FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ノンジャンル (80)
総集編 (0)
エロゲレビュー (8)
同人&エロ漫画etcレビュー (32)
オリジナルSS (13)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
アイドルマスターシリーズ (0)
暁の護衛 (0)
アカメが斬る! (0)
暗殺教室 (3)
一騎当千 (7)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (2)
うみねこのなく頃に (0)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (0)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (1)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (0)
機動戦士Zガンダム (5)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (0)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (1)
機動戦士Vガンダム (0)
∀ガンダム (0)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED (8)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (0)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (0)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (0)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (0)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (0)
恋姫†無双 (0)
攻殻機動隊 (0)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (1)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (0)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (3)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (1)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (10)
ストライクウィッチーズ (0)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (1)
ゼロの使い魔 (1)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (0)
つよきす (0)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (0)
トップをねらえ! (0)
ドラゴンクエスト5 (0)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (3)
NARUTO -ナルト- (0)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (1)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (0)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (0)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (2)
ハヤテのごとく! (0)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (0)
美少女戦士セーラームーン (0)
ファイナルファンタジーⅤ (2)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (0)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (0)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (0)
ふたりエッチ (0)
ふたりはプリキュア (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (1)
ポケットモンスターシリーズ (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (0)
真剣で私に恋しなさい! (0)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (0)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (1)
May Queen (0)
名探偵コナン (0)
めだかボックス (1)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (0)
ラブひな (0)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (0)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (0)
ONE PIECE (0)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (3)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

催眠指導シリーズ〔岡野ひなた〕●フィジカルセックス豊胸トレーニング●



瑞浪玲雄(みずなみ れお)に支配されたEクラスは、彼の指導こそが絶対となり、生徒全員が疑うことなく盲目的に従っていた。

彼は持ち前の玲雄を活かして普通の座学をすることもあったが、それは稀であり、1日の大半はその時の気分で個別指導に当たっていた。

ここ数日は岡野ひなたに手を出しており、あるトレーニングを一緒にしていた。



「玲雄様、今日もセックストレーニング宜しくお願いします!」

「オッケー。昨日は俺がみんなの前で犯してやったから、今日はマンツーマンでしてやるよ」

「ありがとうございます!」

「それじゃあ俺は横になるから、お前には跨ってもらおうかな」

「騎乗位ですね!わかりました」

「じゃ、よろしく♪」



「んっ、ハッ…ハッ……んっ」

「おぉ、凄いピストンだな」

「はい!腰の動きには自信があるんです!」

高速騎乗ピストンで玲雄のチンポをマンコで扱く。
トレーニングと言う名のセックス。いやセックスというよりは一方的な性欲処理と言う方が近いだろう。
だがそれでもひなたは楽しそうに腰を振っていた。

「随分楽しそうだな」

「だって、セックスは最高のトレーニングじゃないですか」

「気持ち良いのに、すればするほどフィジカルが強化されるんですよ。こんな素敵なことありませんよ」

「それに、胸も大きくなるし♪」

「そうだったな」

「玲雄様とのセックスでしか効果が得られないのが残念です」

ひなたは玲雄とセックスすればするほど胸が大きくなると思い込んでいる。
コンプレックスを解消できるとあれば、浮かれるのも無理はない。
さらに言えば事実として、ひなたの胸は若干ではあるが大きくなっていた。

プラシーボ効果とセックスで分泌されるホルモン。
それらが影響したのだろう。

「はっんっ、んっ…はぁはぁ…あんっ

徐々に自分も気持ち良くなっていくが、ひなたは腰を振るペースを調整してイクことはない。
あくまでトレーニングなので、自分のタイミングでイクことなど許されないからだ。



「そうだ、お前に胸を大きくする別の方法も教えてやるよ」

「んっ是非教えてください!」

「す、少しでも!あんっ大きくしたいんでっ」

玲雄が教えたのは、開口器を付けて大きく口を開いた状態で、精液を口に流し込んでもらうという方法だった。
恋愛感情が伴う相手の精液ほど効果が強まるというもので、好きじゃない男の精液を飲めば逆に胸が小さくなってしまうと言う、事実上相手が限定される方法だ。

「お前、前原陽斗が好きだったよな?」

「は、はい。ふぁっそ、そうですっ」

「あいつにお前のためのザーメン用意するように言っておいたから、今度デートがてら飲ませてもらえ」

「えっ?そんなことまでしてくれたんですか?」

「ハハ、お前のためだからな」

「玲雄様……あ、ありがとうございます!」

こんなにも自分のことを考えてくれている玲雄に感激したひなたは、セックストレーニングのあと自ら志願して、その晩の性欲処理係を務めるのだった。

―――


数日後、岡野ひなたは前原陽斗とのデートをしていた。
街でランチをして、ショッピングに行く普通のデートだ。

楽しい一日を過ごした二人は、帰り道にホテルに寄る。
自然な流れではあるが、予定されていたことだ。

そこでひなたは玲雄からもらった『器具』を付け、陽斗の精液を口に流し込んでもらうことにした。
二人がホテルに入ったのはセックスをするためではなく、これをする為の密室が必要だっただけなのだ。

