FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

Fate/mind control ACT2~情報収集~

2004年、冬木市にて勃発した聖杯戦争

もし遠坂凛が召喚したサーヴァントが、超チートなMC能力を持つエロエロ英霊だったら

この物語は、聖杯戦争をマインド・コントロールという唯一無二の能力によって駆け抜けた、変態英霊の無双MC譚である

Fate/mind control






Fate/mind control ACT2~情報収集~

遠坂凛「随分と長風呂だったわね」

ネトゥーリ・ヒエロ「いやぁこの時代の風呂はいいものだな。勝手に湯が沸くうえに、冷めない。数百年ぶりで感動してしまってな、つい時を忘れてしまったぞフハハハハッ」

遠坂凛「ま、技術は進歩するものよね」

既に昼も近くなった朝、風呂に入ったヒエロはテラスに出てきていた。
凛は軽く食事をとって本を読んでいたようだ。
これからの戦いに備えて、いろいろ思う所があるようだ。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。それにしても我がマスターは朝から随分とそそる格好をしているな」

遠坂凛

敷地内とはいえ、テラスは家の外。
そこで凛はあろうことか下着姿でいた。
着ている物も前日とうって変わって黒く、大人の色気を感じさせる。

遠坂凛「私は考え事をする時は扇情的な格好をすると決めているのよ。文句ある?」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハハ!そうか!いやいやそれは素晴らしいことだ。俺のマスターだ、それくらいでなきゃなぁフハハハッ!」

遠坂凛「朝から大笑いしないでよね、耳に響くわ。まぁでもちょうど良かった、アンタが長風呂してたおかげでいろいろ考えがまとまったわ」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。ならばその考えとやら聞いてやろう!」

遠坂凛「相変わらず上から目線ね……」

ちょっとイラッとしながらも、凛はこれからの戦いについて考えを述べた。
他のマスターとサーヴァントを出来るだけ早急に把握すること、ヒエロの戦闘力の低さの問題、能力を用いて戦闘に長けるサーヴァントを配下にするべきだということ、そもそも能力がセイバーのクラスの様に対魔力に優れた相手に効果があるのか―――

凛はかなり筋書立てて考えていたようだ。
ヒエロは話半分に聞き流していたが、下着姿のままで真面目に話す凛は滑稽で、かつとても扇情的だった。


遠坂凛「―――と、いうわけでまずは情報収集よ。どこかの陣営同士が衝突するのを観察できればそれが一番なんだけど……ちょっと!ちゃんと話聞いてる?」

ネトゥーリ・ヒエロ「ん?あ、あぁ!勿論だとも。だがお前の姿、いささか欲を煽りすぎるな。今すぐにも抱きたいぞ」

遠坂凛「まったく、何いってんのよ!昨日さんざん相性は確かめたでしょう」

ネトゥーリ・ヒエロ「ほんとうにあれだけで足りたのか?」

遠坂凛「えっ……?」

マインドコントロール

一瞬の認識改竄。心を変えられた凛はすぐに考えを改める。

遠坂凛「う~ん確かに一晩じゃ足りないかも……仕方なわね、それじゃ今からもう一度セックスして、それから情報収集にするわよ」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハハ!そうこなくてはな!」


こうしてひとしきり抱かれた凛は、昼過ぎに足腰立たない状態で情報収集活動を始めた。
夜になり、日も暮れると他の陣営同士の衝突もあるかもしれない。
そこでアーチャーの単独行動スキルを活かし、二手に分かれて近隣を回ることにした。

ネトゥーリ・ヒエロ「一人で大丈夫なのか?」

凛も戦闘能力は備えているが、所詮は人間。
サーヴァントと遭遇すれば危険だと言うヒエロに、凛は遠くからの観察に留めると言って、解散となった。

凛が去った後でヒエロも動き出す。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。情報収集などはマスターに任せるとして、俺は市井の女を食らうとするか!まぁ我がマスター以上の女はそうはいないだろうがな!フハハハハッ」

