FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ノンジャンル (80)
総集編 (0)
エロゲレビュー (8)
同人&エロ漫画etcレビュー (32)
オリジナルSS (13)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
アイドルマスターシリーズ (0)
暁の護衛 (0)
アカメが斬る! (0)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (7)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (2)
うみねこのなく頃に (0)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (0)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (1)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (0)
機動戦士Zガンダム (5)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (0)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (1)
機動戦士Vガンダム (0)
∀ガンダム (0)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED (8)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (0)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (0)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (0)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (0)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (0)
恋姫†無双 (0)
攻殻機動隊 (0)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (1)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (0)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (3)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (1)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (10)
ストライクウィッチーズ (0)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (1)
ゼロの使い魔 (1)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (0)
つよきす (0)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (0)
トップをねらえ! (0)
ドラゴンクエスト5 (0)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (3)
NARUTO -ナルト- (0)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (0)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (0)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (2)
ハヤテのごとく! (0)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (0)
美少女戦士セーラームーン (0)
ファイナルファンタジーⅤ (2)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (0)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (0)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (0)
ふたりエッチ (0)
ふたりはプリキュア (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (1)
ポケットモンスターシリーズ (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (0)
真剣で私に恋しなさい! (0)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (0)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (1)
May Queen (0)
名探偵コナン (0)
めだかボックス (1)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (0)
ラブひな (0)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (0)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (0)
ONE PIECE (0)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (3)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

コードギアスVE~Victim Extraction~ STAGE2:娼婦

2017年、神聖ブリタニア帝国に支配された日本

ルルーシュがギアスを授かったのと同時期に、異世界から能力者が来ていたら。

この物語は、能力を奪うという唯一無二の異能によってブリタニアと黒の騎士団の戦争に割って入った変態異邦人がやりたい放題する無双録である。


STAGE2:娼婦

ヴィレッタ・ヌゥ


理想的なターゲットを見つけたヴァイトルは、5分ほど彼女を観察した。
店の中から連れ出すにはそれなりに手順がいるが、他に人が来られるとやっかいだ。

しかし彼女は時間を気にする様子も無く、少し気落ちしている雰囲気もあることから1人で飲んでいる可能性が高いと踏んだヴァイトルは、接触することを決めた。

ヴァイトル・ヒエロ

ヴァイトル・ヒエロ「そうだな……」

ヴァイトル・ヒエロ(プライドが高そうな女は、まずは『奢られる』ことへの抵抗感を奪うに限る)

ヴァイトル・ヒエロ(あとはスピード勝負だ)

ヴァイトルはバーテンに適当な酒を作らせ、それを持って抵抗感を奪った女の隣に移動した。

コトッ

ヴィレッタ・ヌゥ「……これは?」

ヴァイトル・ヒエロ「これは、俺のおごりです。隣、失礼していいですか?」

この質問をすると同時に、ヴァイトルに対する不快感を奪う。
不快感が無ければ、大抵の人間は隣に座られることを拒絶しない。

ヴィレッタ・ヌゥ「……どうぞ」

ヴァイトル・ヒエロ「ありがとう」

礼を言って椅子に座るまでの数秒。
そのわずかな時間でヴァイトルは手際よく女からいくつもの感情や選択肢を奪い、腰かけた時には女は雁字搦めで逃げられないようになっていた。

女にとっては詰み、ヴァイトルにとってはあとは作業と言う状態で会話が始まる。

ヴァイトル・ヒエロ「私の名前はヴァイトル。綺麗な貴方を見て、声を掛けずにはいられませんでした」

ヴィレッタ・ヌゥ「……そう、ですか」

女は少し恥ずかしそうに目線を逸らす。
初対面の男に言われたお世辞でそんな反応を見せるのは、ヴァイトルが嘘をついているという発想を奪われたからだ。

ヴァイトルが真剣に嘘の無い本当の気持ちで褒めたと女は受け取り、わずかながらに照れたのだ。

ヴァイトル・ヒエロ「こうして近くで見ると、本当に美しい……目が離せない」

ヴィレッタ・ヌゥ「そ、それは大げさ……ですよ」

大人ならだれしもが持つ、お世辞への耐性。
それは疑うことを奪われると一切機能しなくなり、純粋な行為として受け取られるとヴァイトルは知っていた。

そして女は、とかく純粋な好意には喜びを隠せないことだとも知っている。
ヴァイトルに対する嫌悪感も奪ってあるので、彼女が抱いた喜びは一切負の要素を持たない純度100%の喜びだ。

ヴァイトル・ヒエロ「お名前をお聞きしても?」

ヴィレッタ・ヌゥ「……ヴィレッタ。ヴィレッタ・ヌゥです」

ヴァイトル・ヒエロ(視線を外して自己紹介なんて、可愛いじゃないか)

