FC2ブログ

プロフィール

regza

Author:regza
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

アンケート

SSを書くときの参考にしますので、MCしたいキャラがいたらぜひ投票して下さい。 誰でも自由に追加できます。 追加枠は最大50までなので、埋まっている時は近況記事などからコメントでリクエストOKです。 ※リクエスト全てにお応えできるわけではないのでご了承ください。

最新トラックバック

カテゴリ

ノンジャンル (1149)
総集編 (41)
エロゲレビュー (73)
同人&エロ漫画etcレビュー (57)
オリジナルSS (14)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (1)
アイドルマスターシリーズ (1)
暁の護衛 (11)
アカメが斬る! (4)
暗殺教室 (1)
一騎当千 (4)
悪の女幹部 フルムーンナイト (5)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (1)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (136)
うみねこのなく頃に (5)
織田信奈の野望 (3)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (1)
風の谷のナウシカ (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (1)
機動戦士ガンダム (4)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (3)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (3)
機動戦士Zガンダム (9)
機動戦士ZZガンダム (4)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (1)
機動戦士ガンダムUC (2)
機動戦士ガンダムF91 (0)
機動戦士Vガンダム (6)
∀ガンダム (2)
新機動戦記ガンダムW (2)
機動武闘伝Gガンダム (1)
機動新世紀ガンダムX (2)
機動戦士ガンダムSEED (82)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (3)
機動戦士ガンダムAGE (2)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (3)
ギャラクシーエンジェル (2)
キルラキル (1)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (4)
ケロロ軍曹 (1)
恋騎士 Purely Kiss (4)
恋姫†無双 (5)
攻殻機動隊 (1)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (3)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (1)
この素晴らしい世界に祝福を! (2)
GTO (2)
地獄先生ぬ~べ~ (1)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (1)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (42)
侵略!イカ娘 (3)
スーパーロボット大戦 (10)
School Days (3)
涼宮ハルヒの憂鬱 (5)
ストライクウィッチーズ (12)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (18)
創聖のアクエリオン (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (1)
辻堂さんの純愛ロード (12)
つよきす (14)
とある魔術の禁書目録 (2)
とある科学の超電磁砲 (4)
東方Project (1)
ときめきメモリアル2 (1)
トップをねらえ! (2)
ドラゴンクエスト5 (3)
ドラゴンクエスト6 (2)
ドラゴンボール (10)
To LOVEる -とらぶる- (1)
ニセコイ (10)
日常 (1)
姉、ちゃんとしようよっ! (1)
バイオハザードシリーズ (1)
ハイスクールD×D (6)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (172)
ハヤテのごとく! (5)
ひぐらしのなく頃に (19)
美少女戦士セーラームーン (11)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
貧乏神が! (4)
ファイナルファンタジーⅤ (3)
ファイナルファンタジーⅥ (0)
ファイナルファンタジーⅦ (6)
ファイナルファンタジーⅨ (1)
ファイナルファンタジーⅩ (1)
ファイナルファンタジーXIII (1)
ファイナルファンタジータクティクス (2)
Fateシリーズ (43)
ふたりエッチ (1)
ふたりはプリキュア (2)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (1)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
ポケットモンスターシリーズ (8)
マギ (0)
マクロスF (1)
真剣で私に恋しなさい! (39)
魔法科高校の劣等生 (1)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (1)
魔法少女リリカルなのは (1)
みなみけ (8)
まぶらほ (1)
マケン姫っ! (0)
名探偵コナン (5)
めだかボックス (5)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (1)
らき☆すた (3)
ラブひな (3)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (1)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (32)
ONE PIECE (11)
没ネタ集 (4)
作品ミックス (5)
MC関連スレまとめ (93)
自力でエロ画像を書く企画 (6)
賭ケグルイ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
僕のヒーローアカデミア (0)
竜†恋 (0)
幽遊白書 (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
遊☆戯☆王 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)

