FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[GW企画22位]MCの瞳。アーシア・アルジェント

アーシア・アルジェント

「わ、私をどうするつもりですか」

『ふっひっひ。そうだなぁ』

アーシアは一人でいるところを謎の人物に襲われてしまっていた。
周囲には不思議な結界の様な空間が展開され、その影響だろうかアーシアも力を出すことが出来ない。

(はやくここから抜け出さないと……!)

「ッ……!」

(ち、力が……)

立ち上がることもままならない彼女に悠然と近付く男は、
右手で顎をつかんで視線をあげさせる。

アーシア・アルジェント

『むふふ!いやぁ美しい。どうするかって?どうしたものかなぁ♪』

(こ、この眼……!)

男の瞳を見た途端、さらにアーシアは力が抜けてしまう。
吸い込まれるような眼力は、唯一正常に保たれていた意識すらも奪い取り思考を停止させてしまう。

「―――ッ!」

普通の人間に比べはるかに高い精神耐性を持つ彼女は、わずかな時間で思考停止から回復した。
必至に嫌悪感を表し、力を振り絞って睨み付ける。

『怒った顔も綺麗だねぇ』

『いやぁあんまり可愛いいからボクの下僕にしようかと思ったんだけどねぇ、どうやら気になっている人がいるようだし諦めることにするよぉ』

以外にもあっさりと開放すると言う。
その言葉にアーシアは安堵よりも先に、ある感情を抱くのだった。

アーシア・アルジェント

「―――!」

激しい雷の様に胸を撃たれるアーシア。
何かをしようと思えば何でも、それこそ生殺与奪を握っている状態の男が自分の心を汲み取り開放する。

なんて懐の大きい男なんだろう―――

それが彼女の抱いた感情だった。

『それじゃあね。ふひひっ』

「あ……あぁ……」

宣言通り結界を解除し、男は去って行った。
この出来事はアーシアの心に強く刻みこまれるのだった。


そしてしばらくの時が経ち、アーシアは悪魔へと転生した。
仲間や救ってくれた一誠に恋心を抱きながらの生活は、今までにない幸せの時だった。

だが、それも長くは続かない。
愛情とは移り変わる物だからだ。



アーシア・アルジェント

「なんで私の気持ちをわかってくれないんですかっ」

「いででで!」

一誠と結ばれたくともライバルが多く、アーシアの気持ちの大きさと一誠の気持ちの大きさがすれ違っていると感じる様になっていた。
嫉妬の感情が発展し、一誠の挙動ひとつひとつを目で追ううちに小さいことが気になりはじめた。
やがてそれは本来抱いていた愛情へも悪い影響を及ぼし、本当に一誠に尽くしてて良いのだろうかと思い始める。


自分の気持ちを理解して欲しい

何故理解してくれないんだろう

理解する気が無い?

それとも理解できないだけなのか―――


一度芽生えた負の感情は、彼女の中で次々と独自の成長を遂げ、大きな悩みになっていた。

(悪い人でも……たった一瞬で気持ちを理解してくれる人もいたのに……)

アーシアは過去の出来事を良く思い出すようになっていた。
謎の男に襲われたあの日の出来事は、鮮明に思い出すことが来出る。

自分を襲った相手すらちゃんと理解してくれるのに、一誠はそれすらできない。
あの日の出来事を思い出すうちにその気持ちは大きくなり、1ヶ月もする頃には心を大きく蝕んでいた。

膨れ上がった負の感情は、いつのまにか愛情よりも大きくなっていて、アーシアの迷いはさらに深い物となる。

「はぁ……」

(もう一度あの人に会ってみたいな……)

襲われたという事実があるにもかかわらず、こんな考えを抱く様にすらなってしまっていた。
そんなある日、街を歩いているとアーシアの眼に一人の人物が飛び込んできた。

アーシア・アルジェント

「あ、あれは……まさか……!」

なんと道路の向こう側にいたのはあの日自分を襲った男だった。

突然の出来事に無我夢中でその男を追いかける。
なんとか追いつき、呼び止めることが出来た。

『どこかで会ったっけ?』

「えっ。あぁそうですよね。えっと……」

あの時と自分の服装が違うことに気付いたアーシアは、たまたま持っていたシスター服を慌てて身にまとった。
すると男もアーシアだということがわかったようだ。

『あぁ!あの時の女の子かぁ。ふっひっひ!ボクに何かようかなぁ』

アーシア・アルジェント

「良かったぁ~。気付いてもらえて嬉しいです」

「と、とくに用事があったわけじゃないんですけど……」

「お話がしてみたくて……」

終わてて追いかけてきただけなので会話の内容が浮かばない。
どぎまぎするアーシアに、男は笑顔でフォローしてみせた。

『ふっひっひ。もう一度ボクに会ってみたくなって、たまたま見かけたところを追いかけてきたんでしょ?』

「―――!!」

「は、はい。その、おっしゃるとおりです」

アーシアの状況をすぐに察する男の洞察力に、またしても心を打たれる。
自身ではぎこちなく取り留めのない内容しか話すことができなかったが、その中でも自分が思うことを的確にすくい上げて会話を繋げてくれる男に、アーシアの気持ちは一気に傾いていた。

そして、ある程度会話に区切りがついたとき、男は確信を突く言葉を放った。

『アーシアちゃん、キミは恋心を抱いていた男に対して本当に尽くしていいのか迷ってる―――』

「なっ―――!?」

一瞬言葉を詰まらせるアーシア。男はさらに続ける。

『違うかなぁ?ふっひっひ、正解だよねぇ』

わかっていると言わんばかりに自信満々の男に、
アーシアは目線をそらして小さく、しかし様々な感情をまとったため息を吐いた。

「……はぁ」

アーシア・アルジェント

(この人……やっぱりすごい。私の気持ちを全部……)

心の中で複雑に結びついていた茨が、解けたように感じた。
そして様々な感情が不思議なほど整理がついてしまった彼女は、今の自分の気持ちをしっかりと理解することができた。



アーシア・アルジェント

「全て……お見通しなんですね」

完全に見透かされていたアーシアは、自分を本当に理解してくれる男はこの人しかいないと確信する。
一誠ではなくこの人こそが自分の尽くすべき男なんだという気持ちに支配されていた。

アーシアは恐る恐る口を開く。
それでもきっと今から言うことも既に〔理解〕されているんだろうと思い、それほどの不安は感じなかった。

アーシア・アルジェント

「その、あの……」

「もしよろしければ……」

『ボクの下僕になりたいんでしょ?』

「―――!」

やはり思っていることを先に言われ、これが決定的なものとなってアーシアの心は完全に目の前の男へ移ってしまうのだった。

もはや二人の間に多くの言葉はいらなかった。
アーシアは満面の笑みを浮かべて男を見上げると、ただ一言―――



アーシア・アルジェント

「これから宜しくお願いします、御主人様



そう言って男とどこかへと去って行くのだった。
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
849: by あびゃく on 2016/01/14 at 10:32:40 (コメント編集)

おおっ!良いですね!
この続きが読んでみたい!

アーシアは原作でもイッセーに出会わなかったら ディオドラ・アスタロトによって洗脳されていた未来もあり得ましたよね~

▼このエントリーにコメントを残す