この時既に容姿だけで彼女を抱くことを決めていたヴァイトルだが、すぐに連れ出さず、まずは彼女を知ることにした。
その為にヴィレッタから『ヴァイトルに嘘をつく』という概念を奪い、どんな質問にも答えるようにしむけ、本人の素性や所属を語らせた。

ヴァイトルの予想通りブリタニアの騎士ではあったが、目標であるコーネリアと直接の接点があるわけではなく、地位もそれほど高くはないということがわかった。

ヴァイトル・ヒエロ(地位はあるといっても所詮は有象無象の中間職か。しかし中に入り込むにはこのくらいがちょうど良い。士官級で目立たないという意味では、むしろ理想的かもしれないな)

ヴァイトル・ヒエロ(……ま、そんなことはどうでもよい。問題はこいつの利用価値より抱き心地だ)

取り入るきっかけとしては申し分ない。
だがヴァイトルは体の相性が良くない女は自分に良い結果をもたらさないという信念めいたジンクスを持っていたので、まずは彼女を抱くことにした。

ヴァイトル・ヒエロ「酒はこれくらいにして、このまま俺の宿に来ないか?」

ヴィレッタ・ヌゥ「……は?」

ヴァイトル・ヒエロ「何を戸惑う?お前は俺が娼婦として買った女だろう」

ヴィレッタ・ヌゥ「……!」

ヴィレッタ・ヌゥ(そうなのか?そうだったかもしれない……、いや、そうなのだろう……)

疑うことができないヴィレッタは、おかしいと頭が理解していても、それが真実だと結論付けることができない。
彼女が娼婦になるなどありえないが、娼婦として買われたという真実を強引にねじ込まれ、信じるしかない。

ヴィレッタ・ヌゥ(彼の言っていることは本当だ。私は忘れていたのか…自分が体を売ったということを……わ、私はなぜそんなことを……)

ヴァイトルが元いた世界ほどには娼婦と言う存在が一般的でない世界なので、ヴィレッタは信じてはいてもどうしてもひっかかりが拭えない。

ヴィレッタ・ヌゥ「あの、私はどういういきさつで……その、買われたんでしょうか。お、覚えていなくて……」

ヴァイトル・ヒエロ(フフ、その質問は墓穴だぞ)

ヴァイトル・ヒエロ「俺が隣に座ってすぐに、お前が自分から買ってくれって言ってきたんだろ。今夜は乱れたい気分だから、100ポンドで自分を買わないかってな」

ヴィレッタ・ヌゥ「……そ、そうでした……ね」

ヴィレッタ・ヌゥ(私はなんということを!?し、しかし彼の言う通りなのだろう……あぁ、それにしても100ポンドなどで……わ、私は頭がどうかしてしまっていたのか……!?)

ヴァイトルが言う以上、事実なのだと受け入れるしかないヴィレッタだが、今からでも撤回するという選択肢もあった。
だがその選択肢を当然読んでいたヴァイトルは、それに至る発想を奪い、拒否させはしなかった。

ヴィレッタ・ヌゥ「あの……こんなことを聞くのもどうかと思うのですが……」

ヴィレッタは娼婦として買われたものの、どうしていいかわからないと言う。
そもそも処女で、男性経験自体が無いので、娼婦として満足させる自身もその方法もわからないのだ。

ヴァイトル・ヒエロ「そういうことなら俺が教えてやるよ。言う通りに俺に抱かれればいい」

ヴィレッタ・ヌゥ「はい……お願いします」

指示に従えばいいとなり、少し安堵の表情を見せる。

ヴァイトル・ヒエロ「まずは脱げ。そして四つん這いになって尻をこっちに向けろ。尻はマンコが良く見えるように高く上げるんだ」

ヴィレッタ・ヌゥ「あぅ……わ、わかりました……」

ヴィレッタは恥じらいながらも大人しく従い、ベッドに四つん這いになった。
尻を突き出し、緊張で体を震わせる彼女に、ヴァイトルはなんの躊躇いもなく挿入した。

ヴィレッタ・ヌゥ「あああっ!」

ヴァイトル・ヒエロ「痛いか?これが男というものだ……よく覚えておくんだなアッハッハ!」

加減なく打ち付けられる肉棒。
それに体を削がれるほどの痛みと苦痛を与えられたヴィレッタは、涙を浮かべて堪えるしかなかった。

ヴァイトル・ヒエロ「悪くない。うん、悪くないハメ心地だ」

ヴァイトル・ヒエロ(女の体は…というより人間そのものは俺の世界と変わらないみたいだな)

ヴァイトル・ヒエロ「いいか。初めてのチンポこそ、女にとって至高のチンポ。すなわち初めてのチンポを持つ男こそ至高、それ以外はゴミだ」

ヴァイトル・ヒエロ「これからは俺と俺のチンポを崇め奉り、他のチンポ野郎はクソ以下のゴミだと思え」

ヴィレッタ・ヌゥ「痛ぅっ…くぅ…ああ…わ、わかりました……くぅ…あ…!」

ヴァイトル・ヒエロ(これでこの女は俺の傀儡だ)