キャラクター別

18号18号
アイビス・ダグラスアイビス・ダグラス
アイナ・サハリンアイナ・サハリン
アイリスフィール・フォン・アインツベルン アイリスフィール・フォン・アインツベルン
赤木リツコ赤木リツコ
秋山澪秋山澪
朝比奈みくる朝比奈みくる
アンリエッタ・ド・トリステインアンリエッタ・ド・トリステイン
伊波まひる1伊波まひる
伊吹マヤ伊吹マヤ
右代宮縁寿右代宮縁寿
右代宮夏妃右代宮夏妃
エマ・シーンエマ・シーン
片瀬恋奈片瀬恋奈
桂ヒナギク桂ヒナギク
蟹沢きぬ蟹沢きぬ
華琳(恋姫†無双)華琳
川神一子川神一子
川神百代川神百代
木下優子木下優子
霧島翔子霧島翔子
草薙素子草薙素子
クリスチーナ・マッケンジークリスチーナ・マッケンジー
クリスティアーネ・フリードリヒクリスティアーネ・フリードリヒ
タカヤ・ノリコタカヤ・ノリコ
鉄乙女鉄乙女
ケイト・ブッシュ ケイト・ブッシュ
荀彧 桂花桂花
紅月カレン紅月カレン
三千院ナギ三千院ナギ
シーマ・ガラハウシーマ・ガラハウ
椎名京椎名京
白藤杏子白藤杏子
秋蘭(夏侯淵)(恋姫†無双)秋蘭
ジュエリー・ボニージュエリー・ボニー
春蘭春蘭
涼宮ハルヒ涼宮ハルヒ
セイバーセイバー
セイラ・マスセイラ・マス
ゼオラ・シュヴァイツァーゼオラ・シュヴァイツァー
惣流・アスカ・ラングレー惣流・アスカ・ラングレー
園崎詩音園崎詩音
園崎魅音園崎魅音
種島ぽぷら1種島ぽぷら
知恵留美子知恵留美子
チチチチ
辻堂愛辻堂愛
ディアナ・ソレルディアナ・ソレル
トップトップ
轟八千代2轟八千代
長門有希長門有希
ナタルナタル・バジルール
南条薫(暁の護衛~罪深き終末論~)南条薫
二階堂彩二階堂彩
二階堂麗華二階堂麗華
ニナ・パープルトンニナ・パープルトン
羽入羽入
ハマーン・カーンハマーン・カーン
ビーデルビーデル
柊かがみ柊かがみ
柊つかさ柊つかさ
ファリス・シェルヴィッツファリス・シェルヴィッツ
フォウ・ムラサメフォウ・ムラサメ
フラウ・ボゥフラウ・ボゥ
古手梨花古手梨花
ブルマ23ブルマ
フレイ・アルスターフレイ・アルスター
ボア・ハンコックボア・ハンコック
北条沙都子北条沙都子
舞(暁の護衛~罪深き終末論~)
マチルダ・アジャンマチルダ・アジャン
松本松本麻耶
黛由紀江黛由紀江
マリアマリア
ミリアリア・ハウミリアリア・ハウ
毛利蘭毛利蘭
山田1山田
吉井玲吉井玲
ライトニング(エクレール・ファロン)ライトニング
ラクス・クラインラクス・クライン
竜宮レナ竜宮レナ
呂蒙子明呂蒙子明
ルイズ・フランソワーズルイズ・フランソワーズ
レナ・シャルロット・タイクーンレナ・シャルロット・タイクーン

月別アーカイブ

RSS

MARIONETTE HARUKEGINIA ~Wedding of Louise~

これは何かが変わってしまったハルケギニアの話。

ルイズ・フランソワーズ (2)

ルイズ・フランソワーズ「れろれろれろれろ……・!」

モンモランシー「もっと激しく、亀頭をぐるっと舌でなぞれるようにならなくちゃだめよ」

ルイズ・フランソワーズ「難しいわね。私の舌ってあまり大きくないから」

ルイズはフェラチオ練習が最近の日課だった。
今も友達のモンモランシーに見てもらいながら、最高のフェラが出来るように練習している。
間近に迫った結婚式でちゃんと振る舞うために暇さえあれば特訓しているのだ。

