FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ノンジャンル (365)
総集編 (3)
エロゲレビュー (51)
同人&エロ漫画etcレビュー (106)
オリジナルSS (19)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
アイドルマスターシリーズ (2)
暁の護衛 (0)
アカメが斬る! (0)
暗殺教室 (4)
一騎当千 (8)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (5)
うみねこのなく頃に (2)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (1)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (1)
賭ケグルイ (4)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (1)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (1)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (1)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (1)
機動戦士Zガンダム (5)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (2)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (2)
機動戦士Vガンダム (2)
∀ガンダム (1)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (1)
機動戦士ガンダムSEED (42)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (2)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (0)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (0)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (0)
恋姫†無双 (4)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (2)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (1)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (5)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (2)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (14)
ストライクウィッチーズ (0)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (2)
ゼロの使い魔 (2)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (1)
つよきす (0)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (0)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (6)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (0)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (23)
ハヤテのごとく! (1)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (0)
美少女戦士セーラームーン (0)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (1)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (0)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (1)
ふたりエッチ (0)
ふたりはプリキュア (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (2)
フルメタル・パニック! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (2)
僕のヒーローアカデミア (1)
ポケットモンスターシリーズ (3)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (3)
真剣で私に恋しなさい! (3)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (5)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (2)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (3)
ラブひな (1)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
竜†恋 (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (17)
ONE PIECE (1)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (14)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画⑧]望まぬ覇王、操られた曹操~華淋、終わりの始まり~

華琳

魏の覇王、曹操(真名:華琳)は疲労が溜まっていた。
思った以上に諸葛孔明は手強い。
数度に渡る激戦に戦力の低下は著しく、これ以上攻勢を取ることが困難の状況に今日、曹操は撤退を決意。
部下達に退却準備を取らせ、責任を取らせるため今回の攻略作戦を提案した崔凌(さいりょう)という男を呼び出した。

⑬男アイコン_R「お呼びでございますか」

華琳 怒り「遅いわね。そんな遅さだから今回も失敗したのかしらね」

呼び出した曹操はひどく立腹しているようだ。
その理由は当然、失敗を招いた崔凌に怒りを抱いているからだ。

⑬男アイコン_R「この度の失敗は全て私の責任でございます。次なる機会を頂けたなら必ず……」

華琳 怒り「黙りなさい」

弁解する間もなく華琳は話を断ち、容赦の無い言葉を浴びせかける。
まるでゴミを見るかのように蔑んだ目で、崔凌の言葉にまるで耳をかさない。

華琳[1]立絵006

華琳 怒り「春蘭ならともかく秋蘭が推薦したから信用して策を採用したけれど、とんだ期待はずれね」

華琳 怒り「もはやお前には価値もなければ魏にいる資格も無い。早々に立ち去るがいい」

結局、崔凌はこのまま魏を去ることになった。
責任を取るための自害を要求したり、この場で首を刎ねようとしないのは側近である秋蘭(夏侯淵)の推薦だったからに違いない。
ともあれ命だけは助かった崔凌は素直に目の前を去る。次に曹操が取り立てるのは荀彧であった。

華琳[1]立絵005

華琳 嘲笑「桂花、次はあなたが立案しなさい。半年以内に再度攻勢に出るためには戦力をいかに有効利用できるかが鍵よ」

桂花「お任せ下さい華琳様」

その日は遅くまで指示を出した華琳も睡眠を取ろうと寝屋へ向かう。
その途中で春蘭が華琳を呼び止める。

華琳 真顔「どうしたの?」

春蘭 (2)「華琳様にお渡ししたいものが……」

華琳 笑顔「あら、随分形の良い蝋燭ね」

春蘭 (2)「火を焚けばその香りで疲れを癒す効果があると言われる物です。華琳様の為に買ってきました」

華琳 笑顔「ありがとう。可愛らしい蝋燭は好きよ」

不器用ながら自分の為に蝋燭を持ってきた春蘭の好意に、撤退の苛立ちも少し和らいだ気がした。
崔凌を推した秋蘭には何かしら罰を与えなければいけないが、姉である春蘭に免じて軽くしても良いと華琳は思った。

寝屋に入った華琳はさっそく蝋燭に火をつける。
小さめの炎に苺の様な甘い香りと、薄紫の煙がわずかにたち、華琳はそれを気に入った。

汗を拭いたり就寝前の準備を始めて5分ほどで強烈な睡魔が華琳を襲う。

華琳 キス「今日はもう……これ以上起きてられないわね……ふぅぁ~……」

普段誰にも見せないような大きい欠伸をしたと共に、寝具に体を預けたところで華琳は意識を失うように眠りについた。

――――

――――

――――

華琳 キス「ん……」

⑬男アイコン_R「ようやくお目覚めか。随分お疲れだったようだな」

華琳 怒り「お、お前はっ!……えっ?て、手が……!?」

目を覚ますと野に放ったはずの崔凌が目の前にいる。
そして自分の両腕は頭上で手首を固定され、鎖で寝屋の柱につながれていて身動きが出来ない。
聡明な華琳もこの状況をすぐに理解することができなかった。

