FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。
無料アクセス解析

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1128)
総集編 (39)
エロゲレビュー (68)
同人&エロ漫画etcレビュー (54)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (2)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (2)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (1)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (41)
侵略!イカ娘 (2)
スーパーロボット大戦 (9)
School Days (2)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (15)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (11)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (1)
とある科学の超電磁砲 (3)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (2)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (5)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (168)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (4)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (30)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (92)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

[アンケート企画⑫]オナホ便器、木下優子

木下秀吉優子

「待ちなさいって言ってんのよ!聞こえてるでしょ!」

「うるさいなぁ~、何か用でにあるの?ボクは忙しいし、痛いんだけど」

「だからって無視することないでしょ!こっちだって理由も無しにアンタみたいなキモオタに声なんてかけないわよっ」

下校時間、木下優子は学園から離れた場所で、Fクラスのキモオタに声をかけていた。
何回か声をかけても無視されるので、肩を掴んで立ち止まらせる。
ようやく話ができる状態になったが、キモオタは早く話を終わらせたがっている。

「単刀直入に言うわ。あんたのザーメン私によこしなさい!」

「ふひっ?」

突然のことにキモオタも戸惑うが、優子はそれにつけこむようにまくし立てた。

「キモオタの、その中でも特にキモイくて最低のアンタのザーメンがダイエットに効果があることくらい知ってるわ。正直キモすぎてさっさと死んでほしいくらいだけど、ザーメンだけはかろうじて有益だわ。だからさっさとザーメンを出して私に飲ませなさい!」

「ふひっ、そんなこと言ったってザーメンなんてすぐにだせないよぉ~」

「シコればいいじゃない!どうせ毎日やってるんでしょ、チンポを出してシコシコすればすぐに出せるんでしょ!」

かなり焦っているのか、手で竿を扱くジェスチャーも交えて今ここでオナニーをしろという。
人気のない公園とはいえ、まだ陽も落ちていないので誰かに見られる可能性すらあるのにだ。

「む、無理だよこんなところじゃあ……それにボクは一人オナニーはしない主義なんだぁ。若くて綺麗な、ボク専用のオナホ便器女でしかオナニーはしないんだよぉ」

「あらそう。じゃあ私をアンタのオナホ便器にすれば問題ないわけね」

「ふひっ?」

「だってそうでしょ?私は若くて綺麗だし、しかも処女。今すぐアンタのオナホ便器になれば専用ってとこもクリアできるわよね?」

「まぁそれならオナホにしてやらないこともないけどぉ、いいのぉ?ボクのオナホ便器って結構過酷だよぉ?」

「平気よ、基本ダイエットって大変だし。むしろあんたのオナホ便器になるくらいでダイエットできるなら楽なもんよ」

「あんたは私をオナホ便器として好きに使う、私はザーメンをもらって痩せる。なんのデメリットもないWINWINの良い話だわ。それでいいわね?」

どんどん話を進めていく優子に押し切られ、キモオタは優子をオナホ便器にすることを受け入れた。

「契約成立ね。今から私はあんた専用のオナホ便器よ。それじゃさっさとチンポ出しなさい。口でしてあげるからザーメンたくさんだすのよ」

「ふひっ、今はザーメン出さないよぉ。これから別のオナホを使う予定だからさ。でもオ シッコはしたいから、口で処理してよ」

「はぁ!?……ったく、仕方ないわね。あんたの便器だからオ シッコだって飲むけどさ、私の目的はザーメンなんだからね。それを忘れないでよ!」

この場でザーメンをもらえないことに怒るものの、跪いて口を開ける。
自分の便器としての役割はちゃんと理解しているようだ。

「んあ……」

「ふひひっ、それじゃあ新品便器初使用だねぇ。ん……」

ちょろろろっ

「んぷぅあっ……ごくごく……ごくごく……ぷはっ。……うげぇ」

少なめの小便を口で受け止めた優子は、しっかりこぼさず飲み干した。
しかし、初めての尿の味と鼻を突きぬけるアンモニア臭に、すぐに気持ち悪くなったのか顔をゆがめていた。