モンモランシー「代理様のオチンポ大きいしね。本番になってアゴが外れたりしたらシャレにならないから、今のうちに出来るだけ鍛えておいた方がいいわよ」

ルイズ・フランソワーズ「そうね。今日は他にやることもないし、部屋に戻って代理様のオチンポレプリカを使って練習するわ。結婚式は絶対に成功させたいもの」

モンモランシー「その意気よ。頑張ってね」

ルイズ・フランソワーズ「うん。練習付き合ってくれてありがとう」

モンモランシー「お安い御用よ」

部屋に戻ったルイズは、さっそくオチンポレプリカをしゃぶり始めた。

ルイズ

ルイズ・フランソワーズ (6)「くちゅっ……んっ……ちゅぱちゅぱっ、ちゅるるっ」

結婚式に備えて、チンポをしゃぶる練習をする。
これは結婚式でフェラチオをする場面があるためにしていることだが、その相手は結婚相手のサイトではない。

ルイズ・フランソワーズ (1)(本物じゃないのになんて神々しさなのかしら。舐めれば舐めるほどこの形が好きになっちゃう……)

夫以外のチンポを模した物を舐め、その形を好きになっていくことになんのためらいもない。
むしろサイトのためにも絶対に式当日のフェラチオは成功させてみせると、必死に練習を続けた。


あっという間に時間は流れ、式当日を迎えた。
王族ともつながりの深い貴族の名門であるヴァリエール家の三女の結婚式ともなると、列席者はそうそうたる顔触れだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン

神父役を務めるアンリエッタ王女を筆頭に、トリステイン中から貴族が列席している。
諸外国の来賓も多く、その規模は国王級の結婚式を除けば世界最大規模だろう。

ヴァリエール家とつながりが深く、新婦のルイズと親しいアンリエッタはわざわざこの式だけのために特注の聖装まで用意していた。胸を完全に露出し、逆に下半身は大きすぎるほどのスカートという歪な形式の聖装だ。

カトレア

親族であるヴァリエール家の女性陣は最前列に座っている。
上半身だけ見れば貴族の佇まいだが、その下半身は何も履いておらず、両手でグチュグチュとアソコを弄り、静寂の境界に淫音を響かせている。

カリーヌ「……ッ

特に母であるカリーヌは激しくアソコ弄って淫音を鳴らしているが、決して声は漏らさない。

式が始まると新郎新婦はそれぞれ別の入り口から入場し、段の上に向かい合って立つ。
そこからはアンリエッタの口上と共に進行していく。

アンリエッタ・ド・トリステイン「ここの用意したのは夫婦の誓いを絶対にする神聖な秘薬……」

アンリエッタ・ド・トリステイン「男性が飲めば瞬く間に男性器の機能を奪い去り、不貞行為を一切できなくするこの不能薬。新郎サイト・シュヴァリエ・ド・ヒラガは愛する妻の為にそれを飲む覚悟がありますか」

平賀サイト「あります」

即答した新郎に自然と拍手が起きる。

アンリエッタ・ド・トリステイン「静粛に。新郎サイト殿の覚悟、わかりました」

アンリエッタ・ド・トリステイン「では新婦ルイズ・フランソワーズ・ド・ヒラガ」

ルイズ・フランソワーズ「はい」

アンリエッタ・ド・トリステイン「不能薬を口に含みなさい」

ルイズ・フランソワーズ

不能薬を口に含み、『最後の口づけ』を行う準備が整うと、アンリエッタが列席者に向かって語る。

アンリエッタ・ド・トリステイン「これから二人は最後の口づけを行います」

アンリエッタ・ド・トリステイン「触れ合いを捨てされば夫婦間の争いはなくなり、愛の元に幸せが約束されるからです」

アンリエッタ・ド・トリステイン「今後二度と夫婦は触れ合うことはありません。これから幸せな家庭を築いていく夫婦が最後の触れ合う瞬間を、列席者の皆様は見逃さず記憶してください」

ルイズ・フランソワーズ

ルイズ サイト「んっんっ

ルイズ サイト「んんっ!……ごくんっ!」

最後の口づけが行われ、不能薬をサイトは飲みこんだ。
薬はすぐに効果を表し、サイトから男性機能を奪う。
これまでもキスするだけで勃起していたサイトだが、この時もキスをした瞬間までは勃起していた。
それが薬を飲みこんだ途端に萎えたのだ。

