FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1126)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (4)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

暁の護衛~罪深き常識論~『ルールに従う二階堂麗華と二階堂彩』

二階堂姉妹


南条家に来ていたのは二階堂麗華と彩。夏休みを利用して2泊しにきていたのだ。
普段他の家に泊まることの少ない麗華と彩だが、薫の結婚を祝うためとなれば話は別。
わざわざ遠方の屋敷まで足を運び、祝いの品の持参した。
薫が夢を諦め結婚を決めた理由は前回を参照


南条家の護衛が付くため二人の護衛は来ていない。
もちろん、近くに滞在して緊急時には駆けつけられるようになっている。

二階堂麗華「随分とまぁ、なんていうのかしらね?女の子らしくなったわね」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「はは……その、ありがとうございます」

二階堂麗華(表情から物腰までほんと女ね、あれがあの南条薫だなんて未だに驚きだわ)

二階堂彩「ご結婚のお祝いです。お気に召すといいんですが」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「これはありがとうございます!ごしゅっ!……ゴホン!主人も喜ぶと思います」

久しぶりの再会に話は弾んだ。
男として接してきた薫が女として目の前にいる事実が、3人の中に微妙な空気を作りはしたが、終始和やかな会話だった。
麗華と彩、二人の二階堂家の令嬢を相手にしてもなんら問題ない振る舞いは、薫が名家の令嬢として十分に教育を受けていたからに他ならない。

二階堂麗華(暁の護衛)「あれ……?」

二階堂彩(暁の護衛)「どうしまし……た……――――」

1時間ほどしたところで急激に意識が遠のく二人。
『何か』をされて目が覚めると、既に日が落ちていた。

二階堂麗華「……あれ?」

違和感を感じる麗華だったが、薫が普通に接すると今まで普通に話し込んでいただけだと思い、それ以上は何も気に留めなかった。
話が一段落すると、薫が切り出す。

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「もう日も暮れましたし、もうすぐ夕食ですがその前にお二人が宿泊するにあたって南条家のルールを教えておきたいと思います」

二階堂彩「ルール……ですか?」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「はい。南条家には様々な独自の規則がありますが、来賓の方にもそれを守っていただく必要がありますので……」

二階堂麗華「まぁ当然よね。二階堂にも面倒な規則、結構あるもの」

その家のルールを守ることは当然。
名家ともあればそれぞれの規則やしきたり、作法があり、それを来客も守ることは自然だった。
南条家では2つのことさえ守れば良いので簡単だと薫は言う。
その内容とは―――

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「一つ。南条家の敷地内では、女性は肉体的、精神的権利を全て放棄していただきます。次期当主、南条駄目夫が絶対の存在であり、誠心誠意敬い、従ってもらいます」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「二つ。敷地内で処女を失った場合は、敷地外でも永続して肉体的、精神的権利を全て南条駄目夫に差し出してもらいます。男性の方は特例で敷地内に入った時点で永続的に全権利を放棄・譲渡していただきます」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「以上二点です。面倒とは思いますが、遵守して頂けますようお願いいたします」

淡々と説明した薫は頭を下げる。
それに対する二人は問題ないとこれを了承した。

二階堂麗華「家にくらべたら楽なものよ。ねぇ彩?」

二階堂彩「あはは……二階堂は決まり事が多いですからね」

余裕そうな麗華のフリに彩も苦笑いで答えた。
ともあれ二人は南条家の規則を守ることを受け入れ、それはすぐさま効力を発揮する。
今や二人に肉体的・精神的権利は無く、その全てを薫の夫に差し出している状態なのだ。
仮に死ねと言われれば、二人は命すら捧げなくてはならない。

未だ顔を見たことが無い薫の夫を見たいと麗華に促され、薫は別室から夫を連れてきた。

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「紹介します。こちらが私の夫になります、南条家次期当主、南条駄目夫です」

