FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

真・バカとテストと催眠術 23話『二度と忘れない、人生最良の日』

真・バカとテストと催眠術~被・催眠支配~明久編 三章



吉井明久 5枚目
「吉井明久改め、吉井明奈。只今戻りました」

「おう。随分と綺麗になったな!」

き、綺麗!
ああ、その一言だけで明奈の人工オマンコがきゅんきゅんして濡れちゃいますっ

「ありがとうございます。玄児様の牝奴隷として立派に振る舞えるよう、身も心も完全に女になって帰ってきました」

「ずっと……ずっとお会いできるのを楽しみにしていました」

「うぅ……く、玄児さまぁ……!」

「おいおい、泣くなんて大げさだな」

だってお会いできるだけでも嬉しいのに、こんな歓迎式まで用意してもらえるなんて……。
泣かないなんて無理ですよぉ……。
私もう、女の子なんだもん。

「落ち着いたら服脱いで下着になれよ」

「みんなが見ている前で歓迎セックスしてやるから」

「今日だけ特別、マンコでも口でもアナルでも、好きなところに射精してやるぜ」

自分でも現金だと思ったけれど、そう言われたらすぐ涙が止まっちゃった
玄児様に抱いてもらうっていうのに、泣いてなんていられないもの。

吉井明久 6枚目

「おぉ……す、すげぇな……!」

「想像以上だよ。いやマジですげぇわ」

「男がここまで変われるなんてなー。他の二人はここまでエロイ体してなかったぜ?」

「ありがとうございます

「人工ならいっそ誰よりも上を目指そうと思って、牝奴隷として御主人様に欲情して頂けるいやらしい体つきと抱き心地……両方ともに最高を目指しました」

「今こうして褒めて頂いて……勃起して頂けていることが幸せです

女の子としての完成形を目指した私は、改造に費やしたお金も莫大だったけど、それ以上に努力した。
御主人様のことだけを考えてずっと頑張ってきた……。

それが今こうやって、みんなの前で御主人様が私に見惚れている……。

女の子に生まれ変わって良かった!

「んあっ

あ、危ない危ない。
幸せすぎて軽イキしちゃった……

「御主人様……まずはただいまのキスをオチンポ様にさせてください

「明奈のファーストキスを……みんなの前で御主人様に捧げたいんです

「ホント牝奴隷らしくなったんだな。いいぜ、俺のチンポにキスさせてやる」

「ありがとうございますっ

私はすぐに跪いて御主人様のオチンポに顔を近づけた。

なんて神々しくて、偉大で、猛々しいオチンポなのかしら……
大きさは普通かもしれないけど、これが最高のオチンポなんだって見ただけでわかる。

だって、こんなに胸がドキドキして、アソコがきゅんきゅんするなんて、他の男のチンポを見ただけじゃならないもの

「ごくりっ」

緊張したけど、私は目を瞑ってこれまでのことを思い出しながら、唇をそっとオチンポの先に押し当てた。

「……

「これが私の……明奈のファーストキスです

「おう。俺のチンポに捧げたことは一生忘れるなよ」

「はいっ

絶対忘れない。忘れるわけなんてない。
御主人様に捧げたファーストキス……この瞬間は一生の思い出だもの

「よし。じゃあ立て。お前の体をみんなの前でモミモミしてやるよ」

御主人様は立たせた私の後ろに回って、脇の下から伸ばした両手で私のお胸を揉んでくれた。

ふにふに

「ふあっああんっ

密着すると御主人様のオチンポがお尻にひっつくのがわかってドキドキした。

ふにふにっ もみもみっ

「あんっんんっ

「お?この胸……おお!」

「明奈の胸、いかがですかっ

「なんかよくわからないけど、不思議な感じがする。他の女には無い感触っていうか」

「さすが御主人様私のおっぱいは、特別なんです

「特別?」

私は人工おっぱいを形成するにあたって、大きさと形以外に『飽きない触り心地』にこだわったことを知ってもらった。
柔らかいのはもちろんだけど、いろんな感触を楽しめるように触る部位によって弾力やハリに違いを持たせてある。