アンリエッタ・ド・トリステイン「これで新郎はめでたく男性機能を失いました。新郎は永遠に不貞行為から決別し、またその体は子孫を残すこともできません」

アンリエッタ・ド・トリステイン「ただ妻を愛し、尽くすだけの存在となったのです」

アンリエッタ・ド・トリステイン「皆様、盛大な拍手にて祝福をお願いします」

皆が笑顔で拍手し、二人を祝った。
場内を包んでいた拍手の音が止むと、次は夫婦を支える人物の紹介が行われる。

アンリエッタ・ド・トリステイン「では紹介いたします。今後、新郎新婦の愛の営みを代行する男性……ブスタル・プレモルート、前へ」

男「はいはーい」

名前を呼ばれ、その男が姿を現した場所はなんとアンリエッタのスカートの中だった。
式が始まってから、ずっとアンリエッタのアソコを弄ったり舐めたりしていたらしい。

男「さすが姫様。俺の手マンで顔色ひとつ変えずに進行するなんて」

アンリエッタ「静かにして」

アンリエッタ「……愛の代理人となる彼は生まれてほどなくして捨てられ、奴隷として長い年月を過ごしました」

アンリエッタ「苦難の日々の中、あることをきっかけに大変な努力をし、その結果奴隷という身分を脱し、今ではこうして貴族夫婦の愛の代理人を務めるに至った優秀な男性です。愛の代理人は世界で彼ただ一人なことからみても、その優秀さは間違いありません」

アンリエッタ「ですがいかに優秀とはいえ、この度の婚姻は王室に近いラ・ヴァリエール公爵家の息女が結ぶもの。ブスタル・プレモルートという人物が代理人として相応しいか厳正な審査を行いました」

男「お恥ずかしながら、しばらくの間ヴァリエール家にやっかいになりました♪」

アンリエッタ「では、審査を行いました3名の親族に改めてブスタル・プレモルートの評価を聞きたいと思います」


カトレア

カリーヌ「我々親族の3人は、この日の為に代理人の能力をしっかりと査定してきました」

ラ・ヴァリエール家の女性達は、それぞれ代理人であるブスタルの評価を述べ、太鼓判を押した。

エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエール

エレオノール (1)「彼は新婦ルイズと同じ、いやそれ以上に貧乳である私の体を欲情できる体に魔法改造を施し、巨乳にしてくださりました」

エレオノール (1)「そして勃起したオチンポを幾度にも渡って挿入してくれました」

エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエール

エレオノール (2)「貴族はブスタル様のチンポには勝てない。屈服するべき卑しい存在なのだと、魂に言い聞かせるように何度も何度も子宮を突かれ、その度には私は絶頂し、無様なイキ顔を晒し、もっと突いてと懇願しました」

エレオノール (1)「エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエールの名において、私はブスタル・プレモルートが代理人として十分に愛の営みを代行するに値すると証明します」

カトレア

姉の宣誓にカトレアも続く。

カトレア「―――よって、私はカトレア・イヴェット・ラ・ボーム・ル・ブラン・ド・ラ・フォンティーヌの名のもとに、ブスタル・プレモルートが代理人として十分に愛の営みを代行するに値すると証明します」

カトレア

最後は母親のカリーヌだ。

カリーヌ「彼のオチンポは私の様な年増ババアに、忘れていた女の悦びを思い出させ、夫へ向けていた愛の全てを奪い取られてしまいました。今はもう、私の身も心も彼に惹かれ、彼のことを考えただけで体が発情する始末……」