顔無しアイコン2「おひょおー!これは美人さんが揃ったねぇ♪薫が紹介してくれた駄目夫です、二人ともゆっくりしていってねぇ」

品をまるで感じない、家の中で明らかに異質な醜い男の登場に驚きを隠せない二人だが、冷静を装い丁寧にお辞儀をした。

二階堂麗華「お邪魔させて頂いております。私が二階堂麗華、こちらが妹の彩です」

二階堂彩「彩です。お言葉に甘えさせていただきたいと思います」

顔無しアイコン2「うんうん。積もる話もあるだろうから僕は一旦失礼するよぉ。あ、でもそうだ!その前にさっそく二人のお口で奉仕してもらおうかなぁ。ちょぉ~どチンカスも溜まっちゃっててさぁ抜くついでにたのむよぉ」

二階堂麗華「……かしこまりました。私達の未使用で誰にも奪われたことの無い汚れ無き唇で、駄目夫様のチンカスを綺麗に致します」

二階堂彩「不慣れな奉仕で至らぬ点もあると思いますが、頑張ります」

顔無しアイコン2「ふひひっ、よろしく頼むよぉ!」

初対面の男の常軌を逸した命令。
それにまるで動じることなく、二人は誰も触れたことの無い綺麗な口を捧げるのだった。

―――

二階堂麗華「ぐちゅっ、じゅぽじゅぽじゅぽっ」

二階堂彩「れろれろれろ~じゅるるっちゅるる」

顔無しアイコン2「あああぁ~いいよおお、いくぅうう~!」

ドピュドピュドピュッ

二階堂麗華「んあっ!?」

二階堂彩「きゃあっ!」

大量の精液を放出し、それが麗華と彩の顔に降り注ぐ。
半ば暴発とも言える急な射精に驚いたが、それ以上に精液の臭いが二人には辛いものだった。

二階堂彩「けほっけほっ」

二階堂麗華「んぐ……彩、大丈夫?」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「麗華お嬢様、彩お嬢様。駄目夫様の精液をこぼしてはいけません。ちゃんと飲みこみ、床に落ちたのも全て舐め取ってください」

二階堂彩「けほっ……わかり……ました」

二階堂麗華「……ごくんっ。……うぐっ……かしこまりました。ぺろぺろっ」

言われるがままの二人に満足した駄目夫は、薫にキスの褒美を与えるとそのまま部屋を出ていった。
床に残った精液を舐めきった二人は、浴室で顔を洗い、再び少し薫と会話を挟んで夕食に入った。

そこでも麗華と彩は駄目夫に好き放題される。
王様が座るような椅子の大きな肘掛けに二人を座らせ、体を弄りながら口移しで食べさせたりと、もうやりたい放題だった。
しかし、それが今の南条家では普通のことなのだ。
現当主である薫の父や、他の兄弟もいたが、みな与えられた食事はカップヌードルや乾パンなどの即席物だけ。
飲み物もただの水道水と、メイドよりも悲惨な内容だったが、普通に食べていた。

時折、薫以外の南条家男子に無茶な余興を要求しては、弄び、貶すその光景も南条家では当たり前になりつつある。

異様な食事が終わると、麗華と彩は入浴を済ませ、その日はお互いの客間で就寝の流れとなった。
ベッドにドサッと倒れこみ、いろいろと考え事をする。

二階堂麗華(ふぅ。今日は疲れたわね……)

二階堂麗華(薫もあんなののどこが良かったのかしら……)

そうやって考えていると眠気が襲ってきたが、すぐに吹き飛ぶこととなる。

二階堂姉妹

二階堂麗華(暁の護衛)「あああ~~!」

二階堂麗華「……!」

隣の部屋から壁越しに彩の声が聞こえてきたのである。

わざと薄く作ってあるんじゃないかとさえ思えるほど、声が聞こえてきて、腰を打ちつける音までしっかりと聞こえた。
隣の部屋で妹が抱かれていても、麗華にはどうすることもできない。
しかし、音から察するに、彩の処女が奪われてしまったのは間違いなさそうだ。