それを聞いた御主人様は凄く感心してくれたし、聞いていたみんなも凄く羨ましそうにしててこのアイデアを取り入れて本当に良かったって思った。

人工だからこそ天然にはできないことをしなくちゃ勿体無いわよね

「ふあっ

下から伸ばした掌で胸を揉まれると、御主人様の指が吸い込まれるよう私の胸に沈むの。

不思議な揉み心地を楽しむようにぐにゅぐにゅって指に力を入れて揉みしだかれると、いやらしい声を抑えられない。

「んぅ……ふぁ…あんっ

短い吐息が漏れ始めると、御主人様の股間が私のお尻にあたったのがわかった。

あぁ……このオチンポがもうすぐ私の中に入ってくるのね
そう思ったら私の体はどんどん熱くなって、人工オマンコもぐちょぐちょに濡れちゃうの

「ぺろっ」

「ふああんっ

御主人様は私のおっぱいの感触を楽しみながら、首筋に舌を這わせてきた。
一瞬驚いてビクッとなったけど、その反応が良かったのか首から耳の裏まで舐めてくれたの。

「ひゃああっんっご、御主人さまぁ

「わかってるよ。そろそろ入れてやる」

「は、はいっ

アソコがもうぐちょぐちょになっちゃってる私を寝かせると、御主人様は私の股を開いた。

吉井明奈

ゆっくりとパンティをずらすと既にびっしょりと濡れて受け入れ準備の整ったオマンコが御主人様の目に映る。
割れ目にそって指でオマンコをくぱぁと開かられると、私は恥ずかしくて顔が真っ赤になる。

「へぇー。見た目は普通のマンコと変わらないけど、新品だけあって綺麗なもんだな」

「はい誰も使ったことの無い、未使用人工オマンコですから

明るい部屋の中で、御主人様の目の前で私のオマンコがヒクヒクしているのを見られて……
恥ずかしいけど、この時を待っていたんだって思った。

人工オマンコをまじまじと見つめる御主人様は、凄く興味深そうだった。

「人工マンコを見るのはお前で3人目だけどさ……」

そう言うと御主人様は顔を耳元に近付けて、小声で耳打ちしてくれた。

「見た目はお前が一番綺麗だぜ」

「……!!」

「ご、御主人さまぁ……

嬉しくて仕方なかった。
秀吉たちよりも良いマンコだって褒められて、もうそれだけで少しイッちゃうくらいの幸福感。

耳元から御主人様が離れる前に、私も耳打ちして返した。

「ふふっオマンコの中も……きっと一番ですよ?」

「そっか!はは、生意気だけどお前が言うと何故かそうなんだろうなって思うよ」

「そろそろ我慢も限界だし、入れるぞ?」

「はい明奈の人工オマンコ……、どうか味わってください

丸見えになった私のオマンコの入り口に、御主人様の偉大過ぎるオチンポの先があてがわれる。
恥ずかしいけど、もう待ちきれなくてヒクヒクしながらうれし涙をながすオマンコ見た御主人様はどこか満足気で、そのまま一気に腰を突き入れてくれた。

「あああんっご、御主人様のオチンポを……感じますっ

「こ、これ思った以上に……す、すげぇな」

オチンポを入れられた瞬間、快感とかそういう単純なものじゃなくて、胸の奥が熱くなるような素敵な感動に包まれた。
はっきりとわかる。これが『幸せ』というものなんだって。
抱かれることが、私達牝奴隷にとって最高の瞬間なんだって、はっきりと。