ヴァイトル・ヒエロ「くぅ、イキそう…だ……!」

ヴァイトル・ヒエロ「い、イクっ!」

ヴィレッタ・ヌゥ「~~~ッッ」

共通 中出し

チンポから注がれる精液が、ヴィレッタの膣内を埋め尽くしていく。
その量は同年代の男と比べてもかなり多く、征服者の名に相応しいものだった。

―――

ヴァイトル・ヒエロ「俺とセックスした気分はどうだ?」

ヴィレッタ・ヌゥ「……最初は苦痛でした。体を売ってしまった自分を責めました」

ヴィレッタ・ヌゥ「ですが……至高のチンポで処女を貫かれ…抱かれて……今は幸せです」

ヴィレッタ・ヌゥ「あなたという崇高な存在に出会えたことを……誇りに思います」

ヴァイトル・ヒエロ「誇り?アッハッハ、そうか、誇りか!」

ヴァイトル・ヒエロ(痛みを乗り越えて俺を崇拝するという経緯が、誇りを生んだんだな)

ヴァイトルは破瓜の痛みを取り除いてやることもできたが、それをしなかったのはより完成された傀儡にするために強烈な苦痛すらも良い思い出にしてしまうのが目的だったからだ。
しかし、それでまさか誇りという言葉まで出てくるとは思っていなかったので、笑った。


ホテルでの事後、手に入れた女のことを良く理解する為、ヴァイトルは彼女の記憶を一度奪い、それを読み取った。
ヴァイトルは奪ったものを与える力も持つので、再び記憶を戻せば問題ない。

だが、ここで偶然にもあることにヴァイトルは気付く。
それは読み取った記憶に明らかに外部から封印されたと思われる部分があったからだ。

二度手間ではあったが、奪い取った記憶をヴィレッタに戻した後、その封印だけを奪い記憶の扉を開き、その内容を明らかにして驚きの事実が判明した。

それは、ヴィレッタが探し求めていた「ゼロ」の正体。
そして、ゼロの正体である少年が使った謎の力によって記憶は封印されたという事実だ。

ヴィレッタ・ヌゥ「そんな…まさかゼロの正体があんな学生だなんて……」

ヴァイトル・ヒエロ「学生だろうと力を持ち、それを最大限に振るおうとする人間と言うのは凄まじいものだぞ」

ヴァイトル・ヒエロ「しかし…ふふ、俺以外にも面白い能力を持った奴がいたのか」

ヴァイトル・ヒエロ「面白くなってきたぞ……アッハッハ!」

ヴァイトルは意図せずしてその正体を知ったことで、俄然その青年に対して興味を持った。
それはゼロ、つまりルルーシュがその運命を知らぬ間に手中に収められたことを意味していた。
だが、それをルルーシュ本人が気付くのはまだかなり先の事だった。

なぜなら、ヴァイトルは当初の予定通りブリタニア内部に入ること。
つまりはゼロとゼロの率いる黒の騎士団と対決する道を選んだからだ。

ヴィレッタ・ヌゥ「私の手引きでブリタニアにですか?」

ヴァイトル・ヒエロ「そうだ。中に入り込みさえすれば、地位はいくらでも作り上げられる。頼むぞ」

ヴィレッタ・ヌゥ「……かしこまりました」

ヴィレッタ・ヌゥ「あなたのような崇高な存在がブリタニアに……勝利は約束されたものですね」

ヴァイトル・ヒエロ「アハハ、そうだな。その通りだ」

ヴァイトル・ヒエロ(お前が思っている勝ちとは違うだろうがな)



―――3日後

ヴィレッタ・ヌゥ

ヴィレッタ・ヌゥ「それでは御主人様。ここからは打ち合わせ通り、私の補佐という立場で接しさせていただきます」

ヴァイトル・ヒエロ「ふふ、了解しましたヴィレッタ様」

ヴィレッタ・ヌゥ「……では、行くぞ。付いてこい」

ヴァイトル・ヒエロ「かしこまりました」

ヴァイトルはヴィレッタの補佐という立場で、ブリタニアの内部の組織に加わるのだった。


つづく

このエントリーのタグ: 催眠 コードギアス ヴィレッタ・ヌゥ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4273: by ヨルさん on 2020/09/11 at 00:38:20

版権新作きた!
やっぱりssにイラストがあると読みやすいですね。
「」の隣に各キャラのアイコンがあるだけでも誰の台詞か分かりやすくていいです。
どこまでが大丈夫か分かりませんが、このスタイルが以降のssでも続いたらいいなって思います!
応援してます!
エロかったです!

4289: by あびゃく on 2020/09/22 at 20:52:06 (コメント編集)

>能力を奪うという唯一無二の異能
>疑う事を奪われる
これ面白い能力ですね!

これは続きが楽しみです!

▼このエントリーにコメントを残す