FC2ブログ

プロフィール

REGZA

Author:REGZA
回転寿司で味噌汁は今日何がありますかって聞いたら
「あら汁」と「かに汁」あと……「ブラジル」って言われました。

思わずフフッって笑ってしまった自分が悔しい。

目撃者

1つ前の記事

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ノンジャンル (77)
総集編 (0)
エロゲレビュー (8)
同人&エロ漫画etcレビュー (27)
オリジナルSS (13)
ああっ女神さまっ (0)
I"s (0)
アイドルマスターシリーズ (0)
暁の護衛 (0)
アカメが斬る! (0)
暗殺教室 (2)
一騎当千 (7)
悪の女幹部 フルムーンナイト (0)
悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」 (0)
犬夜叉 (0)
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 (2)
うみねこのなく頃に (0)
織田信奈の野望 (0)
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! (0)
学園催眠隷奴 〜さっきまで、大嫌いだったはずなのに〜 (0)
かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (0)
賭ケグルイ (0)
風の谷のナウシカ (0)
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (0)
監獄戦艦~非道の洗脳改造航海 (0)
監獄戦艦3~熱砂の洗脳航路~ (0)
機動戦士ガンダム (0)
機動戦士ガンダム MS IGLOO (0)
機動戦士ガンダム第08MS小隊 (0)
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY (0)
機動戦士ガンダムポケットの中の戦争 (1)
機動戦士ガンダム0083 (0)
機動戦士Zガンダム (5)
機動戦士ZZガンダム (1)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (0)
機動戦士ガンダムUC (1)
機動戦士ガンダムF91 (1)
機動戦士Vガンダム (0)
∀ガンダム (0)
新機動戦記ガンダムW (0)
機動武闘伝Gガンダム (0)
機動新世紀ガンダムX (0)
機動戦士ガンダムSEED (8)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY (0)
機動戦士ガンダム00 (0)
機動戦士ガンダムAGE (0)
ガンダムビルドファイターズ (0)
機動戦艦ナデシコ (0)
君が主で執事が俺で (0)
ギャラクシーエンジェル (0)
キルラキル (0)
Cross Days (0)
クロノトリガー (2)
けいおん! (0)
ケロロ軍曹 (0)
恋騎士 Purely Kiss (0)
恋姫†無双 (0)
攻殻機動隊 (0)
コードギアス~反逆のルルーシュ~ (1)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (0)
この素晴らしい世界に祝福を! (0)
催眠学園 (0)
サクラ大戦 (0)
GTO (0)
地獄先生ぬ~べ~ (0)
史上最強の弟子ケンイチ (0)
重戦機エルガイム (2)
食戟のソーマ (0)
ジョジョの奇妙な冒険 (0)
新世紀エヴァンゲリオン (3)
侵略!イカ娘 (1)
スーパーロボット大戦 (1)
School Days (0)
涼宮ハルヒの憂鬱 (10)
ストライクウィッチーズ (0)
ストリートファイターシリーズ (0)
SLAM DUNK (0)
ゼロの使い魔 (1)
創聖のアクエリオン (0)
対魔忍アサギ (0)
探偵オペラ ミルキィホームズ (0)
辻堂さんの純愛ロード (0)
つよきす (0)
とある魔術の禁書目録 (0)
とある科学の超電磁砲 (0)
東方Project (0)
ときめきメモリアル2 (0)
トップをねらえ! (0)
ドラゴンクエスト5 (0)
ドラゴンクエスト6 (0)
ドラゴンボール (3)
NARUTO -ナルト- (0)
To LOVEる -とらぶる- (0)
ニセコイ (0)
日常 (0)
姉、ちゃんとしようよっ! (0)
バイオハザードシリーズ (0)
ハイスクールD×D (0)
這いよれ! ニャル子さん (0)
バカとテストと召喚獣 (2)
ハヤテのごとく! (0)
緋弾のアリア (0)
ひぐらしのなく頃に (0)
美少女戦士セーラームーン (0)
ファイナルファンタジーⅤ (2)
ファイナルファンタジーⅥ (1)
姫騎士アンジェリカ 〜あなたって、本当に最低の屑だわ!〜 (0)
ファイナルファンタジーⅦ (0)
貧乏神が! (0)
ファイナルファンタジーⅨ (0)
ファイナルファンタジーⅩ (0)
ファイナルファンタジーXIII (0)
ファイナルファンタジータクティクス (0)
Fateシリーズ (0)
ふたりエッチ (0)
ふたりはプリキュア (0)
ふたりはプリキュア Max Heart (0)
フレッシュプリキュア! (0)
スマイルプリキュア! (0)
フリージング (1)
フルメタル・パニック! (0)
フレラバ 〜Friend to Lover〜 (1)
僕のヒーローアカデミア (1)
ポケットモンスターシリーズ (0)
マギ (0)
マクロスF (0)
マケン姫っ! (0)
真剣で私に恋しなさい! (0)
まぶらほ (0)
魔法科高校の劣等生 (0)
魔法少女まどか マギカ (0)
魔法先生ネギま! (0)
魔法少女リリカルなのは (0)
みなみけ (1)
May Queen (0)
名探偵コナン (0)
めだかボックス (1)
桃太郎電鉄シリーズ (0)
モンスターストライク (0)
やはり俺の青春ラブコメは まちがっている。 (0)
遊☆戯☆王 (0)
幽遊白書 (0)
らき☆すた (0)
ラブひな (0)
らんま1/2 (0)
Rioシリーズ (0)
竜†恋 (0)
ルパン三世シリーズ (0)
烈火の炎 (0)
WORKING!! (0)
ONE PIECE (0)
作品ミックス (0)
MC関連スレまとめ (0)
ピカッとハウス同人関係 (2)