「すぐイカせてやるからな」

「ありがとうございますっあ、明奈はもう……入れられただけでちょっとイッちゃいました

「みたいだな。すげぇ締め付けだ。マジで気持ちいいけど、突いたらどうなるのかな……!」

「ああんっあっああっ

私の腰を引き寄せて陰毛同士が触れ合うくらいグッと密着して、浅くピストンをされるとその度に強い快感が体を包んでくれる。
カリが人工オマンコの奥をひっかくと、ビクビク腰があがっちゃうんだけど、それが気に入ったみたいで、より激しく抜き差しされるようになった。

「ふああっんんっ、あんっくぅっ

「はぁはぁ……ふぉ!?」

イキそうになって、ギュウッと急激にオマンコ全体がチンポを握るように締め上げちゃうと、御主人様の射精感も一気に高まったみたい。

もう私は快感で頭がトんじゃいそうだけど、初めてのセックスだから射精してもらうまではなんとか意識を繋げ止めておこうと思った。

建物内に歓声というか嬌声も聞こえるような気がしたけど、もう周りを見る余裕なんてない。

「ご、御主人さまぁっわ、私っ

「ああいいぜ!俺ももうイキそうだから、お前もイッちまえ!」

「は、はいっ

「出るっ……!」

「ああっい、イクウウウっ

私がイッた瞬間、御主人様のオチンポから熱い精液がビシャアアア!とぶちまけられて、人工オマンコが一気に満たされたのがわかた。

吉井明久SEXイラスト

「はぁはぁ……!」

「明奈のオマンコ……いかがでしたか」

「マジで良かったよ。本物とは違う感触がめちゃめちゃ新鮮だった」

「はぅっ

「ふぉ!?」

褒められて軽イキしちゃったオマンコが、ギュッと御主人様のオチンポを包む。
イッたばかりで少し小さくなったおちんちんも、それはそれで凄く愛おしくて、本当に幸せって思った。

「明奈、このまま2回目するぞ」

「……はいっ

私にとってこのお披露目セックスは、人生でも特に忘れられない最高の時間になった。
だって、この後3回も抱いてもらったんだもの。

みんなの前で御主人様を独占する優越感……
みんなの前でイキ顔を晒す背徳感……

二度と忘れられないわ


つづく

前回までの話は↓からどうぞ
真・バカとテストと催眠術 1話『姉さんの言うことは僕にとって真実』
真・バカとテストと催眠術 2話『敏感なマネキン』
真・バカとテストと催眠術 3話『姉さんの頼みだから』
真・バカとテストと催眠術 4話『見られるオナニー』
真・バカとテストと催眠術 5話『オナホール射精』
真・バカとテストと催眠術 6話『それでも僕は使い切る』
真・バカとテストと催眠術 7話『女の子視点』
真・バカとテストと催眠術 8話『なんか教室がちょっと変?』
真・バカとテストと催眠術 9話『最高のオナニー』
真・バカとテストと催眠術 10話『トイレの中で』
真・バカとテストと催眠術 11話『パイパン』
真・バカとテストと催眠術 12話『女の子になるって決めた日』
真・バカとテストと催眠術 13話『最後に働いた防衛反応』
真・バカとテストと催眠術 14話『悩み相談』
真・バカとテストと催眠術 15話『弟としての別れ』
真・バカとテストと催眠術 16話『玉野美紀』
真・バカとテストと催眠術 17話『体は男、けど女子トイレが使いたい』
真・バカとテストと催眠術 18話『モリタクリニック(初診)』
真・バカとテストと催眠術 19話『SEITENKAN』
真・バカとテストと催眠術 20話『ただいま』
真・バカとテストと催眠術 21話『実感はふとしたきっかけで』
真・バカとテストと催眠術 22話『再会』
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 バカとテストと召喚獣 吉井明久
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3149: by 名無男 on 2019/05/04 at 01:00:52 (コメント編集)

玄児の事だから吉井の伸びた髪から漂う女物のシャンプーの香りや、他にも化粧品の香りで興奮してそうだ。
元男だというのも忘れて一心不乱に貪る勢いでキスも繰り返してそうだ。

▼このエントリーにコメントを残す