FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

Fate/mind control ACT7~暴かれたライダー陣営の秘密~

2004年、冬木市にて勃発した聖杯戦争

もし遠坂凛が召喚したサーヴァントが、超チートなMC能力を持つエロエロ英霊だったら

この物語は、聖杯戦争をマインド・コントロールという唯一無二の能力によって駆け抜けた、変態英霊の無双MC譚である

Fate/mind control








Fate/mind control ACT7~暴かれたライダー陣営の秘密~


遠坂凛「んああっ、ああっ、ああんっ!」

遠坂凛「だ、誰かっ……んんっ来たら……どうするのよっ」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ!大丈夫だ、俺もこの学園の制服を着ているからな!」

遠坂凛

遠坂凛「全然根拠になってないわよんああッ~ッッ

学園の教室の中で、凛は抱かれていた。
セイバーを我が物にするために、そのマスターである士郎との接触を目的にやってきていた。
面倒事にならないよう、士郎の部活が終わるのを待っている間、ヒエロに再び操られ抱かれてしまったのだ。

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハッ!嫌がっているのは口だけじゃないのか」

遠坂凛「そ、そんなこと……ないわよっ

休みの日にオナニーをさせられながらすっかり心を開かされてしまった凛は、ヒエロに対して絶大な信頼を寄せる様になっていた。
それは父に対するものと同じか、それ以上といえるもので、本来サーヴァントに抱く心ではない。
今も心を弄られて抱かれているのだが、何か心満たされるような感覚を得てしまっているのは、ヒエロに対する感情が変わったからだ。

ヒエロも、凛を犯して楽しんでいたが、それに水を差す状況が訪れる。

ネトゥーリ・ヒエロ「ん?」

遠坂凛「……!?」

ネトゥーリ・ヒエロ「気付いたか?急にだがこのあたり一帯が……」

遠坂凛「そうね。魔力で覆われたわね、それも一瞬で」

ネトゥーリ・ヒエロ「魔術結界の様なものだろうな。それもなかなかの規模だ」

二人を襲ったのは魔力で包まれるような感覚だった。
普通の人間にはわからないものだが、サーヴァントはもちろん、魔術師である凛も感じ取ることが出来る。
それがセイバー陣営によるものではないのは明らかだった。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。では一区切りしてから調べるとする……か!」

ジュブリッ

遠坂凛「ひゃああうんっ!?ちょっと、セックスなんてしてる場合じゃ……!」

ネトゥーリ・ヒエロ「ダメだ。精を放つまではもはやおさまらんッ」

遠坂凛「ああああ~~~ッッ

――――

行為が終わり、校内を回ると、至る所に結界の繋ぎ目を見つけた。
もっとも大きい出入口となる校門には特に大きい繋ぎ目が見つり、どうやらそこを起点に結界が張られているらしい。

遠坂凛「学園の敷地全体を覆うほどの結界なんてそう簡単に張れる物じゃない……」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。キャスターだと思うか?」

遠坂凛「わからないわ。でもこの結界が良いものじゃなことは確かね。アンタは何か影響を感じる?」

ネトゥーリ・ヒエロ「さぁ。今の所は特に何も感じない。それはそうと凛、なぜそんなに内股なんだ?」

遠坂凛「アンタが膣内に出すからでしょうが!!まったく……!滴り落ちてきて誰かにバレたらどうすんのよ!?」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ!俺がいるんだ、もし誰かに見られたとして、そいつの記憶を消せばいいだけの話だろう」

遠坂凛「……まぁ、それもそっか」

ヒエロの言葉に簡単に納得してしまうあたり、やはり心境に変化が見て取れる。
そもそも膣内に男の精液を留めたままで行動することには違和感を感じていない。
そんな凛の滑稽な姿を楽しみつつ、結界の問題については真剣に対応した。

遠坂凛「危険ね」

ネトゥーリ・ヒエロ「何がだ?」

遠坂凛「衛宮君よ。セイバーを自宅に置いてきてるんじゃ、サーヴァントに狙われたりしたらひとたまりもないわ」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。では先にまずセイバーのマスターから押えるとするか」

遠坂凛「そうね。悪いけど弓道場に行って彼を連れてきてくれる?抵抗するなら力を使ってもいいわ」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。それは構わんが凛、お前はついてこないのか?」

遠坂凛「ここが結界の起点には間違いないし、待っていればそのうち相手から来るかも。大丈夫よ、ヤバくなったら令呪で呼ぶから」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。ならばここはお前に従うとするか」