キャラクター別

月別アーカイブ

RSS

ナタル・バジルール目覚め

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ん・・・。」

ナタル・バジルール (2)「お目覚めですか御主人様。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ふひっ!なんだナタル、朝からエロい格好だなぁ!」

ナタル・バジルール (2)「申し訳ありません、着替え中でしたので。」

ロウゲスが目を覚ますと、ナタルは既に起きていて着替えをしているところだった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「いやぁ朝からいいものが見れた。ふっふっふ褒めてやってもいいぞお。」

ナタル・バジルール (2)「ありがとうございます、御主人様。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ふひひ!奴隷に生まれ変わった最初の朝の気分はどうだ?」

ナタル・バジルール (2)「・・・とても清々しいです。生きる目的が見つかり、お仕えするべき御主人様と共に迎える朝は今までの人生で経験したことがない良いものとなりました。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「そうかそうかぁ!僕もお前という奴隷と朝を迎えるのは実に気分がいいぞぉ!」

ナタル・バジルール (2)「そんな・・・恐縮です。」

自分と共に迎える朝が気分がいい。そう言われて恐縮するナタルの顔は
明らかに喜びに満ちたものだった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R(ふひひっ!昨日かけたばかりの暗示だが定着してるな・・・。)

オリジナル男性キャラ アイコン_R(僕に完全に依存してからネタバレしようと思ったけどこの調子なら問題なさそうだねぇ!今後ハーレムを作る上でまだまだたくさんやることあるし今のうちに言っちゃうかぁ!)

ナタル・バジルール (2)「・・・?どうかなさいましたか御主人様。」

思案するロウゲスにナタルは不安そうに質問した。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「う~む・・・うん!よし!ナタル!お前に言っておくことがある!」

ナタル・バジルール アイコン001_R「は、はい!なんでありましょうか。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「お前俺を愛してるよな?」

ナタル・バジルール (2)「はい!心の底よりお慕いしております。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「俺に身も心も尽くすんだよな?」

ナタル・バジルール (2)「はい!御主人様に全てを捧げて尽くすのは奴隷として当然のことです!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「その気持ちはどんなことがあってもゆるぎないな?」

ナタル・バジルール (2)「はい!例え・・・例え御主人様に捨てられようとも、一生御主人様の奴隷として生きるつもりです。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「そうかぁそれほどの覚悟がねぇ・・・。ふひひ!そんなお前だから安心して言うんだがな。」

ナタル・バジルール (2)「はい、なんなりとお申し付けください。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「実はな?お前のその気持ちは全部偽りの物なんだよ。」

ナタル・バジルール (2)「え・・・?」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「だからさぁ、お前が僕に尽くしたいという気持ちも、僕を主と認識してるのも全部僕が催眠暗示で植え付けた偽りの意識なんだよ・・・。」

ナタル・バジルール アイコン002_R「は・・・はいっ?え、いや・・・その・・・申し訳ありません、内容が理解できないのですが・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ひひっ!じゃあわかりやすく説明してやるよぉ!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「まず!僕は自分が発明したこの催眠ペンダントでどんな奴でも催眠術にかけることができる。それは理解できるな?」

ナタル・バジルール (2)「は、はい・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「それを使ってお前に催眠暗示をかけて僕の奴隷になるように感情や認識を操作したわけだふひひ!」