⑬男アイコン_R「魏の王もこの態勢だと滑稽だな」

華琳 真顔「……どうやってここに入ったのかしら」

この場で慌てて取り乱すことをしないのは華琳が曹操たる所以の1つ。
少なくとも下手に刺激すれば命を奪われかねない状況に落ち着いて必要最低限の言葉で、かつ時間を稼ぐことのできる質問を投げかける。
高い柵で囲まれた敷地内に見回りの兵が常時5人はいる。寝屋は拠点の入り口から最奥にあり、侵入するのは不可能に近い。

⑬男アイコン_R「少しは慌てふためいてもいいんじゃないか。まぁ簡単に動じるようでは魏の王など勤まらんのだろうがな」

華琳 真顔「……」

⑬男アイコン_R「そんなお前だから仕えてもいいと思ったんだがな……覇王たる資格がお前には……しかし一度の失敗ぐらいで俺を斬り捨てるとは正直見損なったぞ」

崔凌が復讐に来たことは間違いない。しかし少なくとも手に刃物のような凶器は持っておらず、懐に忍ばせているにしてもすぐに殺すようなことはしないという雰囲気を察知し、逆に挑発し返せば大声をあげて怒るかもしれない。そうすれば見回りや隣の寝屋にいる春蘭と秋蘭が気付くかもしれない。そこに助かる可能性を華琳は既に見出していた。

華琳 嘲笑「勝手に見損なうのはいいけれど、私の方は逆にあなたを見直したわ。まるで前線に出たがらないノミの心臓の癖に、よくよく私の寝屋に忍び込む勇気はあるんだもの」

華琳 嘲笑「出自は盗賊だったかしら?ノミの心臓ならぬ下衆の心臓だからこういうことなら出来るのかしらね」

⑬男アイコン_R「ふん、なんとでも言え。どのみち今のお前の運命は俺の手にある」

華琳 嘲笑「私の運命?はっ、笑わせてくれるわね。魏の王、曹操の運命は己のみが決められるもの。お前の様な下賤の者の手にかかるくらいなら自ら死を選ぶわ!」

崔凌を睨む眼光は鋭く、それは決して常人には備えることのできない迫力も伴っていた。
一瞬気圧されたところを見逃さずさらに煽り、責め立て、自分が不利な立場にあると崔凌に錯覚させるほど勢いがあった。

黙って聞くだけの崔凌をこのまま責め続ければもしかしたら逃げるかもしれないと思ったが、同時にある事実に気付いてしまう。
これだけ激しく声を発しているのにも関わらず、見回りはおろか隣の寝屋にいるはずの春蘭も秋蘭もやってこないのだ。
その異変に気付いた時、華琳の言葉は止まる。そして今度は崔凌が口を開いた。

⑬男アイコン_R「いや……本当に流石としか言いようがないな。一度は俺が主と認めただけのことはある。お前ならあるいは本当に……。フフ、それに気付いたようだな?これだけ騒いでも誰もやってこないことに」

華琳

華琳 動揺「……ッ」

ここにきて本当の意味で華琳は焦りを感じた。
配下の者の死が頭を過る。春蘭達すらも殺されてしまったのか。
それが崔凌にできるとは思えないが、現にこうして自分は拘束され誰もやってこない状況は確実に何らかの事態の発生を物語っている。

⑬男アイコン_R「お前はどうやって俺がここに入ったか聞いたな?普通に入ってきたんだよ」

華琳 動揺「そ、そんなこと有り得るわけが……!」

⑬男アイコン_R「それがあるんだよ。まぁ俺が言うより、あいつらに説明させた方が早いか」

華琳 動揺「あ、あいつら……?」

⑬男アイコン_R「見て驚くなよ?お前達、入ってきていいぞ!」

華琳 動揺「……えっ!?」

崔凌の呼びかけで入ってきた二人の人物に驚きを隠せない。
その2人とは華琳が最も信頼する春蘭と秋蘭だったからだ。

⑬男アイコン_R「こいつらが俺をここまで案内してくれたのさ。幹部2人が一緒だったから見回りがいても全然問題なかったんだよ」



華琳

華琳 絶望「そんな!?春蘭!秋蘭!これはどういうことっ!?」

春蘭 (1)「……」

秋蘭「……」

二人は全く反応せず、崔凌の脇で直立している。
その瞳は濁っていて、いつもの輝きが無い。その異常さに華琳もすぐに気が付いた。

華琳 怒り「二人になにかしたわね!?」

⑬男アイコン_R「ハハハ、答えてやる義理はないがまぁいいだろう。お前達自分がどんな存在か言ってみろ」

春蘭 (1)「私達は崔凌様の忠実な牝奴隷です」

秋蘭「全てを捧げてこの身が滅ぶまで尽くし続ける存在です」

華琳 絶望「なっ……」

二人は操られているのは間違いない。
と言うことは今自分が置かれている立場はひどく危険な状態ということになる。
華琳は絶句しながらも考えをめぐらせ、すぐに次の行動をとった。