「ううっ、不味すぎる……。オナホ便器じゃなかったら今すぐ殺してやりたいほどに不味いわ……!」

「ふひひっ、初めてにしてはいい処理っぷりだったねぇ。それじゃあボクは行くけど、気が向いたらまた使ってあげるよ」

「あ、そうそう。お前はオナホ便器№56だから覚えといてね。呼び出しに応じれるように連絡先後で送ってよ」

「わかったわ。それじゃアンタの連絡先を教えて」

「時間が無いから他の便器に聞いてよ。Aクラスなら工藤も俺の便器だからさ」

「愛子もアンタの便器だったの……わかった、聞いておくわ」

「ふひひっ、よろしく~」

そう言ってキモオタはどこかへと行ってしまった。
優子はその後メールでキモオタのアドレスを入手し、メールを送信した。


翌日

「まさか優子もオナホ便器になるとは思わなかったよ」

「驚いたのは私よ。愛子も便器で、しかも№3ってかなり古いじゃない」

「まぁね♪もう2回おろしてるし、そろそろ便器は引退かなーってのは思うよ。ま、求められればいつでも便器になるけど」

「さすがに何回も降ろすのは体に負担大きいわよね。私もザーメンダイエットの為にアイツのオナホ便器になったけど、孕むのは嫌だもの」

「それは無理だよ。代表の『雄二専用卵子』ですら一発で屈服妊娠させちゃうザーメンだよ?第一オナホ便器に避妊の権利なんてないしね」

「ええっ!?代表もオナホ便器なの!?」

「何言ってるのさ、代表は最初にオナホ便器になった№1の便器だよ?」

「ええ!!」

休み時間、愛子との会話でかなりの女生徒がキモオタのオナホ便器になっていることを知り、驚く優子。
Aクラス代表霧島翔子に加え、他の学年の女生徒も含む30人近いオナホ便器が学園内にいるという。

「ま、一番は口にザーメンを出させることよね。あんなキモイ男のチンポ咥えるのは癪だけどね」

ピピピピッピッロリロリロリー

話をしていると、優子の携帯にメールの着信があった。
相手はキモオタだ。昼休みに弁当を持って屋上へ来いと言う。
愛子にも同様のメールが来ており、どうやら二人で来いと言うことの様だ。

「ザーメンゲットのチャンスだわ!」

優子は意気揚々と屋上へ向かった。

―――

「くちゅくちゅちゅるるっ!」

「はむはむ……れろれろれろっ

「はううっ!」

屋上に付くとすぐに二人はチンポに奉仕させられ、優子は竿をしゃぶり、愛子がキンタマを舐めた。
射精したキモオタは、二人が持ってきた弁当に精液を大量に放った。
本来の匂いがまったくわからないほどイカ臭くなった弁当を、二人はキモオタと一緒に食べる。

「それにしても、もぐもぐ……ごくんっ。お弁当にザーメンをかけるなんてキモい癖に気が利くじゃない。これなら弁当で得たカロリーもザーメン効果で消せるからまさにダイエット食ね」

「ふっひっひ!そうでしょー」

「もぐもぐ……問題は味ね。ちょっと不味すぎて……もぐもぐ……飲みこむのに時間がかかるわ」

「慣れれば大丈夫だよ。知ってる?オナホ便器って自分の所有者の体液がどんどん好きになっていくんだよ?」

「そうなの?それなら先は明るいわね」

この後、食事を終えた二人の便器に向かってキモオタが小便をしたところで昼休みが終わった。
チャイムの音で焦り、二人は飲み干すことが出来ずに制服を汚してしまう。
なんとか服を乾かそうとしたが、結果的に午後の授業には出れずに終わってしまうのだった。


―――

―――3日後

「ちょっと、保健室って先生がいるんじゃないの?」

「ふひひっ、大丈夫大丈夫。入ればわかるから」

「ほんとでしょうね」

この日、キモオタは優子に声をかけた。
便器ではなく、いよいよオナホとして使おうというのだ。
もちろん言われるがまま従うことにした優子だが、キモオタが保健室でするというので、扉の前で尻込みしていたのだ。
教師がいる部屋では、行為に及ぶことはできないし、見つかれば事件になりかねないからだ。
そんな優子の不安をよそに。キモオタは普通に扉を開けて入室した。

「またきたのですか?この部屋は狭いのだから、貴方の様な体臭のキツイ生徒は出来れば遠慮して欲しいのですが」

「ふっひっひ!まぁそう言わずに。センセーはいつも綺麗だからついつい会いたくなっちゃうんだよぉ」

「全く嬉しくありません」

(ほら言わんこっちゃない)

保健室に入ると、やはり教師が中にいた。
30代前半の、長身に白衣と眼鏡が似合う綺麗な女教師だ。
彼女は入室してきたキモオタに対し、とても邪険に接した。

「どうすんのよ?こんなんじゃ絶対無理じゃない」

「ふひひっ、大丈夫大丈夫」

キモオタは自信満々で女教師の元へ近づくと、何かを喋った。
すると、彼女は即座に立上り、手を机において尻をキモオタに突き出した。

「えっ」

「ふひひ、大丈夫。なんたってセンセーもボクのオナホ便器だから。ね?センセー」

「はい。私は貴方のオナホ便器№13です。どんな時でも自由にお使いください」

「ね。言ったとおりでしょ。今日は初物オナホ便器を使うからすぐにイカないように一発抜いておこうと思ってねぇ。ふひひっ、ここならベッドもあるし、オナホ便器もあるからちょうどいいんだよねぇ」

「先生まで……あきれたわ。あんたどんだけオナホ便器持ってんのよ」

そういうわけで、キモオタは女教師を本当にオナホの様に使った。
女教師は挿入されている間、顔色一つ変えずに無言で、マネキンを抱いているのではないかというくらいだった。

「ふっひっひ!いいオナホ便器でしょ?ボクに対して冷たいし、近付くといちいち怒ってウザったかったからさぁ、オナホ便器にしちゃったんだ♪」

「いやいや、説明になってないから。何がどうなったら先生があんたみたいなキモオタのオナホ便器になるのよ」

「簡単だよぉ。ボクがお尻を触ってあげたら、ボクのオナホ便器になってくれたんだぁ♪」

「はぁ?」

キモオタの説明は飛び飛びで、優子には理解ができない。
怪訝そうにしていると、キモオタは女教師に命じて、なぜ尻を触られたぐらいでオナホ便器になったのかを説明させた。

