FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (69)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (169)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画⑪]へっぽこ艦長ナトーラ・エイナス~羞恥心があるからダメなんだ~

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス「きゃあっ!?」

フリット・アスノ「大したことない、一々狼狽えるな!」

ナトーラ・エイナス「す、すいませんっ」

――――

――――

――――

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス「はぁ……」

戦闘後、ため息をつくナトーラ。
突然少佐に昇進させられ、艦長に抜擢された彼女だが、もともと実力も実績も伴うことなく大尉になっていたこともあり、戦闘に全く適応できていなかった。
こんなことがいつまで続くのだろう、そんなことが頭にあった。

そんな彼女を、慰める男が一人いた。

ナトーラ・エイナス「曹長……」

男「そんなに気を落さなくても大丈夫ですよ」

笑顔で肩を叩くその男は、フィラード・グッドスピード。
整備部の副主任を務める曹長だ。

彼は気落ちするナトーラを、いつも優しく励ましていた。
そんな彼の存在はナトーラにとっても励みとなっていたのは間違いない。

二人でいるところを度々目撃されていることもあり、陰では二人の関係が噂されていたが、当の本人達は特に気にしていなかった。

ナトーラの耳元で、フィラードが囁く。

男「''今日も艦長の部屋で秘密の特訓をしましょう''」

ナトーラ・エイナス「あ……はい……では……私の部屋に……行きましょう……」

男「ふふっ、そうしましょう」

囁かれるた直後から、急に虚ろな目になったナトーラは、フィラードを連れて自室へと入った。
部屋に入っても虚ろで意識がはっきりとしていないナトーラに、さらに耳元で囁く。
今日はどういう理由で怒られ、落ち込んでいるのかを聞き出しす。
すると、自分がビビリなことと、声が小さく命令が伝わらないことを怒られたようだ。

男「なるほど。それでは私がその解決方法を教えてあげます」

ナトーラ・エイナス「はい……お願いします……」

虚ろではあるものの心は開いているのか、言われることを素直に復唱し、それに拒否反応を示すことはない。
それが普通なら有り得ないようなことであっても、だ。

男「まず最初に、声が小さくあなたの命令が伝わらない件ですが、それはあなたが羞恥心を抱いているからです」

ナトーラ・エイナス「羞恥心……?」

男「そうです。声を大きく張り上げる、強い口調で命令する。それができないのは恥ずかしいという気持ち、すなわち羞恥心があるからです」

ナトーラ・エイナス「恥ずかしい……そうかも……しれません……」

男「そうでしょう?とはいえいきなり羞恥心を取り除くのは難しいでしょう。そこで、まずは私に対しての羞恥心を無くすことから始めてください」

ナトーラ・エイナス「曹長に対する……羞恥心……なくす……」

男「はい。私に言われたら、どんな恥ずかしいことでもからず従うようにしてください。そうすればいずれ羞恥心は無くなり、ひいては上手く命令を下すことが出来る様になるでしょう。わかりましたね?」