ナタル・バジルール (2)「で、では今の御主人様への感情は全て暗示による偽りの物であると・・・?」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「その通り!まぁ信じろと言っても難しいだろうねぇ。」

ナタル・バジルール (2)「い、いえ・・・御主人様のおっしゃることを疑うつもりはありませんが・・・。で、ですが正直・・・混乱しております・・・。」

突然のことに加え今の自分の全てを覆すような内容なだけに
聡明で理解力の高いナタルも混乱と狼狽を隠せていなかった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「まぁ論より証拠って言うしねぇ!今から記憶だけ戻してあげるよぉ!油断してるパ軍服。」

ナタル・バジルール (2)「あ・・・。」

催眠キーワードを言われたナタルは瞬く間に催眠状態に陥り、
着替え途中の淫らな姿のままその場に立ち尽くした。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「あなたは今、とても深いところにいます。そこでは今まであったことをどんなことでも思い出すことができます。」

ナタル・バジルール アイコン003_R「今まであったこと・・・思い・・・出せます・・・。了解。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「あなたは昨日この僕にかけられた暗示の内容と、その状況を全て思い出すことができます。」

ナタル・バジルール アイコン003_R「御主人様に・・・かけられた・・・思い出すことが・・・できます・・・了解。」

催眠状態であってもこれまでの暗示を解除したわけではないので、
ナタルはロウゲスを御主人様と呼んだ。それは当然のことではあったが
ロウゲスを安心させるには充分なものであった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R(ぐふふっ!しっかり暗示が効いてますねぇ!まぁ当然と言えば当然だけど催眠状態でも僕をちゃんと御主人様と呼ぶのは奴隷の鏡といってもいいレベルだねぇふひひっ!)

オリジナル男性キャラ アイコン_R「僕にかけられた暗示の内容とその状況は思い出せたら、右手を上げてください。」

ナタル・バジルール アイコン003_R「思い出せたら・・・右手・・・上げる・・・了解。」

復唱したと同時にナタルは右手を上げた。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「はい、じゃあ手は下していいですよぉ。」

ナタルは無言で手を下した。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「これから私が手を叩くとあなたはこの深い状態から覚めることができます。目が覚めたら、今思い出した記憶もそのまま思い出すことができます。」

ナタル・バジルール アイコン003_R「・・・目が覚めたら・・・記憶も・・・思い出せ・・・ます。・・・了解。」

奴隷としての暗示や感情はそのままに記憶だけ甦らせる。
ロウゲスがやろうとしていることは暗示をかけられたという認識を持ったうえで完璧な奴隷としてナタルを完成させることだった。
記憶を戻しても今のナタルが反撃に出たり、まして暗示を打ち破るほどの抵抗は無いとロウゲスは確信していた。
そして全てを知ったうえで忠実に従う奴隷を手に入れることは、
今後アークエンジェルの女たちを物にするうえで良い結果をもたらすことは明らかだった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R(ぐひひっ!絶対大丈夫とわかっていても記憶を戻して目覚めさせるのは緊張しますねぇ。)

パンッ

ナタル・バジルール アイコン003_R「・・・ん。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「どぅふふふ!目が覚めたかなぁ?」

ナタル・バジルール アイコン001_R「・・・はっ!」

ナタルは声をかけらると一瞬はっとしたような表情を見せた。
それは明らかに記憶が戻ったことによる表情の変化だった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「どうだい?僕の言っていたことがほんとだということがわかったかなぁ?」

ナタル・バジルール アイコン001_R「こ・・・この記憶は・・・!あぁ・・・!確かに私は・・・!催眠にかけられて・・・!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「そうそう!この僕が催眠にかけたんだよねぇ!」

ナタル・バジルール アイコン001_R「そ、そして・・・あぁ・・・!この感情も・・・!全て・・・!」

事実をおもいだナタルはそのショックからかその場にへたり込むように座ってしまった。

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ね?ぜーんぶ僕の言った通りだったでしょう?」

ナタル・バジルール アイコン001_R「この感情も・・・全て・・・偽りだった・・・!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ふひひっ!お前をこんなにした僕のことが憎いかい?」

ナタル・バジルール (3)「・・・憎く・・・ありません・・・。どんな事実だろうとあなたに尽くしたという気持ちがあふれてくる・・・この気持ちも・・・暗示によるものなのですね・・・」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「そうだねぇ。ふひっ!じゃあさ、ナタルお前にチャンスあげるよ」

ナタル・バジルール (3)「チャンス・・・?」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「これから二つ選択肢あげるよぉ。どっちを選ぶかはお前の自由だ。」

ナタル・バジルール (3)「選択肢・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ひとつは、この暗示のままに改めて僕に牝奴隷として忠誠を誓い僕の為に一生尽くし続ける。

ナタル・バジルール (3)「・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「もうひとつは、これまでの暗示を全て解いてこれまで通りの生活に戻ること。もちろん記憶は消させてもらうけどね!