10か月後、周辺の女性に出産ラッシュが訪れることとなった。


――――

――――

――――

翌朝、日の出とともに合流地点の堤防に凛が現れた。
先に到着していたヒエロは釣を楽しんでいた。

遠坂凛「アーチャー、随分たくさん釣れているようだけど……肝心の情報収集はちゃんとやったんでしょうね!?」

ネトゥーリ・ヒエロ「そう怒るな。魚も女も大量よ!フハハ!俺はヤるべきことはちゃんとヤる男だ、しかし残念だがさしたる情報はなかった」

ネトゥーリ・ヒエロ「しいて言えば抱いた女の1人が、道端で魔法使いみたいな服を着た者を見かけたと言っていた。キャスターかもしれん」

遠坂凛「場所はわかるの?」

ネトゥーリ・ヒエロ「山の方とは言っていたがな」

遠坂凛「山の方……ね」

遠坂凛(それが実際にキャスターだったとしたら、霊脈に近い場所に陣取るのは自然ね。もともと受け手に特化したサーヴァントだし……。でもマスターは?う~ん……)

少し黙り込む凛に、ヒエロは報告を促した。

ネトゥーリ・ヒエロ「凛、そちらはどうだったのだ?」

マインドコントロール

遠坂凛「え?あぁ、そうね。それじゃあ私の方も報告するわ」

遠坂凛

遠坂凛「んっ、ふー。やっぱり早朝だと肌寒いわね」

ネトゥーリ・ヒエロ「うむ!良い格好だ、やはりマスターにするなら美しい女に限るなフハハハハッ!」

報告するとなって、いきなり服を脱ぎ捨て全裸になる。
躊躇いなく裸を晒すのは、報告時は全裸でするのが当たり前と、常識を改竄されてしまったからだ。
肌寒い気温もあって、さすがに多少の違和感を感じたのか、凛の表情は硬い。

ネトゥーリ・ヒエロ「どうかしたのか?」

遠坂凛「『報告するときは全裸で』っていうのは理解できてるんだけどね、なーんか違和感があるのよね」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ?」

遠坂凛「あんたまさか私の心を操ってないわよね?」

疑いを向けられてもヒエロは尊大な態度を崩さず、笑って答えた。
図星を付かれても一切動揺しないのは、過去何度も同じようなことがあったに違いない。

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハ!裸のどこに違和感を感じるというのだ?報告するときに服を着る、その方がおかしいだろう」

遠坂凛「う~ん、まぁそうなんだけどね」

違和感の理由は、ヒエロが裸にならずに報告していたからだ。
ただ、この場でそこまで思考は届かず、ヒエロが言葉を続けたことでうやむやになった。

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ、もし俺が操っていると疑いを抱くなら、いっそ令呪で俺に命じればいい。二度と私を操るな……と」

結局、凛は令呪を使いはしなかった。
『自分を操るななんて、そんなくだらない理由で令呪を消耗するわけにはいかない』
そう言って本人も納得していた。
操るなと命令することは、今後も凛は絶対にしないだろう。
なぜなら既にそうMCされているからだ。

そして凛はセイバー陣営とランサー陣営の激突があったことを報告する。
セイバーは美しい少女、ランサーは上背のある青年のようだ。
両者均衡していたが、割って入ったバーサーカー陣営の驚異的な戦闘力に、その場は流れた。
その場に唯一いたセイバーのマスターは、凛も知っている人物だという。
相手の素性を鑑みれば、セイバー陣営となら同盟が組めるかもしれないという凛にヒエロはこう答えた。


『まずはセイバーの美貌を確かめる。話はそれからだ』

~【次回予告】~
みなさんお待ちかね!
セイバー陣営に共闘を申し入れる為、
夜の公園に足を運んだヒエロが目にしたのは、
絶世の美女でした。
果たして凛は、気高きセイバーと同盟を結ぶことができるのでしょうか?
そして割って入る第三の陣営とは?



Fate/mind control
『闇夜の会談』にレディ、ゴー!








Fate/mind control

▶ACT1~凛との出会い~
NEXT ACT▶▶『闇夜の会談』
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 Fate/staynight 遠坂凛
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
337: by ⊂((・x・))⊃ on 2015/04/13 at 07:19:43

やっぱり凛がナンバーワン!


まーたセイバーが喰われてしまうのか(茶飯事)

▼このエントリーにコメントを残す