ナトーラ・エイナス「はい……わかりました……曹長の言う事なら……かならず……従います……」

男「いいでしょう。では、''さっそく僕から学んだことを実践してみましょう''」

ナトーラ・エイナス「……わかりました」

やりとりが終わると、彼女の目に光が戻る。
普段と変わらぬ、いたって普通の状態だ。

そんな彼女に、フィラードは指示を出す。

男「ではエイナス艦長、今すぐ服をはだけて胸を見せてください。ついでにズボンと下着も脱いで、下の方も見せてください」

ナトーラ・エイナス「ええっ!?それは……えと、あれ?うーん……その、わかりました……特訓、ですしね」

男「その通りです」

多少戸惑いはしたが、言われた通りに胸をはだけて見せる。
そしてズボンも降ろしたところで、その手が止まる。
やはり恥ずかしいようだ。

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス「あのっ……こ、これでいいですか……?」

男「ショーツがまだでしょう?それも脱いで下さい」

ナトーラ・エイナス「うぅ……わ、わかりました……」

渋々ショーツも脱ぎ捨てると、うっすらとして陰毛が姿を現す。
元々薄いのだろうが、ちゃんと手入れがされているのは見ればわかった。

男「どうです、見られても思ったより恥ずかしくないでしょう?」

ナトーラ・エイナス「えっと、その……まぁ、思っていたよりは……」

男「でしょう?意外と恥ずかしくないものなんですよ。ま、とはいっても最初ですからね。もう服を着ていいですよ」

ナトーラ・エイナス「わ、わかりました」

少しホッとした様子で、服をいそいそと着なおす。
それが終わるのを見届けて、フィラードは再び耳元で囁いた。

男「それでは、''もう一度特訓をするので、心を開いてください''」

ナトーラ・エイナス「あ……はい……わかりました……特訓……お願いします……」

再び虚ろな目になるナトーラに、今度は違う指示をだす。
その内容は、二人だけのものでなく、他者を巻き込んでの特訓だった。

――――

――――

アイコン「うぉ!?」

ナトーラ・エイナス「ど、どうかしましたか、伍長」

アイコン「へっ!?あ、いえ、な!なんでもありません、エイナス艦長」

ナトーラ・エイナス「で、ではその、も、持ち場に戻ってくださいね」

アイコン「は、はいっ」

艦内の廊下で、持ち場を離れていた伍長を注意していたナトーラ。
フィラードに促されてしたことで、艦長であれば普通のことだ。
もっとも、その艦長が普通であったなら、だが。

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス(うぅ、明らかに見られてたわよね……)

なんと、普段は着ないスカート式の軍服で、かつベルトにスカートを挟んで下着が完全に露出した状態で注意していたのだ。

『わざと気付いていないフリをして、露出してみましょう』

その指示通り、彼女は自分がピンクのショーツを露出していることをわかっている。
だからこそ、注意をするときも声を震わせながらだった。
この日の艦内は、3人目の女性兵に指摘されるまでずっと露出しっぱなしだった彼女の話題でもちきりだった。


そしてさらに特訓は続き―――

――――

――――

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス「アラート!?」

『敵艦をレーダーに捕捉しました。艦長は至急ブリッジにあがってください』

男「これは残念、今日はセックスをしようと思っていたんですが。私も格納庫にいかなければ。先に行きます、艦長も早くブリッジに」

警戒音が鳴り響く中、服を着ていたフィラードは艦長室を出て、格納庫へと走った。
一方、残されたナトーラは全裸だった。どんなに急いで着替えてもすぐには部屋を出ることが出来ない。

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス「早くって、んっしょ!そんなの出来っこないじゃないっ」

慌てて文句を言いながらも、とりあえず制服を着終えたナトーラは部屋を飛び出す。
扉を開ければブリッジという所で、ある事実に気付いてしまう。

ナトーラ・エイナス「ああっ!?」

ナトーラ・エイナス

ナトーラ・エイナス(じょ、上下の色が……!)

なんと、下着が上下セットのものではなく、それぞれ違う物を着てしまっていたのだ。
ショーツは脱ぎかけだった白のものをそのまま履いたのだが、ブラは慌てて引き出しから新しいのを出してしまったのだ。

ナトーラ・エイナス(だ、大丈夫よね。普通にしてたら、バレないわよね……)

当たり前だがバレる可能性は皆無。
戦闘中のブリッジでそんなことを気に留める者など誰もいない。
もっとも、バレたところで下着を露出していたことが艦内中に知れ渡っているナトーラにとっては、実際対して影響はなかった。
だが、ナトーラ自身は自分が何をしているか正常に理解できていないので、こんな細かいことにも気になってしまうのだ。

ブリッジに入っても気が気ではなかった彼女は、戦闘終了後に再びフィラードが部屋に来た際に、自分なりの解決方法を言って見せた。

男「下着の組み合わせを間違えない方法?」

ナトーラ・エイナス「そうです、私の考えた方法なら、絶対に間違えません!」

男「随分と自信ありげですね」

ナトーラ・エイナス「はい!我ながら完璧かなーなんて。ちなみにもうそれを実践してるんです」

男「というと?」

ナトーラ・エイナス「……こういうことです」

男「おぉ!」

ナトーラ・エイナス

ナトーラは、思い切り胸をはだけると、隠れていた大きな胸を露わにした。

男「なるほど。最初から下着をつけなければ間違えようがない。考えましたね艦長」

ナトーラ・エイナス「へへへ……」

小さい恥を変態じみた解決方法でなんとかする。
様々な特訓を経て、ナトーラ・エイナスの思考はどんどんおかしくなっていくのであった。
このエントリーのタグ: 催眠 ガンダムAGE ナトーラ・エイナス
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
362: by 紅夢抄 on 2015/05/02 at 01:32:23

ガンダムは拝見してないのでフィラード・グッドスピードさんが実在してるのかと思ってググってしまいましたw

さて内容ですが、ナトーラさん!?最初から下着就けないなら、そりゃ間違いようがないですけど!?
下着の、上下の色が違うのが気になる。→じゃあ下着はつけなくてもおk。というアンバランス感にやられてしまいました。
この抜けっぷりは元からなのかMCによるものなのか。ともかくもっと変態になるナトーラ・エイナス艦長頑張れ!(←謎)

▼このエントリーにコメントを残す