ナタル・バジルール (3)「・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ち・な・み・に!僕はナタルには奴隷で居続けて欲しいなぁ!」

ナタル・バジルール (3)「・・・!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「どっちを選ぶかは自由だよ?で!も!ナタルが僕の牝奴隷じゃなくなっちゃうのは、と!て!も!かなしいなぁ!」

ナタル・バジルール アイコン002_R「ッ・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「はい!じゃあどっちにするか選んでね!」

ナタル・バジルール アイコン002_R「わ・・・わたしは・・・!」

急に答えを求められナタルは俯いてしまった。

(蘇った記憶にある本来の私なら・・・後者を選ぶべきだ・・・。
だが今の私は・・・いまだ彼の奴隷・・・牝奴隷なんだ・・・。
暗示だとはわかる・・・!本来の自分ならありえないことだというのもわかる・・・!だが・・・私の心は今・・・
御主人様の為になる選択肢を選びたいと思っている・・・!
何より今御主人様は私が牝奴隷でなくなれば悲しいとおっしゃられた・・・
できない・・・御主人様を悲しませるなど・・・!
あぁ・・・今わかった・・・私はもう・・・)

オリジナル男性キャラ アイコン_R「あまり時間かけずに選んでねぇ!」

そういうとナタルは顔を上げ、何かを悟ったような表情でロウゲスを見つめた。
その目からは大粒の涙が流れていたが、表情に悲壮感はなくむしろ喜びを感じさせるものだった。
数秒の沈黙の後、ナタルは意を決したように口を開いた。


ナタル・バジルール アイコン002_R「私は・・・ナタル・バジルールは・・・一生貴方の奴隷として尽くすことを・・・改めて誓います。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ぐふっ!ぐふふふふふっ!そうかそうかぁ!僕の奴隷を選んだかぁ!お前はやっぱり根っからの奴隷ってことだなぁ!」

ナタル・バジルール (2)「私は・・・変えられてしまいました・・・。あなたの奴隷に・・・。」

ナタル・バジルール (2)開放される道を選ぶべきだったのに・・・あなたの意に反する選択をしようという気がまるで・・・」

ナタル・バジルール (2)「まるで起きなかったんです。暗示だと・・・わかっていたのに・・・。。」

ナタル・バジルール (2)「昨夜貴方に抱かれて・・・私は・・・満たされてしまったから・・・。」

ナタルは饒舌だった。自分が奴隷を選択したことを確認するようにも
言い訳の様にも聞こえたが、どこか嬉しそうな口調で言葉を紡いだ。


オリジナル男性キャラ アイコン_R「ぐふふふふ!それはなぁお前の本質は軍人なんかじゃなく、ただの女だったってことだよ!」

ナタル・バジルール (2)「女・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「そうだ!もっともこれからは僕だけの女だかどねぇ!」

ナタル・バジルール (2)「御主人様だけの奴隷・・・。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ふひひっ!自分で選んだんだ!僕に捨てられないように、ちゃんと一生尽くせよ!」

ナタル・バジルール (2)「はっ、ハイ!御主人様の為に・・・この身を捧げます!」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「よぉ~し、じゃあ・・・。」

ロウゲスはおもむろに右足を少し上げ、ナタルの前に出した。
それを見たナタルは足元に跪き、靴を舐めた。

ナタル・バジルール (2)「んっ・・・ぺろ・・・」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ぐふふふ!いやぁ~これでまず一人目GETだなぁ~。」

ナタル・バジルール (2)「一人目とは・・・?」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ぐふふっ!これからこの船の女共をお前と同じように牝奴隷にするつもりなんだなぁ。」

ナタル・バジルール (2)「・・・私はそれをお手伝いすればいいという訳ですね?」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「察しが良くて助かるぞぉ!ひひっ!まずは艦内の目ぼしい女をリストアップしろ。
気に入った女からGETしてくよぉ!」

ナタル・バジルール (2)「かしこまりました御主人様。1日お時間を頂けますでしょうか。」

オリジナル男性キャラ アイコン_R「ぐふふ!楽しみだなぁー。」


関連記事
このエントリーのタグ: 催眠 ガンダムSEED ナタル・バジルール
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す