FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ノンジャンル (140)
総集編 (0)
エロゲレビュー (15)
同人&エロ漫画etcレビュー (76)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
アイドルマスターシリーズ (2)
暁の護衛 (0)
アカメが斬る! (0)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (7)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (2)
うみねこのなく頃に (0)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (0)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (1)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (0)
機動戦士Zガンダム (5)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (1)
機動戦士Vガンダム (0)
∀ガンダム (0)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED (15)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (0)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (0)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (0)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (0)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (0)
恋姫†無双 (1)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (1)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (0)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (4)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (1)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (11)
ストライクウィッチーズ (0)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (1)
ゼロの使い魔 (1)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (0)
つよきす (0)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (0)
ドラゴンクエスト5 (1)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (4)
NARUTO -ナルト- (1)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (0)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (0)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (5)
ハヤテのごとく! (0)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (0)
美少女戦士セーラームーン (0)
ファイナルファンタジーⅤ (2)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (0)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (0)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (0)
ふたりエッチ (0)
ふたりはプリキュア (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (1)
ポケットモンスターシリーズ (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (0)
真剣で私に恋しなさい! (0)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (0)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (1)
名探偵コナン (1)
めだかボックス (1)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (2)
ラブひな (0)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (0)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (6)
ONE PIECE (0)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (5)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

saiming!!伊波まひるのちっちゃいおっぱいセット~注文編~



PM11:00 ~閉店後のワグナリア~
その日もスタッフはいつも通り閉店作業でバックヤードの片付をしていた。


ピンポンパンポーン!

種島ぽぷら「あれ?来店の音だ。」

轟八千代「お客さんかしら?ちょっと見てくるわね。」

八千代がフロアに出てみると、見慣れた姿の男が店内に入ってきていた。

男アイコン「うぃっす、店長さん。」

轟八千代「あら業者さんでしたの。いらっしゃいませ♪」

男アイコン「いやぁいつも遅くで悪いっすね。」

轟八千代「業者さんならいつでも大歓迎です。ではお席にお座りになってお待ちください。」

そういうと八千代はバックヤードに戻りスタッフに声をかけた。

轟八千代「みんなごめんなさい。業者さんがお客様としてご来店されたから申し訳ないんだけど、帰るの待ってもらえるかしら。」

種島ぽぷら「はーい!着替えなくて良かったよー。私エプロン付けるだけだし。」

伊波まひる (2)「えぇ~。私着替えちゃいましたよ。」

小鳥遊宗太「伊波さん、早く着替えてきてください。お客様に失礼でしょ。」

伊波まひる (2)「はぁ~い。」

白藤杏子1「なんだ、業者が来たのか。挨拶してくるか。お前らもユニフォームに着替えたら挨拶に行くんだぞ。」

轟八千代種島ぽぷら伊波まひる (2)「「はーい」」


白藤杏子1「よう。挨拶に来たぞ。」

男アイコン「こんばんは店長さん。」

白藤杏子1「じゃあ、失礼するぞ。チュッ」

男アイコン「へへっ、どうも。」

轟八千代「いらっしゃいませ。ご挨拶に来ました。チュッ」

男アイコン「どうもー。」

業者が客として来たら女性スタッフは全員挨拶にいかなくてはならない。
閉店後にわざわざ来店してくれるのだから挨拶でキスをするくらいは当たり前のことだ。

種島ぽぷら「業者さーん。いらっしゃいませー。チュッ!」

男アイコン「ぽぷらちゃんあいかわらず小っちゃいっすね。」

種島ぽぷら「先月より0.02cm伸びたよ!」

男アイコン「それ誤差じゃ・・・」

伊波まひる (2)「いいいい、いらっしゃいませ!ご、ごごごごご挨拶に来ましたっ!」

男アイコン「・・・相変わらず男性恐怖症なんっすね!でも、俺相手だったらなぜか殴らなくて済むでしょ?」

伊波まひる (2)「そ、そうなんですよ。業者さんだと・・・だだだだ大丈夫っ!ででです!」

男アイコン「挨拶ちゃんとできる?」

伊波まひる (2)「は、ハイッ!ししし失礼します!・・・チュッ!」

男アイコン「今日の店員さんはこれで全員っすか?」

白藤杏子1「あとは男の小鳥遊だけだ。」

男アイコン「そうっすか。じゃあ、横並びに整列して今日の限定メニュー教えてもらえますか?」

メニューを聞かれるとスタッフは業者の前に横並びに整列してならんだ。

白藤杏子1「今日の限定メニューは、私のは店長の蒸れ蒸れ足コキセットだ。」

轟八千代「私は顔面騎乗位~潮吹きオナニーを添えて~です。」

種島ぽぷら「私は巨乳パイズリ!」

男アイコン「絶対今考えたでしょ。」

伊波まひる (2)「わわわ、私は、ちっちゃいおっぱいセットです。」

業者へ出すメニューは各自が考えて性的もてなしをすることになっている。
満足させることが店員にとっては最高の喜びになるので
仕事を一切しない白藤でさえメニューは真剣に考えて作っていた。

男アイコン「セットが二人いるけど、何がついてくるんすか?」

白藤杏子1「私のはお掃除フェラと、ローションの代わりにクリームを使うマットプレイがついてるぞ。」

伊波まひる (2)「わ、私のはお持ち帰り露出調教と伊波邸宿泊券がついてます。」

男アイコン「う~~ん。じゃあ今日はちっちゃいおっぱいセットにしますわ。」

伊波まひる (2)「・・・!ご、ごごごご注文ありがとうございます!!」

白藤杏子1「チッ」

限定メニューを注文されてまひるはとてもうれしそうだった。
業者に注文してもらえることは最高の幸せであり、注文されるたびにまた次も注文してもらいたいという気持ちが強くなっていく。ワグナリアの女性スタッフにとっては今一番大切なことだった。

伊波まひる (2)「そ、それでは用意いたしますので、少々お待ちください!」

男アイコン「じゃあちょっとトイレ行ってこようかな。」

白藤杏子1「あ、業者ちょっと待て。」

トイレに行こうとする業者を白藤は呼びとめた。

男アイコン「どうしました?」

白藤杏子1「こないだお前好みの女が面接にきたからとりあえず雇ったぞ。松本って言うんだがな。」

男アイコン「へぇー!新人さんですか!いいっすねぇ。じゃあ今度のOPEN前にシフト入れといてくださいよ。せっかくだし俺が催眠かけるんで、手伝ってくださいね。」

白藤杏子1「わかった。多分処女だから楽しみにしておけ。ザーメン、ちゃんと溜めてこいよ。」

男アイコン「店長さんはザーメンパフェ食べたいだけっしょw」




次回
saiming!!伊波まひるのちっちゃいおっぱいセット~実色編~
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 WORKING!! 伊波まひる
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す