陽斗はこぼさないために体を固定しようと言い、持ってきた紐やテープでガッチリとひなたの体を拘束した。
一切身動きできない状態になったひなたは少し怖がっていたが、こぼさないためという意図は理解できるので受け入れている。
だが、この固定には別の意味もあるのだとすぐに知ることになる。


「こんな感じで良いか?」

「ふぁ……ぁ……」

開口器具を付けられたひなたな、しっかりと装着されたことを確認し頷いた。

「OK。それじゃあ……『装着完了』だな」

「……!?」

装着完了。
その言葉を聞いた途端、ひなたの表情は驚きと恐怖に変わる。
装着完了という言葉は、ひなたが正気に戻るキーワードだったのだ。

「ふぃ…ぁぅ…ぅぅ……!!」

「こんなにガチガチに固定されて動けるわけないだろ」

青ざめながら必死に抵抗するも、完全に体が固定されていて身動きひとつ取れない。
陽斗はポケットから精液の入った瓶を取り出すと、大きく開けているひなたの口に流し込んだ。

「ふごっ!?むぐぅっ!」

ドロドロとした精液を流し込まれたひなたは、あまりの量にえずいてむせるが、閉じれない口から次々と喉に精液が流れていく。
味も酷いもので、今まで食べた何よりも不味く感じた。
そんなひなたに追い打ちをかけるように陽斗がある事実を告げる。

「ちなみに、これ、俺のじゃなくて玲雄様のザーメンだから♪」

「!?」

好きな陽斗の精液だと思えばまだマシだと耐えられたかもしれない。
しかしそれが玲雄の精液だと知り、ひなたは泣いた。
だがどんなに泣いても、陽斗は瓶の中の精液が無くなるまで口に流し込むのを止めはしなかった。


「うぶぐぐうっ!げぼっ!」

「ぐぼっ、げほ!うぶっ」

次々流し込まれる精液は、ドロドロしているうえに臭いと味が酷くて簡単には飲み込めない。
しかし飲まなければ窒息してしまうので、必死に飲みこみ続ける。
それはひなたにとって1秒1秒が数十分に感じられるほどの地獄だった。

「これで全部と……良く飲み込めたな」

「が…ふぐっ……っぷ」

「お疲れ。今外してやるからな」

ひなたは開口器具が外れたらせめて罵詈雑言を浴びせてやろうと思っていた。
だが、それが叶うことはない。なぜなら開口器具を外せば、また暗示がかかった状態に戻ってしまうからだ。

そして元に戻ったひなたの口から出た言葉は、お礼だった。

「ありがとう!私のためにたくさん精液用意してくれて」

(これできっと胸も大きくなる……♪)

開口器具を外した時点でひなたの認識は胸を大きくするために陽斗の精液を飲ませてもらったというものに書き換わり、怒りどころか感謝の気持ちしか残らなかった。

「ところでその、良かったら……付き合ってもらえないかな」

「岡野……ありがとう。けど俺……」

ひなたは多少の勝算を持って告白SHたが、前原に断られてしまう。
その理由を聞いて、ひなたは今の自分では前原と付き合う条件をまるで満たせていなかったのだと知る。

「俺は俺以外の男に雑に使われて、ボロボロにされた挙句托卵されることを受け入れてくれるような女にしか興味ないんだ」

「お前のことが嫌いってわけじゃないんだ。けど、岡野はどう見ても元気でボロボロとは正反対だし、托卵とかそういうのも考えたことないだろ?」

「だからごめん…お前とは付き合えない」

「そ、そっか……そうだったんだ……」

「こっちこそ、前原の好みも知らずに告ってごめんね」

気まずくなってしまい、その日はすぐに解散となった。


そして翌日。

「おい、岡野」

「な、なに?」

ひなたは昨日の余興で気まずかったが、前原の方は気にしていないようで普通に話しかけてきた。

「お前さ、胸、少し大きくなったんじゃないか?」

「ええ!?そ、そっかな」

「うん、なんとなくわかる」

(や、やった!本当に効果あったんだ……!)

効果が出ていること、それを意中の前原に言ってもらえたことを喜ぶひなたは、貧乳の悩みに解決が見え、気持ちが少し楽になった。
それは多少ながら女としての自信にもつながり、改めて前原にアプローチしようという気にもなった。

―――

「玲雄様、今日もセックストレーニング宜しくお願いします!」

「オッケー。さて、今日はどうしようかな」

「あの、玲雄様。一つ……お願いがあるんですけど」

「なんだ?」

「これからは私のことを雑に使ってくれませんか。心身ともにボロボロになるまで使い倒して、そのうえで妊娠させてほしいんです」

「ふ~ん……フフ、妊娠したいのか」

「あ!もちろん責任は取らなくていいですよ?相手はもう、いるんで」

「そういうことならわかったよ。これからは徹底的に使い倒してやるし、キッチリ妊娠もさせてやるから」

「ありがとうございます!」

この日を境に、岡野ひなたは文字通りボロボロにされていくのだった。


関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 暗殺教室 岡野ひなた 前原陽斗
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4291: by あびゃく on 2020/09/22 at 20:57:04 (コメント編集)

やっぱり今までみたいにイラストがないと 登場人物の多い作品とかだと ぱっと誰だかわからないのが残念・・・

まあ、自分で検索してこのキャラか! ってさらに色々調べるきっかけになったりもしますから一長一短ですが

▼このエントリーにコメントを残す