「私は……いつか素敵な男性と結婚することを夢見て汚れ無き体を保ってきました。なのにこんな醜く汚い男にお尻を触られては全てが台無しです」

「女性として汚れ、人間以下になった私がそうなった原因を作った人に逆らえるはずも無く、その場でオナホ便器になれと言われて了承してしまったのです……」

「一生の不覚ですが、一度なると受け入れたオナホ便器……やめるわけにもいかず現在にいたったというわけです」

「へぇ……同じオナホ便器でもなる理由はいろいろあるのね」

「ふっひっひ!そういうこと、生意気だけど締りの良いお気に入りなんだぁ」

説明している間もまったく感じる様子が無い彼女は、本当にオナホの様だった。
そのままキモオタは中出しをしたが、股間から垂れる精液を処理する姿はなんとも悲しげで、なぜあの時オナホ便器になることを了承してしまったのだろうという後悔が見て取れた。

(そりゃそうよね。なんの目的も無しにただこいつのオナホ便器やるなんて地獄じゃない。私みたいにダイエットとか目的があれば苦痛じゃなくなるのに)

「ふっひっひ!一発抜いてスッキリしたところで、いよいよ初物を使うとするかなぁ」

「休まなくていいの?」

「全然!むしろすぐハメたいよぉ」

「そう。ならいいけど、私も時間は節約したいし。で?どうすればいいのかしら」

保健室のベッドに寝そべり、優子はブラとパンツを脱がされて半裸になる。
いやらしい気持ちになっていたわけではないが、それでも既にある程度濡れていて、キモオタのチンポを受け入れる準備は出来ていた。

そもそもキモオタにとってオナホ便器達は物ということもあって、前戯などは一切しない。
だから基本的にオナホ便器達は常に股間を濡らしているのだが、その自覚は無く、そうなるようにされているだけだ。

優子もまたオナホ便器として例外でなく、前戯は無しで挿入されることになった。
初めてでもまった気遣いの無い挿入は痛く、優子も涙目になって受け入れていた。

木下優子

「うぅ~締まる締まる♪こなれた中古オナホと違って、やっぱり新品はいいよねぇ」

「……」

「くぅ……んぐっ……!」

女教師への嫌味も交えつつ、腰を打ちつける。
優子には余裕などなく、痛みに耐えて声を我慢するので精いっぱいだ。
保健室にはキモオタのピストンによる音だけが響いていた。

「ぐふう!そ、そろそろ出すよぉ!」

「ぅ……ぐっ……だ、出してっ……中に、精液っ」

「イクウウウ!」

ドピュドピュドピュッ

「~~~~!!」

体内に精液を放たれたことを感じ、優子はダイエットの成功を確信して喜んだ。
その時の彼女は、妊娠のリスクや処女を失ったことの重大さをまるで考えておらず、これからももっともっとオナホ便器として使ってもらうことを考えていた。

―――

―――

木下優子

「くちゅちゅるるるっ……」

(なんだろう、こいつのザーメン……前より美味しく感じる……)

キモオタに使用された後、優子はチンポについて愛液や精液を舐めて綺麗にしていた。
俗に言うお掃除フェラだが、キモオタはこれを使用後フェラと言っていた。

綺麗になり、キモオタがチンポをしまうと、優子も立ち上がって身なりを整えた。

「で?次は誰がいいのよ」

「次?」

「オナホ便器は初めて使用されたら1週間以内に新しい便器を用意する、これ常識でしょ?」

「そうだけどぉ、対象を決めるのはボクじゃなくてオナホ便器の役割だよぉ」

「参考よ参考。1週間以内に用意できなかったら永遠にアンタのオナホ便器にならなくちゃいけないし、どうせ用意するなら好みの娘がいいでしょ?」

「ふっひっひ!いい心がけだねぇ。それじゃー……今回は趣向を変えて、キミのお母さんがいいなぁ」

「私のお母さん?別にいいけど40近いわよ、それでもいいの?」

「いいのいいの!どうせ1回孕ませたら捨てると思うからさぁ、どうかな?」

「いいわ。それなら今日にでもできそうだし、アンタがいいなら私のお母さんをオナホ便器にしてあげる」

オナホ便器としての役目を果たすためなら、実の親を差し出すことすら躊躇わない。
『開封済みオナホ』となった彼女は既に完全なオナホ便器になっていた。

「それじゃあこれが1回分の洗脳薬だよぉ。無味無臭だがら水とか料理に混ぜて使ってねぇ」

「ありがと。それじゃあ明日を楽しみにしててね」

「ふっひっひ!任せたよぉ♪」


3か月後、優子とその母は二人同時に妊娠が発覚することとなった―――



関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 バカとテストと召喚獣 木下優子
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
424:管理人のみ閲覧できます by on 2015/06/05 at 21:23:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます

▼このエントリーにコメントを残す