カリーヌ「また、彼は精子は3人の子を産んだ私の中古オマンコを埋め尽くし、新たな子を授けてくれました」

カリーヌ「このことからも、夫婦の愛の結晶を授かる代理繁殖能力は十分と判断し……」

カリーヌ「カリーヌ・デジレ・ド・マイヤールの名において、ブスタル・プレモルートが代理人たる資格を持つと証明します」

こうして3人はブスタルの資格を各々の名前のもとに宣誓証明した。

男「審査も問題ないってことなんでぇ、御三方はボクのチンポに祝福のキッスお願いしまーす」

ブスタルが勃起したチンポをぶらさげ三人の前に立つと、カリーヌ達は順番にキスをした。

カリーヌ「代理人のチンポに祝福あれ。……チュッ」

カトレア「夫婦の愛を支えてくださるオチンポに、神の御加護を。チュッ」

エレオノール (1)「汚れなきチンポで、妹の生活に幸せが訪れますように。チュッ」

男「むひひ!ありがとうございまーす♪」

ルイズ・フランソワーズ

ルイズ・フランソワーズ (1)「……」

証明が終われば、次の儀式の為に服を脱ぐ。
参列した友人たちは皆口々に「綺麗」と褒め、それが嬉しいが裸を見られる恥ずかしさもあって表情は硬い。

全ての服を脱ぎ捨て、一糸纏わぬ姿になると、ブスタルに跪く。
そして既に勃起したチンポの先端を咥えた。

ルイズ

ルイズ・フランソワーズ (4)(形も大きさも模型と一緒……落ち着くのよルイズ。練習通りやればいいんだから)

衆目の前で初めてのフェラチオを行い、妻として立派に奉仕できる姿を披露する。
これまで練習してきた成果を発揮する時だが、本物を咥えるのは初めて。緊張しないわけがない。

ルイズ・フランソワーズ (2)「んっ、んんっ!」

やはり最初はぎこちなく、ルイズの親族も心配そうに見つめていたが、徐々に練習通りの動きをすることができるようになってきた。

ルイズ・フランソワーズ (1)

ルイズ・フランソワーズ (2)「んっぼじゅっぼぢゅるるっんっんっ

男「おほぉ!凄い気持ちいい!」

男「ちゃと練習してきたのが良くわかるなー」

快感に悦ぶブスタルを見て、観衆もその技術に頷く。
上手くやれるか心配そうに見ていたルイズの家族も、いやらしく音をたてながら激しいフェラをする姿に安心したようだ。

男「はいはいストップストップー」

男「このままじゃイッちゃうから、次いこ」

ルイズ・フランソワーズ (4)「んはっ……ふぅ。わかりました」

ルイズ・フランソワーズ

アンリエッタ「続いては代理人による、挿入の儀式です」

アンリエッタ「この挿入によって、新婦は新郎に身も心も捧げる誓いを立てるのです」

ルイズ・フランソワーズ (1)「よ、よろしくおねがいします」

男「大丈夫、そんなに緊張しなくていいよ」

男「君と血のつながった親族オマンコでたっぷり練習してきたから♪」

それを聞いたルイズが親族席に目を向けると、カリーヌを始めとする家族たちが軽くうなずき、優しく微笑んでいるのが見えた。
ブスタルを信用しきっている家族に見守られていると言う安心感が、ルイズの緊張をほぐし、それはそのままオマンコの緊張をもほぐした。

ルイズ・フランソワーズ

ルイズ・フランソワーズ (4)「代理人様、どうか私のオマンコに新郎サイトとは比較にならないほど素敵なオチンポをぶち込んで、愛の誓いを立てさせて下さい」

男「むひひ!それじゃあ挿入するよー」

ずぶりっ

ルイズ・フランソワーズ (4)「ああっ――――」

新婦が挿入された瞬間、場内は祝福の拍手に包まれた。
代理人によって処女を散らされ、激しく腰を打ちつけられる姿は微笑ましくあり、未婚の女性達からは羨望を浴びた。

ルイズ・フランソワーズ

ルイズ・フランソワーズ「あ、あひ……がとう……ございまひは……」

平賀サイト「ルイズ、お前の愛、しっかりと見せてもらったぜ!」

新婦のアヘ顔を持って結婚式は終了し、めでたく二人は夫婦になったのだった。

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2786: by トムファッカー on 2018/12/05 at 00:08:14

男性機能を失わせる描写は、なぜかとてもそそりますねええ。
進行中のバカテスSSでもあったように。
もう女を抱けないという背徳感がそうさせているのか。
凄くきますね

3570: by あびゃく on 2019/12/06 at 07:37:43 (コメント編集)

ルイズのフェラえろ~い!

アンリエッタ あの鎧元からエロかったからこういう格好してもあんまり違和感ないかもw

カリーヌさんも髪型変えればいけるかな 若いころはルイズとうり二つでしたし

不能薬ってひでーなw
でもガンダールヴなら男の武器だから一時的に復活させることも可能かも!

エレオノールが巨乳に!? でもすごい似合う!

犯されまくった花嫁ルイズ いいですね! 表情も最高

▼このエントリーにコメントを残す