二階堂麗華「彩……」

15分ほどピストンが続いただろうか、どうやら駄目夫は射精したようだ。

二階堂姉妹

顔無しアイコン2「ふひぃ~出た出た♪血もちゃんとこぼれてきてるし、間違いなく処女喪失だねぇ」

二階堂麗華(暁の護衛)「はい……」

顔無しアイコン2「さぁ~誓ってもらうぞぉ!この僕に全てを捧げる誓いを~!」

二階堂麗華(暁の護衛)「はい……。私、二階堂彩は――――」


二階堂麗華「くっ……!」

大切にしていた妹が、完全に駄目夫の物になる。
その宣誓は麗華には辛く、布団をかぶって聞かないようにした。

少しすると、今度は麗華の扉が開いた。
部屋に来たのは当然のごとく駄目夫。今から麗華で性欲処理をするという。

二階堂姉妹

二階堂麗華「……節操がないんですね」

顔無しアイコン2「まぁねー!彩だけじゃ納まらないよぉ!僕は普段一晩に5人は抱くからさぁ」

命令通りに体を開かざる負えない。
もっともそれは当然のことなので別にかまわないのだが、処女を失えば帰宅してからも一生すべての権利を捧げなくてはならない。
避けれるものなら避けたいのが本心だった。

だが、駄目夫が挿入しないで終わるわけもない。
結局麗華は自ら挿入を懇願させられ、処女を散らしてしまうこととなる。

二階堂 麗華(暁の護衛)

二階堂麗華「大切な妹の処女を奪ったその逞しい肉棒で……私、二階堂麗華の処女マンコを……貫いてください」

顔無しアイコン2「りょうっか~~~い♪」

二階堂麗華「くぅああっ!?」

ズドン!とまるで優しさの無い急な挿入に、麗華を激しい痛みが襲う。
それでも麗華は挿入『してくれた』駄目夫に感謝の言葉を言うしかない。

二階堂麗華「麗華のッ……処女を奪っていただきありがとうございますッ……!」

こうして二階堂麗華の処女は無惨にも散った。
麗華と言う日本屈指の名家に生まれ、およそ釣り合う男など何人いるのだろうかという頂点級の令嬢。
そのかけがえのない処女が初対面の醜い男に奪われる。
それは父親が知れば気絶するだろう出来事だった。

体位を入れ替え、その度乱暴に扱われただ抱かれる。
それは人間を抱くというより、人間の形をしたオナホールやダッチワイフを使うかのごとく雑だった。
麗華もまた、彩と同様に処女を失ったばかりの膣に精液を注ぎ込まれる。

二階堂姉妹

そしてつい少し前に隣の部屋で綾がした宣誓を、麗華もすることになった。


顔無しアイコン2「さぁ~誓ってもらうぞぉ!この僕に全てを捧げる誓いを~!」


麗華は破瓜の痛みと中出しされた感覚とほんのわずかな快楽の余韻に浸ったまま、言葉を絞り出した。


二階堂麗華(暁の護衛)「私、二階堂麗華は、南条駄目夫様に肉体的・精神的権利の全てを捧げ、一生涯をかけて奉仕することを誓います……」

顔無しアイコン2「ふひひっ、おっけー!これでもかってくらい一生かけてしゃぶり尽くしてあげるからねぇ♪」


こうして南条薫につづき、二階堂姉妹までもは駄目夫の毒牙にかかり、全てを失うこととなった。



――――

――――

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「麗華お嬢様たちの抱き心地はいかがでしたか?」

顔無しアイコン2「いやぁ~良かった良かった♪久しぶりに満足したよぉ」

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「それは良かったです。手を尽くして屋敷に招き入れた甲斐がありました

南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)「それで、次はどの令嬢を招待いたしましょうか」

顔無しアイコン2「う~んよりどりみどり♪二階堂のコネも使えるようになったわけだし、選択肢がありすぎてこまっちゃうなぁ~♪」



地獄に堕ちる令嬢は、まだまだ留まることを知らない―――



関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 暁の護衛 南条薫 二階堂麗華 二階堂彩
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
244: by おっちゃん on 2015/03/07 at 00:51:41

常識改変的な展開、いいですねえ(^ν^)
キモ男ってのがまた(´ε` )

245: by sy on 2015/03/07 at 08:16:43

暁の護衛ss待ってました!
とてもよかったです。
次はだれになるのか、今から期待しています。

▼このエントリーにコメントを残す