FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1137)
総集編 (40)
エロゲレビュー (71)
同人&エロ漫画etcレビュー (55)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (16)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (31)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

服従する者 / 罠に堕ちたエファナティカ 前編

エファナティカ (2)

「ああんっ♥」

「御主人様のオチンポ、最高ですっ♥」

「お前のマンコもなかなかだぞ」

「ほ、褒められたらキュンッてなってぇ♥」

エファ・グラナーダを名乗る悪の女幹部、エファナティカは犯されていた。
だがその様子に嫌悪感や抵抗は見られず、楽しくセックスをしているようにしか見えない。

エファナティカ (6)_R

「んんっご、御主人様の言いつけどおりっ

「ああんっダイヤナにっ薬を飲ませましたっ

完全ないいなりで仲間を裏切る行為も嬉嬉として行っているエファナティカだが、こうなったのにはわけがある。

エファナティカ (8)_R

「この私が……!」

罠にはまり敗北したエファナティカは、対決した地球側の『アマト』に命だけは助ける代わり、ある薬を飲むように命じられてしまったのだ。

エファナティカ (13)_R

「こ、これは……この感覚は……!?」

「私の心に……や、やめろ……い、嫌だぁ!」

素直で従順な奴隷を作り上げる為に、心を変えていく薬を飲まされてしまったエファナティカ。
従うたびにどんどん大きくなっていく従属の精神に、やがてエファナティカは奴隷そのものになっててしまうらしい。

「ま、精々抵抗してみせるんだな」

「だが俺に危害は加えられないし、命令にも逆らえない」

「そして従えば従うほど、お前の中の俺への服従の心は大きくなっていくわけだ。ま、言ってみればもう詰んでるんだよ」

「私はこんな薬くらい……!」

「さーて、まずはお前のその体を楽しませてもらうとするか」

「ついて来い、エファナティカ」

拘束もされず、後を着いていくだけの簡単な命令。
逃げようと思えば簡単に逃げられるはず、にもかかわらずアマトは余裕だった。

「だ、誰が……う、わかり……ました……!?」

「な?逆らえないだろう」

「そ、そんな……」

移動中もエファナティカなんとか逃げようと必死だったが、結局体が言う事をきかず目的地に到着してしまう。

エファナティカ (3)_Rg

「こんな格好で……い、いったい何をさせようって言うんだい……!」

逆らえずついてきてしまっただけでなく、服まで脱がされてしまう。
たったそれだけでも、従ったことで自分の中の従順な心が大きくなったのを実感させられてしまう。

「だいぶ従順な目つきに変わってきてるが、まだまだだな」

「悪いが、念のため拘束させてもらうぞ」

「ふざけるな……!」

「いいか、抵抗するんじゃないぞ?」

「うぅ……!」

命令に逆らえず、拘束を受け入れてしまう。
それが嫌じゃないと本心で思ってしまっていたことに、エファナティカは恐怖した。

エファナティカ (14)_R

「くぅ、拘束なんてして……やっぱり私が恐いんだね!?」

「なわけねぇ……だろ!」

「あああっ!?」

ずぶりと突き上げるように挿入され、痛みと屈辱に涙がでる。
それは正常な反応だったが、エファナティカは気付いていなかった。

自分が従順な牝の表情をしていることに。

その涙が、屈辱だけでなく悦びが混じった涙だということに。

エファナティカ (15)_R

「嫌……嫌あっ!」

アマトに中出しされてしまい、悲鳴をあげるエファナティカだが、それは絶叫とは程遠い悲鳴だった。
それが意味するのは、絶叫するほど中出しを嫌だと思っていなかったからに他ならない。

エファナティカ (14)_R

「はぁはぁ……それで終わりかい!」

「そうだな。終わりにしても良いけど、お前はもう次にどうすればいいかわかってるんじゃないのか?」

「は?」

(こいつ、私にもう一度犯してくださいと言わせたいみたいだね)

(そんなことを言う訳が……!)

「ご、ごしゅっ……はっ!?」

思わず言いかけた『御主人様、もう一度犯してください』の言葉を飲み込む。

アマトは笑いながらやれやれと首を振って、強情なエファにもう一度命令して尻を突き出させた。
そして問答無用で挿入し、セカンドバージンを奪う。

共通中出し

「おら、中出しされてイケッ」

「クソぉあああっ~~~

命令されたからか、実際に感じてイッただけなのかはわからないが、とにかくエファナティカは中出しと同時に達した。
このことが彼女の心の変化をさらに加速させることとなる。

エファナティカ (3)_R

「こ、これで満足かい!?」

「ふぅ。……まぁそれなりにな。とりあえず拘束は解いてやろう。当たり前だが抵抗なんてするなよ?」

「わ、わかったから早く解いておくれよ」

命令に従い、イかされ、気持ちが靡いてきているのがありありと見えるエファナティカの拘束を解く。

「良くも好き放題中出ししてくれたね……!」

「何言ってるんだ。俺の子を孕むのは嬉しいことだろ?」

「そ、そんなこと……!」

即座に否定しようとするが、エファナティカは言葉に詰まってしまう。
言おうと思えば言えるはずなのに、なぜそこから先の言葉を口にできないのか自分でもわからず焦る。

「嬉しいだろ?」

再度聞かれたエファナティカに、これを否定することはできなかった。

「はい……嬉しいです……」

「はは、そうか。俺にヤられて嬉しかったか!」

「あ、あんたが言わせたんだろ……」

「半分はもう本音になってるんじゃないのか?ま、とにかくスッキリしたし今日のところは解放してやる」

「最後に何か言いたい事があれば聞いてやるぞ。お礼の言葉とかな」

「そんなこと言う訳ないだろ……」

弱く小さい言葉でせめてもの反抗心を表に出すが、この時点でエファナティカは既にわかっていた。
お礼を言わずには解放されないと。

「自分の言葉で言わなくていいのか?俺に命令されてするお礼の方が大変だと思うけどな」

「……わかったよ。言えばいいんだろ」

早く解放されたいエファナティカは、諦めてお礼を言うことにした。

エファナティカ (9)_R

「初めてを奪っていただき……あ、ありがとうございました御主人様……っ!?」

自然と体が頭を下げ、土下座してしまう。

(わ、私今なんてことを……!?)

口から出た言葉に血の気が引く思いになるエファナティカだが、アマトは気を良くしたようだった。

「ははは、御主人様か!なかなか良い心がけができるじゃないか」

「いいど、約束通り今日は解放してやる」

「……感謝します……御主人様……」

(あぁ……私もう……こいつに逆らえないかもしれない……)

自分の心を変えられたエファナティカはかつてないほど弱気になり、その場から立ち去るのだった。


つづく

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す