凛の提案に素直に従ったヒエロは弓道場へと向かった。
その場に残って結界について調べていると、恐れていた事態が彼女を襲う。

間桐慎二「遠坂じゃないか。こんなところでウロウロと……誰かを待ってるのかな?」

遠坂凛「間桐慎二……!」

その場に現れたのは凛のクラスメイトである、間桐慎二だった。
彼の横にはもう一人女性が立っていて、問題はその人物だった。
浮世離れした格好はどうみても普通ではなく、それがサーヴァントであることは容易に想像がついた。

どこか勝ち誇った薄ら笑いを浮かべながら、間桐慎二は聖杯戦争に自分も参加することにしたということを告げる。
そして凛もまたマスターであることを知っていて、自分と共闘しないかと持ち掛けてきた。

遠坂凛「同盟?」


一方その頃、弓道場へ向かったヒエロは無事士郎に会うことが出来ていた。
容姿は良いヒエロにその場の女生徒がざわつく中、士郎に状況を説明する。

ネトゥーリ・ヒエロ「―――と、いうわけだ。お前は随分と警戒してるみたいだが、本当のことだぞ。まぁ……ついて来たくないならそれはそれで構わんがな。俺流のやり方で連れて行くぞ」

セイバーを見てサーヴァントの力がどれほどのものか知っていた士郎は、疑いはもっているものの着いていくことにした。

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。それでは行くぞ。しかし失敗したな、この場所にこれだけ女がいると知っていたら最初に来ていたんだが―――!?」

衛宮士郎「アーチャー!?」

アイコン「えええ!?消えた!?」

突然目の前にいたはずのアーチャーが消え去り、その場は騒然となった。
これに危機感を感じた士郎は言っていた校門へと走った。

――――

ネトゥーリ・ヒエロ「っと!」

遠坂凛「遅いわよ!」

弓道場から消えたヒエロは、凛の令呪の力によって校門へと呼び戻されていた。
険しい表情の凛と目の前にいる二人組にすぐに状況は察した。

間桐慎二「へぇ、そいつが遠坂のサーヴァントってわけか」

ネトゥーリ・ヒエロ「こいつらか、結界の原因は」

遠坂凛「そうよ。アンタがいない間にいろいろあってね、ちょっと戦いは避けられそうにないわ」

ネトゥーリ・ヒエロ「ふむ。まぁそれは構わんがな、そこのワカメ男のサーヴァント……ライダーか」

ライダー「……」

緊張が走る空気の中、無言のライダーの全身を見るヒエロは既に笑っていた。

マインドコントロール

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ、女のライダーか。さぞかし騎乗位が上手いのだろうな」

遠坂凛「こんな時に何言ってんのよ!」

ネトゥーリ・ヒエロ「フハハハッ、そう焦るな凛。ライダーよ、初対面のサーヴァントがいるんだ、『自己紹介』くらい聞く余裕を持て」

『自己紹介』というワードに反応したのか、無言だったライダーが口を開く

ライダー

ライダー「私の真名はメドゥーサ。ギリシャ神話に名高いゴルゴン三姉妹の末妹……」
ライダー(馬鹿な!?声が勝手に……!!)

間桐慎二「ライダー!何ほんとに自己紹介してるんだっ!?」

マスターである慎二はいきなり真名を喋り出したライダーを制止するが止まらない。
凛は力が働いたことが分かったので、そっとヒエロに耳打ちした。

遠坂凛(アーチャー、アンタの力であの二人を無力化しなさい。もうすぐ部活終わりの生徒がたくさん来るわ、大騒動にはしたくない)

ネトゥーリ・ヒエロ(ふむ。では俺のやり方でいいか?)

マインドコントロール

遠坂凛.(え?ええ、もちろんよ。任せるわ)

ネトゥーリ・ヒエロ(ふむ。では我がマスターの命令に従い、俺のやりかたで奴らを無力化するとしよう)

こうしてヒエロが力を振るおうとした時、ライダーの口から意外な真実が飛び出す。

ライダー「そして……私の本来のマスターは間桐……」

遠坂凛「えっ?」

ライダー(これだけは口にするわけには……!!)




ライダー「ッ……間桐……桜です」
~【次回予告】~
桜の存在を知られてしまったライダー
代理マスターに従い戦いの中に身を置く決意
だがそれもむなしく課せられた命によってその身を蹂躙される
到着した士郎の目に飛び込む異常な光景
再びアーチャーと対面したセイバーを待ち受ける運命は

次回、Fate/mind control『不戦勝の美学』
その肉棒、受け入れろ!ライダー!











Fate/mind control


▶ACT4~バーサーカー~
▶ACT5~セイバー陣営の日常~
▶ACT6~遠坂凛の休日~
NEXT ACT▶▶『不戦勝の美学』
関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 Fate/staynight 遠坂凛 ライダー
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す