゃいっ、んじゅるるっ!」

顔無しアイコン2「う、うぉ……!」

ニナ・パープルトン「んはっ」

射精衝動に気付いて口を離すと直後に射精され、ザーメンがニナの顔にふりそそいだ。

ニナ・パープルトン「あぁ……!」

ニナ・パープルトン

待ちに待ったザーメンが体にかかり、疲労感が一気に吹き飛ぶ感覚で彼女の表情も明るいものとなった。
少し口に入ったザーメンは何も言われずとも飲み下し、精飲も初めてではないことが見て取れた。

ニナ・パープルトン「ふぅ。ありがとうございます、リー係長。これで仕事も捗りそうです」

顔無しアイコン2「それは何より。服にかかりませんでしたか?」

ニナ・パープルトン「パッと見は大丈夫みたいですけど、一応着替えますね。髪の毛の精液も取りたいですし」

顔無しアイコン2「そうした方がいいですね。それじゃあ私ももうひと頑張りといきますかっ」

ニナ・パープルトン「頑張って成功させましょうね」

着替えから戻ってきた彼女は疲労が回復し、凄まじい早さで仕事を進めた。
もっとも疲労回復は暗示によって一時的に疲労感を取り除いているにすぎないので、時間が経てば蓄積された疲労が彼女を一気に襲うだろう。
案の定ニナは翌朝仕事を終えると相当の疲労に襲われ倒れてしまった。

数日の休養後からはポロリとニナは毎日の様に性行為に及ぶようになった。
疲れが溜まるとすぐ疲労回復を行うが、時間が経つと疲れに襲われまた疲労回復を行う。
次第にそれは一種の中毒の様なものとなり、2か月も経つ頃には毎日、多い時は日に数回も行為に及んだ。
仕事自体は成果をあげていたので問題なかったが、一緒にいることが多くなった二人は交際していると噂も立ち始めた。

ニナに要求される性行為の内容も徐々にエスカレートしていたが、指示に従うのは当たり前のことなので、なんら躊躇わず受け入れていた。

さらに数日後、この日もたまたま二人だけが遅くまで残業することになり、夜も深い時間となった。
やはり疲れを感じたニナがもはや日課の様な感覚でポロリの席へとやってきた。

ニナ・パープルトン「リー係長、またお願いしてもいいですか」

顔無しアイコン2「いいですよ、ちょうど作業が一段落したところです」

ニナ・パープルトン「ありがとうございます。どんな風にすればいいですか?」

顔無しアイコン2「今日は私達しかいませんから派手に行きましょうか」

ニナ・パープルトン「派手ですか?」

コスプレや青姦など様々なシチュエーションが浮かんだが、既にそれは経験済みで、社内でも何度もしたことがある
何をもって派手を指すのかがニナには良くつかめなかった。

顔無しアイコン2「えぇ。今日はゴム無し生ハメセックスでザーメンを子宮で受け止めてください」

ニナ・パープルトン「わかりました。ここでしますか?」

顔無しアイコン2「うーんここは散らかっているし……」

二人は少し離れた仮眠室に移動し、すこでセックスを始めた。
これまで何度もセックスはしてきたが、ゴム無と言うのは初めてだった。

顔無しアイコン2「それじゃあ挿れますよ」

ニナ・パープルトン「んあっ。……はい」

共通 挿入

挿入前に入口でこすりつけると、過去のプレイで今やすっかり脱毛が完了したパイパンマンコはなんの抵抗も無くチンポを受け入れた。
前戯を一切していないにもかかわらず既に十分な湿り具合に、生ということもあってとても気持ちが良い
ポロリもいつもより興奮していた。

パンパンパンッ

ニナ・パープルトン「んんっ、ああっ、んひゃあんっ、あっ、あっ[emoji:e-51]」

ニナの子宮口は割と浅井位置にあるので、それほど大きくないポロリの物でも刺激することができる
コツンコツンと突かれるたびにニナは顔をあげて喘いだ。

ニナ・パープルトン「ああんっ、い、いくっ。も、もうイキそうですっ[emoji:e-51]」

顔無しアイコン2「私もっもうちょっとですっ」

ラストスパートに向けて激しく突くとニナも腰を浮かせてギュッと締め付けを強くして射精を促した。

ニナ・パープルトン「ああっ、ああああっ、イクッ、イクゥ~~~!!」

顔無しアイコン2「ううぅ!」

共通 中出し

射精と同時に二人はビクビクと痙攣し、その気持ち良さから十数秒動くことができない。特にニナは疲労が飛ぶ感覚も伴いとりわけ長い間余韻に浸っていた。
それほど生での行為は気持ちよかったのだ。

顔無しアイコン2「ふふっ、よほど気持ちよかったんだな、まだビクビクしてる。妊娠してたら楽しいんだけどね」



その後も二人の関係はしばらく続いた。
ニナは妊娠することなく仕事を全うし、ガンダム開発計画も一定の目処が立ったことで彼女は連邦軍への出向が決まった。
ポロリはこれまで楽しんだ礼にと疲労回復は性行為ではなく、ガンダムの開発が進むたびに起きる様にして彼女を見送った。

そしてフォンブラウンに残ったポロリは次の人物に狙いを定める。


アイコン「あら、何かようですか?」

顔無しアイコン2「コーヒーをいれたんでついでですよ。オデビーさんも休憩たらどうですか?」

アイコン「ありがとうございます。係長のお言葉に甘えさせてもらいます」

渡したコーヒーを飲むルセット・オデビーを見るポロリはわずかに笑っていた―――




関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ガンダム0083 ニナ・パープルトン
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す