華琳 怒り「春蘭!秋蘭!目を覚ましなさい!!あなた達の主はこの私、曹操よ!!」

呼びかける華琳に対し春蘭は沈黙していたが、秋蘭が口を開く

秋蘭「それは違います。華淋様もお慕いしてはいますが、私達の本当の主は崔凌様です」

華琳 絶望「秋蘭……!」

⑬男アイコン_R「ハッハッハッ!夏候の姉妹は既に俺の物なんだよ。姉の方は先程からだがな……妹は3ヶ月も前からだ」

華琳 絶望「なんですって!?」

⑬男アイコン_R「盗賊の出である俺を推薦したのは誰だったかな?」

華琳 絶望「……!」

華琳 真顔「そういうことね……わかったわ」

華琳はこれだけでほとんどを察した。
なんらかの方法で秋蘭を操り、利用して自分を推薦させることで魏の軍師に崔凌はなった。
一度は曹操として自分の器を認めて下についたが失敗によって斬り捨てられたことで逆恨みし、今度は春蘭をも毒牙にかけて復讐にやってきたのだ。
そしてその目的は命を奪うことではなく、恐らく二人と同じように自らの傀儡とすること―――

看破した事実を口にすると崔凌は笑いながら腰を落して華琳の顎を掴んだ。

⑬男アイコン_R「察しがいいじゃないか。ならば素直に俺の傀儡になるがいい。これから先は俺の傀儡として望んでいた覇王の道を歩ませてやろう」

華琳 嘲笑「……ペッ!」

⑬男アイコン_R「……ッ!」

顔が近付いたところに華琳が唾を吐く。
崔凌は黙って立ち上がると華琳を見下ろして素直に怒りの表情を向けた。

⑬男アイコン_R「その気高さは時として仇になる……。俺はお前を只の傀儡にはしてやらんことを決めたぞ。後悔するんだな」

華琳 嘲笑「あらそう、勝手に人の運命を決めたつもりになって勝ち誇るなんてやはりお前はその程度の男。あいにくだけどこの曹操、下賤の者に運命を決められるなら自ら命を幕を降ろさせてもらうわ……!」

⑬男アイコン_R「なにっ!?」

華琳は言葉尻に舌を噛んで自害しようとした。
しかし―――

華琳 絶望「あぐっ!?……しゅ……う……らん……」

自害の気を察した秋蘭が即座に手刀で華淋の首を叩き、舌を噛む前に華琳は気絶させられてしまう。
鎖で手を繋がれていた華琳は力の抜けた人形の様にぶら下がる態勢になった。

⑬男アイコン_R「自害の決断がこれほど早いとは……流石に焦ったぞ。秋蘭、良くやったな」

秋蘭「有難きお言葉……恐縮です」

華琳の自害を止めたのは秋蘭だった。
手刀一発で気を失ってしまった華淋に、崔凌は改めて傀儡としての洗脳を施す。

⑬男アイコン_R「それにしても曹操の精神力は……これは今夜は寝れそうもないな。秋蘭、お前は姉の再洗脳を施せ。そいつの洗脳もとりあえずでしかないからな」

秋蘭「かしこまりました」

⑬男アイコン_R「春蘭。お前は心の全てを解き放ち、姉からの洗脳を全て受け入れるんだ、いいな」

春蘭 (1)「かしこまりました……」

秋蘭「では私は隣の寝屋で姉者に施しますので、御用の際はお呼び下さい」

⑬男アイコン_R「あぁ任せたぞ」

春蘭の洗脳を秋蘭に任せると、崔凌は懐から怪しげな薬を取り出した。
それはどんなに強靭な精神を持つ者の心をもふやかし、言われたことをそのまま心に刻み込んでしまう禁忌の薬。
崔凌は華琳の意識が回復するのを待ってそれを無理矢理飲ませた。




そして翌日―――

桂花 怒り

桂花 怒り「華琳様!これはどういうことですか!?」

華琳 真顔「どうしたの騒々しいわね」

桂花 怒り「崔凌を再び軍師に据えるなんてお考え違いにも程がありますっ」

華琳 真顔「たった一度の失敗で部下を斬り捨てるのは軽率だと考えを改めたのよ。次の戦いまでは崔凌も軍師として私に仕えさせるわ」

桂花 怒り「あの男は猪突猛進に兵を使う事しかしらない愚か者です!何度やっても同じになるに決まっていますっ」

食い下がられた華淋は表情を怖めて説き伏せる

華琳 怒り「もう決定したことよ。この曹操の決定にまさか『荀彧』……逆らうつもりかしら?」

桂花

桂花 恐怖「い、いえっ、も、申し訳ありませんでしたっ」

華琳 嘲笑「わかればいいのよ」

真名を呼ばれないことで華琳の怒りを感じた桂花は反論せずに受け入れざる負えなかった。
この二日後、魏の軍は撤退し、都への帰路を取った。




~歪められた華琳の日常~へ続く

関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 恋姫†無双 華琳 春蘭 秋蘭 桂花
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
137:管理人のみ閲覧できます by on 2014/11/02 at 01:31:47

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す